BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 神官シリーズ > 神官は操を捧ぐ

神官は操を捧ぐ

吉田珠姫さんの神官シリーズ第5弾を読みました。
(4巻感想はここ

kann.gif

まさか新刊が出るとは思わなかったこのシリーズ。
4巻から5年がたっていて、1巻からはなんと10年っ。

これ以上どんな バカっぷる ネタがあるのか??
と、思いきや・・

今回も激しかったぁぁぁ(笑)

とはいえアホ比べに勝ったのは冴紗>羅剛で、
相変わらずの大マジメ天然鈍い子ちゃんw

なので羅剛がちょっと気の毒になりましたが、
この作品は羅剛が可哀想になればなるほどキュンキュンできるため、
概ね満足。

自分の容姿に強い劣等感を持っているラゴちゃんが本当に可愛くて
嫉妬のあまり冴紗を置き去りにする仕打ちが最高。

留守番でしょんぼりする冴紗も大層ラブリーでした。

5巻は羅剛の亡き母の国・泓絢の陰謀で、冴紗が酷い目にあいますが、
ラストは聖虹使らしく事を丸く収め、泓絢女王を平伏させてしまうという人徳。

今回はこれに永均さまも一役かって、過去エピが切ない。
ストイックなオジサマはやはりカッコイイです。

「操を捧ぐ」はこれまでの4巻に比べると、
ラゴちゃんの狂乱ぶりが大人しかったですが、相変わらず愛が深くて涙もの。

独特の激甘さと、濃い台詞回しが面白いこの物語。
吉田さんと高永さんの後書き&オマケイラストも楽しかったです。
(そういえば泓絢の男子ってかぼちゃパンツなんだ~/笑)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/05/07 15:23 ] 神官シリーズ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計