BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 2013年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

6月の萌ブツ

6月の買い物&評価です。

◎ かなり好き
〇 好き
△ こんなもんかな
☓ 好みじゃなかった

<小説>

◎nez[ネ] SweetSmell   (榎田尤利/湖水きよ)  SHY
◎FLESH&BLOOD 20  (松岡なつき/彩)  キャラ
△ぜんぶ、猫のせい~木蘭町の謎解き事件簿~  (和泉桂/小椋ムク) ダリア

〇プラチナ・ビーズ  (五條 瑛)  集英社


<コミックス>

◎低温ブランケット(2) (国枝彩香)   リブレ

〇監視官・常守朱(1)(2) (三好輝) 集英社


<イラスト集>

・高永ひなこイラスト集「リトル・バタフライ」  海王社


<CD>

・Vassalord. DJCD Last Festival  (藤原啓治・置鮎龍太郎)


☆6月のナンバー1

小説→ nez[ネ] SweetSmell   (榎田尤利/湖水きよ)  

コミックス→ 低温ブランケット(2)   (国枝彩香)   


★7月の購入予定ブツ

・碧の王子 Prince of Silva   (岩本薫/蓮川愛) 7/5 SHY
・貴様と俺   (紺野キタ) 7/26 白泉社
・一期の夢  (宮本佳野) 7/29 竹書房
・アンコンディショナル・ラブ (葛井美鳥) 7/29 花音
・壁の中の嘘と秘密 (高遠琉加/小椋ムク) 7/27 ガッシュ
・ファラウェイ (英田サキ/円陣闇丸) 7/31 リンクス


*7月は好き作家さん+絵師さんが3冊もっ。
内容が面白いとイイな~~。
スポンサーサイト
[ 2013/06/30 10:54 ] 今月の萌ブツ&評価 | TB(0) | CM(2)

FLESH&BLOOD 20

フレブラ20巻を買いました。
(19巻感想はここ

FLESH & BLOOD20 (キャラ文庫)FLESH & BLOOD20 (キャラ文庫)
(2013/06/27)
松岡 なつき

商品詳細を見る

↑ウォォォ~元気そうなジェフリーだっ!!
「もはや最終巻?」なラブラブハッピーな表紙♪


番外編や全プレのおかげで、前巻から1年ぶりとは思えませんでしたが、
ジェフリーとカイトは本格的に再会して、このシリーズにしては 甘甘シーン大量

で、全快とは言えないジェフリーが妙に可愛くて、
カイトの前に拷問痕をさらすのを気にしたりと、ちょっぴり乙女。

一方ジェフリー不在の間にナイジェルとカイトは人としてめっきり成長。

頼もしい親友と恋人、キッドとロバートという頭脳明晰な仲間、
そして海の兄弟に囲まれて、久しぶりに幸せそ~なジェフリーを拝むことができました(涙)。

さて、スペイン側はすでに船上。
慣れない海生活にもきちんと臨むアロンソ様の株がまた上がり・・

今後この二人とジェフリー達が戦うと思うとかなり切ないっ。

でもハラハラドキドキの海戦展開はやっぱり楽しみなので、
次巻は絶対1年以内にお願いしたい!!

にしてもカイト&ジェフリーの完全合体はいつなのか??
このままだと戦争が終わってから~?


て、直ぐに×××にもつれこまないのがフレブラの大長所
このままリアルな感じで突き進んでもらいませう。


BLで20巻といえば、即思い出すのが「炎の蜃気楼」。
この作品の20巻はやっと×××に到達したとゆーのに、切なさと痛さがてんこ盛りで
萌を通り越して悶え転がった覚えが・・。

まあこんな衝撃的な作品はミラージュ1作で十分なので(笑)
今回のフレブラが癒し系でよかったです。



*ドラマCD第6期が始動するようで、嬉しい。
来年が楽しみです~。
[ 2013/06/29 18:47 ] FLESH&BLOOD | TB(0) | CM(0)

高永ひなこイラスト集

高永ひなこさんのイラスト集「リトル・バタフライ」を買いました。

高永ひなこイラスト集 リトル・バタフライ and more (GUSH COMICS)高永ひなこイラスト集 リトル・バタフライ and more (GUSH COMICS)
(2013/05/25)
高永 ひなこ

商品詳細を見る

このイラスト集は↓の「恋する暴君」と同時発売でしたが、
チェック漏れして1カ月も放置

高永ひなこイラスト集 恋する暴君 (GUSH COMICS)高永ひなこイラスト集 恋する暴君 (GUSH COMICS)
(2013/05/25)
高永 ひなこ

商品詳細を見る

とりあえず大好きな「リトル」の描下ろし漫画目当てに上記1冊を即ポチリ。
本日届きましたぁ♪

で、早速読んだSSは二人の高校生活・8ページ。

同室にしてもった彼らに「そんな優しい学校があるかぁぁ」
ニマニマ突っ込みを入れながら、穏やかになった仲原の表情にホッコリ。

久しぶりに可愛い小島と仲原に会えて嬉しかったですっ。

さて、肝心のカラーイラストですが、
リトル・バタフライ以外にも色んな作品が収録。

角川さん以外のコミックスと小説挿絵が一杯で、
可愛いさと美しさ、そしてエロエロが入り乱れてかなり満足!

高永さんのインタビュー記事は「もしかして同年代?」
思われる箇所がいくつもあって面白かったです。


これまで読んだ高永漫画の中で突出して好きなのが「リトル・バタフライ」。
(感想はここ

その他はわりと横並びで強いてあげるなら
「きみが恋に堕ちる」「不器用なサイレント」

kimiga.gif  bukiyou.gif

なのでレーターさんとしての高永さんの方が実はツボかもしれず、
これまでイラスト買いして運よく嵌った作品は以下の本たち。

takana4.gif  takana2.gif  takana3.gif

(残念ながら柊平、吉田ナツ、吉田珠姫さんは私的にこれだけで・・一発屋さん)
*珠姫さんのはシリーズもので他3冊

この他元々作家さんのファンで、運よく高永イラストで、
しかも嵌った作品はこれ↓

takana.gif  takana1.gif
(崎谷はるひ・高遠琉加)
*崎谷さんはシリーズもので他3冊

今後も手元に残る本がたくさん出てきてほしいです!
[ 2013/06/26 19:51 ] 高永ひなこ | TB(0) | CM(0)

プラチナ・ビーズ

最近ツイッターから『図書館で読めるBL臭のする一般小説140選
というサイトに飛びました。

何故150じゃなくて140なのかという気持ち悪さを感じつつも
同じくツイでこれを見ていた次女と色々チェック。

で、昨年萌えた五條本を買ってみることにしました。
(「スノウ・グッピー」感想はここ

プラチナ・ビーズプラチナ・ビーズ
(2001/07/19)
五條 瑛

商品詳細を見る

「プラチナ・ビーズ」は五條さんのデビュー作で、
「グッピー」と同様に極めてぶ厚い700ページ越え。

頼むから2冊に分けてくれ~という読みにくさですが、
BL本に比べたら大層安いし、内容も濃いのでまあイイか・・。

でも濃い分<萌>は足りなめで、主要人物が男だらけなわりに、
オオオッとなる腐臭が微量。

BL的には グッピー>プラチナ でした~。


「プラチナ・ビーズ」は米国防総省の情報機関に所属する葉山
北朝鮮の権力中枢を調べるうちに、ある人物と陰謀にたどりつくスパイ小説。

米兵の惨殺事件や女優の卵の不審死など、色んな伏線がラストで繋がる流れが秀逸で
登場人物はもれなく全員キャラが濃い。

特に葉山は主役のくせにけっこうなヘタレで、
モテそうなハーフ容姿も出自がはっきりしないせいか劣等感。

しかも軍関係者のくせに腕っ節が弱く、尾行されたり蹴られたり・・

なので葉山とドSな上司エディ、そして根っからアーミーな日系人・坂下との関係は
虐めなんだか、腐なんだか・・妄想力が必要っ。

でもサイコパスみたいなアニメになったら間違いなく面白いだろーし、
薄い本が出るのは確実(葉山のダメ加減がギノっぽい)。

こーゆー小説のアニメ化ってダメですかね??
て、とりあえず今回は<おおや和美>ビジョンになってしまいました。(葉山タクミ)

この他少々モエッとしたのが葉山&育ての親・田所
葉山&弟・吾郎、葉山&敵・サーシャの関係。

田所はもう少し若かくてカッコよかったらモロ育成BL。
吾郎はちょっと間違えば兄弟BL?
サーシャは容姿端麗でとにかくカッコイイ!! ので、葉山にはもったいない(オイ)。

という訳で明確なカップリングが私的にできませんでしたが、
1番好きな関係性は葉山と田所さん
直ぐ泣いちゃうおじいちゃんが可愛かったです。

にしてもこの本を読むと北朝鮮の食糧事情は現在どうなんだろう?
と気になってきて(政権が変わっても変な国のままだし・・)

同時に冷蔵庫の中身をよく捨てている我が身を反省してしまいました。



『図書館で読めるBL臭のする一般小説140選』は絵本からお堅い古典名作まで
いろいろあって、BLギリギリと判断されたのか榎田さんの魚住くんも紹介。

このサイトを見た次女が「幼稚園の頃、実は<おしいれの冒険>で萌えていた」
と絵本を指したので・・

遺伝子の恐ろしさを痛感しました(笑)。
[ 2013/06/17 19:18 ] BL臭なノーマル作品 | TB(0) | CM(7)

低温ブランケット2

国枝さんの『低音ブランケット 2』を読みました。
(1巻感想はここ

低温ブランケット(2) (ビーボーイコミックス)低温ブランケット(2) (ビーボーイコミックス)
(2013/06/10)
国枝 彩香

商品詳細を見る

今回は大輔が元彼女から復縁を迫られたり、ちょっとした事故に合うことから
ホーイチの感情が極端に揺さぶられてラブが進展。

で、とにかく 読めないホーイチの行動 が面白くて、
そこからこの人の重たい幼児期や、家族に対する葛藤が透けて見える2巻。

ところがどんなに叔父がヤンデレてもこの作品はやはりコメディ
笑える表情が何箇所も入る国枝マジックで、メリハリがつきまくり。

ラストは優しいお母さんにジーンとさせられる奥行きの深い物語でした。


巻末にはSSが2編ついていて、爆笑したのがバブー大輔の顔
こんな憎たらしい顔の赤子は可愛がれまい・・(笑)。

それに比べて幼少期のホーイチの美しさはハンパなく、
どんなに邪魔にされても大輔がまとわりつくのが分かるよーな。

この頃から大輔はニブチンな叔父に振り回されていたんですね~。


国枝漫画で1番好きなのは「未来の記憶・風の行方」ですが、
「低温・・」もかなり気に入って、2番目になりそう♪
・・こーゆーのがタマに出るからBL読むのが止められないっ。
[ 2013/06/11 14:05 ] 国枝彩香 | TB(0) | CM(3)

監視官・常守朱 (1)(2)

サイコパスのコミカライズ「監視官・常守朱」の1・2巻を読みました。

<アニメ→漫画>はたいてい面白さが半減するので、
買うつもりはなかったのですが・・・

tsunemoriakane.jpg

表紙を並べてみたくてつい購入(笑)。

タイトルが『常守朱』なのに何故かドドーンとコウ×ギノで、
着崩れな狡噛と、しっかりネクタイの宜野座がカッコイイ!!
(ギノのウケくささが堪らんっ)

どーせなら中身もこの二人中心!にして欲しかったですが、
やっぱり「常守」なのでストーリーはアニメと同じ・・。

1・2巻で1話~6話までが描かれて、絵はかなり高レベルでキレイ。
で、ファンだからそう見えるのか?特に宜野座が美しい~~

作者さまは性別不明なペンネームですが、
このタッチだと恐らく女性だと思うので、もしやギノ好き??

だとしたらもう少し腐視線下さい!!
せっかくコミカライズしたんだから、コウ・ギノの距離を近づけて欲しい~~~っ。

ラジオドラマを挟むとか・・目新しいものをプラスできないもんでしょうか?
てなわけで、3巻を買うかは表紙次第っ。
[ 2013/06/10 16:54 ] サイコパス | TB(0) | CM(2)

nez[ネ] スイートスメル

nezの2巻・スイートスメルを読みました。
(1巻感想はここ

nez[ネ] Sweet Smell (SHYノベルス304)nez[ネ] Sweet Smell (SHYノベルス304)
(2013/05/31)
榎田 尤利

商品詳細を見る

だらしない千里と潔癖症の鷹目は反発し合いながらも
何とか相棒関係を続けていますが、
ニオイに釣られてヤラかした過ちをリセットできずに困り気味。

更に今回は鷹目が千里のフェロモン臭に吸い寄せられて、
頭突きをお見舞いされるというマヌケ展開・・。

結局体から始まった関係でも、
特異体質でない鷹目がこれだけ千里に発情するとゆーことは<恋>な訳で、
千里の方は鷹目のニオイにメチャ弱い時点で相性バッチリなのは明白。

今後はもう少し甘甘な雰囲気になる予感がしますが
それより気になるのは千里の過去事件と彼を狙っている何者かの存在(父親?)。

次巻は鷹目がチリ姫を守るナイトに変身か?

<何者>かに対する阿莉と澪の怯えぶり、千里の過去を探る刑事、
そして二人が解決したDV事件などいろんな伏線が大量の2巻。

それでもエロとコメディはいつもどーりしっかり投入で、
千代子ママが歌うカラオケや、KYな鷹目の言動にはやっぱりプププ。

大変面白かったですっっ。

それにしても榎田さんのストーリー構成と文章はほんっとに素晴らしい~~。
前ふりは常に引き込まれるし、今回はintermissionも怖くてよかった。

飽きない物語展開が楽しめました♪
[ 2013/06/02 15:09 ] 榎田尤利 | TB(0) | CM(2)

Vassalord. DJCD

Vassalord. DJCD Last Festival』を聞きました。

Vassalord_lastfestival.jpg

<出演>
藤原啓治・置鮎龍太郎

「Vassalord.」はコミックスとドラマCDを7年追いかけてきた作品。

中でもお気に入りだったのがミニドラマの親子漫才(?)で、
とにかく藤原さんの弾けっぷりと、それに合わせるオッキーが爆笑。

声優さん同士の関係もレイフロとチャーリーのよーなボケと突っ込みで
自由な藤原さんと、仕切る置鮎さんがひたすらナイスコンビ♪

以前放送されたWebラジオも凄く楽しめました。

で、今回の録り下ろしラジオはどうしようかな~ と少々迷いましたが・・
<Last>だし、よくよく内容を見るとミニドラマも付いているし、やっぱりポチッ。

聞いてみれば先日のイベント同様、大変面白いお二人でしたっ
(イベント感想はここ

さて、肝心のミニドラマはOPとEDに入り込み、
レイフロとチャーリーがラジオ番組をやっている設定。

不真面目なマスターと、しっかりラジオを進行しようとするチェリーがかみ合わず
ふざけるパパとそれに怒る息子が相変らずのお笑い展開。

ラブラブな親子ぶりもしっかりと盛り込まれ、
いつもと同様にが充実の脚本。

中の人達もノリノリで楽しんでいました~。
[ 2013/06/01 16:08 ] Vassalord. | TB(0) | CM(2)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。