BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > スポンサー広告> 凪良ゆう > ショートケーキの苺にはさわらないで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ショートケーキの苺にはさわらないで

凪良さんの新刊「ショートケーキの苺にはさわらないで」を読みました。
ストーリーは近未来の人間とアンドロイドの純愛

なのでファンタジー色が強いのですが、
生命の定義を考えさせられるような内容でもあり・・・
けっこう深かったです。

ショートケーキの苺にはさわらないで (ショコラ文庫)ショートケーキの苺にはさわらないで (ショコラ文庫)
(2015/02/10)
凪良 ゆう

商品詳細を見る

大学生の南里がひょんなことから手に入れたアンドロイドのシン
×××目的の美しい裏ドール。

でもドールヲタクの南里はシンを大切に扱って、
本物の恋人同士に発展。

が、ラブラブになった直後に戦争が勃発。
アンドロイドを戦闘要員にするための徴収が始まります。

二人は離れ離れになり、でもその後驚くべき形態で巡り合い、
何度オフ状態になっても、記憶がゼロにならない絆の深さ。

想いの強さと後半の意外な展開に驚きつつも一気読み。

戦争にジワジワ巻き込まれていく、平和ボケした日本人の状態と
ロボットが進歩したら本当にこんな世界になるかもしれないという、
リアルな未来図が面白かった。

そして感情が成長するアンドロイドはもはや機械ではなく、
人間との違いは魂があるか無いかというだけで、
でも魂の存在を否定すればほぼ人と同じ。

人間も死んだらロボットのスイッチを切るようにそれで終わりかもしれない。
なので1・2世紀後には人工知能の方が人を超えているかも?

と、つらつらそんなことを考えさせられる作品でしたが、
もちろんラブストーリーとしても素晴らしく、シンの可愛さは最高で、
南里の<愛>は賞賛もの。

ドールヲタ仲間も皆イイ奴だし、丸型ロボットは欲しくなるキュートさ♪
キーワードとなるタイトルの使い方が抜群の、泣けるお話でした。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/02/16 21:07 ] 凪良ゆう | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。