BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > スポンサー広告> 月村奎 > すみれびより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

すみれびより

月村さんの新刊を読みました。

すみれびより (ディアプラス文庫)すみれびより (ディアプラス文庫)
(2015/03/07)
月村 奎

商品詳細を見る

今回も不幸な境遇の受と、しっかり者の攻という安定の月村設定でしたが、
冒頭の金子みすゞの詩と草間さんのイラストが格調高く、雰囲気のある1冊。

なのでコメディ色は一切なく、初恋を6年間引きずり続けた
芙蓉西澤執着愛的な想いの強さがいじらしい内容。

二人は芙蓉が祖母と営む下宿屋で再会し、
小学生時代同じ気持ちだったことが判明。

が、芙蓉が謙虚過ぎるため感情の行き違いが多く、
その一因は彼が母親からネグレクトされていた事にあり・・

それでも恋を育てて行くうちに、
祖母との関係や旧友との出会いがよい方向へ向かい、
芙蓉=不要ではないと本人が自覚できる流れが感動的。

<芙蓉>という花を西澤が育てていたという
恐いほどの恋情も好み過ぎて泣けました。

*「すみれびより」は芙蓉が好きな雑草に関する知識もたくさん。
月村さんの雑学がなかなか面白い本でした♪


**月村本は必ず作家買いしていますが、
今回の新刊はかなり気に入って確実に手元に残る本。
で、急に私的ベスト10を挙げてみたくなりました。

・もうひとつのドア
・エンドレス・ゲーム
・WISH
・そして恋がはじまる (1)(2)
・家賃
・レジーデージー
・CHERRY
・すき
・嫌よ嫌よも好きのうち?
・すみれびより


順位はつけられず・・
でもお初月村本の「もうひとつのドア」が結局1番かも。 

にしても同じような設定なのに飽きずに読めるのは何故なんだろう。

ラブ以外の人間関係や風景&小道具描写が巧みで、
登場人物の行動が納得できる上に、BLにしては品があるからでしょうね〜。

これだけ長い年月、安定のクオリティーを提供できる
作家さんは貴重だと思うので、今後も読み続けたいです。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/03/12 15:26 ] 月村奎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。