BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > スポンサー広告> 榎田尤利 > One Hundred Thanks

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

One Hundred Thanks

榎田さんの100冊記念本として出た「交渉人は休めない」には
「One Hundred Thanks」という別冊が付いていて、

こちらは榎田作品に関わったレーターさん24人のイラストやメッセージ、
そして人気投票の上位3CPが登場する小説でした。

100thanks.gif

・魚住くんシリーズ    (レビュはここ
・犬ほど素敵な商売はない  (レビュはここ
・ラブ&トラストシリーズ (レビュはこことここ

まずイラストで1番ビックリしたのは雪舟薫さんの作品があったこと。
常々「このレーターさんはどうしてしまったんだろう??」と思っていたので
無事なことが分かって一安心。

でもコメントを読むと完全に筆を折ってしまわれたようですね~。
まあ色々事情があるのだと思いますが・・好きな絵師さんだけに残念!

次に1番気に入ったのは町屋さんのネコカフェ漫画。
又やきのりちゃんに会えて嬉しい~~~~っっ。

しかも町屋さんの描く東海林&ルコちゃん、兵頭&芽吹も見れてお得♪

あとは当然好きな絵師さん+作品がやはりヨダレもので・・
円陣さん、志水さん、蓮川さんの絵は最高!

特に志水さんの「Pet」はシリーズ全キャラ出演で豪華でした~。


さて小説の方は「交渉人は休めない」と同じ舞台でストーリーが展開。

主役はサヤカと廣田という初登場の人物でこの二人に少しずつ絡んでくるのが
魚住、久留米、轡田、ユキ、核、沓澤、天、正文

で、物語の時間は現在なので、全員きちんと年をとり、
魚住くんはなんと38歳にっ(笑)

てなわけでそれぞれのCPが、
それなりの落ち着きをみせているのがイイ感じ♪

中でも1番出番が多い魚住と久留米のラストがかなり嬉しい展開で
ヤルときはヤルのね・・魚住くん(涙)。と感動できました。


「交渉人シリーズ」がこの記念本で一区切りしてしまうのは本当に寂しいですが
あとはCDの続きを待つしかありませんっ。同じキャストで是非お願いしたいです!!!


*余談
私的な榎田作品ベスト5

1.交渉人シリーズ
2.きみがいなけりゃ息もできない・きみがいるなら世界の果てでも
3.犬ほど素敵な商売はない
4.執事の特権
5.はつ恋

この他順位がつけられない大好きな作品

・歯科医の憂鬱
・理髪師の、些か変わったお気に入り
・アパルトマンの王子
・華の闇
・蛇とワルツ
・秘書とシュレディンガーの猫
・魚住くんシリーズ
・恋愛シリーズ
・漫画家シリーズ
・ビューティフル・プア
・ラブ&トラストシリーズ
・nez
・妖奇庵夜話

私は2005年以降の榎田作品に嵌る傾向があるようで、
要するにコメディ色が強くないとダメみたい(笑)。

これからも200冊目指して頑張っていただきたいです。
BLを読まなくなっても榎田さんの本だけは手にとっていそうなので。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/22 16:26 ] 榎田尤利 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。