BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > スポンサー広告> 和泉桂 > 清澗寺PREMIUM BOOK 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

清澗寺PREMIUM BOOK 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

清澗寺家シリーズの全サ『PREMIUM BOOK』が届きました♪

封筒がぶ厚かったので中身に見当がつきませんでしたが、
開けてビックリ。

通常売られているリンクス本と全く同じ装丁で、
ページ数も200以上の二段組

こんなドッシリした全サって初めて~~~っと感動しつつ
よくネタが尽きないもんだと、この一家の濃さにため息(笑)。

1冊に小説リンクスに掲載された短編と、
書き下ろしの短編が全部で24も収録されていました。

seikanzi1.jpg ←通常と同じ厚さの背表紙

seikanzi3.jpg seikanzi2.jpg ←表と裏表紙

で、特に気に入ったのは浅野主役の「初恋」(浅野が健気っ)
伏見&冬貴の「黄昏」(やっと安息な二人♪)でしたが・・

相変らず甘甘・エロエロ・変態(←主に深沢)で全体的に面白かった

更に巻末にキャラクターインタビューと、
表紙下には24編全てに対する和泉さんのコメントがあって、
ここまで清澗寺家について来てよかったな~ と思える充実度。

これで第一部終了ということですが、今後はどんな物語が展開するのか??
とりあえず三兄弟+父については満腹になりました♪

にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/09/02 11:15 ] 和泉桂 | TB(0) | CM(4)
家も届いたよ~!!
まだ読めてないけど・・。
私もビックリした。まるで1冊の新書みたいだったから。
初めなんか本買ったけ?でした。
[ 2011/09/01 21:50 ] [ 編集 ]
fakiaさん、こんにちは♪
>まだ読めてないけど・・。
>私もビックリした。まるで1冊の新書みたいだったから。
>初めなんか本買ったけ?でした。

→凄い豪華本でしたよね~。
短編なので読みやすいし、満足しました。

清澗寺は色々突っ込みどころ満載な面白いシリーズでしたよね♪
[ 2011/09/02 11:19 ] [ 編集 ]
読みました。
こんばんは~、台風がすごいですねー。こっちは風がビュンビュン激しいです。

シルク様のレビューを見て、あわてて私も読破!相変わらず濃い清澗寺家、お腹がいっぱいに・・・
しかし、和泉先生、すごいですよね!!こんな豪華小冊子初めて~~。ありがたいです。

何と言っても今回の収穫は、やっとパパが落ち着いてくれた!!そうですよ、小父様
だってそんなにいつまでも絶○じゃいられませんよ。良かった、本当に良かった!!

深沢はもうしばらくがんばって頂かないといけないようですけどね(笑)でも今回は
珍しく和貴の「美味しい」が1回しか出てこなくて、それはそれでちょっと寂しかったです(笑)

雑誌で第2部は読みましたが(鞠子の双子の息子のお話)、私はあんまり・・・・でした(汗)
どうしても脇役で出てくる和貴・深沢・冬貴・伏見の方が貴になってしかたなかったです!
[ 2011/09/02 19:38 ] [ 編集 ]
Keiさん、こんばんは♪
>台風がすごいですねー。こっちは風がビュンビュン激しいです。

→ひゃ~、そっちに進路を変えて直撃ですよね・・。
こちらは時々スコールがやってくる程度です。
お気をつけ下さい~。

>シルク様のレビューを見て、あわてて私も読破!相変わらず濃い清澗寺家、お腹がいっぱいに・・・

→読書を煽ってしまいましたか(笑)
24編もあると只でさえ濃いのにかなり満腹感ですよね。

>しかし、和泉先生、すごいですよね!!こんな豪華小冊子初めて~~。ありがたいです。

→よくぞ次々書けますよね。同人誌もあるのにっ。

>何と言っても今回の収穫は、やっとパパが落ち着いてくれた!!そうですよ、小父様だってそんなにいつまでも絶○じゃいられませんよ。良かった、本当に良かった!!

→パパは外見は変わりませんが肉体はイイ具合に衰えてきたかも??(笑)
二人とも落ち着いた老後を迎えられそうでよかったですっ。腹〇死したら洒落になりませんから~。

>深沢はもうしばらくがんばって頂かないといけないようですけどね(笑)でも今回は珍しく和貴の「美味しい」が1回しか出てこなくて、それはそれでちょっと寂しかったです(笑)

→アハハ、カウントしてたんですね~(笑)
この人達も50才過ぎれば変態関係が少し落ち着くんでしょうか??

>雑誌で第2部は読みましたが(鞠子の双子の息子のお話)、私はあんまり・・・・でした(汗)
>どうしても脇役で出てくる和貴・深沢・冬貴・伏見の方が貴になってしかたなかったです!

→皆さん存命なんですねっ。
確かに登場されるとそっちに目が行くかも。
二部を書く必要ってあったんでしょうか~(ハハ)。
双子=タナトスの双子を連想しちゃいます。
[ 2011/09/02 21:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。