BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > スポンサー広告> 榎田尤利 > 妖奇庵夜話4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

妖奇庵夜話4

「妖奇庵夜話」4巻目<魔女の鳥籠>を読みました。
(3巻感想はここ

妖奇庵夜話 魔女の鳥籠 (角川ホラー文庫)妖奇庵夜話 魔女の鳥籠 (角川ホラー文庫)
(2015/04/25)
榎田 ユウリ

商品詳細を見る

「妖奇庵」シリーズは女の醜い部分を掘り下げていくホラーミステリーで、
今回は<母娘>がテーマ。

なので娘が二人いる私には少々ドキッとするリアルさがあって、
ホラーよりもその部分にブルッとなりましたが、ストーリーは安定の面白さ♪

伊織ファミリーと刑事コンビに萌えて、笑って、ホッコリして
青目の狡猾さと<母親>という化け物にゾォとできる極上ミステリー。

母から依存され、支配される二人の女のエピソードと
青目の子供時代が上手く絡まり、彼の生い立ちが部分的に分かってくる4巻。

が、なぜ伊織に対してここまで構ってちゃんになったのかは今一不明で、
今後はもっと激しい攻撃をかけてきそうな勢い・・。

ところで、構ってちゃんは他にも大勢いて、
犯人以外のほぼ全員が伊織を大好きというモテモテ状態が今回は顕著。

原因は犬神の甲藤くんにあると思われますが・・
とりあえず 夷×伊織 妄想は確実にできる流れで、やっぱり主従はイイ(^^)

そして脇坂&マメくんもホンワカ関係続行で、
こうなるとBLミステリーホラーでもよかったんじゃないかという邪心が生まれますw


さて、<母娘>というと一生心おきなく付き合っていけるイメージがありますが、
中にはそうでない親子もたくさんいるわけで、
最近では告白本や「毒母」という単語が存在している・・。

この作品はそんな依存型、支配型の妖人毒母が登場し、
殺人事件に発展。

最近の榎田本はBLでもそうですが、
社会現象や社会問題を取り込んでくるのが巧みで面白い。

てなわけで4巻のような毒母にならないよう自分を戒めつつ、
娘と母の二役をまだまだやって行かねばなりません(^^;

*今回新たに登場した妖怪

obari.gif doumo.gif shoukeraa.gif

おばりよん・どうもこうも・しょうけら
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/04/28 11:51 ] 榎田尤利 | TB(0) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/04/30 19:49 ] [ 編集 ]
美濃の主腐さん、こんにちは♪
返信ありがとうございます。
いろいろ聞いてしまってスミマセン~。

でも弟さんから布教されたという謎(?)がとけましたw
家族で同じものが読めると楽しいですよね。
それにしても男性も読者にしてしまうミラージュ。恐ろしい魔力です~(笑)。

上のお嬢さんは独立されたそうで、自立心の強いことに拍手すべきですが、
親としては寂しいですね・・。

旦那と二人になる未来を考えるだけでゾッとします。
なので毒母予備軍かも。気をつけねばっ(^^;

でも娘とは気持ちがシンクロしやすいので(上の子はとにかくおしゃべり)
しんどい時もあります。
全部が見えてしまうと気になることも多いし、
知らないことが増えた方が心配が減るかも??

とはいえ下のお子さんが中3ならまだまだ母が必要ですね♪
うちも下の子が高3なので受験生です~。
で、上の子は大学3年。とりあえずあと5年くらいは一緒に暮らしたいですが
先のことは分かりませんね・・。

上記の「妖奇庵夜話」は未読でしたら是非。
BLじゃないですが、面白いです(^^)
[ 2015/05/01 14:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。