BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 2015年03月

3月の萌ブツ

3月の買い物&評価です。

◎ かなり好き
〇 好き
△ こんなもんかな
×  好みじゃなかった

<小説>

◎すみれびより     (月村奎/草間さかえ)      新書館
〇 FLESH & BLOOD外伝(2)   ( 松岡なつき/彩)    キャラ
〇メメント・モリ     (英田サキ/yoco)      白泉社

<コミックス>

〇相愛アイデンティティ   (葛井美鳥)      ガッシュ
〇もののふっ!3      (琥狗 ハヤテ)   幻冬舎


★4月の購入予定ブツ

・花は咲くか(5)    ( 日高ショーコ)     3/31   幻冬舎
・ くぐもったドラム   (英田サキ/原著:エラステス/えすとえむ)  4/25 ハーレクイン
・密約のディール   (英田サキ/円陣闇丸)  4/30   幻冬舎
・神官は王に操を捧ぐ (吉田珠姫/高永ひなこ)  4/28  ガッシュ
ちょっと気になる本
・天使は夜につくられる    (宮本佳野)  4/24   幻冬舎


*神官シリーズ、新作出るんだ。
今度はなにをヤラかす気なんだろう・・(笑)。
スポンサーサイト
[ 2015/03/31 19:58 ] 今月の萌ブツ&評価 | TB(0) | CM(0)

もののふっ!3

琥狗さんの「もののふっ!」3巻の感想です。 (2巻感想はここ

もののふっ!  (3) (バーズコミックス リンクスコレクション)もののふっ! (3) (バーズコミックス リンクスコレクション)
(2015/03/24)
琥狗 ハヤテ

商品詳細を見る

「もののふっ」最終巻でした。
3巻は戦が開始してしまったため、全体的にシリアスな展開。

なので4コマはラストのみで、コメディ部分の可愛さと
可笑しさが好みだった私には少々もの足りなかった・・。

でもストーリーとしては上手くまとまった最終巻で、
七尾四埜の関係がフィーチャーされて、
もちろん御館さま菊三の××もあり♪

菊三は産土神となってめでたしめでたしでしたが、
外見も行動もほぼ変わらず、甘えておやつ食べまくり・・・
面白かったです(^^)
[ 2015/03/28 21:15 ] その他のBL漫画 | TB(0) | CM(0)

メメント・モリ

英田さんの新刊「メメント・モリ」の感想です。

メメント・モリ (花丸文庫BLACK)メメント・モリ (花丸文庫BLACK)
(2015/03/20)
英田サキ

商品詳細を見る

メキシコの麻薬カルテルの幹部であるリカルドに育てられたアキ
異常なほど養父を慕い、リカルドもアキが他に気を散らすのを許さない関係。

が、アメリカからやってきた元軍人・エディと恋に落ち、
リカルドの元で生きることに迷いが生じるアキ。

一方エディの本来の目的はカルテルに対する復讐で、
このためリカルドはアキにエディを殺すよう命令。

必然的にアキを挟んで大人二人が敵対することになります。

ところがラストで物語は意外な方向へ進み、
冷酷に思えたリカルドが 実はやたらとクールガイ!!

そして終わってみればエディはリカルド&アキ親子に翻弄されまくり、
アキはけっこうなオヤジたらしという結論w

エディはようやくアキの恋人兼父親(?)になれますが、
リカルドには永久に勝てそうもないヘタレ攻でした(笑)。


「メメント・モリ」はメキシコ社会やマフィアの現状を垣間見れる物語で
そのシビアさと残酷さは少々ISとかぶってゾォ~。

そしてそんな外国のストーリーにお初レーターのyocoさんがピッタリでしたが、
一つ気になったのは表紙のエディが若く見え過ぎること。

構図・色は◎なのにちょっと残念でした。
[ 2015/03/26 14:37 ] 英田サキ | TB(0) | CM(0)

ウロボロス最終話

ウロボロス最終話の感想です。
(注:ネタバレ)


これまでラストをあまり予想できずにきましたが、
まさか心中オチとは思わず・・

とりあえずイクオが竜哉を選ぶ結末をむかえて欲しい!
ということだけでしたが

こんな切ない終わりが待っていようとは驚愕の一言(*_*)

でもいろいろ納得の最終話で、続編を制作しない潔さはお見事。
腐女子には鳥肌ものの満足度でしたっ。

で、私的に1番涙したのが、
意外にも深町がオムライスを食べながら泣くシーン。

そしてその手前の血がベッタリな主従シーンにも萌え転がる。
ディープタウンがここに来てGJ過ぎて、本当にベストオブ片腕でした(T_T)

さて、肝心の竜×イクですが、これはもう後半全てがBLまみれで、
身の置き所に困るほどっっ。

u10-3.gif

u10-2.gif

・竜哉と歩くことを選び、北川の家に乗り込んでくるイクオ
・イクオが弟を殺さないように止める竜哉と、二人の顔の近さ
・イクオの泣き顔の可愛さ!!
・ビデオを先に見て優越顔の竜哉
  などなど・。

とにかく竜哉の被弾に慌てつつも、次から次へとドキドキがやってきて、
瞬きを忘れるほどの濃い展開。

u10-1.gif
(イクオの首に手を回したたっちゃんに萌滾る)

が、実は最後まで別のドキドキもあって・・
それは迫りくる美月さんの恐怖w


やはり二人の正念場を邪魔されたくなかったし、
万が一イクオだけが死にきれず美月と結ばれ、
子供に竜哉という名をつけてたらどうしよう・・・とか、ラストシーンまで心配尽きずw


でもそんな事は起こらず、二人は自分達の20年に落とし前をつけ、
<貫いたその愛は正義> ではなかったかもしれないけれど、

結子先生が二人を褒めた言葉は感動的。
先生のビデオメッセージが一線を越えない力となりました。

ラストシーンはウロボロスを首に下げる美月が一人登場で
これも情念が垣間見えて最高。

とにかく最後まで謎とラブが文句なしに面白いドラマで、
ここまで萌え尽きる3次元作品に今後出会える気がしない・・。

制作者さんと出演者さんに心から感謝したいですっ。
[ 2015/03/22 17:28 ] BL臭なノーマル作品 | TB(0) | CM(4)

相愛アイデンティティ

「失恋マニア」シリーズ10冊目、
前巻に予告されていたように本当に最終巻でした。

相愛アイデンティティ (GUSH COMICS)相愛アイデンティティ (GUSH COMICS)
(2015/03/10)
葛井 美鳥

商品詳細を見る

なのでちょっと寂しいですが、漫画は10巻までが華と思っているため、
ピリオドを打てる作家さんには拍手♪

3CPがいろんな心配事や取り越し苦労を乗り越えて、
一人でいるより二人でいることの幸せを実感できる素敵ラストでした。

でも欲をいえば川邊×劉をもう少し多めに描いて欲しかった。
川邊先生は医者としてきちんと立ち直れましたが、イチャイチャが少々足りなめ。

て、相変わらずS・Мコンビなので 面白さ>ラブ だったのか?(笑)

そして面白いといえばの成長ぶり。
体格も人間性も大きくなって、いつか立派な年下攻になるに違いないw

山﨑×敦也はカルチャーが違うのに安定のラブラブで、
でも今回は敦也の想いの強さが前面に出ている展開。

人が好さそうに見えてちょい黒な先生が
甘え嬉しがる様子が可愛かったです(^^)

*葛井先生はちょっと絵が変わったかな。
描線が細くなったのかも。

「失恋マニア」シリーズの同人誌は今後どうなるのか?
とりあえず再録集が出たらまた買いたいと思います♪
[ 2015/03/17 21:53 ] 葛井美鳥 | TB(0) | CM(0)

ウロボロス第9話

ウロボロス9話の感想です。

今回は話がかなり展開して、まほろばの秘密と
結子先生を殺したのが誰なのかがきちんと判明。

で、日比野パパは結局黒幕ではなく・・
驚いたのは小夏先輩の正体。

那智が妹の代わりに抱きしめるシーンは涙もので
やっぱり長髪よりいつもの長さがクソイケメン!

小栗・生田・綾野くん・・
顔面偏差値の高さと演技力にどうしていいのか分からなくなる第9話。

しかもこれに続く竜哉の決別とイクオの涙が鳥肌ものに切ないっっ。
復讐を全て一人で背負おうとする竜哉は本当にブレがなくてカッコイイ!!

u9-2.gif

u9-1.gif

イクオに普通の幸せを掴ませようとするたっちゃんの発砲愛と
さよならだイクオが可哀想だけど萌えましたぁぁぁ。

が、ラスボスの出現で捨てれらたままではいられないイクオ。
この20年にどうケリをつけるのか??

最後に女より相棒を選んで欲しいです!

*ウラバラスゲストはパーソナルスペースが近すぎる三島課長(笑)
早く見たいっ。
[ 2015/03/14 20:00 ] BL臭なノーマル作品 | TB(0) | CM(0)

すみれびより

月村さんの新刊を読みました。

すみれびより (ディアプラス文庫)すみれびより (ディアプラス文庫)
(2015/03/07)
月村 奎

商品詳細を見る

今回も不幸な境遇の受と、しっかり者の攻という安定の月村設定でしたが、
冒頭の金子みすゞの詩と草間さんのイラストが格調高く、雰囲気のある1冊。

なのでコメディ色は一切なく、初恋を6年間引きずり続けた
芙蓉西澤執着愛的な想いの強さがいじらしい内容。

二人は芙蓉が祖母と営む下宿屋で再会し、
小学生時代同じ気持ちだったことが判明。

が、芙蓉が謙虚過ぎるため感情の行き違いが多く、
その一因は彼が母親からネグレクトされていた事にあり・・

それでも恋を育てて行くうちに、
祖母との関係や旧友との出会いがよい方向へ向かい、
芙蓉=不要ではないと本人が自覚できる流れが感動的。

<芙蓉>という花を西澤が育てていたという
恐いほどの恋情も好み過ぎて泣けました。

*「すみれびより」は芙蓉が好きな雑草に関する知識もたくさん。
月村さんの雑学がなかなか面白い本でした♪


**月村本は必ず作家買いしていますが、
今回の新刊はかなり気に入って確実に手元に残る本。
で、急に私的ベスト10を挙げてみたくなりました。

・もうひとつのドア
・エンドレス・ゲーム
・WISH
・そして恋がはじまる (1)(2)
・家賃
・レジーデージー
・CHERRY
・すき
・嫌よ嫌よも好きのうち?
・すみれびより


順位はつけられず・・
でもお初月村本の「もうひとつのドア」が結局1番かも。 

にしても同じような設定なのに飽きずに読めるのは何故なんだろう。

ラブ以外の人間関係や風景&小道具描写が巧みで、
登場人物の行動が納得できる上に、BLにしては品があるからでしょうね〜。

これだけ長い年月、安定のクオリティーを提供できる
作家さんは貴重だと思うので、今後も読み続けたいです。

[ 2015/03/12 15:26 ] 月村奎 | TB(0) | CM(0)

ウロボロス第8話

ウロボロス8話の感想です。

今回は日比野監察官が<>だとはっきりして、
まほろばは子供の臓器売買をしていた可能性が出てくる。

それをつきとめた竜哉はトイレに駆け込みつわり状態・・。

で、犠牲になった子供の一人が恐らく那智の妹で、
この事実をはっきりさせたい彼は、美月を人質に監察官を呼び出すことに。

が、那智は腕に自信がないのか竜哉に協力を要請。

結局イクオとも行動を共にしますが、この人はなんとなくコミカルで、
シリアスな雰囲気をイイ意味で壊してくれました。

さて、肝心の竜哉とイクオですが、
ようやく日比野を追い詰める段階になって考えのズレが発生。

美月救出を優先するイクオと
日比野を即始末したい竜哉。

復讐に迷いが見えるイクオに嫉妬まじりの一言。
「オレには関係ない」

uro80.gif

uro8-1.gif

食い違っているのに・・相棒がよそ見しているのに・・
顔が近い近い近いで、もうキスしてくれ~~と、異様にドキドキする!

根が刑事になってしまったイクオと、根が極道になってしまった竜哉。
対立萌えに悶絶しましたっっ。

そしてラストは暴走竜哉の孤高がカッコイイやら切ないやら・・
涙出そうになりました。

それにしても小栗君のプロポーションのよさは異常。

東京タワーのコート姿やバイク姿には惚れ惚れで
銃を持って立ち尽くす後ろ姿は最高。
少々西部警察だったサングラスも似合っていました(≧▽≦)

*ウラバラスも見ました。
吉田さんの「キスしちゃえ」に仲間意識を覚え、ボンバーマンに笑い、
剛くんに対する感想が面白かった。
8話は相当シリアスだったけど、そんなことは気にしないウラが好き!(笑)
[ 2015/03/07 15:04 ] BL臭なノーマル作品 | TB(0) | CM(0)

FLESH&BLOOD 外伝2

「FLESH&BLOOD外伝2~祝福されたる花~」を読みました。

【Amazon co.jp限定】FLESH & BLOOD外伝2 -祝福されたる花- ショートストーリー付き (キャラ文庫)【Amazon co.jp限定】FLESH & BLOOD外伝2 -祝福されたる花- ショートストーリー付き (キャラ文庫)
(2015/02/27)
松岡なつき

商品詳細を見る

全部で5つのお話が入った短編集で、
1話目の「昨日の友」はナイジェルが新米水夫だった頃のエピ。
感想はここ (小説Chara vol.25掲載)

2話目の「舟遊び」小説Chara vol.27 に掲載されていたもので、
ジェフリー&カイトはけっこうラブラブ 感想はここ

3話目の「人の望みの喜びよ」ルーファスがジェフリーに出会うまでのエピソード。

そして書下ろしの4話目「流浪の森を抜けて」
ユアンがジェフリーに出会うまでの物語。

なのでこの2編を読むと、彼らがなぜ<お頭激ラブ>なのかがよく分かり、
ジェフリーの魅力が倍増。

二人の目に映るジェフリーとナイジェルの関係も面白かったです。

ラストの書下ろし「祝福されたる花」は20~21巻あたりの
ジェフリー&カイトのイチャラブ

で、ひたすらカイトとくっついていたいジェフリーがとにかく可愛い!!!
そしてリリーはやっぱり頼りになるステキねーさんでした♪

にしてもこの時代の<食>の貧しさは涙もの。
ジャガイモやサツマイモがない世界なんて、野菜不足にもほどがある。

だから人生50年なのね・・。


*密林のペーパーもジェフリーが謙虚可愛かったぁぁ。
[ 2015/03/04 11:52 ] FLESH&BLOOD | TB(0) | CM(5)

ウロボロス第7話

ウロボロス第7話は  ゾンビ祭り でした(笑)

公安と交戦したのがお化け屋敷だったせいか、
先ずはシャンデリアの下敷きになっていた我那覇が蘇り。

そしてベンチで死んでいたイクオが悪夢で覚醒して、
公安&たっちゃんの前にゾンビって登場w

で、出血多量なのにありえないほど忍足をぶちのめして
ようやく竜哉がボロボロになっているのが目に入る。

「たっちゃん・・」
「オオ」      (←ここの二人に萌~)

uro7-1.gif

uro7-2.gif

その後新たな公安がやってきて、
火をつけるは狙撃するはでかなり過激。

そんな中、イクオは聖と対面して殴り合いになりますが、
何故かイクオを銃から庇う聖。

そして記憶がより鮮明になった結果、
結子が銃を向けていたのはイクオだった という衝撃の事実。

これが本当なら二人は今まで何のために生きてきたのか・・
アイデンティティーの危機。

呆然とする竜・イクの表情が切ないです。

それでもまだまだ謎は深く、やはり1番黒いのは日比野パパなのか??
そしてイクオを施設に連れてきたのは何者で、
なぜイクオには施設前の記憶がないのか??

ラストでは<まほろば>の新たな関係者・那智が登場して、
美月を拉致。

この人は綾野剛くんが演じて、キャスティングにまたまた腐心を刺激れされましたが
長髪がちょっと妙~(笑)。

でも20年前の事件を彼も追っているので
今後の絡み方が楽しみですっっ。

前回に比べ今回は少々萌不足でしたが、
美月の追及に「イクオは家族だよ」と答えた竜哉がよかったぁぁ。

やはり男夫婦だったんですね!!(^^)
[ 2015/03/02 13:22 ] BL臭なノーマル作品 | TB(0) | CM(0)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計