BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > スポンサー広告> 高遠琉加 > さよならのない国で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

さよならのない国で

高遠さんの新刊「さよならのない国で」の感想です。
この作品はChara創刊20周年記念本。

そのため、B6版・2段組で価格も高めでしたが、
好き作家さん+好きレーターさんに釣られてついポチリ。

物語は死者に再会できるホテルの存在を信じ、
そこにたどり着いた人々の行く末を描いたものでした。

sayonara.gif (高遠琉加/葛西リカコ)

ピアノ教師の春希は5年前に亡くなった恩師・月彦が忘れられず、
彼の甥であるの想いを受け入れることもできず、前に進めない日々。

が、康と出かけた小旅行で都市伝説の天国ホテルに遭遇。

月彦と再会を果たしますが、現実になかなか戻る気になれず、
そうこうしている内に康がある秘密を握り、
春希のために自分の命を犠牲にする決意をします。

この天国ホテルには春希たちの他に3人の滞在者がいて、
それぞれ違う結末を迎えるところが面白い。

で、あるべき場所にきちんと戻れたのは春希と康だけ。

命がけで春希の幸せを願った康と、
康を選んだ春希の想いが生きる力となりました。


「さよならのない国で」はファンタジーホラーなストーリーですが、
わりと先がよめる展開で、大きな驚きや切なさはなく、全体的に静かな雰囲気。

死んだ人を忘れていく哀しさと、康の愛の深さは心に残りましたが、
コスパを考えるとちょっと「う~ん・・」。

高遠さんにはそろそろ「世界の果てで待っていて」
続きを書いてもらいたいです(^^;
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/07/08 14:54 ] 高遠琉加 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。