BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > スポンサー広告> 榎田尤利 > threesome

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

threesome

榎田さんの「threesome」を読みました。

この作品は「erotica」に掲載されていた『10×3』の続編で、
タイトルからも分かるように3Pもの。

なので円陣さんの表紙にウオォ~となりながらも、
実は「erotica」が全体的に苦手だったため尻ごみしていました。

が、イラストがとにかく眼福という噂を聞いてやっぱり購入~。
読んでみればメチャ面白くてほぼ一気!

3Pシーンは「ギャー」でもw、とにかく内容が秀逸で、
エロよりも<孤独>について考えさせられる切ない展開。

登場人物は変態だけど心根が優しく、3人とも憎めない。
しかもキャラ同士が全てイイ関係で、脇も魅力的でした。

threesomethreesome
(2015/03/19)
榎田 尤利

商品詳細を見る

「threesome」は組長のと舎弟の菊池、そして顧問弁護士・財津の関係を軸に
振り込め詐欺を追って行くストーリー。

辻はどんなに菊池と財津が愛を捧げても、どちらかに溺れることはなく、
また、菊池と財津は甥と叔父であるせいか、常に抜け駆け無し。

ゆえに3人で××することが可能で、
辻にとって二人はどちらも必要な人材。

弱くなることを恐れる辻は1対1の恋愛を好まず、
とはいえ「どちらか一人を選ぶなんてムリ!」な魅力が菊池と財津にはあるので・・

苦手な3Pを認めてしまえる本でした(笑)

でも私的に好きなのは辻&兄貴分の櫛田と、
財津&菊池の関係。

辻と櫛田のような育成・後見人BLに弱いので、
あんな事にならなければこの二人ができる展開でもよかった・・。

そして後者の財津は恋敵であっても、甥を教育して可愛がり、
菊池は叔父を尊敬し一歩引いているところが◎

ラブはなくても互いを尊重する男同士はやはり萌えます

*円陣さんのイラストが想像以上によかった!
特にカバー裏が最高~~(≧▽≦)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/04/20 11:48 ] 榎田尤利 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。