BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 2014年04月

4月の萌ブツ

4月の買い物&評価です。

◎ かなり好き
〇 好き
△ こんなもんかな
×  好みじゃなかった

<小説>

〇炎の蜃気楼 昭和編 揚羽蝶ブルース (桑原水菜/高嶋上総) コバルト
〇情~Emotion~   (岩本薫/円陣闇丸)     リブレ
△オオカミの言い分   (かわい有美子/高峰顕)   リンクス
未読
・妖琦庵夜話 人魚を喰らう者  (榎田ユウリ/中村明日美子)  角川

<コミックス>

◎10DANCE(2)  (井上佐藤)  竹書房
◎誤算のハート  (緒川千世)  ガッシュ
〇王子の箱庭   (緒川千世)  大洋図書
△箱庭       (国枝彩香)  リブレ

<CD>

・FLESH&BLOOD 18  (諏訪部・小西・三木)  マリンエンタテインメント


★5月の購入予定ブツ

・シークレット ガーディアン  (水壬楓子/サマミヤアカザ) 4/30   リンクス
・50番目のファースト・ラブ   (月村奎/高久尚子)  5/10 新書館
・朧小路の恋の花    (かわい有美子/宮城とおこ)  5/26  蒼竜社
ちょっと気になる本
・愛と偽りのキス  (深井結己) 5/29  芳文社


*今月は「10DANCE 2」が予想以上によくて本当に満足! 
早いけど今年の1番かも?!これだからBLがやめられないw
あとNHKドラマ「ロンググッドイ」も予想外によくて、たぎったぁぁw
スポンサーサイト
[ 2014/04/30 12:19 ] 今月の萌ブツ&評価 | TB(0) | CM(2)

キャラ文庫特製小冊子

「Chara Novels Collection」が届きました。

charatokushou.gif

全部で8作品の番外SSが収録されていましたが、
私は高遠さんの「神さまも知らない」しか読んでなくて・・

でもかなり気に入ったストーリーだったので
「神様・・」のために応募。 (本編感想はここ

内容は「十二月の薔薇」という4年後のお話で、
流と日置は将来的に××関係になる予感。

て、その場合どっちが受なの??なんとなく流な気がしますが、
佐季に囚われたままの流が幸せになれそうでよかったです。

そして慧介と司も上手くやっているようでなにより。

でも佐季の墓前にリサと4歳の娘がやってくる展開は少々ビックリ。
リサは思っていたよりイイ子で、ちょっと可哀想になりました。

「十二月の薔薇」で一番好きなのは司に語りかける神父の言葉。
<人生の十二月になっても心に六月の薔薇を咲かせることができるように>
(by ジェームス・バリー)

高遠さんは印象に残る一文や台詞を挟んでくるのが上手い作家さんだと思う♪
[ 2014/04/29 17:45 ] 高遠琉加 | TB(0) | CM(0)

「ロンググッドバイ」第2話

NHKドラマ「ロンググッドバイ」第2話を見ました。
(注:BL的腐感想です。)

<出演>

増沢磐二:浅野忠信   原田保:綾野剛  
上井戸亜以子:小雪   上井戸譲治:古田新太
高村世志乃:冨永愛 新聞記者・森田:滝藤賢一  原田平蔵:柄本明 ほか

2話は有名作家の妻・亜以子が夫の捜索を磐二に依頼。
が、亜以子の興味は実は磐二で、清楚系を装いつつも誘惑しまくり。

小雪さんの露出ドレスが美し過ぎて
本当にキレイな女優さんだな~とウットリ。

でも磐二は罠をカッコよくキスで逃れて・・
保ともキスして欲しかったよぉぉ(キイ)

で、肝心の保ですが
今回は回想シーンとラストの手紙のみ登場。

戦争中に保はある男の命を救い、男は保に恩返しを誓いますが、
その役目を磐二に取られて、嫉妬で事務所に殴り込み。

保は男を引きつける魔力を持っているんでしょうね~。

磐二も事あるごとに保を思い出しているので
台湾からの手紙は可哀想で萌号泣。

バーで保のグラスを並べて飲むシーンが切なくて、
やはり何としてでも真犯人をあげるべきっ。

でも弁護士と事務所にきた男はこの件から手を引けと忠告。
そして上井戸の妻はなぜ近よってきたのか??

ラストで現れた志津香の姉は磐二に何を伝えたいのか?
伏線だらけな2回目でした。

long22.gif

にしても富永愛さんも大層キレイでびっくり。
正直あまり美人と思ってなかったのですが、全身で見ると本当に素敵でミステリアス。

このドラマのせいで娘たちと「剛きゅん」状態になっていますが、
とりあえず彼が出なくても、女優さんの美しさとファッションで見続けられそうです♪
[ 2014/04/28 12:01 ] BL臭なノーマル作品 | TB(0) | CM(2)

CD・FLESH&BLOOD18

「FLESH&BLOOD18」を聴きました。 (17感想はここ、原作感想はここ

で、まずはジャケのジェフ・ナイに萌え転がる・・
この二人が本当に大好きだぁぁ(≧◇≦)


ルボー・サウンドコレクション ドラマCD FLESH&BLOOD18ルボー・サウンドコレクション ドラマCD FLESH&BLOOD18
(2014/04/23)
(アニメCD)

商品詳細を見る

<キャスト>

海斗:福山潤 ジェフリー:諏訪部順一 ナイジェル:小西克幸 キッド:三木眞一郎
ロバート:代永翼 ドレイク:堀内賢雄 女王:吉沢希梨 リリー:浅川悠
ラウル:近藤隆 ヤン:三宅健太 パルマ公:福田信昭   他


18はナイジェルとキッドの肝がしっかり据わってくる1枚で、
キッドは叶わぬ想いを貫いて、海の男達と運命を共にする覚悟。

キッドの本気モードが三木さんのこれ以上ないほどのピッタリ声で表現。
ナイジェルに対する独白と、ぶつかり合いが素晴らしかったです(^○^)

一方ナイジェルはジェフリーを喪うかもしれないという現実と向き合いますが、
それでも監獄からジェフリーを出すことができなかった事実に打ちのめされて・・

なんでそんなに泣き方が可愛いんですか?!コニタン!!!

そして追い打ちをかけるように続くジェフリーの 「ずっと一緒にいてくれてありがとう」
が やっぱりジェフ×ナイも捨てられない と萌号泣っっ。

弱っているトーンで語る諏訪部ジェフリーの演技が上手すぎて、
声をはっていないのにイイ声で・・

三木・小西・諏訪部さんの芸達者ぶりにひたすら悶える18巻でした。

ラストは<ジェフリーを諦めない>ナイジェルの自立と
帰還したカイトが力強い。

カイトに「(嘘を)つきたくてついたんじゃないだろ」と語りかける
ナイジェルの優しい声が好きです。


この他注目は冒頭のラウル&ヤンで、何やら恐ろしくもエロエロでしたが・・
近藤さんが悪役を楽しくやってのけている感じ(笑)。

Charaのインタビュー記事が面白かったです(ここ)。
(スペイン組に散々言われているラウルとか、三木&小西の先輩・後輩トークとか
諏訪部さんの廉価版BOX押しとか・・)



第7期はいつ発売なのか?
次の3巻はいろんな意味で充実なのでw本当~に早く作ってもらいたいですっ。
[ 2014/04/25 23:16 ] FLESH&BLOOD | TB(0) | CM(6)

ロンググッドバイ

NHKドラマ「ロンググッドバイ」第1話を見ました。
(注:BL的腐感想です。BL「?」な方は読まないで下さい)

<出演>

増沢磐二:浅野忠信   原田保:綾野剛  
原田志津香:太田莉菜  歌姫:福島リラ
上井戸亜以子:小雪    高村世志乃:冨永愛   
新聞記者・森田:滝藤賢一  原田平蔵:柄本明 ほか

もの凄い味のある顔面キャストでしたっ。
とにかく全員雰囲気のある俳優さんばかりで、カッコイイやら美しいやら・・

それに加えて映像も演出も音楽も全て凝りに凝ったドラマで
衣装も素晴らしい!!

黒を着ることが多いという綾野さんが全身真っ白だっり、
(コート後ろのギャザーが好き~)
歌姫の舞台衣装や真っ赤な志津香もインパクトあり。

少々吸い過ぎと思われるwタバコの煙まで映像にするとイイ感じで
全体的には日本というより戦前の上海ムード。

そして嵌るか嵌らないかを左右する<萌>も非常~~~に充実で
何もかもがハイクオリティー。

久しぶりにテレビに釘づけとなりました。

*再放送:4月26日(土)の午後4時~4時58分【総合】

第1話は探偵の磐二と彼が助けた男・の物語。

保は自分を拾ってくれた磐二を尊敬し、二人は酒を酌み交わす仲になりますが、
保に妻殺しの容疑がかかり、台湾に逃亡。

逃がす手助けをした磐二は警察に拘留され、
手酷い取り調べを受けるはめに・・。

が、保が自殺したことで突然釈放。
保の無罪を信じる磐二が動き出します。

longgood.gif

で、萌たぎったポイントは・・↓
(注:盛大にネタバレ)

・「あんたみたいなキズモノ」と女に罵倒される保に「エエッ?!」となって<受>確定。

・意識が回復した保が裸に毛布で、つまり磐二が脱がせたわけで・・
その後のお着替えシーンもムフ腐。

・事務所にふらっとやってくる保が野良猫っぽくて可愛い!!!

保を常にジッと見つめる磐二に 「・・そうだろうとも」と応援w

・足を引きずっている保が磐二の肩につかまるシーン
あとタバコに火をつける二人が絵になり過ぎて「なんなの~っ」と絶叫。

「あなたに呼ばれたら僕は必ずあなたの元に戻ってきます」に涙。

この二人の想いの強さは 保>磐二 だったんだろうな・・。
でも磐二は保に本気になるのが怖かったんでしょうね。

一線を越える前に関係を断とうとして、冷たい言葉をあびせたり
港で送り出してしまったり・・。

よしんば引き止めたとしても拘留中に保は闇に葬られていたと思うし、
どの道そんな運命だったのかも(;_;)

て、ほんとに綾野さんはもう出てこないの??
ラストで磐二が呼んだら帰ってくるとか、そんな展開にならないですかね~。

とりあえず萌転がるのは1話限定だとしても、
映像の素晴らしさで次回も見る!!

*戦後間もない設定だったので炎の蜃気楼・昭和編変換~♪
[ 2014/04/21 13:04 ] BL臭なノーマル作品 | TB(0) | CM(2)

情~Emotion~

岩本薫さんの15周年記念本「情~Emotion~」を読みました。

発情+熱情短編集 「情」~Emotion~発情+熱情短編集 「情」~Emotion~
(2014/03/19)
岩本 薫

商品詳細を見る

この作品は「発情+熱情」シリーズの短編集。

私は熱情シリーズしか読んでいないため、
別々に出版して欲しかったな~とちょっと足踏み。

で、中古を待ったので読書が1カ月遅くなりました・・。

熱情シリーズは「不器用な純情」「好きの鼓動」「不遜で野蛮」「騎士と野獣」
という順番で出版されましたが、前2作は2001年頃の古い作品で、
円陣さんの絵も今と少々違っています(て、これはこれでイイ感じ♪)。

なので手元にある4冊はビブロスとリブレ本が混在していて、
1番好きな「不器用な純情」だけリブレ再出版時に買いなおしたりと色々。

どれも独立したストーリーですが、「不器用」と「好きの」キャラが
「不遜」と「騎士」に少しだけ関係しています。

(不器用、好きの感想はここ、不遜感想はここ、騎士感想はここ

今回の「情」は各CPのその後SSが収録で「不器用」と「騎士」と
円陣さんの扉絵4枚が書き下ろし。
「好きの」は小冊子から、「不遜」はドラマCD付録に加筆修正したものでした。

「不器用な純情」は40歳近くなっても可愛い北巳さんと、
包容力ありまくりな織田が相変わらずカッコイイ♪
同居6年目なのに互いの執着心が垣間見えてよかったですっ。

「好きの鼓動」は悠介&大和のハワイ新婚旅行。
ファーストでスイートルームという芸能人らしいベタなシチュで、悠介はやっぱり乙女。
大和がいくら漢でもこの人にはずっと勝てないと思う・・(笑)

「不遜で野蛮」は本編が微妙にコメディだったので、SSもやはり可笑しい。
キッチン××に持ち込まれて当然の上條の行動が可愛くて、織田は相変わらず野蛮でしたww

「騎士と野獣」は弟に気を使いまくる奎吾と真海が滑稽でしたが、
この先もずっとこれだと大変かも(トイレ××とか・・ww)
大雅のラブストーリーは書く予定がないんですかね~。

<発情>シリーズの方は来年新作が出るようなので
こちらもお願いしたいですっ(^^;
[ 2014/04/15 15:27 ] 岩本薫 | TB(0) | CM(0)

10DANCE 2

「10DANCE」2巻を読みました。  (1巻感想はここ

10DANCE 2 (バンブーコミックス 麗人セレクション)10DANCE 2 (バンブーコミックス 麗人セレクション)
(2014/04/07)
井上佐藤

商品詳細を見る

1巻と同じく ものスンゴク面白かったですっっ。

最初から最後まで絵とストーリーにドキドキが止まらず
ダンスシーンの美しさと見せ場作りの上手さが鳥肌もの。

描線も繊細できれいだし、ラブシーンはほとんど無いのに男二人がずっと色っぽい!
で、特に今回メロメロになったのが杉木の帝王モードDANCE

大会のデキレースや女性問題にもめげず、
鈴木だけを見つめるシーンにはもう・・もう・・

漫画読みながら「イヤァ~~」と萌え転がって、
鈴木と一緒にドッドッしましたw

が、ラブの方はキス止まり。でも3回のキスシーンが一々違うシチュで
ちょっとずつ進展するので、そのたびに「フワァァァ」となって、

でも顔がググッとよったり、ダンスポーズとっただけでもウットリしちゃうので
結局ずっと動悸息切れ状態(病)。

ラストの手を取り合うシーンも最高によかったですっ。

この他笑えたのが鈴木の訛った英語で、スペイン語圏の人が話すとあんななの??
聞いても分からないだろうけど、ちょっと知りたくなりました(笑)。

てなわけで2巻もどちらが上か下か結論は出ないままでしたが、
杉木が女王受っぽいと思わせて、やっぱり手玉に取られちゃう可愛い鈴木が受??

て、ときめいたり、嫉妬したりと二人の関係は少しずつ進んでいるので
今のところはっきりしなくても十分満足。

それより男同士で踊る大会があればイイのに・・と真顔で思ってしまう。
10ダンスで競う日がくるのがちょっと辛いです。

にしても、こーゆーのがたまに出るからBL読むのやめられない・・w
小冊子のために麗人5月号も買ってしまい、調子にのった杉木が最高っ。

ペーパーも3種類全て欲しいです!!
[ 2014/04/09 11:22 ] 井上佐藤 | TB(0) | CM(1)

S.S.D.S.歌謡祭

「S.S.D.S. 第17回診察会」昼の部に行ってきました。
今回も「炎の蜃気楼」声優が揃っていたことが決め手となってチケット購入。

しかもメインの速水、関、松本、堀内さん以外に信長(オッキー)や下間頼竜(モリモリ)
までいる。何というミラージュ祭・・・でしたぁ(笑)。

<出演>
速水 奨、関 俊彦、堀内賢雄、松本保典、森川智之、置鮎龍太郎
森田成一、平川大輔、増田俊樹


ssdskayou.gif

今回は<歌謡祭>なので当然歌メイン。
お一人2曲以上歌って踊ってけっこうな豪華コンサート。

SSDSのCDを持っていない私は全く予習なしに聞いてしまいましたが
皆さん声がイイ上に声量があるのでとっても楽しめて、
特に増田くんのプロポーションのよさと歌の上手さは「ア、アイドル?」と新発見でしたw

この他いつものラジオ体操・名刺交換・診察・ミニドラマも少々ついて内容充実。

ラジオは第二だったので何だか分からず、じゃれる森田・森川・松本さんをガン見。
一生懸命体操しない(できない?)賢雄さんも面白かったですwww

名刺交換で近くにきてくれたのは関・森川・森田さん♪
で、森田さんのコミュ力の高さは格別
ファンに対してほんとにイイ人なんだな~とうっかり惚れそうになりましたw

診察会は<プロポーズの仕方>が楽しかった。
平川さんの素敵声プロポーズにウットリしつつ、
1番笑ったのは賢雄さんの「もうホラをふかない」(だったか?)でした~。

この他<断ったもの>というお題でダイエットが話題になりましたが、
賢雄さんだけ「女」と言い出して爆笑。ほんとに一々ツボに入ってしまうオジサンです(笑)。


さて歌で1番印象に残ったのは賢雄&松本さんのデュエット♪
なんだか高坂・千秋変換してしまい面白かったっ。

なので続いて速水&関さんでデュエットしてくれないかな~ 
と期待したんですがそれは叶わず・・。

でもそんなことになったら正気でいられなかったと思うww
で、唯一の萌は速水さんが関さんの耳元を直していたところ(インカムマイク?)。

ラストも並びが隣でよかったです♪

そして私的に可愛かったのは平川さんと松本さん。
特に松本さんのポンポン踊りはオジサンの頑張りがラブリー過ぎましたっw


今回は歌がメインでしたがトーク力の高い声優さんばかりなので
笑いどころも一杯。

速水さんの美声にも十分酔えて満足しました♪


*イベントの前の入場に少々時間がかかり???だったのですが、
チケットと一緒に身分証の提示を義務づけられたのが原因。
こんなことは初めてで、もしかしてまた脅迫とかストーカーとか?
ちょっと勘ぐってしまいました・・。

**夜の部は直・高デュエットがあったらしい・・
あああ、人生の選択を誤ってしまった(大げさ)
[ 2014/04/06 19:53 ] イベント | TB(0) | CM(2)

緒川千世まんが2冊

先月緒川さんの「このおれがおまえなんか好きなわけない」に嵌ったため、
続けて「誤算のハート」と「王子の箱庭」を買ってみました♪
(「このおれ」「ラクダ」の感想はここ

誤算のハート (GUSH COMICS)誤算のハート (GUSH COMICS)
(2013/04/10)
緒川 千世

商品詳細を見る

遊び人の高校生・三城はクラスメートの烏童と洒落で恋人ごっこを始めますが、
烏童の方が1枚上手で翻弄されるはめに・・。

一方烏童も「ごっこ」に嵌り、
三城に対して独占欲と執着が生まれる肉食男子に変貌。

二人の駆け引きと感情の変化が面白い、メリハリの効いたステキ作品。
キスシーンがとにかくよいので、この高校の腐女子はリア充に違いない(笑)。

「誤算のハート」はこの他<高校球児><リーマン>の短編が収録。

できれば烏童の兄でもう1編お願いしたいところでしたがw
短編もまずまず。

緒川さんは<高校生もの>が多いようなので、
今後はリーマンもたくさん描いて欲しいです。


王子の箱庭 (ミリオンコミックス  Hertz Series 121)王子の箱庭 (ミリオンコミックス Hertz Series 121)
(2012/04/26)
緒川 千世

商品詳細を見る

そして「王子の箱庭」ですが、
こちらは<お世話係り×お坊ちゃま>というシチュが私的に好み過ぎて大層萌転がる・・。

とはいえお坊ちゃま・の家は破産して一家離散。

その後世話係りだった岩瀬は譲の屋敷を買い取り、8年ぶりに再会しますが、
譲はその日暮らしの詐欺師に堕ちていて、切れた岩瀬は坊ちゃまを 監禁

あんな事やこんな事をしたあげく心が通ってくるわけですが、
でも譲を友人に受け渡す件が少々納得できなかった・・

て、これは自分から離れられなくする策略だったのか??
とりあえず 狂った執着心がムフ腐なメガネ執事がドツボでしたっ


この他もう1編は寮生活の高校生ストーリーが収録。
ゲイであることに負い目を感じているとルームメイトの千歳の切ない恋物語。

二人とも美人さんでした♪


緒川さんの漫画は全体的に攻が少々危ない執着系でヤル時はヤル 
タイプの人が多いよーな。

そして受は可愛い小悪魔系。

なので非常~に好みのキャラ多数で、絵も線も美しいため
今後は作家買い確実となりそう。

ちなみに読んだ4冊の好き順位はこんな感じになりました↓
このおれがおまえなんか・・>王子の箱庭=誤算のハート>ラクダ使い・・
[ 2014/04/04 14:20 ] その他のBL漫画 | TB(0) | CM(1)

炎の蜃気楼・昭和編2

炎の蜃気楼「揚羽蝶ブルース」を読みました。 (1巻感想はここ

昭和編2巻目も足の長~い二人のステキ表紙ですが、
それより目を引いたのが帯の「舞台化」。

やっぱり噂は本当だったのね・・とガックリ。

好きな作品の3次元化ほど嫌なものはない のに、ミラージュで舞台する日が来るとは。
きっとキャストを見たら爆笑&大泣だろうな~。

でも本編じゃないからまあイイか・・。
て、昭和編の読書さえ迷うアタシは絶対見ませんけどねw

てな訳で今回も購入すべきかどーしようかとグルグルしましたが、
直江がキラキラなカバーに敗北。

揚羽蝶ブルース 炎の蜃気楼昭和編 (炎の蜃気楼シリーズ) (コバルト文庫)揚羽蝶ブルース 炎の蜃気楼昭和編 (炎の蜃気楼シリーズ) (コバルト文庫)
(2014/04/01)
桑原 水菜

商品詳細を見る

読んでみれば執行の知人・早枝子が興した芸能プロダクションと
その背後にいる六王教&怨霊が企てる爆弾テロストーリー。

で、直江がスカウトされたりしている・・(だからキラキラw)

そして早枝子を探るためにオーデションを受けることになった直江を
景虎がからかうシーンが可愛い。

たまには年下攻もイイもんですっ(^^)

さて残りの夜叉衆・色部さんと長秀ですが、2巻で待ってました!の登場。

色部さんは「アウディ・ノス」の宿体でちょっと感慨深いものがありましたが、
長秀がまさか〇〇だったとはっw

直江はかなり長秀に遊ばれて、内心首を絞めたかったに違いない。
褌薔薇写真とか・・オカシイと思ったぁ(笑)
(しかし実際どこまで撮ったんだろう?ネタ過ぎるwwww)


「揚羽蝶ブルース」は戦没者の霊、海外の呪詛、白川郷の武将霊が
レガーロに絡んでくるため、全体的にミステリアス。

銀座の華やかさと田舎の風習の昏さも対照的で、
更に戦争の切なさも引きずって、昭和30年という雰囲気が十分味わえる内容。

そして切ないといえば未来を暗示するような二人のラスト会話。

直江の<換生させる能力>の件にはゾクッとさせられて、
終わらせたい男と終わらせたくない男の関係はまだまだ続く・・。

なので今回1番嬉しかったのは「まったくお前ら現実から目ぇそらしてるだけだろう・・」
というスパッとした千秋節

久しぶりに松本さんの声が聞こえてくるようでした♪


昭和編は秋に舞台化ということなのでそれまでに完結するのか?
それとも1巻だけを演じるの??

このままだと全5巻くらいになりそうな予感がしますが、
桑原さんは速筆だから可能なのかな?

いずれにしても最後まで読むのは辛そうな昭和編。

でも今のところあんな暴挙に出るような執着愛や苦悩が直江からは感じられず
少々もの足りない。

その代りバトルシーンは迫力ありましたが・・
回ってなんぼの人なので、本編みたいな暑苦しさがもっと欲しいですっ。


*それにしても完結10年でやることが舞台とは・・一体誰トクなの??
契ワインのSS集とか愛蔵版とか「是」みたいなファンブックとか再びアニメ化とか
やってほしいことはたくさんあったのに、残念。
[ 2014/04/03 16:29 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(2)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計