BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 2015年10月

10月の萌ブツ

10月の買い物&評価です。

◎ かなり好き
〇 好き
△ こんなもんかな
×  好みじゃなかった

<小説>

◎ 累る-kasaneru-  ( 凪良ゆう/笠井あゆみ)   プランタン出版
◎Life is Beautiful     (伊勢原ささら/班目ヒロ)  花丸
△恋煩い       (砂原糖子/志水ゆき)     新書館
△5人の王(1)   (恵庭/絵歩)           ダリア
 
<コミックス>

◎窮鼠はチーズの夢を見る   (水城せとな)   フラワー
◎俎上の鯉は二度跳ねる    (水城せとな)   フラワー
◎うちの神様にはがっかりだ!  (山田ユギ/佐々木禎子)   キャラ
◎虎穴ダイニング(2)       (元ハルヒラ)   canna
〇LOVE STAGE!!6    (蔵王大志/影木栄貴)    角川
〇銀座ネオンパラダイス  (ウノハナ)         花恋
△ホームレスサラリーマン(2)   (今市子)     花音
△ 俺の人魚姫    (雪居 ゆき/ ARUKU)      リブレ 

★11月の購入予定ブツ

・白雪姫の息子  (犬飼のの/笠井あゆみ)  11/1   ルビー
・スピンアウト (上・下)   ( 国枝彩香)  11/7   竹書房
・一生続けられない仕事(3)   (山田ユギ)   11/27   竹書房
・DEADLOCK番外編集(1)   (英田サキ/高階佑)  11/27 キャラ
・初恋の嵐   (凪良ゆう/木下けい子)   11/27  キャラ
・騎士と無垢な罪人    (和泉桂 /yoco)   ルビー  11/28
・墨と雪   (かわい有美子/円陣闇丸 )  11/30  リンクス


*今月はたくさん買って、◎も多い♪
そして来月も欲しい本がけっこうあって幸せ~。

**「5人の王」のコミックスを買おうか迷い、それなら先ずは原作から 
と、読んでみましたが・・今一。
最近よく目にするB6判の書籍はなぜこのサイズと価格なのか??
特別なものを期待してしまうので、
それなりのクオリティーが欲しいところです・・。
スポンサーサイト
[ 2015/10/31 20:38 ] 今月の萌ブツ&評価 | TB(0) | CM(0)

うちの神様にはがっかりだ!

山田ユギさんの新刊「うちの神様にはがっかりだ!」の感想です。

kamisama.gif  (山田ユギ/佐々木禎子)

「うちの神様・・」は雑誌で読んだことがありますが、
連載中でストーリーがよく分からず、
「佐々木さんってどんな作風~??」と、ぼんやり思っていたマンガ(^^;

ところが1冊になったらけっこうボリューミー。

恋に浄霊や付喪神の不思議エピが絡んで、
番外編にはおっさんラブまでつく充実度♪

オマケに攻が神主なので和装頻発。
ユギさんの描く 水干男子がカッコイイ~っ!!
と、先ずはコス萌え。

普段着とのギャップと変人ぶりも堪らず・・、
とにかく将和のイイ男ぶりに悶えましたw

一方、幼馴染で不動産会社勤務の悠人は霊感を持っているわりに
心霊現象を信じないタイプ。

でも魂が清らかなので、将和が見ると悠人はキラキラなオーラをまとっていて、
その美しさに一目ぼれ。

神社の御神木も同様に悠人が好きなようで・・
触〇で大活躍ww

付喪神に意地悪をされたり、前半では霊に一瞬憑かれたりと
いろいろありますが、全体的には心温まるラブファンタジー。

原作付でもユギ先生独特のユーモアと優しさがたっぷりで
番外編でいきなり始まる不動産会社所長の恋愛もなんだか爆笑。

社員×所長の続編か、横井が営業所にいた頃の過去編が
読んでみたいぃぃぃ です。

この他面白かったのが将和パパが抱いているニャンコ。
模様が麦ちゃんで、顔が米ちゃんみたい(^^)

子猫もたくさん出てきて可愛かったです♪
[ 2015/10/28 15:17 ] 山田ユギ | TB(0) | CM(1)

Life is Beautiful

Life is Beautiful」はツイッターで見かけ、買ってみた本。
でもこの作家さんのデビュー文庫だったため、あまり期待しないで読書開始(^^;

お話は自殺寸前の可哀想な受ちゃんを包容力王子が救う王道ストーリーでしたが、
文章が読みやすく、全体的に飽きさせない展開。

しかも攻の綾部が読めば読むほどドストライクで、
結局こーゆーヤンデレキャラが好きだよね・・
と、妙に初心にかえる1冊でしたw  (直江病~)

isehara.gif  (伊勢原ささら/班目ヒロ)

身よりもなく工場で虐めを受けて断崖絶壁にやってきた瑞生

そこで自殺防止ポスターを交換にきた司書・綾部と出会い、
図書館に居場所を与えられる。

その上住む場所のない瑞生と同居を開始して、
どんなに瑞生が憎まれ口をたたいてものれんに腕押し。

ニコニコと世話をしてくる綾部に少しずつ心を開き、
<恋>を覚えるようになる。

が、綾部には妹の自殺というトラウマがあり、
死を止めることが自分を救うことに繋がる因果で、
過去にも崖で人を助けている。

ところが、綾部にとって瑞生が特別な存在になってくると
保護欲と独占欲が暴走。

瑞生を軟禁して、無償の愛王子からヤンデレ王子へ豹変。

なので、物語の核となる絵本のエピソードや、瑞生の成長はそっちのけで
綾部の愛の重さに身悶えっ(^^;

でも鬼畜な行為は一切ないので、全体的に品がよく
二人が信頼関係を築く過程が丁寧に描かれた純愛本。

切なさと一生懸命が伝わる良質キュンな1冊でした。


BLはある程度読んでしまうと同じような話が多く、
けっこう玉石混合なため、最近は決まった作家さんのみになってました。

なのでたまにこんな本に出合うと小躍りで、
質のよい新人作家さんがどんどん出てきて欲しいなと願ってやみません。

でも小説は一般書も含めて読み手が少ないから難しいかも。
(娘やその周囲を見ててそう思う、しかも少子化だし)
先ず本を読まなければ、書く人も生まれませんからね~・・。
[ 2015/10/22 19:01 ] その他のBL小説 | TB(0) | CM(1)

累る-kasaneru-

凪良さんの今年4冊目の新刊はファンタジー。
しかも大好物の輪廻転生もので、イラストはお耽美な笠井あゆみさん♪

でも真っ裸な表紙にギョッとして、
凪良さんの作風と合うの?大丈夫なの?
と思った矢先、扉絵カラーのエロ衝撃でますます不安に・・w

ところが読み終わった今ではこれ以上ないほどシックリきて、
表紙からは切なさと、神々しささえ感じる。

幻想怪奇BL なストーリーにとにかくピッタリでした。

kasane.gif (凪良ゆう/笠井あゆみ)

腹違いの兄弟七緒奏人は不幸な家庭環境のせいで
お互いが特別な存在。

そのせいか大学生になった二人の間に恋愛感情が芽生え、
でも恋と同時に七緒が悪夢を見るようになり・・

それは奏人が幼い頃から繰り返し見る夢とリンク。

そしてこの悪夢は村の守り神・オワタリさまと、
彼の世話をする口のきけない少年・四郎に繋がり、
二人の前世が垣間見えてくる。

でも重さと切なさは奏人×七緒エピより四郎×オワタリの方が数段上で、
四郎が純愛とエゴで鬼になっていく様が鳥肌もの。

凄惨な末路に「祟りじゃ~」と叫びたくなる村の運命と、
気狂いの老人が恐ろしいのに一気読みっ。

そして後半の現世エピは、二人がこの過去と向き合い、
七緒の記憶が鮮明になることで、救われる奏人。

四郎の罪で苦しむ奏人は胸に迫るものがあったので、
七緒が辛さを半分背負うことができてよかったです。


凪良さんは色々なタイプのお話を書ける作家さんですが、
今回のようなダークファンタジーは非常に好み。

前半の弟×兄の背徳感も堪らなくツボで・・
私的凪良本ベスト10に入る勢いでした。

*てなわけでベスト10はこれ↓

・初恋姫
・積木の恋
・お菓子の家
・あいのはなし
・雨降りvega
・真夜中クロニクル
・美しい彼
・ショートケーキの苺にはさわらないで
・まばたきを三回

・累る
[ 2015/10/14 20:53 ] 凪良ゆう | TB(0) | CM(3)

窮鼠はチーズの夢を見る

水城せとなさんの「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」
の感想です。

mizu1.gif mizushi2.gif 

せとなさんの漫画はかなり昔に別作品を読んで
それっきりになってしまい・・

でも読みたいBLがほとんど無い昨今、
やはり名作は手に取るべきだと今更読書(^^;

結果は  凄く面白かった~~~っ。

ゲイとノンケのせめぎ合いがわりとリアルなBL作品。

流されやすく、女と簡単に関係を持つ恭一と、
ノンケを信じきれないヤンデレ今ヶ瀬の激しい攻防。

なのでBL定番のめでたしなファンタジー臭さは皆無。

それでも恭一の開きなおりに、一筋の光が見え、
女との平凡な未来を捨てた男らしさはあっぱれ。

が、今ヶ瀬は恭一とは逆走・・。

1巻の「窮鼠」では余裕な態度で恭一を翻弄して落とし、
元恋人の夏生に見せつけるライター&玄関シーンは凄みがあってカッコイイ。

おまけに先輩の恭一を敬語攻で「あなた」呼びしたあげく、
もの凄い執着愛。

ドストライクなキャラきたぁぁぁ
と嵌りましたが、それは束の間・・w

2巻の「俎上」ではノンケを好きになってしまった自分を哀れみ、
恭一との未来が信じられず、自ら幸せを破壊する男に変貌。

とにかくいじらしいほど先輩が好きなため、
ヤンデレが炸裂し過ぎて、可愛いけど可哀想な子に。

でもそのせいか不誠実だった恭一が最後に包容力を発揮。
流されっぱなし、ヤラレっぱなしの立場が逆転し、リバになる展開が面白い。

そして恭一の婚約者が二人を再会させる皮肉は「上手い!」の一言。
ここから始まる怒涛の会話劇は誰もが夢中になれる秀逸さでした。

*この作品はCDもあるようで、キャストが遊佐×中村さん。
つまり遊佐さんが「先輩」って言うわけで・・
「電王」になってしまわないか、それだけが心配(笑)。
[ 2015/10/11 14:48 ] その他のBL漫画 | TB(0) | CM(1)

Cobalt11月号

桑原先生のデビュー25周年を特集したコバルト11月号を買いました。
(周年と打ったら執念と出た。さすがミラw)

coba11.gif

お目当てはほたか乱さんの「のうまくさまんだ」コンプリート小冊子。
でもほんとはきちんとしたコミックスで出して欲しかった!

1冊にページ数が満たないからこの形なのかもしれませんが、
それならイラスト集と一緒にするとか未収録の桑原さんSSと一緒にするとか
いくらでもやりようはあった筈・・。

集英社ってケチなんですかね?
紙質も雑誌と同じだし、もう少し豪華でもいいと思う・・

老眼腐女にはちょい辛いサイズでした。

とはいえ1冊にまとまった「のうまくさまんだ」はやっぱり爆笑の嵐。
景虎様の魅力にクラクラしながらも、それを認めない直江が可笑しくて大好き。

直江の「あなたという人は・・」が常に最高で、
バスケが1番ツボった~(笑)。

ツンデレな景虎、回る直江、単純な晴家、不真面目な長秀、落ち着いた勝長が
ほたかさんの独特な勢いで描かれてイイ味。
たくさん萌笑いできました(^^)

そしてもう一つ爆笑したのが高嶋さんの昭和編イラストで、
最大のネタであるバラ褌が素晴らしい!

いついかなる時代でも直江ってこーゆー扱いで・・w
もしや高嶋さんはミラジェンヌ??
よく理解されていると思いました~(笑)

この他表紙をめくった途端目に飛び込む1巻カバーに年月を感じ、
でも東城さんの描き下ろし直高は嬉しかった♪

そして桑原さんのSSはかなりのごった煮で、
シュバルツは未読なので???でしたが、ラストの尚・賢は満足。

直江を年下扱いする景虎の「尚紀のくせに・・」が気に入りました(^^)


今後昭和編を買い続けるかは分からない私ですが・・(^^;
とりあえず番外編の「夜叉衆ブギウギ」は先月読書~。

bugiugi.gif (桑原水菜/高嶋上総)

で、これを読み終わった直後、
桑原さんは<換生>というシステムをよく考えついたな・・
と、改めてつくづく思ってしまい、妙に感動。

輪廻でも永遠の命でもない<換生>という世界観はとても特殊で、
だからこそこんなにも切なくて壮大。

仰木高耶でも橘義明でもない彼らを読んでいるうちに
ミラージュワールドの凄さを実感してしまいました。


さて、「ブギウギ」の中で1番好きなのは晴家の「恋花火ラプソディー」
尚紀の前の宿体である山口直江とマリーのやりとりがお気に入り。

やはり直江は年上キャラの方が私的に収まりがよくて、
違和感なく嵌れるのでした(^^)
[ 2015/10/05 21:08 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(0)

LOVE STAGE!! (6)

ドラマCD付き限定版・ LOVE STAGE!! (6) の感想です。
(5巻感想はここ

lvs6.gif   (蔵王大志/影木栄貴)

6巻は前半でドラマ編が完結。

後半は早乙女先生のアシスタント見習いエピと、
ストーカーの出現で次巻へ続くでしたが、
相変わらず明朗快活・脳天気な楽しいラブコメ(^^)

ドラマ編はHで龍馬の記憶回復か?と思いきやそう簡単には行かず・・
でも泉水に対する恋心だけは思い出して、二人の絆がより強固に。

泣いちゃう龍馬が可愛かったですっ。

後半のアシスタント編は泉水の技術のなさと
芸能人に弱い早乙女先生が爆笑で、
先生は相変わらず漫画家にしておくには勿体ない美しさ(笑)。

そして泉水を助けに来た龍馬くんは芸能人にしておくには勿体ない
画力とメシスタント力ww

龍馬くんはイイ奥さんになれそうです♪


CDはアニメのその後で、漫画4巻~6巻のドラマ編終了まで。

<出演>

瀬名泉水:代永翼   一条龍馬:江口拓也
相楽 玲:平川大輔  瀬名聖湖:DAIGO
如月 陣:子安武人


新たに登場したセクハラ敏腕プロデューサーは予想どーり
子安さんでピッタリ(^^)

代永さんと江口くんの引き出しの多さもよく分かり
DAIGOさんはやっぱり声だけよりアニメの方がイイかな・・
と思いつつ、24時間走れる男だからなんでも許す(笑)。

とりあえずこの部分もいつかアニメ化して欲しいですっ!


この他子安、代永、江口さんのトーク聞きたさにCIEL11月号も買いました。

ciel11gatsu.gif

子安さんと江口くんはけっこう年齢差がありますが(調べたら20年)
子安さんの人柄のせいか、和気あいあいとトークしていて、
面白かった。

まあ江口くんは弄られまくってましたが・・(笑)。
次回機会があるならDAIGOさんも交えておしゃべりして欲しいですw
[ 2015/10/02 17:00 ] LOVE STAGE!! | TB(0) | CM(0)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計