BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 2012年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

11月の萌ブツ

11月の買い物&評価です。

◎ かなり好き
〇 好き
△ こんなもんかな
×  好みじゃなかった

<小説>

◎アウトフェイス ダブル・バインド外伝 (英田サキ/葛西リカコ)   キャラ
◎nez[ネ]  (榎田尤利/湖水きよ)  SHY
◎愛とは言えない(4)  (榎田尤利/町屋はとこ)    リブレ
〇嫌よ嫌よも好きのうち?  (月村奎/小椋ムク)     新書館
〇王と夜啼鳥 FLESH&BLOOD外伝  (松岡なつき/彩) 徳間書店
△ヘブンノウズ 足跡   (英田サキ/奈良千春)  SHY

未読本
・狼と狐の夜  (高遠琉加/ヨネダコウ)  SHY

 
<コミックス>

〇恋とは呼べない(3)   (町屋はとこ/榎田尤利)   リブレ

未読本
・恋心は猫をも濡らす  (夏水りつ)  花音


☆11月のナンバー1

小説→ アウトフェイス  (英田サキ/葛西リカコ)

コミックス→ 該当本なし


★12月の購入予定ブツ

・人こひ初めし  (あじみね朔生) 12/10   リブレ
・恋をするということ   (凪良ゆう/金ひかる)  12/17  ルチル
・夢が叶う12月【新装版】 (山田ユギ)  12/17 竹書房
・LOVE and EAT-榎田尤利のおいしい世界-  12/22  SHY

ヤバイほど欲しい本がありません・・。
でも萌費が浮くからSPNのS6を買おうかな~。特典のコミコン映像が見たい!!!


*最近ようやくTwitterの使い方が分ってきました。
2日に1回くらい呟いてます(笑)。
スポンサーサイト
[ 2012/11/30 10:37 ] 今月の萌ブツ&評価 | TB(0) | CM(1)

アウトフェイス

英田さんの新刊「アウトフェイス」を読みました。

アウトフェイス  ダブル・バインド外伝 (キャラ文庫)アウトフェイス ダブル・バインド外伝 (キャラ文庫)
(2012/11/27)
英田 サキ

商品詳細を見る

この作品は『ダブル・バインド』の番外編で、
本編でもかなり主役(?)だった葉鳥のストーリー。

前半の「名もなき花は」は新藤の愛人になってすぐの忍ちゃんエピで、
新藤の妻・美津香との関係を中心に初Hまでの道のりが描かれています。
(雑誌で読書済なので感想はここ

後半の「アウトフェイス」は本宅で新藤&葉奈と同居を開始した現在のエピ。

葉鳥は新藤の愛を素直に受け入れるようになっていますが、
葉奈に対する感情は以前より複雑で、自分を愛せない病が少しずつ再発。

そんな中新藤と葉奈の命を狙う男が現れて、
やはり無鉄砲な行動に出てしまう葉鳥・・。

落とし前のつけ方が極道らしくてカッコよかったです

一方こんな忍を心配する新藤はとにかく甘くて、
こーゆー愛し方をされたあげく捨てられたら・・そりゃ瀬名が根に持って当然!!

とにかく口数が少ないわりに好きな相手にはド直球。
忍と一緒にキュンキュンしまくりましたぁ
(今回の1番はP.155の「お前を置いて出かけたくない」←萌萌)


さて、外伝といえど後半は瀬名・上條・祥もちょっと出演。

でもほとんどお笑い部分担当で、葉鳥に蛇女にされる瀬名や
軽く騙される上條に何度もプププ(笑)。

忍のオネエごっことそれをスルーする新藤や井元のノリも可笑しくて
萌と笑が共存するBLはやっぱり最高!!

この他部下の河野&黒崎クジラもイイ味で、
特に同人誌にもなっているカワッチとクロちゃんは進展があったのか??

英田さんの893ものは部下もステキな人が多いですっ。
[ 2012/11/28 12:56 ] 英田サキ | TB(0) | CM(2)

小説Chara vol.27

「小説Chara」を買いました。

小説 Chara (キャラ) 2013年 01月号 [雑誌]小説 Chara (キャラ) 2013年 01月号 [雑誌]
(2012/11/22)
不明

商品詳細を見る

フレブラの全サ小冊子は今回見送ろうと思っていたのに・・
本編の続きがとにかく早く読みたい現在、番外はあまり魅力を感じないとゆーのに・・

さんの絵画魔力でウッカリ購入。 もう申し込むしかなくなりましたっ。(笑)

(フレブラが完結したら絶対イラスト集を出して欲すい~~~っ!!!)


さて、雑誌の短編は女王に仕えていた頃のエピソード。
カイト・ジェフリー・ナイジェル・キットの休日ピクニック

ジェフリーがカイトにベッタリで可愛かったです♪
[ 2012/11/23 19:54 ] FLESH&BLOOD | TB(0) | CM(0)

愛とは言えない4

恋愛シリーズ最終巻・『愛とは言えない4』を読みました。
(3巻感想はここ、漫画3巻感想はここ

愛とは言えない4 (ビーボーイノベルズ)愛とは言えない4 (ビーボーイノベルズ)
(2012/11/19)
榎田 尤利

商品詳細を見る

過去の不倫相手と決着がついたサガンですが、淳平の早とちりから
なかなか<恋愛>が上手く進まない橘高・サガン・英・淳平。

が、それぞれが違う相手と付き合ったことで、
どーしても諦められない想いを自覚。

橘高がサガンを新幹線で追いかけるシーンは会えるだろうと分っていてもドキドキで、
人が抗えない<不運><幸運>という圧倒的な力の対比がお見事でした。

この他好きなシーンは冒頭のサガンと光井先生の会話

光井先生の「人は幸福になる義務がある」という言葉は
斜陽の日本人が心がけなければならない目標のように思えて頷けました。


このシリーズはコミックと小説のコラボ作品でしたが、
筆者が榎田さんだけに正直小説の方が数倍面白かった。

キャラも橘高とサガンの方が強烈でしたし、
とにかく橘高のMで可愛男らしい性格が大層ツボ

でも7冊全ての感想を一言で表すとすればひたすら やきのり  

後書きに最初の打ち合わせでは猫出演が決定事項ではなかったと書かれていて
ちょっとビックリしましたが・・


このニャンコが居たからこそ漫画と小説が上手く繋がったような気がしますし、
特に橘高とのり子の関係はかなり爆笑。

今回も橘高の寝顔に肛〇を押し付けているやきのり漫画(描下ろし)
本当に可愛かったですっ(笑)。
[ 2012/11/20 13:34 ] 榎田尤利 | TB(0) | CM(0)

S.S.D.Sイベント

S.S.D.Sとことん診察会4「昼下がりのチュッ(治癒)」に行ってきました。

<出演>

速水 奨、堀内賢雄、松本保典、関 俊彦、
森川智之、千葉進歩、森田成一、平川大輔、柿原徹也


白衣イベントに参加するのはおそらく3回目。
今回も「炎の蜃気楼」声優が集っていたので即申し込み♪
(直江:速水、高耶:関、千秋:松本、高坂:堀内)

が、全体的に速水さんと関さんの絡みは少なめで、
賢雄さんのボケと松本さんの突っ込みが絶妙。声も最初の方が高坂と千秋でした(笑)

診察会4の内容はいつもどーり寸劇・歌・ラジオ体操・名刺交換・お悩み相談と盛りだくさん。

出だしの寸劇は堀内さん、松本さん、森川さんがけっこう噛んだり間違ったりで大ウケ。

名刺交換は私が座っていた2階担当が速水さんと森川さんで
2人とも大好きなのでラッキ~♪

で、隣の子が名刺交換をしてくれたため、モリモリの顔がドアップに(わ~、わ~)
しかも前が通路だったので手を降って何度も歩いてくれました


S.S.D.Sで1番面白いのは客席の投稿に答える診察会ですが、
覚えているのをいくつか挙げるとこんな感じ↓

<昼下がりのチュッの経験は?>という問いになぜか千葉さんがカミングアウトして(笑)
モーホー疑惑浮上。

<一緒に住むなら誰がイイ?>という質問には(←ナイスな投稿)
速水さんが1番人気だったか?平川さんも癒し系だとか。

あと松本さんが「賢雄さん」と答えていてちょっと萌。
千秋と高坂の同居って・・怖いけど面白そうです(笑)。

<生まれてくる子に名前をつけて>というお願いには、
男女兼用ということで「カオル・アキラ・ミチル」などが出ましたが、
アラフォーどころかアラフィーイベントなせいか微妙に昭和のカホリ。

平川さんだけが「リン」という今風な名前を思いつき、賢雄さんは「トマト」で論外(笑)。
でも速水さんは「愛」で、「エ!直江の前立てだから?」とかなり心が踊りましたぁぁ。

後半の診察会は若手のみという場面があって、森川さんが速水さん役。
で、声真似が凄く上手くて「やっぱり速水さんの次に直江をやって欲しい声優さんだから??」
と、私的な思い込みでワクテカ♪

この他赤穂浪士の劇では速水さんが賢雄さん(吉良)の用心棒役で
「御意」って言ったぁ・・と興奮。

でも堀内さんの吉良演技がじーさん過ぎて「何を言ってるかわからない」と突っ込んだ
速水さんには爆笑しました。


さて、ミラメン以外で<笑>に瞬発力があるのは森川&森田さん(バサラジオ~)。
森田さんは茶髪パーマでバニーを引きずってましたが、突っ込みトークが上手いのでお流石。

森川さんはちょっとお疲れ気味に見えましたが、
平川発言に繋げた けなし文句が笑えました~↓

<上から目線でけなして>という投稿に対して平川さんが
「他のドクター見てんじゃねーよ」と発言(←上手い!)
これを引き受けてメガネをはずしつつ森川発言:「俺のシューマイ見てんじゃねーよ」


白衣イベントはたまにしか参加しませんが、常に笑いっぱなしの2時間。
メンバーの仲のよさとお笑い能力の高さ、そして速水さんの才能に唸るばかりです。


*rumiさん、深月さんありがとうございました~。
[ 2012/11/17 20:22 ] イベント | TB(0) | CM(2)

王と夜啼鳥

FLESH&BLOODの番外編『王と夜啼鳥』を読みました。

王と夜啼鳥(ナイチンゲール) ~FLESH & BLOOD外伝~王と夜啼鳥(ナイチンゲール) ~FLESH & BLOOD外伝~
(2012/11/01)
松岡なつき

商品詳細を見る

キャラ15周年記念本なため、ちょっと高価で足踏みしましたが、
中に彩さんの挿絵があると聞いてやっぱり購入~。

扉絵カラー+挿絵3枚で、カラーはジェフ・ナイ・キットがカッコイイ~♪
更にモノクロ1枚はカイトとジェフリーのキス寸前イラで・・

内容もイラストもとにかくジェフリーがステキ過ぎて身もだえ
カイトがスペイン滞在中のストーリーでも、回想シーンがたくさんあってよかったです。


『王と夜啼鳥』はレオのダンス事件と、
カイトがフェリペ二世にイングランド宮廷で起こったある事件を語るエピが同時進行。

カイトは相変らずビセンテ・レオ・アロンソの優しさにグルグルしていますが、
今回はそれにフェリペも加わって、魅力ある人々を嫌いになれない辛い状況・・。

挿絵もカイトを高い高~いするアロンソがカッコよく、フェリペ二世も渋いおじ様。

でも私の思い描いていたフェリペの外見は巌窟王でした・・
なぜってドラマCDの声が中田譲治さんだったから(笑)。



さて、スペインといえばビセンテですが、
今回もカイトにはメチャ甘で、「私の守護天使」「よし、可愛いぞ」発言は赤面もの。

でも同時に嫉妬深くて、アロンソやジェフリーには常にムカムカな正直者(笑)。

カイトの話す宮廷物語を王に通訳する際も、
「ジェフリー」という名を口にするのが苦痛だったようで・・

可愛かったですっっ!!


AGFにフレブラの商品が出るようです。
で、ちょっと笑えたのはコレ↓

agf1-1.jpg

抱き枕カバー。でもカバーだけ?150センチサイズの中身って売ってるの??

あとカイトとジェフリーが表裏ということは並べられないのね・・。
てことは2枚買うとビセンテが喜びそう(笑)。
[ 2012/11/16 09:26 ] FLESH&BLOOD | TB(0) | CM(0)

嫌よ嫌よも好きのうち?

月村さんの新刊『嫌よ嫌よも好きのうち』を買いました。

嫌よ嫌よも好きのうち? (ディアプラス文庫)嫌よ嫌よも好きのうち? (ディアプラス文庫)
(2012/11/09)
月村 奎

商品詳細を見る

榎田&町田さんの「恋愛シリーズ」に引き続き、ニャンコが登場♪

最近もう1つ猫を拾うエピを読んだな~と思ったら、ムクさん繋がりで、
木原さんの「リバーズエンド」SS

BLは攻を犬扱いするのが好きですが、飼うのはネコが多いよーな?
て、単に私が猫好きだからそう思うだけ??

とりあえず「嫌よ嫌よ・・」に出てきたメイちゃんはアメショーで
ケーキの生クリーム好き。

ウチの猫も生クリームやヨーグルトが好きだったな~と、
ショボンとなりましたが・・



そんな事より今回の新作は弁護士×クラフト作家幼馴染ラブ

7歳からずっと同級生の裕貴が好きな大介が、
ニブチンな受をアノ手コノ手で自分のものにしていくという、わりとありがちなストーリー。

が、登場人物のキャラの濃さで、
かなり面白いBLに仕上がって、後半は完全なコメディに(笑)。

月村さんの受はイジケタ子が多いため、楽天的な天然アホっ子・裕貴はちょっと新鮮。
攻も包容力のある大人が多い中、今回の大介はツンデレ・いじめっ子キャラでこれも新鮮。

「バカ」を連呼しつつも用意周到に裕貴を嫁にしている大介が俺様なのに健気で・・
恵まれない境遇でも曲がらないで生きてきた裕貴は結局のところシンデレラストーリー。

2人とも可愛かったですっ。
[ 2012/11/11 19:20 ] 月村奎 | TB(0) | CM(5)

恋とは呼べない3

「恋とは呼べない」3巻を買いました。
(2巻感想はここ

恋とは呼べない 3 (ビーボーイコミックス)恋とは呼べない 3 (ビーボーイコミックス)
(2012/11/09)
町屋 はとこ、榎田 尤利 他

商品詳細を見る

淳平の早とちりから、橘高淳平サガンの四角関係が始まって、
それぞれが×××する事態に・・。

が、淳平の入院やら橘高のケガなどをきっかけに全員の気持ちが定まり、
淳平が英に正式アタック。誤解が解けてホッコリ同居再び♪でした。

最終巻は全体的に話の先が読める展開でしたが、
イザとなると奥手な二人が可愛くて、町屋さんの絵柄どーりの雰囲気。

私的に1番のお気に入りは淳平の告白に照れた英がやきのりで顔を隠すシーン。

やきのりのキョトンとした顔が可愛いぃぃ!!!

とにかくこの漫画はダントツ やきのり でした。

最初から最後までどのページも恋愛そっちのけで、やきのりを探す作業におわれ、
犬だったら買い続けなかったかも(オイ)。

そして中でも嵌ったのが橘高とのり子の攻防
今回はニャンコとプチお留守番の橘高さんが面白優しかったですっ。
[ 2012/11/09 15:54 ] 榎田尤利 | TB(0) | CM(2)

シャーロック動画

BBC・シャーロックの動画でこんなのを発見しました。
先ず1番気に気に入っているのがコレ↓



曲のテンポが軽快で動画と合っていて楽しい♪

2番目は上↑と画像がけっこう被ってますが、内容とあってる!



で、ラストはS1・2が混ざっているせいかちょっと泣ける動画↓



これを見ると無償にS3が見たくなるっっ。
早く日本でやって欲しい~~!!

ニコ動は翻訳付きだから助かります♪ SPNももう少し増えて欲しいな・・。
にしても腐女子AROUND THE WORLD~
[ 2012/11/07 19:04 ] 海外ドラマ・映画 | TB(0) | CM(9)

しろくまイベント

しろくまカフェイベントに行ってきました。
もの凄い久しぶりの声優イベで、タイバニ以外ではほぼ1年半ぶり。

メンバーは限りなくBL祭りでしたが、アニマルボイスゆえに、
イイ声を聞けたのはグリズリー・中村氏だけ(笑)。

それでも初めて会う声優さんが3人も居たので(羽多野・川島・近藤孝行)
動物園でも楽しいイベントでした。

<出演>

櫻井孝宏(シロクマ)、 福山潤(パンダ)、神谷浩史(ペンギン)、中村悠一(グリズリー)
遠藤綾(笹子)、羽多野渉(半田)、川島得愛(リンリン)、小西克幸(常勤パンダ)
谷山紀章(ナマケモノ)、近藤孝行(ゾウガメ)、宮田幸季(アナグマ)


このイベントの会場はよみうりランド。
私の家から距離は近いのですが、バスの本数がないのでとにかく行きにくい・・。

それでも行きはスムーズに現地入りできて、会場前に居た動物さんや
しろくまカフェ人形の写真を撮ったり、温度も日差し強めでぬくぬく。

yomiuri3.jpg

触れ合える動物はラマ・ペンギン・ナマケモノで、ラマは大層人懐こいっ。
が、ナマケモノは剥製かと疑うほど動かなくて・・さすが名前のとーりでした(笑)。

その後座席のクジをひいて、野外のイベント会場に着席。
最初は暖かでしたが、ラスト30分は寒さとの戦いっ。

帰りのバスもなかなか乗れなくて、段々歯の根が合わなくなって
ストールしか持って来なかった自分がニクイ~~。

で、最終的にホカロン3個貼ってて・・
このイベントの1番の思い出は<寒さ>(笑)

BD3枚分なのにね~・・できればこんな辺境じゃなくて
きちんとした会場でやって欲しかったです!

でも遊園地だけに敷地は大きいよみうりランド。
イルミネーションは凄くキレイで、もう直ぐクリスマスか~と時間の早さを感じました。

yomiurirando.jpg 


さて、イベントですがこちらは腐男子(?)のサンキュータツオさんがMCで、
しろくまカフェらしく、まったり進行。

声優さんがカフェのお客さんで、ペンギンを愛でたり、絵を描いたり、イントロクイズ
をやったり、生アフレコをしたりと色々。

リボンをつけたペンギンに猫なで声を出す神谷さんがペンギンよりラブリーでしたが
ゆーきゃんと神谷さんも仲がよさげでちょっと萌。

イントロクイズに参加した福山・神谷・中村・羽多野・近藤・川島さんのうち
福山・神谷・中村・羽多野さんのトークが爆笑で、下ネタに走りがちなゆーきゃんと、
天然な羽多野さんが特に面白かった。

で、優勝したのは羽多野さんでしたが、商品は木彫りの熊。
櫻井さんがもらったら「ロマンチカ」だったのにっ。惜しかったです(笑)。

お絵かき問題はパンダを描く櫻井・遠藤・小西・谷山・宮田さん。

サインペンのインクが出ないハプニングを乗り越え(スタッフ、ダメじゃん)
予想どーりコニタンが優勝して笹カマをもらってましたが、
小西さんは原作も好きなんだとか。

漫画の方は一時いろいろ問題があったようなので(解決したのか?)
原作に触れるコメントはよかったと思いました~。

この他途中で流れた森川さんと小野さんのビデオコメントも
メイクがパンダ・ラマで笑えた。

社員さんはノーメイクだったのに・・流石です、お社長。


にしてもこのアニメは確実にBL経験者を狙ってキャスティングしてますよね?
アニメの方で和彦さん、杉田さん、オッキーが出てきた日には、もう、もう・・あっぱれ!

とりあえずBLしろくまワールドという恐ろしく内容も声も違う作品に
ギャップ笑いで楽しんでますが・・

このイベントもよくよく出演者を見れば大好きなドラマCD「エス/英田サキ」のメンバーが4人もっ♪
<神谷(椎葉)・小西(宗近)・中村(鹿目)・近藤(東明)>
嬉しかったです!!

*入り口で配られたもの↓
yomiuri2.jpg
エコバックかと思ったらレインコートで・・雨に備えてたんですね~。
あの寒さで雨とか・・降らなくてよかったです!!


**ご一緒してくださったrumiさん、ありがとうございました~♪
[ 2012/11/05 13:46 ] イベント | TB(-) | CM(-)

ヘブンノウズ~足跡~

ヘブンノウズの第2巻を読みました。
(1巻感想はここ

ヘブンノウズ 足跡 (SHYノベルス285)ヘブンノウズ 足跡 (SHYノベルス285)
(2012/10/31)
英田 サキ

商品詳細を見る

渋澤家に暖かく迎えられた旭とミツルは、
食料事情や精神状態がかなり安定して、ミツルの病も少しずつ好転。

旭の落ち込みやすい性格も渋澤先生や薫のお陰でちょっと前向きになっていますが、
先生への恋心を自覚してしまった旭は、恋人をつくらないと決めている渋澤に対して
相当グルグル

結局セフレでイイからと関係を持ってしまいますが、
渋澤はどーしてこんなに頑ななのか??

変人のくせに大人パワー全開で、
旭がグラッとくるような言葉や態度を見せておきながら本気にならないとか・・

酷すぎますっ。

3巻では是非「恋をしない」理由が知りたい!
でないと旭を好きな薫を本気で応援したくなってきます。

この他気になるのは旭の母・殺害事件。

今回ちょっとだけ出てきた母親の女友達と小学校の先生が怪しいといえば怪しいですが、
この辺はミツルと渋澤の霊能力で次回解決か??

とりあえず2巻は霊を一体成仏させていますが、派手な事件はなく、
ミステリー部分もおとなしめ。

でも渋澤ファミリーのミツルに対するスタンスはホッコリ満足なので、
次巻はもう少し展開すると嬉しいです。
[ 2012/11/03 14:43 ] 英田サキ | TB(0) | CM(2)

nez

榎田さんの新刊「nez(ネ)」を読みました。

nez [ネ] (SHYノベルス291)nez [ネ] (SHYノベルス291)
(2012/10/30)
榎田 尤利

商品詳細を見る

目をひく変わったタイトルですが、nezはフランス語で<鼻>の意で、
主役・千里(チリ)は異様に嗅覚がイイ鼻の持ち主。

このnezを活かして千里はChemistry Advisory Service
通称CASという相性診断サービス会社を運営。

嗅覚を使って人間を観察し、依頼に応じて人と人を結びつけたり離したりしています。
そこへ新しい社員・鷹目が入社。

几帳面で潔癖な彼は千里と正反対な人物ですが、
コミュニケーション能力は低く、嘘がつけない。

そんなわけで公安も企業もリストラされて結局千里の相棒に採用。
ズボラで情にもろい女好きのチリと反発しあいながら依頼を解決して行きます。

千里と鷹目は同じ34歳ですが、チリはとても30代に見えず、
そのせいか上司と部下という垣根は直ぐに撤去。

鷹目はチリを数えきれないほど「バカ」と言い、
千里は鷹目を「クサイ」と禁句まみれ(笑)。

が、この鷹目の体臭は実はチリにとって媚薬ならぬ媚香で、本当は相性バッチリ!!
仕事に対する判断も似ているため、<クサイ>訳が分かった途端ゲイの鷹目は急接近

ド汚い千里と、1円までも割り勘しかねない鷹目が
今後どんな名バディぶりを発揮するかが楽しみです♪


nezはチリが鷹目の匂いに<猫とマタタビ>状態になる過程が面白かったですが、
1番引き込まれたのは2人の人物観察。

チリは匂いで、鷹目は並外れた知識と観察眼で、現場や対象の状況が丸分かり。
特に鷹目はBBCの「シャーロックを見ているような鋭さで、
ワクワク一気読みできる榎田マジック

コメディの匙加減もよく、脇の女性たちも魅力的。
特にCASの共同経営者である阿莉は喰えない感じがなんともイイ味でした♪


*恋愛シリーズのやきのりツイッターが始まりました。
相変らず可愛いにゃ~っ。
[ 2012/11/02 12:20 ] 榎田尤利 | TB(0) | CM(3)

タイバニカフェ

渋谷のタイバニカフェに行ってきました。
休日は混みそうなので、娘達を誘って学校帰りにGO。

で、5時10分前に到着したところ「5時からになります。」 とちょっと待たされる。
何でも3時から・5時からと時間を区切っているようで、混んでる時は整理券が出るとか・・。

何も知らないで行ったわりに今日はタイミングがよくて、
しかも空いていてよかったぁぁぁ。


さて、中に入ると壁にビームスのお洋服をきたキャラパネルがドーン。
映画OPを飾ったものと思われますが、桂さんの書下ろしがカッコイイ♪

更に食事をする机は映画の色んなシーンがコラージュされていてこれも楽しい。
が、全て撮影禁止で・・
当然新録の虎・兎館内アナウンスも録音禁止。

ウ~ン・・ちょっと残念。
カフェが終わったらイラストはどこかで公開して欲しいっ。

タイバニがイケメンなのは言うまでもありませんが、スカイハイのビーサン(?)と
折紙のトゥルツルの生足もよかったので(笑)。

館内アナウンスの方はアニメと映画のOP・ED全曲の合間に流れて
タイガーとバニーは交代制で3パターン。

なので漫才会話になっていなくてちょっともの足りない・・。

でもカフェに来られなくなった虎徹がバニーにお薦めをおごる件はよくて、
バニーの「まったくあの人は」が聞けてよかったです。

帰りに階段を下りて行くとルナ様のパーカーが展示。
ルナ様だけパネルがなかったからなのか??わりと強烈なパーカーでした(笑)


本日のホットドッグはアボガドチリドッグでしたが、
メニューの中では1番食べてみたかったものなのでラッキー♪

この他パインカルピスとベリーソーダも注文してどれも美味しかった!
タイバニと関係がなくても又行ってみたいお店です。
[ 2012/11/01 20:06 ] TIGER & BUNNY | TB(0) | CM(2)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。