BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 2010年06月
-別アーカイブ  [ 2010-06- ] 

<< 前- |  2010-06-  | 翌- >>

6月の購入ブツ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

6月の購入ブツです。

◎ かなり好き
○ 好き
△ こんなもんかな


<小説>

◎FLESH&BLOOD(15) (松岡なつき/彩)  キャラ
○言ノ葉ノ世界 (砂原糖子/三池ろむこ) 新書館
○蒼穹の剣士と漆黒の騎士 (夜光花/山岸ほくと) リンクス
○銀月夜 (夜光花/高橋悠) ラヴァーズ
○天国より野蛮 (かわい有美子/緒田涼歌) リンクス
○欲望と純潔のオマージュ  (華藤えれな/三雲アズ) ダリア

未読本
・つみびとの花 (佐田三季/上田規代) 心交社



<コミックス>

◎野ばら  (雲田はるこ) 東京漫画社
◎茅島氏の優雅な生活~英国旅行編~ (麻々原絵里依/遠野春日) 花音
○小姓のおしごとリターンズ!(2) (松山花子) 幻冬舎
△ナースがお仕事 (星野リリィ) ジュネット  

*雲田さんに出会えてよかった♪
星野さんは・・鬼で道具でエロ過ぎ(参った~/笑)



☆6月のナンバー1

小説→ FLESH&BLOOD(15) (松岡なつき/彩)     
    
コミックス→ 茅島氏の優雅な生活~英国旅行編~ (麻々原絵里依/遠野春日) 


★7月の購入予定本

・ダブル・バインド (英田サキ/葛西リカコ) 6/30 キャラ
・みずいろとぴんく、それからだいだい (小椋ムク) 6/30 心交社
・苺王子(2) (松本花) 6/30 新書館
・スーパーダブル(2) (星野リリィ) 7/24 幻冬舎
・犬は夢見て恋をする (夏水りつ) 7/29 芳文社
・散る散る、満ちる (凪良ゆう/海老原由里)7/10 心交社
・CHERRY チェリー (月村奎/木下けい子) 7/10 新書館
・交渉人は諦めない (榎田尤利/奈良千春) 7/30 大洋図書
・交渉人は嵌められる (榎田尤利/奈良千春) 7/30 大洋図書
・捨てていってくれ (高遠琉加/金ひかる) 7/28 海王社


気になる本
・エゴイストの初恋 (高岡ミズミ/蓮川愛) 7/15 ルチル
・うたかたの愛は、海の彼方へ (華藤えれな/高階佑)7/28 海王社



<CD>

・是 ―ZE― 5 (森川×千葉) 7/30 新書館

気になるCD
・嘘つきは恋をする (小西×野島) 7/28 Atis collection
スポンサーサイト
[ 2010/06/30 20:17 ] 今月の萌ブツ&評価 | TB(0) | CM(0)

茅島氏の優雅な生活2 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

茅島氏の優雅な生活」英国旅行編を買いました♪

このシリーズはコミックス1巻と新装版の原作を読んでいますが、
両方とも凄く面白くて、麻々原さんと日高さんの絵も絶品。

なので漫画の2巻目は大歓迎で、相変らず狂いのない美しい画力
ノーブルな茅島氏にピッタリ!

しかも 無表情からデレる瞬間が、のたうち回るほどラブリィィィ

どのお話も綺麗可愛さがパーフェクトでした


さて2巻の中身ですが、ラインアップはこんな感じ↓

・「パーティとお嬢様と英国式庭園」
・「歓喜する五月」~英国旅行編
・遠野さんの書下ろし小説「茅島&小泉の邂逅談」
・「まいにち、しあわせ」


今回は1巻より甘甘度数が高くなった分、
茅島氏の恋に対する繊細で自信のないエピソードが一杯。

富豪でも空虚だった彼にとって、庭師の存在は世界の中心で、
庭師にとってもご主人様の可愛さは尋常ではないっっ。

なのでそんな様子が丸分りのラブシーンがとってもよくて、
繰り返し読んでしまいそう♪

3巻も楽しみです!


*原作2巻の感想はここ。コミック1巻の感想はここ
[ 2010/06/30 20:08 ] その他のBL漫画 | TB(0) | CM(6)

FLESH&BLOOD 15 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

『FLESH&BLOOD 15』を読みました。

FLESH & BLOOD 15 (キャラ文庫)FLESH & BLOOD 15 (キャラ文庫)
(2010/06/26)
松岡 なつき

商品詳細を見る

14巻のラストがアレだったので、新刊は正直ビビリまくりで
手をつけたいよーなつけたくないようーな・・。
(14巻レビュはここ

でもやっぱりページを開いてしまって、
今回も痛い~~~~っっっ!!!

しかも痛いのは心のみならず、体の方も凄くって・・
だってDVとかお道具プレーとか生易しいもんじゃないんだもんっ。

本物の 拷問 

で、対象は当然ジェフリーで、
好きな人がケガをしたり、流血したりするの好きなんですけどね・・

これはとんでもなくギャー過ぎて、読んでるこっちが失神しそう。

「龍馬伝」も毎週、毎週以蔵だし・・何でこんなにゴーモンだらけ。

とにかく体が痛いのダメなんで、ナイジェルに救出を頑張ってもらわないとっっ(泣)。

でも頼みのナイジェルも相当可哀想で、切なくて、
ジェフリーと出会った頃を思い出す件には思わず涙。

やはりこの二人は常に一緒に居て欲しいです!!!


そして同じく哀れといえばスペインサイドのビセンテ&レオ

ビセンテは失恋の痛手から神に縋る毎日で、
レオもカイト事件に傷ついて、快活さを失うほど

海斗って激しく魔性なんだな~・・と改めて実感すると共に、
いやいや、これは<21世紀の日本人>という物珍しさがなせる技だったのでは??
とちょっと疑問も。

ところがこれを覆すのが15巻の主役的存在 和哉

今回彼は海斗を救出し、入院させ、病院へ見舞いまくっていますが、
海斗失踪中はかなり苦労が多かったようで・・
そのせいかジェフリー並のしたたかさを身に着け、ちょい悪で登場。

しかも和哉の海斗に対する 執着は強烈 で、
もはや友情を越えている?!

とにかくこの予想外の黒さがこの先どう活躍するのか??
楽しみなキャラです。


てな訳で次巻もなるべく早くお願いします!
海斗がPCで調べているジェフリーの件も気になりますし、いっそ21世紀へおいでマセ。

その時は絶対ナイジェルの手も離さないで欲しいです!!
[ 2010/06/29 20:13 ] FLESH&BLOOD | TB(0) | CM(4)

野ばら(雲田はるこ) 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

雲田はるこさんの新刊「野ばら」を読みました。

お初作家さんでしたが、ぶっくさん宅と本屋さんで表紙を見かけ、
可愛いので購入~♪

実は東京漫画社さんの作品は絵が苦手なものだらけで、
ほとんど挫折。なので非常~に不安でしたが・・


雲田さんのはギリギリOK

読み進めて行くと個性的な内容と絵柄にガッツリ魅了され、
全部で3編収録でしたが、どれもこれも面白い

でもあえて順位をつけるとしたら以下のよーになりました。

みみクン>鳥の国のララバイ>野ばら

表題作の「野ばら」は料理人×シングルファザーの年下攻。
「みみクン」はオカマちゃん×ゲイのバーテンダー
「鳥の国のララバイ」は日本人旅行者×謎の放浪者 で、

全体的にナヨっとした優しげな男達が多く、何だか百合百合しい雰囲気。

なので男らしい<受>が好きな人には向いてないかもしれませんが、
泣顔の可愛さと、目がハート×になる可笑しさは格別。

今風なんだか古風なんだか分らない絵柄にも嵌り、
柔らかい体の線と、キャラの健気さはドツボ

特に1番好きな「みみクン」は彼氏のために<男>になろうと努力する
オカマちゃんが最高でしたっ。


雲田さんの作品は『窓辺の君』というのがもう1冊出ていて、
早速通販しようと思ったところ在庫切れ・・。

なのでオクにチャレンジしましたが、
私と同じようにこの作家の優秀さを知ってしまった人がいるらしく、昨晩は敗北。

入荷を待つのと中古を探すのとどっちが早いのか??
判断がつきませんっ。
[ 2010/06/27 16:41 ] その他のBL漫画 | TB(0) | CM(2)

欲望と純潔のオマージュ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

華藤えれなさんの『欲望と純潔のオマージュ』を
読みました。

華藤本は手もとに残っているのが「シナプスの柩」だけという
お寒い状況なので最近はご無沙汰・・。

でもこの作品は評価がよかったので購入してみました♪

お話はチェコの留学生・カレル×芸術大学職員・蒼史の物語で
この作家さんらしいモロ 昼ドラ な筋書き。


二人は京都で知り合い、蒼史は帰国するカレルについて行く決心をしますが、
家庭の事情でカレルを裏切ることに・・。

4年後、蒼史は脳腫瘍を患ったことで再びチェコに行く決意をかため、
元恋人と再会。

彫刻家として成功しているカレルは蒼史の事情を知らないために
鬼な仕打ちをしてしまいますが、両者共に未練はたっぷり。

特に蒼史の命をかけた想いと、自分を彫像にして欲しいと願う狂気が
ギリギリで切なすぎるっ

一方挫折を知らなかったカレルは恋人によって成長し、
蒼史の病を知ってからは涙ものの言動

プラハという身近でない町が現実離れしたメロドラマを引き立て、
巻末の書下ろしも甘甘でよかったです。


が、一つだけ気になったのはカレルの言葉使い。
いくら何でも日本語が上手すぎるだろうっっ(笑)

時々飛び出す粗野な言い方も違和感で・・
丁寧語で一貫させた方が自然だった気がします。
[ 2010/06/25 16:46 ] その他のBL小説 | TB(0) | CM(4)

小野DストラップとChara8月号 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

先月のひろCストラップに引き続き、小野D欲しさにシルフ8月号を買いました。

storap.jpg

Dの右足が若干内股気味(笑)。座ってるポーズにしてもウフッな感じで、
でも二人並べたらとってもキュート

雑誌の中身は読まないので(オイ)
高価なストラップとなりましたが、大満足です♪

さて、付録の他にちょっと注目したのはDGSキャラ弁
ドラマCDのキャスト

ブラック響はオッキー代永さんということで、
ヨナ河童はくると思ってましたが、置鮎さんを持ってくるとは!

おったいラジオと交流しようという強い意思を感じますっ(笑)。

にしてもよほど好評だったのか今回の167話もお稲荷さんから離れられないDGS。
タイテムもノリノリで6/9のブログも爆笑~。

しょーもないオッサン達です


さて、同日発売のChara8月号も買いました。

chara8.jpg

こちらも「特製豪華小冊子」欲しさに仕方なく・・でしたが、
英田さん、松岡さんのお出ましとあっては無視できないっっ。

そしてこの他にも<キャラ文庫 書き下ろし番外編小冊子全3種類>とか
朗読CD(「DEADLOCK」中村悠一、「FLESH&BLOOD」諏訪部順一)など
どんだけキャラ本を買わせる気なんだ~という美味しい餌が一杯。

応募方法をよく読まねばなりまっせん。


Chara8月号はとりあえず円屋さん、こいでさん、長門さんを読みましたが、
長門さんはたった10ページと短っ!
でも2巻熱望の「幸運の理髪師」です
[ 2010/06/22 21:36 ] ひろC&小野D | TB(0) | CM(10)

ラジオ戦国BASARA弐とO+K 「私の好きな声優さん(12067)」

Webラジオ「戦国BASARA弐」(金剛)を聞きました♪
パーソナリティは名コンビの森川森田さん

18日の初回放送は番組やコーナーの説明が主でしたが、
アフレコ現場やイベントの裏話もけっこうあって爆笑。

推して参る感じのさん、子安さんと玄田さんの漫才会話、
絵を見ないでアフレコする若本さん など面白い話が一杯。

キャストが群雄割拠な戦国武将だらけと言った森川発言にも
笑いつつ納得できましたっ。

この他コーナー紹介で面白かったのが『筆武将』。
例としてあがった↓には大ウケ~

*揚げ物をしている時
小十郎:『心配すんな、俺がコンロの火を消してやる』

これに対する二人の突っ込みもナイスでした(笑)。

さて今後のゲストですが以下の方たちが予定されています♪

第1回:保志総一朗
第2回:桑谷夏子
第3回:坪井智浩


坪井さんのトークは聞いたことがないのでちょっと楽しみっ。


この他18日に始まった番組で興味を持ったのが
小野坂・小西のO+K(OTASUKE)!

こちらは何故か動画配信で、見る画面が「ちっちゃ!」かったですが
とりあえず動いている小野坂小西さんが見れる番組。
(ああ、DGSこそこれをやって欲すい)

第0回目は企画会議の模様がひたすら流されて、
小野坂さんと構成作家の漫才が爆笑~。

小西さんの大人しさが今後微妙に心配ですが、
オノマーがやかまし過ぎるので調度イイかもしれません(笑)。
[ 2010/06/20 15:33 ] 戦国BASARA | TB(0) | CM(0)

BE-BOY 7月号 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

久しぶりに雑誌を買いました。
野守美奈さん目当てで「BE-BOY 7月号」です♪
(ぶっくさん、情報ありがとうございます)

野守さんは大好きな作家さんですが、
なかなか新刊が出ない人なので待てずに雑誌読書。

今回は会社でゲイをカミングアウトしてしまった受君とその上司の物語で、
この作家さんらしい繊細な話運び

でも読みきり32ページだったので、
その後の甘甘もちょっと読みたい終り方。
1冊になる時は是非描き書下ろしを数ページ付けてもらいたいですっ。


野守さんの作品はリブレで復刊予定はないのでしょうか??
私的にビブロス時代のコミックスはほとんどハズレがないので
絶対出版して欲しいです!!



さて、この他にも以下の掲載作品を読んでみました。

・草食上司のオトしかた(麻生海)
・倉科先生の受難(志野夏穂) →絵が上手いかも?
・恋とは呼べない(町屋はとこ)
・低音ブランケット(国枝彩香) →先が気になるっ。
・不器用なサイレント(高永ひなこ) →最終コマのお母さんに爆笑。
・SEX PISTOLS (寿たらこ) →絵が変わった・・(泣)。

この他は途中で挫折したり、絵が好みでなかったりとイロイロでした(汗)。


そういえば小説b-boy9月号に榎田さん10周年小冊子が付くようです。
内容は「東海林とルコちゃんイタリア編」らしい

二人の新婚生活・・今からスッゴイ楽しみです!!!!


[ 2010/06/18 13:57 ] その他のBL漫画 | TB(0) | CM(8)

小姓のお仕事リターンズ2

松山さんの新刊『小姓のお仕事リターンズ』の
2巻を読みました。(1巻感想はここ

1巻と変わらず賢い蘭丸とバカ殿様が面白かったですが、
気のせいか1より蘭の黒さがパワーダウンしているような・・。

なのでその分周囲の人々の可笑しなエピソードが増量。

弄ばれる明智、段々計算高くなるハンサム秀吉、
長政の頭蓋骨を花瓶にする鬼畜なお市、
今回初登場のおネエな久秀と色々で・・

BASARAと大違いなのがますます爆笑~。

そして初めて知った史実(?)ですが、
小姓時代の前田利家は信長と××関係だったとか。

この他香木の「蘭奢待」もでて来て、
やっぱり催淫効果があったのかと、何だかミラージュ♪

てな訳で今回も楽しく読みましたが、
<本能寺の変>でどうやら大団円。

最終ページはちょっと寂しくなりました


この作品はバサラと同じく、従来のイメージを裏切るキャラが本当に爆笑で、
終わってしまって少々残念。

「小姓のお仕事」「小姓のお仕事リーターンズ1・2」は
歴女必見のギャグ漫画だと思います♪

CD・愛しき爪の綾なす濡れごと 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

花降楼シリーズの「愛しき爪の綾なす濡れごと
を聞きました。

<出演>

蜻蛉:緑川 光  綺蝶:平川大輔
鷹村:遠近孝一  水梨慎哉:杉山紀彰
東院:川原慶久  忍:岸尾だいすけ
桐香:下和田裕貴


「愛しき・・」は綺蝶&蜻蛉の番外編で、時間的には犬猿の仲だった頃の二人。
なので全体的に嫉妬・愛・忍耐・執着と矛盾した感情が切ない内容。
(原作レビュはここ

で、そんな彼らを緑川さんはひたすら可哀想で可愛いく、
平川さんは軽くなったり黒くなったりと、声の変化が素晴らしい~

綺蝶と蜻蛉はシリーズ最多出場のせいもありますが、
今回改めてピッタリボイスだと再確認。この二人にしかできない役だと感じましたっ。


さて、この作品は2枚組のせいかほぼカットなしで、
チョイ出の忍までちゃんと岸尾さんが出演♪

なので後半の甘甘編も丁寧な作りで、××シーンの長いこと、長いこと・・
1枚でよかったんじゃないかと思うほどでした(笑)

という訳で緑川さん、平川さんお疲れ様ですっ!
そして野球拳やらトークでも活躍の遠近さん、ご苦労さまでした。

次は鷹村と楼主の話が読んでみたいような・・
で、CDも濃~い成田さんとお願いしたいです(笑)。
[ 2010/06/14 14:17 ] 花降楼シリーズ | TB(0) | CM(2)

言ノ葉ノ世界 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

「言ノ葉ノ花」のスピンオフ作品『言ノ葉ノ世界』を読みました。

今回は生まれつき人の心の声が聞こえる仮原が主役。

仮原はこの能力によって親から愛されず、
成人後は人を騙して生きる毎日。

が、心の声と口で発する言葉が全く同じ人間・藤野に出会い恋に発展。

自分の独占欲や特殊能力をもてあましながら、
藤野に本当の事を告げる仮原ですが、
告げたことで自信を失い、藤野を振り回してしまいます。

でもラストは声が聞こえても、聞こえなくても相手を信じる心があれば
ハッピーエンドという希望ある物語。

途中で現れる余村らしき人物もそんな状況で、
でも後書きを先に読んでおいた方が心臓にはイイかも・・?

とりあえず前作と同じく<聞こえる>というあり得ないシチュエーションが上手く想像され、
<声>による利益と弊害と切なさが面白い作品。

大学准教授である藤野の人類の進化と退化についての仮説も興味深かったです。


さて、面白いといえば砂原さんの後書きも私的にプププで・・
今回の攻・仮原の麻雀シーンは「言ノ葉ノ花」のCDトークから思いついたとか。

で、早速聴き直してみると、
小野さんが「能力を使うなら麻雀」と確かに言っています(笑)。

でもこのCDはもう3年近く前なんですね~。

思えばこの頃のC・Dトークが最高ラブかったような・・。
これでDGSに嵌ったアタシはそんな気がしてなりません(アホ)。
[ 2010/06/12 22:15 ] その他のBL小説 | TB(0) | CM(6)

天国より野蛮 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

かわい有美子さんの新刊『天国より野蛮』を読みました。

この作品はちょっと昔の英国ファンタジー。
元は天使で現在は悪魔のオスカーと神学生・セシルのストーリー。

で、悪魔が神学生を誘惑して××関係に堕落させるという
お決まりの進行を見せますが、その先は少々複雑。

セシルが人生を諦観している理由と、オスカーがセシルに魅かれるわけが
二人の天界と前世における関係で分ってきます。


この作品は一途で優しいオスカーが魅力的で、

しかも温湿布&マッサージをしてくれる悪魔って・・

こんなサービスをされたら一コロで堕ちるっ!!
ほだされるセシルの気持ちがよ~く分りました♪


てな訳で全体的にはデビル出現のわりに平和なお話で、
むしろ天界と前世エピソードの方が切なくて激しい。

二人の過去を踏まえたストーリー展開が面白い小説でした。


さて、面白いといえばかわいさんの銀英伝な後書き。
ロイエンタールが凄くお好きだったとか~。

そのせいで今回のオッドアイ悪魔の名はオスカーなんだそうです(笑)。


かわい本は最近よく作家買いしますが、わりと大人しい「受」が多く、
1番嵌った「透過性・・」のようなオレ様アホっ子王子は他で見られません。

なのでちょっと性格が微妙な個性的受君を又書いて欲しいですっ。
[ 2010/06/10 20:05 ] かわい有美子 | TB(0) | CM(2)

「おったーい」とDGS 「私の好きな声優さん(12067)」

置鮎さんと大典さんのRADIOアニメロミックスをニ○動で聞き始めました。

この番組はDGSと時間が繋がっているそうで、
小野さん達の話題にしばしば出るラジオ。

で、「おったーい」は二人の名前から作った挨拶(?)言葉で
「おったて○ますか~?」とか微妙な事も言ってましたが、一応定着。

現在既に9回目ですが、内容は雑談・メール紹介・お題に対するディベートや台詞の創作で、
わりとゆる~く進行。

お題はダメなほうが×としてグラビアポーズで写真を撮られます(笑)

が、大典さんは勝ってもポーズをしたがるのが爆笑で、
コスプレもする気満々。

でも流石に自分の番組になるとちょっと自重気味のタイテム。
相変らず自然体でノープランな感じですが、DGSゲスト時の暴走ぶりはみられません。

一方オッキーは楽しくクールにラジオをやってる感じで、
トーク声はかなり高めですが、時々可愛い声が聞けるから嬉しい。

タイテムの可笑しな発言もスルーで乗り切っているのが素敵です(笑)。

この番組はその内DGSとパーソナリティをシャッフルしてナニかやる気がする・・
面白そうなので是非交流して欲しいですっっ。


さて、今回のDGS・165話は「おいなりさん!」で私的に久々の 神回

題名から何となくアヤシイ予感がしましたが、
神谷さんが買ってきたおいなりさんで小野さんが下ネタ暴走。

響きせかえ非対応のひろCに自分の「おいなりさんポーズ」写真を待ち受けに
するよう薦める小野D・・。

で、断る神谷さんにいらないの?何で?と本気で不思議がる小野さんが可愛い

結果 「ナイス、ド変態」 と神谷さんの罵り名台詞が誕生しました(笑)

後半はこれまでのDear voice特集でしたが、これまたけっこう変態で爆笑~。

てな訳で第165話は<おいなり>からどーしても離れられなかった小野さんと
可笑しなDear voiceで腹筋崩壊でした(笑)。
[ 2010/06/09 20:03 ] ひろC&小野D | TB(0) | CM(4)

テイルズ オブ フェスティバル 「私の好きな声優さん(12067)」

テイルズ オブ フェスティバル2010」昼の部に行ってきました。

<出演>

小野坂 昌也・中原 麻衣・小西 克幸・檜山 修之
鈴村 健一・鈴木 千尋・子安 武人・鳥海 浩輔
森永 理科・櫻井 孝宏・河原木 志穂


<アーティスト>
Every Little Thing・榎本 くるみ

今回のイベントは公の場に滅多に姿をさらさない子安さん目当てで応募。
で、見事に抽選に当たったのですが・・

実は全く知らないテイルズワールド

ここまでノーチェック、ノー知識で挑んだイベがかつてあっただろーか・・ イヤ、ない。
しかもそんな時に限って、真のテイルズファンには申し訳ないような良席

十数回通った聖地の中で1番見やすい位置でしたぁ。

てな訳でイベントの面白さは恐らく半分くらいしか分らず、
それでも小野坂さんのスンバラシイMCに爆笑し、
小西さんの服装&髪型のカッコよさに浮かれてきましたが・・

子安さんの出番が少ない!!!!

OPもEDも参加せず小野坂さんと1コーナーを持っただけ。
それでもけっこうテンパッテる感じがこちらに伝わり、ガチで 照れ屋さんっ。

CDのトークやラジオはあんなに面白い人なのに、
舞台は苦手という・・本当に勿体無いお方ですっっ。

でも生子安さんを見たのは7年前のヴァイスコンサート以来。
かなり太られましたが(オイ)会えて嬉しかった♪

声優イベントが増加傾向にある昨今、マイペースでも仕事がドンドン舞い込む
この人の美声と実力はやはり凄いっ。

これからも二枚目、三枚目、オカマに鬼畜、できればBLも末永く頑張って欲しいです。


にしても昨日の小西さんのキャラボイスは
王崎でもなくアメリカでもなく、でも高い~~っっ

しかもロイドって少年っぽいんですけど・・激しく違和感でした(笑)。


この他面白かったのが檜山さんの絶叫と、鈴村さんのキャラ順位に対する売り込み。
鈴村さんは服装もスタイルも相変らず素敵でした~♪


*rumiさん、久利生さん、おぼろさんお会いできて嬉しかったです♪
又ナニかのイベで宜しくお願いします。
[ 2010/06/07 11:11 ] イベント | TB(0) | CM(8)

CD・『トラさんと狼さん』 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

春野アヒルさん原作の『トラさんと狼さん』を聞きました。

toraotoookami.jpg

<出演>

トラさん:遊佐浩二  狼さん:鳥海浩輔
トラ兄さん:森川智之  ワンコさん:羽多野 渉


この作品は原作を読んだことがあるものの、
既に手もとになくて記憶おぼろげ

が、CDは 鳥海さんの演技が絶品で 凄く面白かったぁ

私的に鳥さんは2枚目声よりへタレ声に嵌るという・・地味に好きな声優さん
なので今回は焦り声と半泣き声が異常~に面白くて、何度吹いた事かっっ。

この他渋声の森川さんが<受>とゆーのも、
帝王受が苦手なわりに笑えました~。


「トラさんと狼さん」は狼がラブリーな子虎を拾ってメロメロになっているうちに、
虎が育って<攻>に転じてしまうというコメディで、

狼さんは虎さん一家から嫁イビリをされたり、仲間にばれてしまったりと大騒動(笑)。

が、寿命が 虎>狼 なので、笑いの中にも切なさがちょっぴり

命のある限りラブラブアニマル生活をおくって欲しいです。


にしても残念だったのが巻末にトークが付いていないこと。
このメンバーだったら爆笑間違いなし!だったのに・・。
[ 2010/06/05 21:40 ] その他のBLCD | TB(0) | CM(6)

夜光花・小説&CD 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

夜光花さんの4月の新刊『蒼穹の剣士と漆黒の騎士』を読みました。

夜光本は元々ファンタジー色の強い作品が多いですが、
完全無欠のファンタジーはお初だそうで、今回は 人間×鳥人

なので架空の世界で物語が展開し、
剣士・騎士・国王・王女・魔女・ドラゴンとお伽話の素材が一杯。

美しい鳥人族の長・ユーゴと、彼を一途に慕う騎士・狼炎
種族を超えたラブが面白く、

特に・・

・子供は卵から生まれる
・発情期だけナニをしたくなる
・平均寿命30才


という鳥人設定がユニークで切なくて印象的。

ラストは魔女を倒してメデタシ、メデタシでしたが
途中のエピソードはけっこう盛りだくさん。

直情型で行動力のあるユーゴと、無骨な騎士・狼炎が二人とも男らしくてよかったです♪


さて、夜光さんでもう一品「忘れないでいてくれ」CDを聞きました。

wasurenai.jpg

<出演>

守屋清涼 : 遊佐浩二  秦野道也 : 安元洋貴
塚本 : 檜山修之  幸田:松本保典


こちらは原作を読書済みで、刑事・秦野×記憶を消す能力を持つ清涼のミステリー。

不幸な過去を背負っている清涼のひねた人柄と
惚れた弱みで愛まっしぐらな秦野のかみ合わない関係が面白く、
出だしがほぼ強○なわりにベタな刑事が何気にラブリー。

で、この二人を安元×遊佐さんで聞いたらピッタリで、
特に 安元秦野の可愛さはハンパなく、低音のクセに愛らしい~

私的に 原作<CD となりました♪

この作品は脇に檜山さんや松本さんが居てかなり豪華。
でも松本さんはもう少しメインで使われてもイイような。

BLだと最近は脇の脇・・。できれば塚本を演じて欲しかったです~っ。
(松本さんはミラージュの千秋だから大好きっっ!!)
[ 2010/06/03 21:53 ] その他のBL小説 | TB(0) | CM(8)

「兎オトコ虎オトコ 2」とCD1 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

本間さんの『兎オトコ虎オトコ』の2巻を買いました。

このお話はヤクザ(野浪)×外科医(卯月)のコメディで、
1巻は終に虎に喰われてしまう兎先生?! とゆー場面で続くでしたが
2巻冒頭では何とか回避。 (1巻レビュはここ

それでも互いに縁が切れない事態となって、
卯月は野浪の優しさや可愛さにどんどんほだされて行きます




このコミックで1番面白いのはヤクザの野浪
強面でも憎めず、愛の告白に唸ったり、卯月の電話を待つシーンには爆笑~。

とにかく素朴な可愛さがギャップ萌えで、
シル○ニアやジャンケンという発想もたまらん可笑しさ

ラストは極道の内部抗争で切ない展開ですが・・
アニマル化する心理描写と見せ場作りが上手い作品です


てな訳で、かなり気になるところで3巻へ続いてますが、
5/26発売のCD2の方は先に完結しているらしく・・

何でこんなに焦ってCDを出すのかは謎ですが・・
とりあえずCD1は鑑賞。

usatoraotokocd.jpg

<出演>

卯月:宮田幸季  野浪:三宅健太  タカ:羽多野渉

宮田さんと三宅さんはかなりピッタリでした!!

音だけなのでアニマル化する可笑しさがちょっと残念ですが、
漫画の雰囲気を壊さず忠実。

一方原作より面白かったのは、野浪とタカの漫才会話♪
羽多野さんの演技がとても自然でよかったですっ


さて、ウサ・トラ2巻の巻末には<あんちゃん&一至くん>の続編が付いていて、
こちらも相変らず可笑しい~。

一至の歪んだ執着とそれに騙されてしまう年上公務員が傑作で、
あんちゃんが黒い愛情を受け入れる日はやってくるのか??

3巻はこれの続編も収録して欲しいですっ。


*追記:CD公式の「兎・虎CMドラマ」が面白いです♪
[ 2010/06/01 14:21 ] その他のBL漫画 | TB(0) | CM(5)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計