BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > スポンサー広告> 海外ドラマ・映画 > マスケティアーズ20話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マスケティアーズ20話

マスケティアーズ最終話の感想です。

のっけから処刑寸前のコンスタンスの救助で
ドンパチが激しく、その後もバルガスと
ロシュフォールに対峙するため殺陣だらけ。

全体的に迫力満点でしたが、
途中までロシュフォールが優勢すぎて最後まで目が離せない展開。

そしてこれと並行して銃士それぞれの恋にも決着がついて、
相変わらず1話にいくつものエピが詰め込まれる充実ドラマ。

シーズン3も早いうちに放映して欲しいです!!

トレヴィル

ato-2.jpg

ロシュに壁ドン攻撃する姿がカッコよかった。
で、ラストは陸軍卿に昇進。今回は役職を受け入れ男ぶりが上昇

アトス

ミレディにイギリスでやりなおさないかと誘われる。

が、最後まで決めかねて、
約束の場所に行ってしまうところが期待を裏切らない。

ato-20.jpg

既に出発してしまったミレディの行き先を見つめるアトス。
捨てられた子犬過ぎて最高だった・・。

アラミス

自分の軽率さとエゴで女達が死んでいる事実を重く受け止め、
修道院行きを決意。

ara-20.jpg

審問中下瞼がピクピクする演技がGJで、
こーゆー罪深い男が大好き!と改めて実感。

ロシュフォールとのバトルシーンもカッコよかった♪

ポルトス

一人でバルガスを生け捕りにする重圧がハンパなかったと思う・・。
全編通して人として1番まともな男!

ダルタニアン

結婚おめでとう~。
ハピエンでほんとによかった。

ミレディ

回を増すごとに漢らしくカッコよくなった攻さま。
悪女ぶりがすがすがしかった!

コンスタンス

とにかく度胸のある女性!
武芸にも磨きがかかって、銃士の仲間入りも近い(笑)。

アンヌ王妃

死にゆくロシュフォールに「汚名とともに葬ってあげる」がカッコよく、
アラミスに遺体の目を閉じさせないのはちょっとゾゾ。

不倫をしても国王を堂々と欺き、
変態には厳しい対応(まあ当然の仕打ちw)

敵にまわしたら恐いお人かもしれません。


さて、20話で萌えたのはアトスのチュー
銃士同士のハグ、「一人は皆のために」シーン。

ato20-2.jpg

アラミスの無事が嬉しかったのか、
日本人にとってはエエエエエなことを自然にしたよね・・。

アラ・アトをありがとう

てなわけでひとまず最終回を迎えてしまい、本当に寂しい。
S3とノーカット版DVDを首を長くして待っています!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/09/19 18:52 ] 海外ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。