BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 2007年12月
-別アーカイブ  [ 2007-12- ] 

<< 前- |  2007-12-  | 翌- >>

年末のご挨拶と紅白ガクト

今年は大変お世話になりました。
いつも来てくださる皆様には本当に感謝です。
お陰さまで楽しい1年をおくることができました♪

本当は今日<12月の購入ブツと今年のまとめ>をUPしたかったのですが、
明日から夫の実家へ帰省するので無理でした。

なのでコメント返信は4日になってしまいます。スミマセ~ン。


さて、さて本日の紅白は何と言ってもガクト目当てで見てました♪

で、出てきてビックリ!景虎さまコスに名台詞付き~~っ

しかも、いまだかつて無い大きさの 

私情に走ってくれてありがとう、NHK!! (ミラファンには鼻血ものでした~)


という訳で2007年は気持ちのよい幕引きです(笑)
皆様、よいお年を
スポンサーサイト
[ 2007/12/31 22:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

愛してると言う気はない 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

今年最後のBLレビューは英田さんの
愛してると言う気はない 」となりました。

この物語は「さよならを言う気はない」の続編で、探偵・陣内とヤクザ・天海のその後。
(「さよならを言う気はない」感想はここ

12年の腐れ縁に終止符を打ち、恋人同士になった陣内&天海。
相変らず漫才会話は爆笑で、陣内・も間近という噂がありますが・・

天海の弟・泰智が現れたことにより、捨て去った過去が二人の前に立ちはだかります。


で、続編も激しくよかったですっ!!
あまりの面白さに一字一句洩らさず集中~っ。

特に前半は陣内の心理描写や会話が可笑し過ぎて、吹き出しすこと5,6回。
ほぼニヤニヤしっぱなしというキモイ読書となりました

ところが半ばあたりから雲行きがあやしくなって、ドンドンどん底な痛さに

ヒィ~となりながらもマスマス抜け出せず、読み上げた直後はどっと疲労感が・・

でもストーリーの充実度はかなりハイレベルで、痛いながらも感動的。
ラストはきちんと甘甘な上に、お互いがしっかりと向き合っていました


陣内は前巻より丸ごと天海を抱え込んでいるので、
自分の意見や希望をはっきりと天海に告げています。

が、それによって今回は天海が傷つく結果に・・。

元刑事とヤクザでは何処までも平行線な部分があるため、
天海は陣内とずっと続く未来を考えることが出来ません。

とにかく必要以上に自分を卑下する天海は痛々しく自虐的。

ところが陣内は恋人を傷つけてしまっても恐れず強さを発揮できる男!
意地っ張りで臆病な天海をコロッと可愛くするおやじ力が最高~っ!

ベットの中で素直になる天海には、陣内と一緒にメロメロになりました


てな訳で、傷つけ合っても離れない二人にはドドーンと感動
そして賀持&那波コンビにも同じく感動♪
 
この二人は そんなに天海ラブでどーするんだ!という温かさで・・
我那覇に「殺す」と脅しをかけた那波、そしてHよりパイを焼くと言った賀持には泣きそうになりました。

で、泣きそうと言えば天海の「オレより先に死ぬなよ。」にもウルウルで・・
なんてステキな主従愛っ

本当の身内はダメダメでも、この2人と陣内は天海にとって立派な家族だと心底思いました。

にしても我那覇の変態さはディープでした~(笑)。


昨日英田さんからメルマガが届きましたが、同人活動はしばらくお休みとあってちょっと残念・・。
でも商業誌でこれだけ次々秀作を出せる作家さんなので、専念してくれて全然OK。

この「さよならを言う気はない」「愛してると言う気はない」も間違いなく英田さんの代表作の一つになることでしょう♪
[ 2007/12/30 23:21 ] 英田サキ | TB(0) | CM(12)

百歌声爛 「私の好きな声優さん(12067)」

百歌声爛・男性声優編2を聞きました♪

<出演>

1.宮野真守
2.置鮎龍太郎
3.速水奨
4.藤原啓治
5.菅沼久義
6.寺島拓篤
7.平川大輔
8.野島健児
9.岡本寛志
10.草尾毅


1に比べて今回は好き声優さんが大量で狂喜乱舞~~

全部で6人も居ます♪(1~4、7、8)
なのでこの人達の感想を少々。

・宮野真守

宮野くんは最近かなりポイント高くて、歌も声もツボな声優さん。
ホスト部のキャラソンや鋼鉄三国志のEDは大好きで何度も聞いてます♪

が、今回は何か間違ってる・・。 「残酷な天使のテーゼ」は和田アキコだし・・
歌が上手いのにちょっと勿体無かったです。


・置鮎龍太郎

よすぎましたぁ~~っ!

あまりの素敵ボイスにジタバタするどころかドタバタしたっ
高い声も低い声もよくて、よくて・・(悶死)

特に「真赤なスカーフ」なんてフルで聞きたかったです~。


速水奨

全体的にゲイバーのママ風?!(笑)
特にキューティーハニーの「やりすぎたわ」には爆笑でした~。

速水さんの声は大好きなので、もう少しイイお声が聞きたかったかも(ハハ)。


藤原啓治

高っ!! 藤原さんの歌は初めて聞きましたが、歌声が妙に高い~~っ。

で、1番イッちゃっていたのが「真赤なスカーフ」でした。
他はマジメに歌っているのに何故これだけ?何かあったんでしょうか??(笑)

この歌に関してはチャーリー置鮎とレイフロ藤原は対照的。何気にキャラの性格が反映されていたような・・(笑)


平川大輔

よすぎて死にそうになりましたぁ~~っ!

イイ声そのまんま!超マジメに歌ってくれてますっ!! (人柄が出てるってゆーか・・)
可愛いし、素敵だし・・全曲悶えました


野島健児

誰? な上手さでした。

野島さん本来の声が分からないほどの歌唱力でビックリ~。
可愛い歌もマジメな歌も全部よくて、「美しさは罪」の女王っぽさにはオオオでした(笑)


この他菅沼さんも上手くて驚きましたっ


さて、百歌声爛1の感想もちょこっと。
こちらは小西さんと井上さんが好き声優さんでした♪

・小西克幸

最高でしたぁ~~っ!!

声が全て好き過ぎて、最初から最後まで悶え死にっ
ちょっとかすれた声で歌う小西さんがよくて、よくて・・

特に好きなのが「花の子ルンルン」「キャンディ・キャンディ」(笑)

コニタンの声でこんなラブリーな歌を歌われるとかえってツボで
「ねっ」と言われた日にゃ倒れました(バカ)


・井上和彦

よかったです!!!

おふざけ歌もマジメ歌も全部ステキで、特に懐かしかったのが「009」

009は初めて井上さんの声と名前が一致した作品だったので、
ご本人が歌う歌には感無量でした~

この他タッチ・999・キューティーハニーが特に好き♪
「みなみ」には参りました



この百歌声爛は声優さんが自分で選曲するんでしょうか??歌に世代が反映されているような~。

今後もまだまだ出ることを期待します。歌ってほしい声優さんがたくさん!
子安・森川・関俊・関智さんとか・・あと大塚芳忠さんにも歌って欲すぃ~~っ(デネブソングをもう1度)
[ 2007/12/29 20:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

神官は王を恋慕う 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

殿!お待ち申し上げておりましたっっ。
(なんて華麗な表紙っ

吉田珠姫さんの神官シリーズ・第3弾です
今回はマリッジブルーの冴紗が一人お墓参りに出かけたことで事件が発生。

なので視点は珍しく冴紗中心で、羅剛のウツケぶりが微妙~に足りなかったですが・・

その分冴紗が大活躍!
この人の 天然アホ無垢 加減はもはや敵無しっ!!

そして作者さま方もヤリタイ放題、ノリ放題♪

『命令だ、冴紗。おのれの手で割ってみせよ!』

って、スンゴイ高永イラなんですけどぉっ。
お○をこっちに向けるでないぃ~~っ!

しかも後書きイラも同じくこれで・・ ガン見は酷すぎました(爆笑)。

そして更に激しいのが、羅剛のお仕置きH
これには冴紗のマリッジブルーもぶっ飛びで、相変らずの狂王状態。

少しは人目をはばかって欲すい(笑)。

にしても今回けっこう罪が重いのは女官+美優良王女では??
冴紗を一人外に出すとは・・風呂場に呼ばれなくてよかったです

てな訳で最初から最後まで突っ込み所が多すぎて、砂を吐く暇も無し。
(ラストのウェディングドレスキッスと寝技はラブラブメロメロでしたが・・)

とにかく色んな意味で毎回楽しめる作品で、後書きもいつもどーり大笑い。
吉田さんもらごらご中井ボイス変換して悶えることがあるらしく・・やっぱりCD2は必要です。

で、気が付いたのですが・・
戦国バサラの伊達政宗と羅剛は暑苦しさにおいて共通点がっ。

そのうちラゴちゃんが「パーリー」とか「ショータイム!」と言い出しても私は驚きません(笑)。


(1巻感想はここ、2巻感想はここ、CD感想はここ
[ 2007/12/27 20:44 ] 神官シリーズ | TB(0) | CM(8)

CD「シナプスの柩2」 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

華藤えれなさん「シナプスの柩」後編を聞きました。
(前編感想はここ

<キャスト>

桐嶋水斗:野島健児 樋口洋一郎:小西克幸
海堂:千葉一伸 他


後編は原作1巻の残り部分から2巻の長山を倒すまで。

なので上巻の「水棲類の夢」と下巻の「幸福の領域」はカットされ、
この他「シナプスの柩」本編も後半部分が少々削除。

水斗がいきなりクローゼットに押し込められていたのには驚きましたが・・(笑)
とりあえず原作を知っていれば問題なく、全体的には上手くまとまっている脚本でした。


今回は樋口先生がずぅ~~と水斗のよき保護者。
一応Hはしちゃってますが・・とにかくひたすら優すい~~ので、
そんなコニタンボイスにうっとり

そして水斗もラストで正気に戻るだけなので、こちらもずぅ~~とラブリーボイス。
過去が分からないことに怯えるノジケンさんが上手くて、これ以上ない水斗でした♪


後編は前編に比べると起伏がなだらかな内容でしたが、
水斗と樋口それぞれの悔恨がよく出ていて、心理描写が丁寧な作品

でもちょっと残念だったのは1枚だったこと。
もう1枚あればラストを削らず、上巻の「水棲類の夢」も収録できた筈。

この作品は水斗が自分と<あの人>とどちらが好き?と樋口に問いかけるシーンがよくて、
樋口が子供・水斗を選ぶラストが愛っ

しかも私は幼児退行した水斗がツボだったので・・
こちらも音で聞いてみたかったです~っ。
[ 2007/12/26 22:12 ] その他のBLCD | TB(0) | CM(4)

婀娜めく華、手折られる罪・CD 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

鈴木あみさんの『婀娜めく華、手折られる罪』CDを聞きました。

<キャスト>

椿:成瀬 誠 御門春仁:諏訪部順一
綺蝶:平川大輔 蜻蛉:緑川 光
忍:岸尾だいすけ 鷹村:遠近孝一


花降楼シリーズ4枚目は御門×椿で、粋なヤクザとやんちゃ傾城の物語♪

勝気で派手好きな椿を演じたのは前作にチラリと登場した成瀬さん。
正直知らない声優さんでしたが、演技もトークもまずまず。

宮田さんや岸尾さんにちょっと声が似てるような気がするので、
今後も受として頑張って欲しいです。

そして椿を掌で遊ばせる余裕なヤクザは諏訪部さん。
こちらは文句なしのピッタリボイスで色気もあってイイ声~

意地っ張りの椿とそれをからかう御門の会話が面白く、
金箔部屋と大門打ちはやっぱりゴージャス

諏訪部さんにふさわしいCDでした(笑)


このCDは特典トークも聞いたのですが、
そこで諏訪部さんが日本人は楽と言ってまして・・

そんなに外人ばっかりなんですか?!

確かに和泉さんの新作「切なさは夜の媚薬」でも
クラウディオ・コルシ・バルディ・アルフィエーリという濃そうな異人をやっているようですし・・

ご本人は無理をしているらしいです(笑)


花降楼シリーズは2/22に『華園を遠く離れて~弄花~』CDが出る予定。
(フィフスアベニュー)

番外編的な5巻目までCD化とは驚きですが、森川ボイスと諏訪部ボイスが同時に聞けそうなので嬉しい♪ 
今後もどんどん作って欲しいです!
[ 2007/12/25 21:39 ] 花降楼シリーズ | TB(0) | CM(8)

キャラ10周年・全サ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

キャラ文庫創刊10周年記念小冊子を読みました。

kyarae.jpg

内容は以下のとーり。

1.「ヤバイ気持ち」番外編 鹿住槇
2.「くちびるに銀の弾丸」番外編 秀香穂里
3.「桜姫」番外編 水壬楓子
4.「その指だけが知っている」番外編 神奈木智
5.「王朝春宵ロマンセ」外伝 秋月こお
6.「顔のない男」番外編 剛しいら
7.「FLESH&BLOOD」番外編 松岡なつき
8.「小説家は懺悔する」番外編 菱沢九月
9.「DEADLOCK」番外編 英田サキ
10.「歯科医の憂鬱」番外編 榎田尤利
11.「二重螺旋」番外編 吉原理恵子


元々この小冊子は『DEADLOCK』読みたさに申し込んだので、他作品を全くノーチェック。
届いてみれば豪華でビックリでした♪

で、1番嬉しかったのが榎田さんの「歯科医の憂鬱」
内容も凄く面白くて、この全サでは私的にナンバー1

とにかく最初の1ページからガシッと引き込まれる文章で、
穂高の<先生に好かれたいっ>という健気な心がヒシヒシと伝わり、
可愛いやら可笑しいやら・・。

そして歯痛のオチも最高でした


この小冊子で原作を知っているのは3と5と7~11で、番外編を読んだのも当然これらの作品。
で、この中で順位をつけるなら・・

「歯科医」>「DEAD」>「FLESH」>「桜姫」>「小説家」>「王朝」>「二重」

と、こんな感じ。

実は「桜姫」は1巻で挫折しているのですが、番外編はけっこう笑えて・・
なので再チャレンジしたくなってきました~。


さて、1番お目当ての「DEADLOCK」はちょっとマジメなお話。

ディックとの仲を義兄のパコに告白してしまったユウト。
でもロブの計らいや二人の真剣さで、結局パコは関係を受け入れます。

が、自分一人がこんなに幸せでイイのだろうかとラストでどんよりするディック。

そんな彼にユウトがかけた言葉が凄くステキで
お互いを想いあうラブラブな二人に心がホンワカしました

にしても、ディックの本名はリチャードだったんですね
なんか高貴な感じがして・・惚れ直しましたぁ~(笑)


この他「フレブラ」はナイジェル視点のお話で、カイトへの想いが超切ないっ!!
松岡さんはナイジェル虐めが何気に好きなんじゃ??

とにかく幸せになってもらいたい~~っ
ジェフリーもナイジェルもどっちも激しく好きなんで、どうにかして下さいっ!!



本日はクリスマスイブ
1階の実家と妹家族で手巻き寿司をしました♪あとは地元でケーキも買って
甘さが調度よくて美味でした。

cake1.jpg
[ 2007/12/24 22:14 ] その他のBL小説 | TB(0) | CM(10)

電王46話 「仮面ライダー電王(5860)」

本日1番の衝撃は 予告っ!!

キ、キンちゃんがぁ~~~!

なんか変身しようとしてた?? てか、消えてしまう不安が沸々とっ
このまま2週間放置プレーだなんて・・ 泣けるデ


と、ショックを受けつつも46話の方は楽しく見ました♪

だって 「懐いちゃおうかな・・」 ですもん

朝からこの主従はナニをイチャついているんでしょう??
もしかしてデネ・侑 最大級の萌えなんじゃ?!

侑:「そう思ってるならずっと一緒に戦え。消えたら承知しねえ」
デ:「うん!」

この『うん!』に安心したように微笑む侑斗がメチャ可愛かったぁ~~っ
きっとデネブは 抱きしめたいっ と思ったに違いない!

擦り寄る二人にはホンワカを通り越し、骨抜きにされました♪
(だから消えないでね・・)


そして今回笑えたのは、イマジンの手料理コス
良ちゃん・お姉ちゃんの会話を盗み聞きするモモたち。

良ちゃんの「仲間がいるんだ」に ウウッ! となって・・
何故こんな激烈な反応をっ(笑) 面白かったです


にしても本日も内容が分かったような、より混乱したような・・
とにかく鍵はアイリさんとゆーことで、この先どうなるんでしょう??

1月のファイナルイベントのチケットは惨敗だったので、残り少ない電王を
テレビでとことん楽しみたいです~。

(チケットは抽選にもれたので、今朝10時から子供と携帯3台、普通電話1台&PCでチャレンジしてみましたが・・
ダメでした。開始10分未満で売り切れだったかも・・凄い!)
[ 2007/12/23 16:04 ] 仮面ライダー電王 | TB(0) | CM(6)

是・6 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

』の新刊を読みました♪
5巻は守夜隆成を迫り倒したところで続くだったので、待ちに待った6巻!
(5巻感想はここ

が、結局洋次の暴行事件でHには至らず・・
この事件に切れた隆成は禁を破ってしまいます。

隆成は最期まで守夜を受け入れようとしませんでしたが、
守夜の方は彼の願いを聞き入れ、隆成に命を与えます。

そんな訳で、隆成は守夜が紙吹雪になる直前に言霊様になることを決意♪

紙様の想いと愛の力で新主従が誕生しました


隆成と守夜は二人ともビジュアルが男らしいので、
並んだ絵姿が非常~にカッコイイ

表紙も裏表紙も扉絵も全てグハッ!で、今回は見せ場も多くて萌えっぱなし♪

特に好きなのは「愛ならありますよ」・「守夜・・ごめん・・な」・「仰せのままに」
などなど。

無表情な紙様に不遜な言霊様は二人とも情が濃くて男前

なので××もどっちがか分からない男振りで・・
特に隆成の脱ぎっぷりはあっぱれでした(笑)
(「タマ上がるっ」って・・ヤメレ)

そしてラストのオマケ漫画も 『死姦』 に爆笑~。

あと便器に座る隆成にもオロッでした(何故トイレシーン・・/笑)


6巻はこの他雷蔵×紺近衛×琴葉のエピソードが収録。

近衛×琴葉は7巻へ続くなのか??
それなら次巻で阿沙利たちも登場させて欲しいです!



*この本は読むのも書くのも大変でした。
冬休み&今日は土曜日で・・
小説の感想と違って漫画は開くと一目瞭然なので、読みながらブログを仕上げるのが困難。
志水さんは特に裸率が高いし・・で、かなりコソコソレビューとなりました~(笑)
[ 2007/12/22 19:27 ] 志水ゆき | TB(0) | CM(14)

Vassalord.全サ 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

昨日Vassalord.の全サが届きました♪

前回聞いたCDが2巻冒頭だったので、当然その続きと思いこんでいましたが・・
1巻の「ヒエロクルスの迷夢」後編+オリジナルストーリーでした。
(前編感想はここ

2巻の「アーノルド・パレオと死の影」は雑誌の付録CDでした・・。
でもこれの続きはどんな形で出すんでしょう??付録?それとも全サ?

CDを出してくれるのはありがたいのですが、あまりにも細切れでちょっと混乱します


さて、そんなボヤキはさておき 今回も面白かったぁ~~~っ!

<キャスト>

レイフロ:藤原啓治 チャールズ:置鮎龍太郎
レイフェル:田中敦子 チェリル:小野涼子
クレイグ警部:石塚運昇 メイラー:中多和宏 他


後編はカザン神父とのバトルが中心ですが、

のっけからチャーリーの喘ぎが激しく卑猥っ

夢の中でレイフロの血を飲もうとしているだけなのですが・・
車の中で聞いていて思わず中断。

これはヘッドホンで聞かなきゃ勿体無いっ!
第一運転に集中できない~~っ。


てな訳でオッキーが好き過ぎて続行不可能でした(笑)

でも今回1番ツボだったのはこのハアハアではなく、 
掌チューをする 『命にかえましても』

キメルところはきちんとキメルチャーリーが大好きで・・
しかも何て素敵なボイスっ!

そして同じく急所を押さえたのが、オリジナルストーリー「King Game」のラスト。

王様ゲームでチェリーを思いどーりにできずに拗ねまくるレイフロに
チャーリーは命令します。

『今から私の餌になりなさい』

これこそがレイフロの望みでした♪


にしても、今回も藤原さんの弾け方は尋常じゃなかったです
特にオリジナルが凄くて・・「誰?」な勢い(笑)

駄々のこね方とか泣き方が、ひたすら大爆笑でした~。


トークは相変らず秋刀魚な藤原さんが面白かったです♪
[ 2007/12/21 20:21 ] Vassalord. | TB(0) | CM(6)

花降楼・新刊 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

鈴木あみさんの花降楼・新刊『白き褥の淫らな純愛』を読みました♪

今回の新刊は楼主×鷹村かと予想していたのですが、見事にハズレ、
新キャラの色子・撫菜が主役でした。(多分どの巻にも出てきていない・・筈)。

撫菜は器量も頭もパッとしない子ですが、気立てはよくて身体も◎
そんな彼が楼主の仕掛けたゲームによって、楼主の親戚・氷瑞に嵌って行きます。


花降楼シリーズの攻めは掌で受ちゃんを転がすタイプが多いですが、
今回の氷瑞はわりと普通の純情青年。

なので二人は簡単に楼主の罠に翻弄され、切ない展開になっていきます。
が、ラストは氷瑞の愛でハッピーエンド♪

結局楼主は氷瑞に嫌がらせをしたかったのか、幸せにしてあげたかったのか・・謎です

そして以前として 鷹村と楼主の仲も謎・・。
鷹村はかなり主の内面を理解している男なので、絶対無関係ではない筈っ!


さて、巻末には綺蝶と蜻蛉SSがありました

綺蝶が蜻蛉に毛糸のパンツを編む話でしたが・・(笑)
柄が蝶々なので、綺蝶が言ったとーり本当に貞操帯のようーで・・

パンツに笑いと切なさが編みこまれていました。



それにしても色子の過去はどれも悲惨さを絵に描いたようで・・
撫菜ちゃんも当然例外ではありません。

無計画に子沢山な家庭の7番目に生まれ、人減らしのために吉原送り。
喜んだ父親はパチンコ景品のチョコを撫菜にプレゼントします。

親からもらったお菓子に喜ぶ彼は哀れで・・

花降楼世界の日本は どんだけ無法地帯 なんだっ

何でもありのBLはやっぱりファンタスティック


[ 2007/12/20 22:02 ] 花降楼シリーズ | TB(0) | CM(4)

「ラブ&トラスト」シリーズ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

榎田尤利さんの「ラブ&トラスト」シリーズを3冊読みました。(SHYノベルズ)

この作品は11月の新刊「ダブル・トラップ」がとても面白かったので、
読む気満々になったシリーズ。
(「ダブル・トラップ」感想はここ

rabutor1.jpg  rabutor2.jpg  rabutoa3.jpg

物語は訳ありの仕事も引き受ける速配屋の兄弟・坂東核のストーリーで、
配達物にまつわる事件と兄弟それぞれのラブが同時進行していくもの。

兄・核は極道の沓澤と、弟・天は幼馴染の正文と恋に落ちますが、
どちらかというと初々しい弟CPよりも兄CPの方が魅力的。

何故って 沓澤がめちゃラテンなラブリーヤクザだからぁ~~っ♪

とにかく濃厚に愛全開で、核を振り向かせるためなら
マンション・薔薇・豪華ディナー・爪磨き、お風呂の用意までしまくる ご奉仕型ヤーさん(笑)

しかも明るく包容力があって、当然容姿もイイっ。

が、女王様なようで愛されることに臆病な核は彼をいつも冷たくあしらってしまい・・

そんな訳でシリーズ中1番嵌ったのが兄CP中心の3巻目「100ラブレターズ」

沓澤の所属する誠龍会の姉妹が核と天それぞれに絡み、かき回していくのが刺激的。
沓澤の核に対する執着と、核が沓澤に堕ちていく様にドキドキできました


さて、ドキドキするといえば・・

坂東兄弟のベタラブぶりも相当なもの。
落ち着いた女王系・兄とワイルド系の弟はとても気の合うベストコンビですが、
この二人のスキンシップはちょっと異常。

添い寝する、おはようのキスをする、人前で平気でイチャつく、愛を告白しあう等・・

仲がイイにもほどがある!

とにかく××関係じゃないのがいっそ不思議なくらいで・・
でも兄弟ホモスキーなアタシには素敵な濃厚さでした♪


そして異常な関係といえばもう1組。それは沓澤&側近の

杣は沓澤に影のように張り付いているガードですが、
主人が核とナニしている現場に同席しても動じず、沓澤も杣には見せても平気という関係は・・
どーなの??

兄弟ラブよりこっちの方がある意味濃厚主従で・・
杣のロボット並みの感情と忠誠心は あり得ない~~と思いつつも微笑ましかったです(笑)。


このシリーズは榎田作品の中では長編ストーリーですが、
魅力ある人物が大勢な上に、扱う事件も面白いので4冊になるのが納得。

1~3巻までは2002年~2004年にかけて出されたものにも関わらずユーモアもたっぷり♪

で、3巻目を読了後、ラブラブ4巻を読み直してお腹一杯。
沓澤さんが報われて本当によかった! と、幸せ気分になれました♪
[ 2007/12/19 14:58 ] 榎田尤利 | TB(0) | CM(6)

SP・第7話 「どんなテレビを見ました?(271399)」

SP・第7話を見ました。 (前回感想はここ

毎週ハラハラ・ドキドキな痛快劇を楽しんでいましたが、
今回は上からの圧力で任務を離れなければならなかったSPメンバー。

対象者は多分殺されてしまうだろう・・・という初めてスッキリとしないラスト・・。

なので尾形係長の眉間の皺はどんどん深くなり、ほとんど泣きそうな苦悩顔。

・・・ヤバイです。

好きな人が苦しむと萌えっとしてしまう体質のアタシ・・
しかもこれまで常に冷静だった彼が ブチ切れ2回っ!

『知らないふりをして立ち去れというんですか!』
『それなら何故悪に手を染めたっ!』


この激烈さにはもうダメですっ。
回を重ねるごとに尾形への愛が止まらないぃ~~


そして7話はラストに泣かされましたっ。

尾形が机から投げ捨てた手錠やら銃やら無線機を事務所に入ってきた部下4人が一人一品拾って行きます。

井上が尾形に手渡したのは手錠で・・これはいつもと
上手い演出だと思いました。

にしても、手錠や銃を次々と体から外す係長はセクスィ~でした。
服を脱ぐより武装解除の方がドキドキするっ (前回の前髪パラリもドキドキした~)

とにかく部下(特に井上を)を暖かく見守る眼差しやマジメでストイックな風情が堪らない人なので、
嵌ります!
(ついでに堤真一さんも好きになってしまいそう~/笑)

そして今更ですが、岡田准一さん(井上)ってV6だったんですね・・
ジャニーズにはほんっと暗い人間です(汗)。


このドラマはもしかして3カ月で終わり??もしそうなら続編か映画を作って欲しい!!
尾形さんとお別れしたくないです~~っ!
[ 2007/12/17 21:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

風林火山・最終回

風林火山・最終回でした。

そして待ちに待った 信玄vs謙信の一騎打ちっ!!

でも、でも一騎打ちだけでなく、なんかもう

景虎様の全てがカッコよかったぁ~~っ!! (ジタバタ)

白馬に跨り疾走する姿は正に王子様っ
鎧の模様は西洋風で、白マフラーの演出も素晴らしいっっ

勘助の死に行く様を馬上から見ている視線は女王さまで・・
出番ラストで発した『直江』に1年間の萌締めを感じました~


にしても勘助を馬上から振り落とした直江は何故「愛」の兜じゃなかったんでしょう??
・・・ちょっと残念。


勘助の最期は壮絶でした。
結局摩利支天のお守りは伝兵衛に渡り、平蔵はミツの形見を手にすることはできませんでした・・



今年の大河は「炎の蜃気楼」萌えでここまで見てきましたが、
内野さんのイイ男ぶりとガクトさんの美しさで十分楽しめました♪

三条夫人や高坂はかなりミライメージとは違いましたが、それなりに面白く
特に高坂は勘助との絡みがよかったです



大河ドラマは又2009年が上杉関係
次は越後が主役なので異常に楽しみですっ!!
[ 2007/12/16 22:56 ] ミラージュ関連大河 | TB(0) | CM(10)

牛泥棒 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

木原音瀬さんの「牛泥棒」を読みました。
(注:木原さんのディープなファンはこの感想を読まないで下さい/汗)



木原作品は過去に2,3冊読んだことがありますが、
正直かなり苦手な印象。

でもこの「牛泥棒」は、好みが似ているなつりこさんのレビューでチャレンジする気になりました♪

元々木原さんの読み出したら止まらないストーリー展開と心理描写には
引き込まれていたので、今回は以下の要素で大OK

痛くない +主従もの+時代劇+妖怪もの+依田沙江美イラ
(こ、これはほんとに木原本なのか??)

で、<痛くない>というのが気に入った1番の理由で・・
これまで読んだ木原ものはたいてい途中でイヤな気分になったり、後味が悪かったりしたので・・
文章がメチャクチャ上手いっ!と思いつつも嵌れなかったのです



「牛泥棒」は造り酒屋の御曹司・亮一郎×乳兄弟・徳馬の物語。

徳馬は亮一郎を病から救うために沼神様とある契約をしますが、そのために声を奪われ
更にもう1つ約束を守らねばなりませんでした。

身を削って亮一郎を守る徳馬はとても健気で・・
一方亮一郎も少々癇癪持ちではありますが、徳馬にベタ惚れで可愛らしく力強い♪

後半には妖怪退治のエピソードもあって、依田さんのイラストもとにかくピッタリ
全体的に甘甘で心美しいお伽話に仕上がっていました



子供の風邪をもらいちょっと発熱してました・・
で、ゴロゴロしている間に読んだ本が「牛」と榎田さんの「ラブ&トラスト」。
両方面白かったです♪「ラブ&・・」はシリーズがまだ後2冊あるので楽しみ!
皆さんも体調にお気をつけ下さい~。
[ 2007/12/15 20:25 ] 木原音瀬 | TB(0) | CM(16)

花咲慎一郎シリーズ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

「聖なる黒夜」関連の花咲慎一郎シリーズを4冊読みました。
(「聖なる黒夜」感想はここ、RIKOシリーズ感想はここ

hana2.jpghana1.jpghana4.jpghana3.jpg

元刑事・花咲慎一郎は新宿2丁目の保育園園長で、裏の稼業は私立探偵。

園を維持する必要上、春日組の山内練に借金を返しつつ
子ども達や依頼人のために日夜奔走しています。

花咲には同僚を撃ち殺した辛い過去がありますが、人柄は常に一生懸命で優しい。

練はこんなハナちゃんの懸命さと能力を買って、色んな依頼をしていますが、
結局は花咲を弄んでいます(笑)。

そんな訳で探偵業務に重きが置かれているシリーズにも関わらず、
私の注目はひたすら  そして部下の 斉藤

この二人が出てくると読書ペースが異様に上がり、
特に斉藤は新たな発見があり過ぎて興奮っ!

なので、2巻目の『フォー・ユア・プレジャー』が1番萌え上がりました♪


斉藤はRIKOシリーズにほんの少し登場する男ですが、緑子を逃がす際に敬礼したのがドツボ
山内に嵌められたダメ刑事なイメージはここで払拭されました。

そしてハナちゃんでは、練と斉藤はかなりの SM 関係

とにかく若のS女王ぶりは半端じゃなくて・・

逆さ吊りで鞭打たれても、砂浜に生き埋めにされても、練に嵌っている斉藤は凄いっ!!

もしかすると麻生より愛が深いんじゃ・・?!

主従ものはやはりよいです~


ハナちゃんシリーズは「聖なる黒夜」と「RIKO」の間のお話で、
この2作に比べると内容が明るく軽め。
そのせいか練が微妙にお茶目で楽しい♪

でも麻生が出てこないのでやはり物足りない~っ!

4巻目でようやく「山内にとって、この地球上でただ一つの弱点」と話題に上り
そしてラストで花咲と麻生の目が合った!

もし次巻があるなら山内と麻生を同時に登場させて欲しいもんですが・・
それより「聖なる黒夜」の続きがやはり読みたいです!!
[ 2007/12/12 21:10 ] 聖なる黒夜 | TB(0) | CM(4)

SASRA・全サ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

『SASRA』の全サ小冊子が届きました♪ (原作感想はここここ

内容は短編が4話と作家さん達の対談、作品に対する解説やコメントでした。

イラストは描き下ろしが無いのがちょっと残念でしたが、
1・2巻と3・4巻の表紙が繋がったカラーが入り・・それなりに豪華

作家さん達のコメントも円陣さんへの賛美が多く、
特に鉄仮面カラーイラストへ対する木原さんと編集部の感激コメントに激しく同感♪

仮面に帯が巻かれている演出が本当にステキで、
ストーリーも悲劇度数が高かったので印象深かったです。


さて、今回収録されているSSは・・

第1話: ティティの旅の終わり。 (心穏やかに成仏できてよかった、よかった♪)

第2話: 一のその後。 (一は結局死んでしまい、超皮肉なラストに身悶えっ)

第3話: 竜&京介の甘甘。
(ほぼハッピーエンドなので、この二人がエジプトにたどり着けばSASRAは終了だったかも/笑)

第4話: 剛将&蓮の5年後で、やっとこさ同居

(4話目のSSが1番面白かったです。冒頭で剛将が乗っていた飛行機は801便で、
同居先に蓮・兄が乱入したり・・何気にお笑い。
が、ラストは二人の想いがしっくりと噛みあい、どの前世でも恋に落ちた自分達は幸福だった思える展開。ハッピーエンドでよかったです♪)



Unit Vanillaさんは来年ルチルでプロジェクト第2弾を開始するようですが、
イラストが円陣さんではないので、テーマによっては購入が微妙かも・・。

BLにおけるイラの力はほんとに大きいです~~っ。
[ 2007/12/11 19:26 ] その他のBL小説 | TB(0) | CM(8)

ガクト・龍の化身

ガクト景虎さま写真集を購入しました♪

発売日に本屋で見かけ、あまりにも凛々しい表紙に悩殺。
装丁も厚さも申し分なく素晴らしい感じで・・・結局密林でポチッ

届いてみるとけっこうな重さで、よくぞここまで撮ったもんだという量。

そして全ページ 驚くべき美しさでしたっ!!!

写真はいつものロンゲ姿の他に結い上げ姿もたくさんあって、
ひたすら仰け反る麗しさ

ドアップでもシミ一つない透き通るよーな肌で・・
この人にはヒゲが生えない?? てか、毛穴がないっ?!

BLなら手に吸い付くようなキメ細かい肌 と表現するところでしょうか・・(笑)


とにかく全体的に人間離れしてました。CGとゆーかお人形!

中にあるインタビュー記事では、人を驚かせるのが好きと言っていますが・・
正にこの美しさには度肝を抜かれましたっ。

で、このサプライズの秘密はやはり<節制>
ガクトは1日1食で、お米を食べないそうです。

食欲を絶つということが景虎の「欲を絶つ」という精神と共鳴したようで、
役に入りやすかったとか・・・


とりあえず購入を迷っている方にはお薦めですっ!
三千円にはとても見えない豪華本ですっ

景虎さまのバックにある「梵字」「毘」「龍」の文字にもミラージュ的に萌え上がり・・

美麗武者姿に、ひたすらひれ伏すことができます~~っ


さて、『風林火山』は次回が最終回。

昨日はいよいよ信玄vs謙信の一騎打ちか?とワクワクしていましたが・・
来週に持ち越し・・

先週から引張り過ぎだぁ~~~

というわけで、終るのが寂しいと思いつつ次回の景虎さま斬り込みが楽しみですっ!!



*昨日の朝日新聞の6面、Oricoカードの宣伝にガクトのドアップがありました。
こちらもグハッ!な美しさでした♪
[ 2007/12/10 20:38 ] ミラージュ関連大河 | TB(0) | CM(16)

電王全サDVDと第44話 「仮面ライダー電王(5860)」

てれびくん全サ『うたって、おどって、大とっくん』DVDを見ました。
このDVDはビリー体操をイマジン&良ちゃんがひたすらやっているだけ?と思いきや・・

電ライナーに場面が変わったり、きちんとバトルシーンがあったりと
ドラマもあって盛りだくさん♪

体操会場に貼ってあるモモポスターも途中で交換されて芸が細かい。
(ナオミちゃんコス?のモモから鉄アレーを持っているモモへポスターが交換/笑)

で、特訓内容は色んな意味で もの凄く濃くて・・とにかく爆笑~

体操は動物アニメが登場したりと一応子ども向きな感じですが、
へこたれた良ちゃんをモモが抱き起こし、お尻をポンと叩くシーンなんて

大人向き??(腐)

モモはその後キンちゃんのお尻も叩いていましたし・・ステキでした~(笑)

さて、この特訓にはメインイマジンだけでなくデネブジークもいて、さらに悪者イマジンも3名登場。

皆しっかり台詞があって大活躍でしたが、悪者イマジンに本編と同じ声優さんを
使っているところが凄い!

ほんの少しの出番のために檜山・鳥海・鈴木さんのお出ましですっ!!
豪華でした~。

でもちょっと残念だったは侑斗がいなかったこと。
長女がブーブー言っていましたが・・よく考えるとこの特訓は侑斗のキャラに合わない・・。
違う人になってしまいそうなので、居なくてよかったです(笑)



さて、本日の電王44話です。

今日はこちらも濃かったですっ!! ひたすら モモ・良 萌~~っ

モモたちを消さないために一人で戦うと決意する良太郎。
「別れるのと消えるのは違うっ!」という台詞にグッときましたが・・

この子は相当頑固です・・。

で、良太郎を説得するのはやはり第一夫人のモモ

二人で勝負となりますが、当然良太郎はモモに勝てるはずもなく・・
「クソ、ねばりやがって」と良ちゃんを突き飛ばすモモが苦しそうでツボ

結局良太郎とイマジンたちは運命共同体なので
(良ちゃんの死=イマジンの消失)
全員で戦いを続行することを良太郎は決意。

戻ってきた良ちゃんに喜ぶイマジンたちが可愛かったです♪

で、可愛いといえば「いらなくなったのかな?」と拗ねるリュウちゃんや
滑り台を一緒に降りるキン・ウラにも嵌りました

そして駅長グッズをしこたま買うデネブ(笑)。

ほんとに全員ラブリー過ぎで、次回予告はクリスマスで楽しそう

こんなに可愛い人達を消したり別れたりさせるのは忍びない・・
いつまでもファミリーで居て欲しいです!
[ 2007/12/09 19:52 ] 仮面ライダー電王 | TB(0) | CM(4)

小説Chara 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

小説Charavol.17をやっとこさ読みました。

この雑誌は『FLESH&BLOOD』の番外編のために買おうと思っていたのですが、地元でゲットできず・・

そうこうしている内にブログのお客様のKeiさんから榎田小説が凄くよい
とコメントをもらい、すぐさま欲しくなって通販を試みるも売り切れ。

結局池袋アニで購入できました♪

で、先ずは表紙になっている榎田さん作品を読破。

内容は理髪師×美容師の藤井沢商店街シリーズで、スンゴクよかったぁ~~っ!

先日出た『アパルトマンの王子』といい、こんなに次々面白くって・・けしからん

特にムッツリ理髪師に味があり、地味に執着型で気に入りました
早く書下ろし付きの文庫になって欲しいです~♪



さて、当初の目的であった『フレブラ』ですが・・
こちらはカイトが現れる前のお話で、マーロウ視点のエピソード。

が、ひたすら ジェフリー&ナイジェル萌え
二人の絆の深さがやたらと強調されているよーな・・

最近この二人がどーにかなっても驚かない覚悟ができました。
なので嬉しい番外編でした(笑)


*SASARAの全サが今日届きました~♪
[ 2007/12/08 23:12 ] その他のBL小説 | TB(0) | CM(8)

罪な愛情 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

罪シリーズ新刊『罪な愛情』を読みました♪

今回はゴロちゃんが異母兄弟の事件に巻き込まれるお話で・・
ゴロちゃんの隠された家族と過去が判明。

特に兄・和美のエピソードはやりきれない切なさがあって、
この人に良平の強引さが微量でもあったなら・・と可愛そうになりました

でもゴロちゃんは過去も現在もモテモテ
居るだけで男を狂わせる勢いで・・

無自覚に 魔性 です!


さて、今回も切なさの中に笑いどころがしっかり存在♪
それは良平・姉が作った「結婚しました」葉書

前巻の「温泉へ行こう」で撮ったツーショット浴衣写真がいつの間にか葉書になっていて・・爆笑~。

でもこの葉書をゴロちゃん弟が発見してしまい 大ショック!!
こんなアホラブ写真で取り乱しまくるなんて・・・どーしたこと??

と思っていたら、それには深~い理由がありました

良平にはこの理由を墓場まで持って行って欲しい気がします。


にしても、マイペースな良平が2年も田宮家族について追求しなかったのはちょっと不自然。
気遣い過ぎたのが仇になり、今回はトミーが頼れる奴になってしまいました・・。

トミーにもそろそろ幸せになってもらいたいです


今回の「罪な愛情」も陸裕さんの漫画付き♪ (表紙も扉絵もステキ~
で、ミトモはけっこうイイことを言っていてサメさんと一緒に納得。

この二人は何気にお似合いだと思いますが・・
本編のみならず漫画部分もドラマCDで聞きたい~~っ!

秘かに太田さんのファンなので・・ミトモさんの声が聞きたいんですっ!!
続編を誰か制作して下さい

恋のカケラ(タクミくんシリーズ) 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

昨日、今日と連続ランチしてきました。
明日から長女が期末テスト&その後試験休みに入るので、ガツガツ人に会ってしまいました。

昨日は楽天友のサツキさん、今日は幼馴染の友人で、会話の内容が死ぬほど違いましたが・・
両日とも楽しかったです(笑)

*サツキさん、ありがとうございました~♪

で、昨日は池袋アニに行ったのですがタクミくんファンブックは売り切れ・・。
Pure、恋のカケラ、ファンブックを買うと小冊子の全サに応募できるので、
そのせいか凄い人気♪仕方なく通販しました~




さて、タクミくんシリーズ新刊『恋のカケラ』です。

koinoka.jpg

「夏の残像」が4巻目にしてやっと終わりました~~っ。

が、後書きを読んでビックリ!
なんと二人の夏休みは6年も続いたとか

・・そうでした。 前作の「フェアリーテイル」も夏休みでした・・

しっかし、何で<夏の残像>はこんなに長引いたんでしょう・・??

タクミくんは短編が1冊になっているものが多く、
短い文章の中にたくさんのキュンが詰まっているから、何度も読み返しているのに・・

とはいえ終わってみればなかなか面白いお話でした。
今回は途中でコスプレ麻薬刑事もので盛りだくさん♪

でも一番笑えたのは三須真行寺SM関係で、
三洲の甘えと真行寺の度量の広さに拍車がかかり・・素晴らしかったです(笑)。

この他注目は可愛いらしい雅彦さん
寄彦とラブラブになるとは予想外でしたが、幸せになれそうでよかったです♪

そしてタクミギイは繊細な嫉妬やイチャイチャを繰り返し、当然甘甘は続行~

でも1番よかったのは巻末のSS「夕立」
このお話は「あの、晴れた青空」の続編でしたが、ギイのタクミに対する執着が垣間見えて
気に入りました。


さて、「恋のカケラ」ではタクミくんの進路の話がちょっと出てきましたが・・

この人はBLにありがちな、やたら勉強ができる人でも我慢強い健気ちゃんでもなく
将来何がしたいかもはっきりしない・・正直ガッツが無いタイプ。

つまり読者とけっこう等身大なキャラで、そんなタクミくんが完璧王子に愛されて
且つ優秀な仲間達に気にかけてもらえるのは読んでいて楽しい♪

男の子が主役だと嫉妬も感じず応援できるので(笑)、やはりBLはステキです
[ 2007/12/06 22:38 ] タクミくんシリーズ | TB(0) | CM(6)

Pure(タクミくんシリーズ) 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

やってきました12月。タクミくん新刊の季節です♪
去年と同じく、コミックと文庫が同時発売

で、先ずはコミックPureから読んでみました。

この作品は三洲真行寺がメインのお話で、原作は何度もリピートするほど好きなもの♪

今回はこれがコミック化で・・


真行寺ぃ~~~っ! でした

とにかく絵になった真行寺は可愛さ倍増!
出だしの中坊姿に先ずヤラレ、流す涙にかなりズッキュン

その後は凛々しい高2姿になりますが、珍しく三洲に遠慮がち。
自信が無くなった真行寺ワンコちゃんが年下らしくてラブリ~でした。

一方三洲は忙しさのあまりツンケン度に磨きがかかり、
体調も悪くてなんだか色っぽい

あともう1話入れば三洲の「所有物」発言が聞けたのにぃ~~っ!
二人が歩み寄る次巻が早く読みたいですっ!! (て、1年後・・)


タクミとギイはちょっと喧嘩もしましたが、相変らず仲良し。
ラブラブ××シーンも凄くよくて、あからさまじゃないのにドッキドキ

おおやさんの品のある可愛らしい絵は本当にツボで、
キャラクターの色気とカッコよさにはいつもフワ~~ッとさせられます。

今回は高1ギイ高1三洲もたくさん堪能できたので尚更美味しかったです♪



漫画の帯に映画の写真が1枚ついていましたが・・
あり得ないギイでした(泣)
てな訳で必要な応募券だけ切り取り、サヨナラ~。

タクミくんシリーズのファンで実写化に狂喜乱舞してる人って居るんだろうか??
ごとう先生は読者の気持ちをもっと大事にするべきだったんじゃないかな~・・
というのが正直なところです(汗)。
[ 2007/12/04 22:55 ] タクミくんシリーズ | TB(0) | CM(9)

SP 「どんなテレビを見ました?(271399)」

最近きちんと見続けている番組といえば、『仮面ライダー電王』『風林火山』だけ。
今期は見たいアニメも皆無で・・かなり寂しい状況です

が、そんな中嵌れる番組が一つ登場

11/3からフジテレビで始まった『SP』です♪

SPは警視庁警護課に勤務するSECURITY POLICE達の物語で、
テロから要人を守り、事件を解決していく過程が堪らなく面白いっ!

途中かなりイイところでCMが入ったり、続くになったりするのでハラハラ・ドキドキもの
翌週も見ないわけにはいきませんっ!


このドラマは総監督が「踊る大捜査線」の本広克行さん。
主役はV6の岡田准一(井上)で、その上司が堤真一(尾形)。

で、4人の部下を仕切る 堤さんがメチャ渋くてカッコイイ~~っ

トラウマ持ちの井上を暖かく見守る感じが萌えで、無表情なのに目つきが切なげ。

・・なんだか麻生?! 『聖なる黒夜』の麻生はこんな感じでもイイかも・・
と思ってみたらマスマス好み(笑)


そして前々回で分かったことですが、尾形は井上のトラウマの目撃者のようで・・
井上が小学生、尾形が高校生(?)の時に出会っています。

という訳で各回の事件解決も面白いですが、井上の過去に関する謎も興味深く、
この二人の絆の深さはどの位なのか?井上の両親刺殺とどう絡んでいるのかが注目です。


『SP』は全体的に台詞や雰囲気が淡々としていますが、そのわりに所々で笑える会話が満載で、
アクションシーンも激しい。
かなりメリハリのついた内容なので、見ていて飽きません。

何回で終了なのか分かりませんが、尾形係長が好みなのでなるべく長くやって欲しいです


*関東地方では毎週土曜日23:10~00:00まで。
無料動画でも既に見ることができます♪
[ 2007/12/03 22:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(16)

アパルトマンの王子 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

榎田尤利さんの藤井沢商店街シリーズ・新刊『アパルトマンの王子』を読みました。

凄く面白かったですっ!!

コメディでしたが胸キュンどころかギュンギュンで、しかも糖度も高いっ

藤井沢でナンバー1の『歯科医の憂鬱』と並ぶ勢いでした♪ 
(「歯科医」感想はここ


「アパルトマンの王子」は金髪の御曹司・世羅が社会勉強のために藤井沢のアパートで一人暮らしをするところから始まります。

が、あまりにも世間知らずっ!
六畳一間の部屋にキングサイズのベットや服を百着入れようとしたり・・(笑)

そんな訳で不動産屋の優一がイロイロ世話をするはめになりますが、
世羅の態度はズレている上に偉そうで・・

なんだか ジーク・三木眞一郎の声がする~~ (by電王/笑)

でも優一ラブになってからは、ストレートな愛情表現と一生懸命さがズッキュンもの
尊大王子が謙虚なワンコになっていく様子が可愛かったです

一方母と弟妹4人の生活を支える優一は長男の鑑
その上自分の性癖を家族に隠しているため、我慢ばかりで恋には消極的。

家庭のお母さん役を降りられない優しい優一は、かなり切ない状態でしたが・・
ラストで世羅がLAから戻ってきてくれてよかったです♪


この作品はとにかく世羅王子が最高でした

この人は日本語がちょっとあやしいので、表現が直球で可愛い。
しかもけっこうオーバーなために、何度も吹き出しました

最近の榎田作品は本当に<笑>の部分が冴えているとゆーか・・・
こんな面白いキャラや表現を、全く違う設定で次々生み出す才能は凄すぎるっ

どれを読んでも切なくて、楽しくて、
本当に「榎田さん、好きだぁーーーっ!」と叫びたくなりました(笑)


そんな訳で私的な榎田作品ベスト10

1.きみがいなけりゃ息もできない
2.交渉人は黙らない
3.犬ほど素敵な商売はない
4.執事の特権
5.華の闇
6.愛なら売るほど
7.歯科医の憂鬱
8.アパルトマンの王子
9.魚住くんシリーズ
10.ごめんなさいと言ってみろ
[ 2007/12/01 22:32 ] 榎田尤利 | TB(0) | CM(12)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計