BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > スポンサー広告> 海外ドラマ・映画 > 「マスケティアーズ」9・10話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「マスケティアーズ」9・10話

「マスケティアーズ」9・10話の感想です。
シーズン1の最終回だけあって、この2話は連作。

ルイの軽率な発言からリシュリューが王妃暗殺を企てたため、
襲撃者たちから王妃を守り、その後は銃士隊が見事に陰謀を壊滅。

なので 銃撃戦やチャンバラシーンがてんこ盛り
愛と憎しみと謀略も絡んで、瞬きを忘れるほどの面白さ!

音楽、衣装、ロケ地全てが高品質。
俳優さんも美男美女揃いな上に声優も豪華。

ひたすら海外ドラマの素晴らしさを猛烈につきつけられて
「シャーロック」に続いてBBC万歳としか言いようのないS1でした。

aram-3.jpg

で、先ずは9話。
修道院に籠城して王妃を守るはめになったアトスとアラミス。

そこでアラミスは元婚約者に再会するも、
彼女は敵に殺され傷心。

が、その直後 王妃と××関係となって ええええっ!(*_*)

でもアラミスがイケメン過ぎて、ゆーきゃんの声がよすぎて、
尻軽でもやっぱり次男ファンを止められないww

そしてこの事実にげっそりするアト兄も苦労人で大好きですっw

この他パリに戻ったポルトス&ダルタニアンを
迎えた隊長の第一声がツボ。

「あとの2人は?」

王妃よりまず銃士の心配をしたトレヴィルの親心に萌えました。


後半の10話はリシュリューとミレディを懲らしめる銃士たちの策略エピ。

なので途中まで「えっ?なに事??」という展開で、
全員ノリノリ。

アトスの葬儀あたりはもはやコメディで、
ポルトスがイイ奴過ぎて可愛いかった♪

でもラストに近づくにつれて、バトルもラブも怒涛で鳥肌。
ミレディの悪女ぶりも、リシュリューを裁くも王妃もカッコイイ!

今後どうなるのかが見ものです。

アトス
ミレディとの対峙は愛憎一杯で哀愁。でも結局殺すことができず、
ロケットもすぐにポイ捨てできず、相変わらず受っぽい長男。

アラミス
ラストの王妃懐妊にはビックリ。
DNA検査ないからなんとも言えないけど、スゴイ相性の良さ。

その事実に呆然となるアラミスと目をむくアトスの表情が、
深刻だけど笑えた・・。

ara-4.jpg ato-1.jpg

でもこの後に続く王妃とアラミスのツーショ会話は切なくて悶えるレベル。

ア「母親譲りの知恵と分別がありますように」
妃「父親の勇気も」
ア「その子をお守りします。私の全身全霊をかけて」

ダルタニアン
コンスタンスを救い、本当の想いが通じ合ったのもつかの間、
ボナシューの命がけのお願いが断り切れず、別れることに・・。

別離シーンで唇にキスしないのにグッときて、これはアラミスも同じ。
2人とも禁欲的で最高でした。

てなわけで珍しく男女ラブに萌えていますが、
やはり1番好きなのは四銃士+隊長の絆とわちゃわちゃ。

過去に西洋骨董洋菓子店(コミック)電王に激しく嵌ったことがあるので
今回もけっこう来る予感。

字幕付きノーカットDVDが発売されることを切に願いますっっ。

*ラストのダルタニアン青マントが可愛いかった(^^)
制服をポルトスとアトスにいじられるシーンもラブリー♪


da-2.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/07 18:32 ] 海外ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。