BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 2017年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

箱の中・檻の外

今更ですが、木原さんの名作「箱の中・檻の外」の感想です。

最近手に取りたい本が枯渇して、
BL日照りも甚だしい毎日。

でも先日フォロワーさんと交流するうちに、
避けていた作品に意欲がわいて古本ゲット。

スーパー攻様も受様も存在しない、
癒し微量で人間くさい木原世界にダイブ~。

で、うあぁ ウェエエとなりながら
文章の上手さにやめられない止まらない読書。

ラストは泣ける締めくくりで、
これだから嫌なんだよ、この作家さんは・・
と、脳裏に焼きつく内容でした

hako−1 

「箱の中」は痴漢の誤認逮捕で実刑とのなった堂野
同じ雑居房の喜多川の物語。

真面目でお人よしな堂野は屈辱的な囚人生活に発狂寸前。

が、強面の喜多川と交流するうちに、無知で純粋な人柄に情がわき、
流されるまま犯されてしまう。

なので出所後はあっさり妻子をもってしまう堂野ですが、
喜多川は6年の歳月をかけて堂野を捜索。

吊り橋効果的感情だった堂野と
生きる意味=堂野 な喜多川には温度差があり、
一途さは涙ものでも、かなりゾゾ

二人の葛藤に先が見えないうちに、娘に事件が発生。
これがきっかけで再燃するのが少々腑に落ちませんが・・

終わってみれば30年近い時が流れる人生ドラマ。

特に後半は喜多川の人としての成長が感じられて
救いがありました。

hako−2

箱と檻はともに後半部分が第三者視点で描かれているため、
メリハリがあって飽きのこない面白さ。

箱の「脆弱な詐欺師」は堂野を探す探偵、
檻の「なつやすみ」は息子ので、
探偵は脆弱だけに、いい気味な顛末。

同じ雑居房にいたさんがカッコイイ。

そして「なつやすみ」はラストが涙もので・・
でも二人の穏やかな生活が垣間見れて感動的でした。


ところで<痴漢>と間違われ、
無実を主張し続けると実刑を喰らうというのは本当なのか??

まあ間違うことはほぼないとは思いますが・・

冤罪を生まないために混んでる路線は
全車両男女別にしたらいかがなものか(笑)。
安心・安全・清々した気分で通勤通学できると思う。
スポンサーサイト
[ 2017/03/24 16:03 ] 木原音瀬 | TB(0) | CM(0)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。