BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 2010年05月
-別アーカイブ  [ 2010-05- ] 

5月の購入ブツ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

5月の購入ブツです。

◎ かなり好き
○ 好き
△ こんなもんかな

<小説>

◎ホーリー・アップル~虹色のスチーム~ (柏枝真郷/槇えびし) X文庫
◎落花流水  (凪良ゆう/石原理) SHY
◎夏の塩・夏の子供 (榎田尤利/茶屋町勝呂) 大洋図書
○愛の巣へ落ちろ! (樋口美沙緒/街子マドカ) 花丸
△愚か者の最後の恋人 (樋口美沙緒/高階佑) 花丸

未読本
・蒼穹の剣士と漆黒の騎士 (夜光花/山岸ほくと)リンクス 



<コミックス>

◎ぎこちないけど愛だろう (深井結己) 竹書房
◎兎オトコ虎オトコ(2) (本間アキラ)  心交社
○恋について (大竹とも/木原音瀬) 蒼竜社
○一途なしかめっつら (サガミワカ) リブレ
△50×50  (国枝彩香)  リブレ
△王子の帰還 (ぢゅん子) 大洋図書


☆5月のナンバー1

小説→ 夏の塩・夏の子供 (榎田尤利/茶屋町勝呂)     
    
コミックス→ 兎オトコ虎オトコ(2) (本間アキラ) 


★6月の購入予定本

・吸血鬼と愉快な仲間たち(5) (木原音瀬/下村富美) 6/30 蒼竜社
・花嫁執事 (岩本薫/佐々成美) 6/28 SHY
・ダブル・バインド(仮) (英田サキ/葛西リカコ) 6/26 キャラ
・FLESH&BLOOD(15) (松岡なつき/彩) 6/26 キャラ
・小姓のおしごとリターンズ!(2) (松山花子)5/24  幻冬舎
・みずいろとぴんく、それからだいだい (小椋ムク) 6/26 心交社
・茅島氏の優雅な生活~英国旅行編~ (麻々原絵里依/遠野春日) 6/29 花音

気になる本
・ウツボラ(1) (中村明日美子)  6/9 太田出版
・ナースがお仕事【文庫版】 (星野リリィ) 6/10 ジュネット
・恋愛志願 (岩本薫/木下けい子)  6/1 角川書店


*吸血鬼と小椋さんの新刊が延期になって残念でしたが、その代わり6月は豊作♪
英田さんはお久しぶりで、超楽しみ!フレブラは・・怖いもの見たさ~
スポンサーサイト
[ 2010/05/31 21:17 ] 今月の萌ブツ&評価 | TB(0) | CM(0)

土曜スタジオパーク

本日の土曜スタジオパークのゲストは佐藤健さん♪
なので昨日から録画をセットして、夕方娘とガン見しました。
(ベルさん、お陰さまで見れました)

健くんというと先ずは「電王」な私ですが、
その後三浦春馬くんとの旅DVDに萌え、今年は大河の岡田以蔵にも注目っ。

映画の「電王」新作に登場してくれないのは寂しいですが
なかなか縁が切れない俳優さん。

今日も本当に 顔が可愛い上に髪型が神 
最高でしたぁ。


スタジオパークは司会者の仕切りと観客席の位置が少々痛い番組で・・
でも健くんのしっかりしたトークと、大森さんの爆笑コメントで何とか上等。

特に大森さんは役が堅物だったために素とのギャップが面白く、
以蔵を「抱き締めたい(ジュル) 発言には大笑い。

こんなに可愛くて、可哀想な以蔵がいたら確かに押倒したくなるだろう!!(違っ)
大森さんの気持ちに娘と大きく共感しました。

その後友人からのコメントコーナーもあって、春馬くんが来るかと期待しましたが
城田くんだった・・。 腐女子に冷たいNHKですっ


にしても今年の大河は面白いですね~。

幕末という時代が元々好きなせいもありますが、
龍馬に特別な愛情がなかったのがよかったよーで、素直に鑑賞。

毎回登場人物一人一人にドラマがあって、
成功しても失敗しても矛盾がなくて納得できる。

又、ホームドラマ風な雰囲気と、
リアル感のあるセット・メイク・映像が本当に優秀!

珍しく最後まで見れそうな気がします♪
[ 2010/05/30 21:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

ぎこちないけど愛だろう 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

深井さんの新刊『ぎこちないけど愛だろう』を読みました♪
今回は4つのお話が収録されていますが、

全体的に裸率が高いっ!

つまりけっこうなエロエロ加減で、
特に2話目の政治家×秘書はほぼヤッテるだけの爆笑内容。

で、ここに登場する秘書さんは1話目の『ぎこちないけど愛だろう』
チョイ出のミネですが、この人のオンとオフのギャップは最高~

政治家・氷室との馴れ初め話も読んでみたいですっ。


さて、表題作『ぎこちない・・』は、体の関係から始まった
リーマン・頼人×美人喫茶店マスター・暢明の物語で、二人とも痛い失恋の経験者。

特に暢明は重たい過去を持つため、なかなか心を開けず一苦労。
頼人が一歩踏み込んだことで、優しく可愛い二人が幸せになれてよかったです


3話目の『赤い糸、絡まれ』は暴力&流血で基本的にはヒィ~~でしたが、
ストーリーはけっこう複雑で魅力的♪

小説でジックリ読んでみたいような一品でした。


4話目の『あいのともしび』は恋人の将来を考えて、身を引こうと悩むリーマン物語。

飲み屋で偶然出会った年配の男性が実は恋人の父という展開が面白く、
地味ながらもとてもイイお話でした


深井さんの漫画はストーリー構成がよく、飽きずに読めて印象に残るものが多い。
短編が本当に上手い漫画家さんだと思います♪
[ 2010/05/28 20:03 ] 深井結己 | TB(0) | CM(4)

CD・異国色恋浪漫譚3 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

CD『異国色恋浪漫譚~さすらい銀次の慕情編』を聴きました。

irokoi3.jpg

<出演>

近江鸞丸:伊藤健太郎
アルベルト・ヴァレンティアノ:諏訪部順一
権藤龍司:置鮎龍太郎  近江 薫:甲斐田ゆき
銀次:堀内賢雄  那智:森久保祥太郎


やまねさんの異国色恋浪漫譚CD・第弾です♪
この作品はCD2に続き、原作漫画なしのオリジナル。

コミックスにたった4ページだけ登場した銀次が主役です。

銀次は近江組の元板前。現在は養子の那智とひっそり暮らしていますが、
鸞丸とラブラブなアルの存在に疑問を持ち、更に権藤のせいでヒットマンと誤解。

結局<鸞丸・アル・銀次・那智>が愛と仁義の4角関係にもつれ込んで行きます。


今回のゲストは堀内さんで、全てを持って行った若本パパ
ほどの強烈さは無かったものの、
落ち着いた渋い演技♪

でもどちらかというと番外編の古道具屋のオヤジの方が好きで
アルと値段交渉する場面が面白い~。

トークも堀内さんの仕切りだったので爆笑でしたっ
(特に甲斐田さんとの会話が~・・)

さてこの他注目だったのが番外のアルと鸞丸の中身入れ替わりストーリー

伊藤さんがアルを演じ、諏訪部さんが鸞丸を演じたのですが
二人とも真似がものスンゴク上手い!!!!

あまりに特徴をつかんでいるので、
時々本当にイトケンさんなのかベー様なのか疑いたくなりましたっ。

そしてもう1人面白いのがやはり権藤。

この人は虐めっ子がそのまま大人になったような極道で、
要するに小悪党なんですが、
こーゆー脇役をオッキーが演じているのが意外な感じで・・

「異国・・」って豪華な作品だったんだな~と、微妙に年月を感じてしまいました。


やまねさんはCD2,3を漫画にするつもりはないのでしょうか??
特に今回の番外編は絵で見たい気がしますっ。
[ 2010/05/26 21:31 ] その他のBLCD | TB(0) | CM(2)

直江BDと十六夜涙 「炎の蜃気楼大好き!!(64)」

ほたか乱さんの直江バースデイ漫画が完結しました。

もっと続くと思ったのに・・わりとあっけなく・・
既に最新マンガは任務(?)に失敗したザエモンと景虎さまの漫才だし(笑)

けっこう寂しい~~~っ

でも今年も凄く面白くて、ラストも最高♪
高耶さんのちゅーでハッピー、ハッピー

直江はどんなにボロボロでも例え鶏でもほんっとにイイ男!! (真顔)
<すい、すい、ぽふ、ぽふ>してもらえて、アタシまで癒されました。

にしてもあの箱の中身は何だったのか?
先ずは二人でシャワーに突入でしょうけど~


さて話は変わって・・
現在放送中のアニメ『薄桜鬼』のOPを昨日聞きました。

izayoinamida.jpg 「十六夜涙」

実はアニメは挫折しているのですが(汗)
歌のメロディは凄く耳についていたので、フルで聞けて嬉しい♪

で、ついでに歌詞をよ~く読んだところ 何となく ミラージュ
あと 「冬の蝉」・・みたいな?

<輪廻>と言われると「SASRA」なんかも思い出されて、
ツボな「十六夜涙」でした♪
[ 2010/05/25 14:04 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(4)

Vassalord.イベント 「私の好きな声優さん(12067)」

昨日Vassalord.の初イベントに行ってきました。

<出演>

藤原啓治(レイフロ)、置鮎龍太郎(チャーリー)
司会:佐藤利奈(ミネア、ハロルド)


vasafuto.jpg

今回のイベは招待状も教会風会場もVassaにピッタリな雰囲気で、
入ってみれば166席と超少人数♪

vasasutezi.jpg  ←マリア像の祭壇前がステージ

vasashanderi.jpg  ←会場内のシャンデリア。ゴスっぽい~。

更に黒乃さん描き下ろしのパンフや、軽食・ドリンク・ケーキも付いて
かなりのお得感っ!

vasapanfuu.jpg ←藤原・置鮎さんのインタビューが掲載。

ke-kii.jpg ←チョコケーキ、ムースにラズベリーソースがかかったデザート。
赤い花びらも散っていてこれもナイスVassaでしたが、お皿が黒くてよく撮れませんでした。

さてイベントの内容ですが

・レイフロ&チャーリーの漫才
・藤原&置鮎さんのトーク
・お客さんに質問コーナー
・生アフレコ
・公開ラジオ
・オリジナルSSドラマ
・抽選会 
 等など。
   
お二人の服装は藤原さんが黒のタキシード、オッキーが白のホスト風(?)スーツで、
何がなんだか分からんほどカッコ渋くて、可愛くて
 
まるでレイフロ・チャーリーの結婚式?! 

そして『Vassaのどこが好き?』という質問コーナーでは
藤原さんが舞台から降りて聞いて回るという きゃ~、きゃ~な事態が発生。

で、たまたま直ぐ後ろに来てくれたので近い近い近い~~~っ!!
間近で見ても激渋なイイ男 でした(ハアハア)


生アフレコは何と4巻のオペラ座シーンを再現っ。
この場面、微妙に喘ぎ入ってますし・・エロくてドキドキ。

オリジナルミニドラマも切なくて、充実した生アフレコ2本でしたぁ。


さて、藤原さんと置鮎さんのトークを今回改めて見て思いましたが、
この二人の関係性はレイフロとチャーリーにかなりかぶる所が多いっ。

なので声優さんの素の部分が作品に少なからず影響を与えていると確信できて、
特に笑いを計算しているのか、いないのか不明な藤原さんの言動は最高~。

ボケる藤原さんと、突っ込んで上手く仕切る置鮎さんが本当にナイスコンビで、
「久しぶりの収録でも藤原さんの声を聞けば直ぐにチャーリーを思い出せる」
というオッキー発言にも萌えさせてもらいました。


Vassaイベントは全部で1時間半強とちょっと短めでしたが、
5年前から追っかけいましたし、声優さんも内容も大好きだったので本当に行けてよかった♪

しかも最後にヤバイプレゼントが待っていて・・

何と黒乃さんの描き下ろしカードを
藤原&置鮎さんが手渡ししつつお見送り。 

これを聞いた途端、吐血ものの喜びで興奮MAXの大悲鳴。
なので即ファンデ、口紅を付け直す無駄な抵抗を開始。

私はオッキーからいただきましたが、あまりのカッコ可愛さに「ウワッ」となって、
「ありがとうございます」しか言えない情けなさ・・。

でも二人とも本当に素敵な40代っっ。
藤原さんはウチの旦那と同年齢ですが、とても同じ生物とは思えませんでした(笑)。


*ルミさん、今回はお世話になりました~。少人数イベント、最高ですね!!!
又来月も宜しくです!
[ 2010/05/24 12:41 ] Vassalord. | TB(0) | CM(8)

シルフ7月号 「私の好きな声優さん(12067)」

DGSラジオ160・161話の牛久バースデイ写真を目当てに
久しぶりに『シルフ』を買いました。

が、掲載されていたのはたった2ぺージ

大仏の大きさが明らかスンゲェことは分りましたが、
他はラジオサイトで見たような画像・・。

なのでいっそお誕生日デートDVDを全サにして欲しいですっ!!

さて、目当てのレポ写真は残念に終ったものの
今回の表紙はなかなかベタでかなりツボ

shirufu7.jpg

そして<ひろCストラップ>もメチャ可愛くて、
でもガチで小さくてビックリ。

hiroc.jpg

雑誌表紙のストラップ写真より現物はミニで、
しかも入っていた箱が無駄に大きい!!

hakohiro.jpg

この付録は8月は小野Dストラップ、9月はにゃーさんミラーだそうで
他にも全サが2種類。

私的にシルフは読める漫画が一つもないので(汗)
月刊化して大丈夫なのか~??と心配になりますが、まだまだDGSのお力でいけそう?!

実際この子↓欲しさに来月も買ってしまうアタシです・・。

onosutora.jpg ←小野Dの立体化ストラップ予告


ラジオの牛久ロケは小野さんの喜びようが可愛かったぁ
神谷さんの両親にも挨拶できたようですし、墓に入る準備は万端(笑)。

牛久はこれで観光客激増かも?!


前回の162話も赤福を小野さんの手のひらに落す神谷さんがSでよかったです♪
[ 2010/05/22 18:46 ] ひろC&小野D | TB(0) | CM(6)

ipad本

今朝の朝日新聞の1面と35面に京極夏彦さんのiPad新刊『死ねばいいのに』
が取り上げられていましたが・・

この記事に何故ググッと引き寄せられたかと言えば

<現在の電子書籍売り上げの大半はマンガ、
残りの文芸書は人目が気になって買いにくいBL系


という文章が目に入ったから。

私は携帯小説はちまちまし過ぎて苦手なんですが、
通販で家族の目が気になる人や、書店で恥辱プレイを避けたい人には重要かも。

で、このiPadの大きさは検索したら約24×19センチ
これなら新書よりちょっと大きくて読みやすそう。

しかも紙の本より安く場所も取らないので、試しに実物が見てみたい商品です♪

shineba.jpg ←インパクトのある題名っ


にしても、もし電子書籍が若い層に根付いたら書店が絶滅の危機かも?!
通販流行りのせいかウチの地元は駅前以外全ての本屋がつぶれましたし・・
大丈夫なんですかね~。

アメリカでは出版社をすっ飛ばして電子本が出されることもあるようで、
この業界はこれからどうなって行くのやら。

ネット世界の進歩でBLスキーが増加したり、交流できるのはありがたいですが、
20年、30年後の出版ブツはどんな形になっているのか?
ちょっと不安で、そして楽しみです。
[ 2010/05/21 14:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

夏の塩・夏の子供 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

榎田さんの過去作品『夏の塩』『夏の子供』を新装版で再読しました。

natsunoshio.jpg edahon.jpg

ブログのお客様・さらつむさんのお薦めで書下ろし目当てでしたが
他の部分もハンパなく忘れているっっ。 

て、初読みが7年くらい前で、しかも借りた本だったので当然か??

にしても「感動する本だった~」と思ったわりにマイブックせず、
「好きな作品」という意識はあったのに覚えていたのはこれだけ↓

犬の死体、歯磨き粉キス、さちのちゃんの死

なので嵌るBLがガチで減ってきた今日この頃・・
再読して本当に~によかった!!!

とにかくとんでもなく素晴らしい内容で、
装丁も値段もノンケ読者を狙っている風ですし・・

BLジャンルを越えて広く読まれて欲しい作品っ

大洋図書さんは相変らずイイ仕事をしてくれます♪



『夏の塩』『夏の子供』は異常なまでに不運・不幸を背負い続けた魚住の成長物語ですが、
その周囲の人間一人一人も主役になりえるエピソードを持ち、

死・運命・ジェンダー問題・親子関係 など、重いテーマが満載。

もちろん魚住とその恋人・久留米の恋話もありますが、
久留米はBLの攻に有りがちな絶対の救世主ではなく、

あくまで<人間は一人だ>という現実的なスタンス。

そしてこの物語全体もそんなスタンスで、
周囲の人が次々と死んでいく死神的な魚住にはフィクション性を感じるものの、

読んでも読んでも切ない物語の連続に、
人が決して逃れることができない『死別』を突きつけられる。

が、最終章の「夏の子供」と書き下ろしの「ハッピーバースデイ2」
少年の成長と新しい命に「生」を感じる感動的な後味。

魚住の哀しみと強さにひたすら涙できる2冊でした。


にしてもこれがデビュー作の榎田さんって・・ ヤバイ才能っ 

魚住くんシリーズには現在のようなBL的エンターテイメント性はないものの
もの凄い引き出しの多さを感じて、痛くても重くてもやっぱり 名作 

BL好きなら必読の小説だと今回改めて思いました。


ところで・・
アタシは何故7年前ここまで感動しなかったのだろう??

で、ちょっと自己分析した結果、この頃大嵌りに嵌っていたのが「炎の蜃気楼」
この作品はファンタジー色が強い上に、愛と執着で命がけ 

つまり「魚住くん」とは真逆なテイストで、
しかもミラージュが辛すぎるため、ベタ甘なBLを読んでバランスを取ることが多かった私。

なのでマイブックに至らず、内容も記憶喪失に・・。

読むタイミングって大切だな~と思わされました(笑)。
[ 2010/05/19 21:04 ] 榎田尤利 | TB(0) | CM(4)

恋について(大竹とも) 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

木原さんの小説を漫画化した「恋について」を
読みました。

この本は原作未読な上に、
大竹ともさんの絵が微妙に好みでないことからスルーしていた作品。

が、古本でゲットできたので読んでみると
凄く面白かったぁ♪

ブライダルコーディネーターの朝霞とそのお客だった笹川
心の交流が丁寧に描写され、絵はツボらないわりに狂いが無いので満足

原作付き漫画のぎこちなさも皆無で、ウンマイ仕上がりでしたっ


『恋について』は木原作品にしては地味な印象の安全本。

笹川が臆病で泣虫な刹那人間なため、これで 攻なの?!
とゆーへタレ加減ですが、可愛げがあるので許せる範囲。

朝霞も真面目なイイ人なので、木原さん独特のイヤな奴は登場せず
二人を素直に応援できました♪
[ 2010/05/17 18:23 ] 木原音瀬 | TB(0) | CM(4)

最近ゲットした同人誌 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

コミケやJ庭とご無沙汰な私ですが、
通販やオクでは地味に購入していて、最近ゲットしたのがこの3冊。

douzinshi.jpg

左から・・

センチメンタル・ストイズム 2007.8発行(砂原糖子)
琥珀時間 2010.1発行(かわい有美子)
oriori tojitoji 2010.3発行(小椋ムク・小鳩めばる)

『センチメンタル・ストイズム』は「センチメンタル・セクスアリス」のその後本。

二人の温泉旅行が描かれていますが、
春巳がちょっとしたことで拗ねているため、仙介を試すような行動に出て自爆

お陰でラストのラブ度は上がり、仙介の度量の大きさと春巳のおバカさがナイス。
小型犬のエピソードも分りやすく、本編巻末に収録されてもいいよーな充実本でした♪


『琥珀時間』は「上海」の同人誌で小さい頃のエピソードと香港滞在中の二人のお話。

思い出話に出てくる肉餅が食べたくなってきますが、
1番美味しいのはやはりレイモンドとエドワードの仲睦まじさ

しっとりとまとまった同人誌でした。


『oriori tojitoji』は小椋さんの「センチメンタル・ガーデンラバー」
小鳩さんの「ベイビ・ベイビ・ベイビィ」の番外編。

小鳩さんのは原作未読ですが、2編とも3ページずつと非常~に少ないページ数
でも小椋さんの<シマの一日>はスンゴク可愛かったぁぁぁ。

シマはほとんど主婦ネコと化していますが・・
何といっても絵がラブリーで、布団を取り込む姿が最高♪

商業誌で続きが読みたいネコ達です!!
[ 2010/05/16 15:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

リブレ新刊2冊 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

5月のリブレ新刊を2冊買いました。

ribure1.jpg 国枝彩香さんの『50×50

libu2.jpg サガミワカさんの『一途なしかめっつら

国枝本は元々購入予定でしたが、サガミさんは衝動買いでお初作家さん。
内容は2つのリーマン物語が収録され、両方ともわりとありがちな可愛い話。

どちらかというと後半の外資系営業×不動産屋さんがツボで・・
理由は攻めが丁寧語で話しているから

この他表紙&扉絵カラーが共によかったので、
今後はあと一歩絵が上手くなってくれると嬉しいです。


そしてお目当ての国枝さんですが、今回はかなりコメディで
高校時代から友人関係にある東野と川西の物語。

二人は女好きなのにダメになるのが早く、失恋時期が度々一致。
なのでヤケ酒の勢いで××関係に陥り、嫌がりながらも腐れ縁。

二人の女に対する拘りや登場する女性陣、
そして川西のパック顔には笑わせてもらいましたが、

美しいキメ顔やカッコイイアップがほとんど無い漫画で、
しかもどちらが受・攻かも分らないまま2巻へ続く・・。

内容も軽いので萌えやキュンを求めると期待はずれかもしれません
[ 2010/05/12 14:08 ] その他のBL漫画 | TB(0) | CM(4)

仏像模型

地元駅前がリニューアル工事をしているため
新しい店が次々とオープンする今日この頃。

当然ファッション中心ですが1軒だけ<文教堂ホビー>という
妙~に浮いた店が存在。

・・正直文教堂書店がよかったですが
とりあえず中を覗くとプラモデルがギッチリ!!

戦闘機、ガンプラ、お城、鉄道、車 が所狭しと並び、
その横にフィギュア、リラックマ、食玩、声優雑誌が少々陳列。

私にも微妙に関係がある感じ???ですが
きちんと見たのは1回だけ・・。

が、本日久しぶりに店の前を通るとこんなものが展示されていました↓

ashurazou.jpg ←阿修羅の仏像模型

阿修羅像は萩尾望都さんの「百億の昼と千億の夜」を読んで以来ファンで、
この他も興福寺や新薬師寺にある奈良の仏像は動きや表情が好き♪

なので引き寄せられて行くと他にもこんなものを発見。

bisamon.jpg  ←毘沙門天

運慶作の模型ですが、値段を見たら63000円もするっ! (楽天も同じ価格・・)

ウ~ン、仏像だけにありがたいお値段です。

でもガンプラと同等に展示されているのが何だかな・・
罰当たりな感じです(笑)。
[ 2010/05/09 15:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

ホーリー・アップル3 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

柏枝真郷さんの『ホーリー・アップル』3巻目
<虹色のスチーム>を読みました。 (1,2巻感想はここ

今回もしっかりとミステリーBLで、
強盗殺人事件を追いつつ、刑事への昇格を悩むハリーや、
ドイルの過去が描かれています。

で、もちろんBL部分もかなり進展して
相変らず濃厚な××シーンは無いものの・・
柏枝さんの文の上手さでラブの深まりを感じるっ

ごとうさんや須和さんもそうですが、ベテラン作家さんのエロ<キュン
ラブシーンは業界でもっと真似されてもイイのでは?!

こんなBLが増えてもやぶさかではありません♪


「ホーリー・アップル」は80年代のニューヨークが舞台になっているため
ゲイの肩身の狭さや偏見がけっこうリアル。

でもそんな切なさが物語を盛り上げているので、
へタレなハリーと、恋人にはベタ甘なドイルのお話がもう少し読みたいっ。

3巻で終わりな気がしないでもないですが、
ミステリー部分も面白いので続けて欲しいです。


にしてもベトナム戦争の徴兵って、誕生日のクジ引きで決めたんですね・・。
驚きましたぁ
[ 2010/05/08 10:16 ] その他のBL小説 | TB(0) | CM(2)

落花流水(凪良ゆう) 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

凪良さんの新刊『落花流水』を読みました。

凪良さんコメディとシリアスの落差が激しい作家さんですが、
今回はシリアスでSHYノベルズ初登場。

なので痛い系かな~と思いきや、
バカがつくほど命がけな一途愛

最後まで八方塞がりでハラハラしましたが、
後味はよく、年下攻くんの苦労が報われてよかったです♪


この作品は高校の教育実習生の夏生とその教え子・一也の短い恋と、
5年後の再会が描かれていますが、
一也はヤクザの下で働くチンピラに身を堕とし、夏生は手堅い公務員。

二人は全く違う生活環境に居るものの、
夏生の婚約者の妹の借金が原因で関わることに。

一也は夏生を半ば脅して体の関係を結びますが、
内緒で借金の肩代わりをするため、どんどん犯罪の世界へ

楽しかった高校時代と現在を比べる
一也の悔恨が切なくて、凪良さんの文章の上手さが光りました


にしても気になるのは一也達を助けたチュッパチャプス男・九条

極悪非道な感じがギャーですが、この人主役の次巻が非常~に楽しみ。
何だか<受>な気がします・・(笑)。


*本日は小野大輔さんのお誕生日です
DGSラジオではやっと牛久大仏へ行かれたようで・・よかったね、小野D♪
次回放送も面白そう~!
[ 2010/05/04 19:26 ] 凪良ゆう | TB(0) | CM(6)

直江BD 「炎の蜃気楼大好き!!(64)」

本日5月3日は直江バースデーです 

スパコミではオンリーがあったようですが、
私は家族サービス&予算不足で挫折・・

そんな訳でせめてケーキを買ってみました。

kabutonaotan.jpg  ←兜ケーキ♪

前立てに<愛>の一文字が欲しいところですが・・
こどもの日用なので仕方なし(笑)。

美味しいチョコ味でしたぁ


そういえば20周年で発売された指輪のメッセージカードは
「永劫の孤独を埋めてあまりあるほどの幸福をおまえに」だったそうで
(みなこさん、情報ありがとうございます!)

この台詞を最初に読書した時は、頭に100万トンの落石 な衝撃でしたが・・
今はひたすらウルウルッ

7/23はどんなメッセージが付いてくるのでしょう???

総集編裏表紙のような「犬」とか「大人」だったら爆笑~
とみなこさんと言い合いました(笑)。
[ 2010/05/03 19:56 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(10)

4月の購入ブツ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

4月の購入ブツです。

◎ かなり好き
○ 好き
△ こんなもんかな

<小説>

◎真音(3) (谷崎泉/麻生海)  リンクス
◎炎の蜃気楼 総集編 (桑原水菜/ほたか乱) 集英社ムック
○炎の蜃気楼邂逅編・十六夜鏡 (桑原水菜/ほたか乱) コバルト
○神の孵る日 (深月ハルカ/佐々木久美) リンクス
○15センチメートル未満の恋 (砂原糖子/南野ましろ) 新書館
○VIP (高岡ミズミ/佐々成美) X文庫
△なぜあの方に恋したのかと聞かれたら・・(小林典雅/山本小鉄子) 花丸
△人でなしの恋 (かわい有美子/金ひかる) リンクス

未読本
・落花流水 (凪良ゆう/石原理) SHY


<コミックス>

◎是 -ZE-ファンブック (志水ゆき) 新書館
◎是-ZE-(9) (志水ゆき) 新書館
○愛で痴れる夜の純情・華園編 (樹要/鈴木あみ) 白泉社
○勉強しなさい! (高永ひなこ) 角川書店


<CD>

・Vassalord.アディーの幽愁 (藤原啓治・置鮎龍太郎)  フロンティアワークス
・FLESH&BLOOD 第9巻 (福山・諏訪部・小西・大川) マリン


☆4月のナンバー1

小説→ 真音(3)  (谷崎泉/麻生海)     
    
コミックス→ 是-ZE-9 (志水ゆき)


★5月の購入予定本

・ホーリー・アップル~虹色のスチーム~ (柏枝真郷/槇えびし) 4/30 X文庫
・吸血鬼と愉快な仲間たち(5) (木原音瀬/下村富美) 5/25 蒼竜社
・銀月夜(仮) (夜光花/高橋悠) 5/25 竹書房

・50×50 (国枝彩香) 5/10 リブレ
・小姓のおしごとリターンズ!(2) (松山花子)5/24 幻冬舎
・兎オトコ虎オトコ(2) (本間アキラ) 5/25 心交社
・みずいろとぴんく、それからだいだい (小椋ムク) 5/25 心交社
・ぎこちないけど愛だろう (深井結己) 5/27 竹書房


気になる本
・不法占拠 (神奈木智/山田ユギ)5/17 ルチル
・月下の龍に誓え(仮) (神奈木智/円屋榎英) 5/27 キャラ
[ 2010/05/01 15:01 ] 今月の萌ブツ&評価 | TB(0) | CM(2)

是-ze-9 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

8巻がンギャ~~~ッなところで終っていた「是」シリーズ。
(8巻レビュはここ

雑誌を全く読んでいないため、待ちに待った9巻でしたが・・

表紙、カラー扉絵、内容 全てが
鳥肌ものによかったぁぁぁ


今年のコミック1番か?!

とにかく1巻を読んだ時から気になるCPで、
どうしてこの二人の物語はないのかと常に不思議に思っていましたが、

こーゆー後回し計画とは・・ニクイです!志水先生っっ

てな訳で、9巻はこれまでのエピソードを織り交ぜつつ
彰伊阿沙利の出会いから復活までを丁寧に描写。

なので少年・彰伊もたっぷり登場で、女王さまにヤラレちゃう彼が不憫ながらも、
育成BLが大好きなアタシとしては彰伊の「がんばる」に悶絶。

こんな可愛い子に愛されたら記憶も回復するってもんです!
ラストの復活&××シーンにはマジメに感動しました。


にしても和記は最後まで過激意地悪で・・

自分にはおきない奇跡と孤独にイラだっていますが、
箱の中身はようやく判明。

真鉄と和記は人間なのか化物なのか??
最終章も楽しみです!!!


さて9巻を読んだ結果、好きCPの順位がグラつきそうで・・

これまで1位は玄間×氷見だったのですが、
年下メガネ執着攻女王姐さん受に持っていかれそうな勢い。
(和服率が高いのもドツボ・・)

志水さんの底力を感じましたぁ。


*コミックスに挟まっていたペーパーも最高でした。
阿沙利・・相変らず弄んでますね(笑)。
[ 2010/05/01 14:56 ] 志水ゆき | TB(0) | CM(6)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計