BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > スポンサー広告> かわい有美子 > 東方美人2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東方美人2

「東方美人」の下巻・千年王国を読みました。 (1巻感想はここ

東方美人2  千年王国 (幻冬舎ルチル文庫)東方美人2 千年王国 (幻冬舎ルチル文庫)
(2014/02/17)
かわい 有美子

商品詳細を見る

2巻目前半はスパイ夫婦の暗殺を命じられたアレクセイ
それに協力するサエキの苦悩。

後半はアフガニスタンに派遣された二人の別離と再会が描かれ、
静から動へ物語が展開。

KGBの手駒として、そして裏ではソ連崩壊に向けて動いていたサエキが
アレクセイのために大義を捨てて命がけで奔走。

アーシャの全てを捕らえ支配する筈が
彼を守り、救出行動に出てしまうサエキ・・。

 を感じました~。

そんな訳で アレクセイはとことん人タラシの才能ありで・・
アフガニスタンの武装組織にまで気に入られる始末(笑)。

気持ちが安定しすぎて少々可愛げがありませんがw
丁寧な口調が銀英伝のキルヒアイスみたいで好きかも♪

なのでこの本の<可愛げ>はなんと言ってもサエキで、
アーシャにもらった熊のぬいぐるみをずっと持ち歩くとか・・
とんでもないツンデレでしたっ。

「東方美人2」のラストはベルリンの壁が崩壊するため、
二人の未来に光が見えて一安心。

巻末のSSではサエキの表情が豊かになって、可愛さ増量。
未完の作品にきちんと終止符を打ったかわいさんの筆力に拍手でした。


ベルリンの壁崩壊はリアルタイムで見ていたものの、
この本のおかげで当時の情勢を検索。

ソ連ってわけの分からん恐ろしい国だったな~と思い出し、
朝鮮半島もいつか統合する日がくればイイのに と考えたりします。


*先月から一人かわいさん祭りになってるw
たまたまなんですけどね~。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/02/17 13:48 ] かわい有美子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。