BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 2015年02月

2月の萌ブツ

2月の買い物&評価です。

◎ かなり好き
〇 好き
△ こんなもんかな
×  好みじゃなかった

<小説>

◎ショートケーキの苺にはさわらないで (凪良ゆう/草間さかえ)    心交社
〇蠱蝶の殉情    (和泉桂/笠井あゆみ )   ガッシュ
未読本
・ FLESH & BLOOD外伝(2)   ( 松岡なつき/彩)     キャラ

<コミックス>

なし

★3月の購入予定ブツ

・相愛アイデンティティ   (葛井美鳥)    3/10   ガッシュ
・花は咲くか(5)    ( 日高ショーコ)     3/24  幻冬舎
・すみれびより     (月村奎/草間さかえ)   3/10   新書館
・メメント・モリ     (英田サキ/yoco)   3/20    白泉社  
・密約のディール   (英田サキ/円陣闇丸)  3/27 幻冬舎


*今月は読書量が少なかったです。
コミックスは2カ月連続で買いたい本がなかったし・・。
元々BLは 小説>漫画>CD の順で好きだから仕方ないかな~。
でも3月は欲しい本がけっこうあって、英田さんが2冊も!嬉しい(^^)
スポンサーサイト
[ 2015/02/28 14:10 ] 今月の萌ブツ&評価 | TB(0) | CM(0)

ウロボロス第6話

第6話も激しく流血でした。
が、今回打たれたのはイクオで、たっちゃんを庇って腹部に被弾。

二人は事件の鍵を握る山城の息子を遊園地で発見するも、
公安が追い付き狙撃される。

打たれたイクオを肩に担ぎつつ逃げる竜哉ですが、
公安から真実を聞き出したい二人は
やむなくイクオを園内のトンネルに置いていくことを選択。

自分のコートをイクオにかけながら
いいかイクオ、ここで少し待ってろ

「たっちゃん」

トンネルでの止血シーンは、竜哉の白いマフラーが赤く染まって、
携帯を握る手も血で真っ赤。

uro-6.gif

なので異常に鬼気迫って、色んな意味でドキドキバクバク。

uro6-1.gif

しかもウルウル眼の「たっちゃん」で止めを刺され、
思わず娘と可愛っ!!!と同時に絶叫(笑)。

その後も子役ちゃんの可愛さや、竜哉&公安の乱闘シーンに興奮し、
挙句にイクオが力尽きる「たっちゃん」に萌えゲージ振り切りっ。

毎回瞬きを忘れるほどの謎とBLをありがとう!
制作者さまに土下座したくなりましたw


さて萌以外でも今回は色々なビックリと突っ込みどころがたくさん。
以下のよーになりました。

・蝶野さんが生きていた
・金時計の正体と先生殺害の実行犯が確定
・公安が欲しいのは山城のブツだけでなく、ウロボロスネックレスも??
・日比野パパはイイ奴??
・顎クイされる竜哉が受っぽいw
・我那覇は元機動隊 「鬼の四番隊トップ」て・・新選組のようw
・「狩りに行くぞ我那覇」「命令すんなよ忍足」→悪人だけど、このやりとりはイイw



*副音声「ウラバラス」も聞きました。
トンネルシーンでBLを連呼する小栗くんがGJ!
あと林檎は花沢類へのオマージュだったとか、
たっちゃんのメガネフレームの話とか、キューティクルや射程距離も面白かった。
ウラは毎回やって欲しいです。
[ 2015/02/23 14:25 ] BL臭なノーマル作品 | TB(0) | CM(0)

ショートケーキの苺にはさわらないで

凪良さんの新刊「ショートケーキの苺にはさわらないで」を読みました。
ストーリーは近未来の人間とアンドロイドの純愛

なのでファンタジー色が強いのですが、
生命の定義を考えさせられるような内容でもあり・・・
けっこう深かったです。

ショートケーキの苺にはさわらないで (ショコラ文庫)ショートケーキの苺にはさわらないで (ショコラ文庫)
(2015/02/10)
凪良 ゆう

商品詳細を見る

大学生の南里がひょんなことから手に入れたアンドロイドのシン
×××目的の美しい裏ドール。

でもドールヲタクの南里はシンを大切に扱って、
本物の恋人同士に発展。

が、ラブラブになった直後に戦争が勃発。
アンドロイドを戦闘要員にするための徴収が始まります。

二人は離れ離れになり、でもその後驚くべき形態で巡り合い、
何度オフ状態になっても、記憶がゼロにならない絆の深さ。

想いの強さと後半の意外な展開に驚きつつも一気読み。

戦争にジワジワ巻き込まれていく、平和ボケした日本人の状態と
ロボットが進歩したら本当にこんな世界になるかもしれないという、
リアルな未来図が面白かった。

そして感情が成長するアンドロイドはもはや機械ではなく、
人間との違いは魂があるか無いかというだけで、
でも魂の存在を否定すればほぼ人と同じ。

人間も死んだらロボットのスイッチを切るようにそれで終わりかもしれない。
なので1・2世紀後には人工知能の方が人を超えているかも?

と、つらつらそんなことを考えさせられる作品でしたが、
もちろんラブストーリーとしても素晴らしく、シンの可愛さは最高で、
南里の<愛>は賞賛もの。

ドールヲタ仲間も皆イイ奴だし、丸型ロボットは欲しくなるキュートさ♪
キーワードとなるタイトルの使い方が抜群の、泣けるお話でした。
[ 2015/02/16 21:07 ] 凪良ゆう | TB(0) | CM(0)

ウロボロス第5話

今回は竜哉に成りきる深町ムロボロスからスタートww

冷やかにムロさんを眺める小栗たっちゃんが笑えましたが、
本編は悪人面公安二人副総監が極道にしか見えない第5話。

で、この公安に待ち伏せされた竜哉は足を打ちぬかれた上に、
鼻と口から流血

好きキャラがケガをすると、興奮する性質なので・・
「またですかぁ」 と思いつつもドキドキが止まらない(変態)。

その後の手当てシーンは小栗くんの自前柄パンが可愛いし
痛みで気が立っている竜哉はカッコよかった~。

そして美月を守って発砲するイクオもイケメン王子!!

普段ヘラッとした優しい雰囲気なので
イクオはギャップ萌えが凄いです。

さて、今回激しく滾ったのは車中で話合うイク・竜と
バーで密会するシーン。

先ず<車という狭い空間に二人きり>な絵面のよさに悶え、
たっちゃんのタバコ姿にもクゥ~。

更に「お前の相棒を始末するしかねーな」という
嫉妬混じりのシビアな会話にヤラレまくる・・。

復讐に邁進していないイクオの微妙な変化に気付いた竜哉は
「付き合ってくれるよな、イクオ」 と念押し。

これまで迷いなくやってきた二人に探り合うような雰囲気が流れて、
辛いほど萌えるっ。

とりあえずギリギリのところで美月よりたっちゃんを選んでくれれば
それで満足。
満身創痍の竜哉を一人にしないで欲しいです。

it.gif

にしても公安の二人組は人を殺し過ぎだろう・・

そして先生を殺した金時計はどっちなのか??
蝶野さんはフラグが立ってる??

今回一瞬で消えた橋之助総監が
今後どう絡んでくるのか楽しみです。

*副音声「ウラバラス」聞きました。
パンツの話・イクオのイタタタタ・イノキマフラーが特に可笑しかったぁ。
そして小栗くんは声がイイ!
2度美味しい番組です。
[ 2015/02/15 14:46 ] BL臭なノーマル作品 | TB(0) | CM(0)

新選組・流山史跡

久しぶりに新選組の聖地巡礼をしました。

新選組の史跡巡りは中学の頃から時々やっていて、
既に30年以上が経過。

我ながら土方さんへの冷めぬ愛が恐いですがw
とりあえず今回の流山は初訪問。

きっかけは上の娘がヤボ用で「流山に行く」と言ったので
「近藤さんと土方さんが別れた場所だ」と、即地名に反応。

検索したら史跡は駅近。わりとしっかり聖地化しているようなので、
一緒に電車に乗りました。

流山までは千代田線経由で約1時間半。

道中「燃えよ剣」の別離シーンを読書して、
でも大してページ数がないためその前後もパラパラ読んで、
久しぶりに「萌えよ剣」(笑)。

特に今回は土方&近藤土方&斉藤に萌えて、
年々腐蝕が進んでいるためか、以前よりもドキドキするよーな・・?

5年にいっぺんくらい読みたくなる本ですが、
記憶力が悪いせいかその度に新鮮なワクワクと切なさを味わうことができます(^^)

さて、カラフルな流鉄線に乗り換えて流山駅に着くと
先ずはこんな案内板を発見。

nagare-5.gif

で、娘に携帯マップを設定してもらって駅で散開。
携帯の案内どーり歩くと直ぐに<近藤勇陣屋跡>に到着。
(便利な時代だわ~)

nagare-2.gif 

nagare-1.gif nagare-3.gif

近藤が投降するまで本陣を置いた醸造家・長岡屋敷跡↑

流山は江戸時代から酒・みりんの産地らしく、
陣屋跡ではお酒が売られていました。(近くにキッコーマンの工場もあるみたい)

その後新選組コーナーがある市立博物館へ。

nagare-4.gif

近藤&土方のパネル写真、錦絵、刀の他、
新選組駐留時の様子が書かれた記録文書が展示。

流山に居た期間はかなり短かったと思われますが、
扱いが意外と大きくて、少々驚き。

当時の住民には迷惑だったかもしれない存在が
今ではちょっとした観光スポットになっていますw


帰宅してから「燃えよ剣」下巻の残り半分を読書。
土方さんが流山から転戦して最期を迎える函館までのストーリー。

この小説で1番好きなのは土方と沖田の会話シーンで、
昔からそこばかり拾うクセがあるのですが・・
今回読んだところに二人の絡みは皆無。

でも土方さんの戦いぶりが本当に面白くて
新選組の仲間がバラバラになっているにも関わらず
このワクワク感は何なんだろう。

ギリギリまで踏ん張って、引き際を誤らなかった土方さんの魅力が壮絶。
司馬先生の偉大さを噛みしめました。
[ 2015/02/10 17:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ウロボロス第4話

「今週は変装キャラでいく」

毎週自分に課題を設ける段タツさん。
今回が1番笑えて、「深町くん、逮捕しちゃうぞ」には爆笑。

BLでいろんな若頭&舎弟ズを見てきましたが、
竜哉と深町の漫才もかなりツボ。フィクションの893ってやっぱり最高!

で、何に変装したかといえば警官医者

つまりお巡りさんコスと白衣コスのたっちゃんを拝めたわけで
カッコイイ~~と悶え苦しむww

その上イクオと調査に行ったハイジマコーポレーションでは
悪事をごまかすため、秘書に両手壁ドン

4話は竜哉ギャグ回なのか??と思いきや、
事件は警察官を狙った連続バラバラ殺人と重め。

犯人は意外な人物でしたが、
動機は幸せな生活を奪った警察に対する復讐で、イクオ達と同じ。

どんな理由でも人の道から外れた人は許せない」という日比野の言葉を
イクオはどんな気持ちで受け止めているのか?

ラストでは竜哉との関係を日比野に追及され、
当の竜哉はハイジマで知りたくなかった結子先生の過去を見ることになる。
(極妻じゃなかったのねw)

ハイジマの社長を射殺したのは誰なのか?
中嶋に父親の真実を教えたのは誰なのか?


まだまだ謎が一杯です。

さて、今回も小栗たっちゃんのカッコよさには痺れましたが、
あまり好みでなかった生田くんにも「可愛い!」を連呼。

とにかくイクオにピッタリで、
しかも二人並んだ絵面◎+異常な信頼関係ときてるから、
毎回テレビにくぎ付け。

やられたらやり返す。倍返しだ・・とは言ってないけど
間違った考えでもこれが人間の本音。

二人が共闘すると萌えてスカッとしますっ。
[ 2015/02/07 16:51 ] BL臭なノーマル作品 | TB(0) | CM(0)

蠱毒の殉情

和泉さんの新刊「蠱毒の殉情」を読みました。

今回は和泉さん初の短編集ということで、
1作目の「蠱毒の殉情」以外は同人誌から収録。

全部で4編ありましたが、全て中華風の物語でした。

で、1番気に入ったのは「蠱毒の純情」
ストーリーは神獣異聞シリーズ「月宮を乱す虎」にちょっと似た下剋上もの。
(「月宮」感想はここ

なので私的に非常に好みな設定で、しかも笠井さんの中華コス!!

エロエロだけど表紙・挿絵にウットリして、
時代劇も巧いレーターさんだな~と、感心しました。

蠱蝶の殉情 (ガッシュ文庫)蠱蝶の殉情 (ガッシュ文庫)
(2015/01/28)
和泉 桂

商品詳細を見る

王子でありながら刺客となるため王女の姿で育てられた苓鈴
毒を操る技術を身につけ、暗殺者として隣国へ嫁ぐ日を待つ身。

ところが、国王の圧政に耐えかねた神開という簒奪者が現れ
父母を殺され、結婚を強いられる。

神開は苓鈴を凌辱するものの、意外にも王の器で
両親に愛されず物知らずな育ちの苓鈴に優しい。

苓鈴もツンで無愛想ながら根が優しく可愛いため、
広い世界を教えてくれる神開にほだされるという
和泉さんの下剋上ものにしては鬼畜度が低いストーリー。

でも変態鬼度数が高いと少々苦手なので、丁度よい匙加減。
とても面白かったです(^^)

2話目は旅の男が幽霊と遭遇する一夜を綴った切ないSS。

3話目は「冷血」がお題だったためか、<愛>が微塵もなく
私的にムリ!な一編・・。

4話目はおバカな受ちゃんと、ちょっぴり黒い攻君の
エロラブなコメディSS?(笑)

好きな順番は1>2>4>3話となりました。

それにしてもこーゆー中華ファンタジーを読むと
「神獣」シリーズの朱雀編を書いてほしくなってくる・・。

是非<四神>を完成させてもらいたいですっ。

*この作家さんで感想書くの4年ぶりだった。
そんなに嵌る本がなかったとは・・(*_*)
[ 2015/02/03 20:23 ] 和泉桂 | TB(0) | CM(0)

ウロボロス第3話

1・2話に続き、必殺仕置人方式で進むのかと思った第3話。
が、意外にも大きく物語が動いて、飽きさせない展開にまずは脱帽。

なにがなんでも証拠を隠滅したい
警察上層部の狂気がはっきりと見え、

イクオの記憶回復とともに、ユイ子先生は何者だったのか?
(極妻だったの??w)
事件も謎も陰謀も激しく面白かったですっ。

そして1番重要な<>部分もしっかり充実。

先ずは竜哉の流血に興奮し(←変態)
二人の息のあったテレパシー的攻撃に悶え、
「おっせーんだよ」とイクオを軽く蹴る仕草に萌え・・

とにかくメガネ893にヤラレまくり(≧▽≦)

雨に濡れるイクオ&たっちゃんも色っぽくて
闇医者のベットに並んで座る二人は可愛くて
本当に一秒たりとも目が離せないステキドラマっっ。

にしても日比野パパの笑みは怖かったな~。
一体何人殺し屋を雇っているんだか・・

竜哉の警官コスが拝めそうな次回も楽しみです。

*龍が二匹で先ず思い出すのが戦国BASARAの政宗さまと小十郎。
そしてコレ↓

12102_2.jpg

建仁寺・法堂天井画 『双龍図』 (2002年/小泉淳 作)
[ 2015/02/01 13:01 ] BL臭なノーマル作品 | TB(0) | CM(0)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計