BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > スポンサー広告> 凪良ゆう > 累る-kasaneru-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

累る-kasaneru-

凪良さんの今年4冊目の新刊はファンタジー。
しかも大好物の輪廻転生もので、イラストはお耽美な笠井あゆみさん♪

でも真っ裸な表紙にギョッとして、
凪良さんの作風と合うの?大丈夫なの?
と思った矢先、扉絵カラーのエロ衝撃でますます不安に・・w

ところが読み終わった今ではこれ以上ないほどシックリきて、
表紙からは切なさと、神々しささえ感じる。

幻想怪奇BL なストーリーにとにかくピッタリでした。

kasane.gif (凪良ゆう/笠井あゆみ)

腹違いの兄弟七緒奏人は不幸な家庭環境のせいで
お互いが特別な存在。

そのせいか大学生になった二人の間に恋愛感情が芽生え、
でも恋と同時に七緒が悪夢を見るようになり・・

それは奏人が幼い頃から繰り返し見る夢とリンク。

そしてこの悪夢は村の守り神・オワタリさまと、
彼の世話をする口のきけない少年・四郎に繋がり、
二人の前世が垣間見えてくる。

でも重さと切なさは奏人×七緒エピより四郎×オワタリの方が数段上で、
四郎が純愛とエゴで鬼になっていく様が鳥肌もの。

凄惨な末路に「祟りじゃ~」と叫びたくなる村の運命と、
気狂いの老人が恐ろしいのに一気読みっ。

そして後半の現世エピは、二人がこの過去と向き合い、
七緒の記憶が鮮明になることで、救われる奏人。

四郎の罪で苦しむ奏人は胸に迫るものがあったので、
七緒が辛さを半分背負うことができてよかったです。


凪良さんは色々なタイプのお話を書ける作家さんですが、
今回のようなダークファンタジーは非常に好み。

前半の弟×兄の背徳感も堪らなくツボで・・
私的凪良本ベスト10に入る勢いでした。

*てなわけでベスト10はこれ↓

・初恋姫
・積木の恋
・お菓子の家
・あいのはなし
・雨降りvega
・真夜中クロニクル
・美しい彼
・ショートケーキの苺にはさわらないで
・まばたきを三回

・累る
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/10/14 20:53 ] 凪良ゆう | TB(0) | CM(3)
期待大!
こんにちは~
送料節約のまとめ買いなので、まだ手元にありませんが・・・購入済みです。
うほほ~、期待できますね!
読み終わったら、噛みしめに(笑)、またこちらに来ますね!
[ 2015/10/15 18:27 ] [ 編集 ]
hokuro。さん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。

先ほどhokuroさんのブログを徘徊してました。
で、自分のブログ見たらコメントが!運命?って思いました~(笑)

私もロッセリーニ小冊子はゲット。
安定の面白さでしたよね♪

「累る」はネタバレしててスミマセン(^^;
とりあえず輪廻転生+兄弟ホ〇でツボでした。
過去編が可哀想だけど一気読みできるので是非!
[ 2015/10/15 19:30 ] [ 編集 ]
ぴょんぴょんさん、こんにちは♪
拍手コメありがとうございます。
笠井さんは好きなんですが、
エロがキツ過ぎてなかなか書店では難しいです(笑)
今回も密林のお世話になりました(^^;
[ 2015/10/24 10:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。