BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 2014年12月

12月の萌ブツ&2014年のお気に入り

12月の買い物&評価です。

◎ かなり好き
〇 好き
△ こんなもんかな
×  好みじゃなかった

<小説>

◎恋する臆病者(チキン)   (月村奎/小椋ムク)  新書館
◎美しい彼        (凪良ゆう/葛西リカコ)     キャラ
〇愛しのいばら姫    (凪良ゆう/湖水きよ)   プランタン出版
△ひかげの薔薇    (鹿住槇/葛西リカコ)     ハーレクイン
未読本
・ヘブンノウズ 4   (英田サキ/奈良千春)  SHY

<コミックス>

△リンクス    (キヅナツキ)    リブレ
△ひだまりが聴こえる   (文乃ゆき)   フランス書院

★1月の購入予定ブツ

・家族になろうよ    (月村奎/宮城とおこ)    12/27   SHY
ちょっと気になる本
・恋なんかしたくない   (樹要/月村奎)  12/26  大洋図書
・毒蝶の殉情(仮)     (和泉桂/笠井あゆみ )  1/28  海王社  

*来月は欲しい本がほとんどなくて、1月は毎年不作な気がする(^^;
小説は「ひかげの薔薇」を表紙買いしたら、イラスト>小説で残念。



☆ここからは2014年のお気に入りです (2013年はここ
*今年発売でない作品もあります

<小説>

・神さまには誓わない  (英田サキ/円陣闇丸)     リンクス
・BACK STAGE !! 1~3    (天野かづき/影木栄喜/蔵王大志)  ルビー
・そんなに愛情いりません   (今井真椎/小椋ムク)     蒼竜社
・nez3 [ネ] -Smell and Memory-   (榎田尤利/湖水きよ)    SHY
・東方美人 1・2   (かわい有美子/雨澄ノカ)   ルチル
・甘い水 1・2     (かわい有美子/北上れん)   リンクス
・50番目のファースト・ラブ   (月村奎/高久尚子)   新書館
・恋する臆病者         (月村奎/小椋ムク)    新書館
・美しい彼      (凪良ゆう/葛西リカコ)   キャラ
・FLESH&BLOOD 22・23   (松岡なつき/彩)    キャラ

・妖琦庵夜話 人魚を喰らう者  (榎田ユウリ/中村明日美子)  角川

<コミックス>

・10 DANCE(2)    (井上佐藤)    竹書房
・このおれがおまえなんか好きなわけない  (緒川千世)  大洋図書
・誤算のハート   (緒川千世)   ガッシュ
・LOVE STAGE 1~5    (蔵王大志/影木栄喜)   角川
・坊主かわいや袈裟までいとし(2)   (本間アキラ)   花丸
・RULES 1~3&2nd (1)      (宮本佳野)      キャラ

・僕と彼女の×××番外編    (森永あい)      マッグガーデン
・まほろ駅前多田便利軒 (3)   (山田ユギ/三浦しをん)   白泉社

<CD>
・FLESH&BLOOD 17・18  (福山・諏訪部・小西・三木・岸尾 他)


今年は「激しくお薦め!」という小説に出会えず残念。
もちろんフレブラなどのシリーズものは安定の面白さでしたが、
なんとなく不作・・

でもそんな中、今井真椎さんは新たな出会いで
「そんなに愛情いりません」は◎ (感想はここ

が、今月の新刊「オレ様淫魔の嫁迎え」はタイトルで買うのをためらって、
もしかして一発屋さん??(^^;

コミックスはダントツで「10 DANCE(2)」がよかったけど(感想はここ
その他は緒川千世さんとLOVE STAGEに新たに嵌ったのが収穫。 

特にラブステは今まで何故読んでいなかったのか謎(笑)。
アニメを制作してもらって本当によかったです!
(「このおれ」感想はここ、「ラブステ」感想はここ

てな訳で今年のお気に入りアニメは当然「LOVE STAGE」
かなりBL臭かった「オレんちのフロ事情」

BLCDは好きな声優さん達が一線を退いてしまったことや、
CD化して欲しい作品が少ないこと、逆にCD化して欲しい作品が制作されないこと、
そして金銭的にちょっと苦しいことから、今年もほぼフレブラのみとなりました・・。

さて、毎年BL以外で嵌る作品が何かとあるわけですが、
2014年のナンバー1はなんと言っても 「シャーロック3」

約2年待ったかいがありましたっ。
ストーリーが相変わらず面白くて、映像もBGMも完璧。
そして<萌>も期待どーり爆発するという非の打ちどころがない作品。
(3の感想はここ

腐女子で見てない方はシーズン1から是非!
(再放送情報はここここ

そして同じく海外もので嵌ったのが映画「マイティ・ソー 1・2」「アベンジャーズ」

こちらは兄弟萌で、でもスーパー・ナチュラルのようなベタラブではなくて
かまってちゃんな弟が兄を宇宙規模で困らせるという敵対もの。 

でもクリス・ヘムズワーストム・ヒドルストン絵面がとにかくよくて
並んでいるだけでごはん三杯はいける(笑)。

早く続編が見たい映画となりました。
(感想はここここ

この他ドラマは「ロンググッドバイ」と、
娘の影響で「弱くても勝てます」岡×江波がよかった。

てなわけで、来年もジャンルを問わずたくさん萌えたいっ(笑)。

今年ブログ&ツイッターで交流してくださった皆さん、ありがとうございました。
2015年も宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
[ 2014/12/31 19:43 ] 今月の萌ブツ&評価 | TB(0) | CM(0)

オレんちのフロ事情11・12話

「オレん家のフロ事情」11・12話の感想です。

バイト代を多めにもらった龍己は若狭に「なんか欲しいものある?」
とプレゼントをする気満々(?)

o11-1.gif て、ナゼ頬を染めながら聞く?w
すると若狭は牛乳風呂を要求。

他の仲間もやってきていろんな風呂を試したあげく、
全員成人を理由に酒風呂に到達。(一体何歳なの??)

o11-4.gif

で、匂いに酔って気分が悪くなる龍己。

o11-5.gif

全員に丁寧に介抱されてまたまた赤くなる。

o11-2.gif 凄い照れ屋なんですね~(^^)

海の生物たちは優しい龍己くんが大好き! という11話でした。


12話は今までで 最もBL色が強いエピソード!
 
お留守番中に恐い話を読んでしまった若狭は
龍己の帰りが遅いことが心配になってくる・・。

o12-1.gif

で、風呂からはいずり出て、干物になりかけたところをお姫様抱っこ(≧▽≦)

o12-2.gif o12-7.gif 

「若狭」って呼びかける龍己の声が優しかったぁ。

目が覚めて龍己を発見した若狭は即抱きつきっ。

o12-5.gif 

ケーキを餌に、もうお風呂から出ないことを約束します。

o12-6.gif

龍己は自分がいなきゃ死にかねない若狭をますます可愛く思った筈。
12話は 笑<ラブ で、
こーゆーのを挟んでくるオレフロがやっぱり大好き!!!

終わってほしくないアニメです・・。
[ 2014/12/27 20:59 ] その他のアニメ | TB(0) | CM(0)

美しい彼

凪良さんの今月2冊目の新刊です。

【Amazon co.jp限定】美しい彼 書き下ろしショートストーリー付き (キャラ文庫)【Amazon co.jp限定】美しい彼 書き下ろしショートストーリー付き (キャラ文庫)
(2014/12/19)
凪良ゆう

商品詳細を見る

葛西さんの美しい表紙とあらすじから、けっこう昏く病んだストーリー?
と思いましたが、読んでみると攻・平良はわりと滑稽なヤンデレw

美しい同級生・清居に魅かれて以来、
どんなに「うざい」「きもい」と言われても崇拝を止めないM下僕。

というのも元々平良は吃音が原因で友人が出来辛く、
高校では清居を頂点とするグループのパシリ。

が、清居には独自の物差しがあるため、悪乗りのはせず
他のメンバーが平良に無体を働くとさりげなく庇ってくれる。

そんなマイぺースな清居に嵌ってしまった平良は
アイドルを信仰するように清居を追い続けます。

一方清居は平良をキモウザがりながらも、
実は優越感にどっぷり。

必要とされている自分に価値を感じているため、
平良との間に奇妙な力関係と絆が生まれます。

ところが高校卒業後、平良は清居の追っかけを諦めてしまうため
立場が逆転。

普通の感覚で自分に接してこない平良を
口説くはめになる女王様・・。

君主と下僕が同等になるまでの過程が少々笑えて、
ツンデレとヤンデレのすれ違いと、平良のっぷりが非常に面白い物語でした。


にしても巻末のSSと番外ぺーパーの平良はかなり可笑しかった。
清居は一生こんなキモ可愛な男と付き合っていくのか・・(笑)

この小説を読んだ直後に大阪のアヒル隊長を見に行ったのでタイムリーでした♪


ahiru.gif  中之島に浮くラバーダック
[ 2014/12/24 11:20 ] 凪良ゆう | TB(0) | CM(0)

MARVEL CAFE

MARVEL CAFEに下の娘と行ってきました。

場所は東京丸ビル。
日曜だったせいか結構混んでいて、メニューを渡され10分ほど待機。

ma-10.gif

で、これまで見たマーベル映画の好きな順番がこれ↓なので

マイティ・ソー>ダークワールド>アベンジャーズ>ウィンター・ソルジャー>キャプテン・アメリカ
(要するにロキちゃんが1番)

選んだメニューはシュワルママイティー・ソーセージプレート

ma-3.gif ma-2.gif

お味はまあアメリカーンでしたがw骨付きソーセージは気合を感じて、
でも兄上メニューがソーセージって、なんか下ネタ・・(笑)。

できればロキ色のサラダをつけて欲しかったですっ(ブロッコリーとかね)。

ma-1.gif ←お人形がいた。
次は弟メニューや人形もお願いしたい! けどアベンジャーズ2に出番あるの?

この他余力があればウィンター・ソルジャークチキンを食べたかったですが、
丸ビルに着く前にせっかくだからと東京駅地下を見学してしまい、
カルビーコーナーで買い食い・・w

チキンラーメン店が迫力ありました~。

ma-5.gif

その後きちんと見たことがない<東京駅>も写真に撮って、

ma-6.gif ma-4.gif

でも丸ビル移動中に雪(雹?)に降られて、
今年は寒くなるのが早いよーな(^^;

なのでマーベルカフェで食事をしたあと、ビル周辺の夜景を見ました。

ma-8.gif
[ 2014/12/16 22:09 ] 海外ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

愛しのいばら姫

凪良さんの新刊「愛しのいばら姫」を読みました。

愛しのいばら姫 (プラチナ文庫)愛しのいばら姫 (プラチナ文庫)
(2014/12/10)
凪良 ゆう

商品詳細を見る

この作品は「365+1」のスピンオフで、
365で1番キャラが濃かった美山靫彦のお話。

美山は表向きはゴージャスなハーフイケメンのモデルですが、
実は毒舌女王様。

その上ネグレクトな育ちなため、
生活能力も低い投げやりタイプ。

それでも綾野、紺、久保田とは縁が切れず、
特に久保田はトゲトゲな美山に可愛さを見出して、メゲズに構い倒す。

しかも久保田のメゲナイ精神は仕事にも発揮されて、
ブランドの立ち上げも精力的。

凪良さんの不屈ポジティブな攻の中でも、
力強く明るいタイプでした。

一方美山はツンデレを絵に描いたような可愛げと健気さを合わせ持ち、
そのため途中少々焦れましたが・・

その分 ラストの短編が凄かったぁぁ (^^)

こんなに上手く行っていいの?
こんなに甘甘華やかでいいの?


という読んでるこっちが恥ずかしくなるよーなフィナーレw
でもBLだからこそ許されるハッピーエンド。

スッキリと楽しめました♪

365+1 (プラチナ文庫)365+1 (プラチナ文庫)
(2014/07/10)
凪良 ゆう

商品詳細を見る
[ 2014/12/14 10:53 ] 凪良ゆう | TB(0) | CM(0)

恋する臆病者

月村さんの新刊を買いました。

タイトルの「臆病者」は「チキン」と読むよーで、
恋にチキンハートな二人のお話。

恋する臆病者(チキン) (ディアプラス文庫)恋する臆病者(チキン) (ディアプラス文庫)
(2014/12/09)
月村 奎

商品詳細を見る

出版社営業の五十嵐玲は、イケメン俳優・椎名貴博の大ファン。

ある日椎名が出したエッセイのサイン会に立ち会うことになり、
エッセイの感想を熱く語り過ぎて、痛い対応に・・。

が、何故か気に入られてトントン拍子にお付き合いが進み、
知れば知るほどお互いを好きになるというラブラブ状態。

でも元彼からDVを受けていた玲は××関係に邁進できず、
椎名は変な誤解をして波風がたってくる。

てなわけで、前半も後半も元彼が起爆剤となって
二人の仲が切なくも、ハラハラするストーリー展開ですが、
基本的にはコメディ

次々と起こる夢のような出来事にテンパる玲が面白く、
人気芸能人のくせに恋には余裕がない椎名が可愛い年下攻。

両者共に謙虚で優しいところが微笑ましく、
マネージャーや玲の上司もイイ味でした。


憧れの芸能人に出会う→気に入られる→気が合う→ハッピーエンド

という確率は普通に生きていたらほぼゼロで、
でも誰もが1度は妄想する流れかもw

万人の憧れを上手く描いたBL小説です♪

*作中に出てくるストラップの<うれしいな・おいしいな・たのしいな・・他3種>
楽しんご みたいで笑えましたが、ムクさんのイラストが激可愛!
レアな<やらしいな>はバカだけど「上手い!」って思いました(笑)
[ 2014/12/11 13:32 ] 月村奎 | TB(0) | CM(0)

オレん家のフロ事情9・10話 

「オレん家のフロ事情」9・10話の感想です。
9話は再び妹・霞が登場。

風呂が臭うため妹からビニールプールを借りて清掃。

ore90.gif

が、妹もついてきて兄と仲良く入浴。
嫉妬した若狭は「私も入る~」と泣き出しますが(可愛っ)

ore9-1.gif

でも高級シャンプーの話で霞と意気投合。

ore9-4.gif

「君は出会った子供の中で1番可愛らしいよ」と殺し文句も吐いて、
若狭を<魚>扱いしていた妹を味方にしたのでしたw

にしても兄に異様に執着する霞はただの変態幼児。
そのうち 若狭×龍己 の薄い本を書く気がする・・(笑)


10話は若狭の友人・巻貝の真木が登場。

ore10-1.gif

物凄いネガティブな陰キャで、でもお風呂のヌルヌルを食べてくれる。

ore100.gif ←食べてる姿がキモイ

CVは津田さんでしたが、かなり暗い声でボソボソしゃべるので、
思わず音量アップw

何だかSPNのカスティエル・・と思っていたら
突然タイバニのネイサンにっ。


ore10-3.gif

「ほら、しょせん男なんて体と心は別の生き物なのよ!」
(↑ぬめり掃除を褒めた後、真木自身が「ヌルヌルする」と龍己が言ったため傷ついた。)

で、お詫びに歯ブラシで体を磨いてあげる龍己。

ore10-4.gif ←変な声を出す真木ww

ore10-5.gif

ピカピカ別人になって性格まで明るく変身。

次登場するときは若狭のぬめりを舐めるシーンを是非。
て、放送禁止になりかねませんね~。

毎回いろんな妄想をかき立てられるアニメです(^^)
[ 2014/12/09 14:21 ] その他のアニメ | TB(0) | CM(0)

Chara全サ2014

Chara Collection EXTRA 2014を読みました。

chara2014.gif

知らない作品ですが、表紙↑がBLとは思えぬ可愛らしさw

で、読んだのは・・

「DEADLOCK」 (英田サキ)
「FLESH&BLOOD」 (松岡なつき)
「幻月楼奇譚」 (今市子)
「うちの神様にはがっかりだ」 (山田ユギ/佐々木禎子)
「明け方に止む雨」 (草間さかえ)  の番外編。

「DEADLOCK」は小説 Chara1月号の続きで
ロブ宅でカウントダウンパーティをするDEADLOCKキャラの皆さん。

ディックは完全復活で、復活し過ぎて〇欲がハンパないらしい・・(笑)
なにはともあれ全員ラブラブでよいお正月が迎えられそう♪

「FLESH&BLOOD」はアロンソの従者・マルティン視点のお話で、
このマルティンは23巻扉絵カラーの渋い男。

アロンソがビセンテを大好きなことに少々嫉妬を感じていて、
でもそんな事は少しも表に出さない堅物。

忠実な様がステキなので、今後はマル×アロンソ萌えもありかも。

「幻月楼奇譚」は遊女の霊に好かれる若旦那で、
与三さんは少々嫉妬。
いつまでも曖昧な関係の二人ですが、今回は与三郎に可愛げがありました(^^)

「うちの神様にはがっかりだ」は未読なので内容が???でしたが、
ユギさんの絵を拝めてよかった。

「明け方に止む雨」は何回もしたがる結城をどうにかしたい里村(笑)。
でも結城が弟と同じ年と知るシーンはちょっと切なかったです・・。

キャラの全サは毎年買っていますが、
そろそろDEADLOCKは打ち止めにして、1冊にしてもらえないだろーか。

そして英田さんには新しいシリーズを始めてもらいたいですっ。
[ 2014/12/06 15:04 ] その他のBL小説 | TB(0) | CM(0)

裏切りの代償

六青さんの「代償シリーズ」5巻目です。

daishou.jpg

葛西さんの美しい表紙に先ずはウットリで、
実は4巻が今一だったため、今回は古本待ちかな・・
と思っていたのに即買いw

内容も才色兼備な聖獣×ヲタク騎士の組み合わせがユニークで面白かった。

で、騎士・リオンは何のヲタかといえば魔獣の生態。

つまり魔獣を斃すための研究をしているわけで、
これに没頭するあまり育児がおろそかに。

そのためチビ聖獣・アルティオは愛情不足でケガをしてしまい、
成長してからはリオンの愛を疑うようになります。

が、リオンの方はアルが命よりも大事で、要するに不器用なだけ。

なので想いにすれ違いが生じて、
これにリオンの元主・エドワルドの妬みが絡んで不信が増幅。

二人の絆が偽物である可能性が出てきます。

代償シリーズは対の絆の力が常に試されている物語ですが、
今回は正しい組み合わせで誓約したにも関わらず葛藤が生まれ、
リオンがちょっと気の毒な展開。

でもラストはしっかり年下攻で、今後ますます生意気になりそうなアル。
瓶底メガネで運動音痴な育ての親を完璧にサポートしそうです(笑)

にしてもアルとエドって・・名前がハガレンw
残念ながら聖獣と騎士にはなれませんでしたけどね(^^;
[ 2014/12/04 15:56 ] 六青みつみ | TB(0) | CM(2)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計