BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 2007年11月
-別アーカイブ  [ 2007-11- ] 

<< 前- |  2007-11-  | 翌- >>

11月の購入ブツ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

11月の購入ブツです。

◎ かなり好き
○ 好き
△ こんなもんかな

<小説>

◎ダブル・トラップ  (榎田尤利/石原理)  SHY
○これが恋というものだから (妃川蛍/実相寺紫子) アルル
○シンクロハート (剛しいら/小山田あみ) キャラ
○天翔る光翠楼の華 (橘かおる/ミズカネりょう) プラチナ
△上海夜想曲 (真瀬もと/後籐星) ディアプラス
△檻 (烏城あきら/今市子) キャラ
△少年人形 (崎谷はるひ/佳嶋) SHY

◎所轄刑事・麻生龍太郎 (柴田よしき) 新潮社
○フォー・ディア・ライフ (柴田よしき) 講談社文庫
◎フォー・ユア・プレジャー (柴田よしき) 講談社文庫
○シーセッド・ヒーセッド (柴田よしき) 実業之日本社
○MANZAI4 (あさのあつこ) ピュアフル文庫

未読本

・アパルトマンの王子 (榎田尤利/緋色れーいち) キャラ
・ラブ&トラスト ((榎田尤利/石原理) SHY  
・美しき厄災 (鳩村衣杏/タカツキノボル) リンクス
・不条理な接吻 (妃川螢/奈良千春) ラヴァーズ 
・ア・ソング・フォー・ユー (柴田よしき) 実業之日本社



<コミックス>

◎最後のドアを閉めろ・開いてるドアから失礼しますよ2  (山田ユギ) リブレ 
◎ありえない二人 (山田ユギ) 竹書房 
◎きみがいなけりゃ息もできない  (円陣闇丸/榎田尤利) リブレ


<CD・DVD>

・DEADLOCK (安元洋貴×中村悠一) インターコミュニケーションズ
・エス残光  (小西克幸×神谷浩史) サイバーフェイズ
・電王スペシャルトークショー


☆10月のナンバー1

小説→ フォー・ユア・プレジャー (柴田よしき)

コミックス→ きみがいなけりゃ息もできない (円陣闇丸/榎田尤利)

CD→ エス残光 (小西×神谷)

*ほんとは山田作品もナンバー1です~。
柴田さんのハナちゃんシリーズはあと1冊で読了。黒夜関係が終わってしまう・・(寂)


12月の購入予定本&CD

・罪な愛情 (愁堂れな/陸裕千景子) ルチル 11/15
・神官は王を恋い慕う (吉田珠姫/高永ひなこ) ガッシュ 12/25
・愛してると言う気はない (英田サキ/北畠あけ乃 )SHY 12月下旬
・溺れる戀 (高遠琉加/今市子) SHY 12月下旬
・白き褥の淫らな純愛  (鈴木あみ/樹要) 花丸 12/19
・タクミくんシリーズ 恋のカケラ・夏の残像4(ごとうしのぶ/おおや和美) 角川 12/1

・タクミくんシリーズ Pure (おおや和美/ごとうしのぶ) 角川 12/1
・是-ZE-6 (志水ゆき)新書館 12/20
・今日から (マ) のつく自由業!4 (松本テマリ/喬林知) 角川 12/26

ちょっと気になる本

・青鯉 (たけうちりうと/高階佑) SHY 12/10
・百年の恋 (高尾理一/円陣闇丸) 心交社 12/12
・唇で壊される。(橘紅緒/奈良千春) SHY 12月中旬
・ラブレター (可南さらさ/金ひかる) リンクス 11/30

★CD

・シナプスの柩2 (小西×野島)12/25 サイバーフェイズ
スポンサーサイト
[ 2007/11/30 15:47 ] 今月の萌ブツ&評価 | TB(0) | CM(0)

景虎さま写真集

今朝新聞を開くと本の広告欄に麗し~い武者がっ!!

よく見るとガクトさんで・・
どうやら景虎さまオンリー写真集 『龍の化身』が出来たようです♪

出版元は当然NHK。
なんて上手い商売してるんだ~ と思いつつ早速HPへ ここ

で、そこでガクトをクリックすると 出たぁ~~っ! 写真集の一部。
麗しの景虎さま6枚 ここ

これで満足すべきなのか、買うべきなのか・・・発売は明日。
ガクト景虎の2次元的美しさに迷いますっ!!
[ 2007/11/29 19:56 ] ミラージュ関連大河 | TB(0) | CM(16)

百鬼16と今さん挿絵本 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

百鬼夜行抄16」と挿絵本の『檻』(烏城あきら)を読みました。

今回も大好きなおじさんがしっかり登場
第1話からきちんと律と絡みがあって、叔父・甥ラブが展開(嘘)
お母さんにも「結局、仲がいいんだから」と言われています♪

おじさんは外見がとにかくステキです
でも中身はマイペースなお惚けキャラで・・それもとってもイイ味。

律と並ぶと好みの若者と好みの中年オヤジを同時に見ることができるので・・
萌えますっ!!

てな訳で今回1番気に入ったのは1話目で、話も頭に入りやすかったです♪

にしても 三郎さんが鶏に
イイの?このままでイイのぉ~~??


百鬼はけっこう深刻で怖い内容なのに、キャラが淡々としているせいか
不思議とサラ~と流れていく。

しかも律達が怪奇現象に慌てる様子はユーモラスで・・
常に怖いのに笑えるのが最大の魅力かもしれません♪


さて、今さんの挿絵本・『』も読みました。 (素敵表紙にウットリ~)

ujyouaki.jpg

原作は烏城あきらさんで、知らない作家さんだな~・・と思って調べてみたら
「許可証を下さい!」の人でした。

新刊の「檻」は挿絵が今さんだからか、少々ホラーチック。

幼い頃から想いをよせていた従兄弟と同居することになった稔が、
秘密の庭を開けてしまったことから物語が急展開。

が、読み終わってみればストーリーが少々中途半端・・(汗)。

どうせなら完璧に百鬼の世界にしてしまえばよかったのに・・
と、イラストが麗しいだけに残念でした~。
[ 2007/11/28 22:21 ] 今市子 | TB(0) | CM(9)

エス・残光CD 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

エスの残光CDを聴きました。いよいよラストです!

<キャスト>

神谷浩史:椎葉昌紀、小西克幸:宗近奎吾
三木眞一郎:篠塚英之、成田 剣:五堂能成
近藤孝行:松倉東明、中村悠一:鹿目


エス3は思いっきり続くだったので、打ち切りになったら大暴れでしたが・・
そんな事はあるわけも無く、無事終了~ (3の感想はここ

今回は椎葉の監禁から宗近&椎葉再会までのドラマが収録。
原作4巻のほぼ全てですが、プッとなってしまう台詞が少々削除され残念↓
(原作4巻レビューはここ

『オレのはベレッタじゃないマグナムだ』(by宗近)
『安静にしているように言われたのに、堪え性のない方ですね』(by鹿目)

ウ~ン、この二つは入れて欲しかったですが・・
でも全体的にはまずまずの編集で1枚でも満足できました♪


さて、残光で1番演技に唸ったのが 成田五堂
いつもよりサラサラな成田さんなのに、不気味な存在感で上手過ぎるっ!

特に演技に聞き惚れたのは姉殺しを告白するラストで・・
この役は成田さん以外考えられなくなりました。

そしてシリーズ全てしゃべりっぱなしの神谷さんは、今回も当然メチャよくて・・
宗近を本気で受け入れた告白シーンには感動
ちょっと鳥肌たってしまいました。

で、大大大好きな小西宗近はどうかと言えば・・
こちらも当然文句無しっ!!

何でこんなに上手いのぉ~~?!と悶えっぱなしで
特にドキドキしたのが、椎葉を迎えに乗り込んで行くシーン。

音で聞く兄弟対決が意外な面白さで、宗近の 『モトアキ!』 は迫力がありました。

こんな声で一喝されたら誰だって言うこと聞いちゃう

で、その後の『お前は何故俺から離れたっ・・』 は言うまでもなく鳥肌もので
『俺を心配させた罰だ』 に倒れそうになりました(バカ)

にしても、この宗近というキャラは本当~にカッコイイっ!!(盲目)

残光CDを聞いて改めて転げ周り・・
途中五堂が宗近を表現する台詞がありますが、正にそんな人
(あいつは駆け引きはするが計算はしない・・云々)

それに加えてお茶目でおめでたい面もあり、「イヤよイヤも好きのうち」というポジティブ加減には
笑ってしまいました~。

てな訳でヤバツボな宗近さんをムチャクチャ好きな小西さんが演じてくれたので
私的に幸せの絶頂(笑)

こーゆー事はナカナカ無いので本当にラッキーでした

そして他の声優さんも非常に上手い方ばかりで、キャスティングがナイス過ぎっ

出番が3,4に集中した近藤さんもとても自然に東明で、
お兄ちゃん大好きな感じが出ていてよかったです。

でもこんな兄好きな人がよく1年半で宗近を解放したなぁ~とちょっと感動。
東明は大人になったんですね♪



エスは英田作品の中で1番好きなお話なので、これでCDが終わりかと思うとちょっと寂しい・・。
でもまだ全サがあるので完全ファイナルではないですね♪

制作スタッフさんに感謝しつつ、早速申し込もうと思います!
[ 2007/11/27 13:03 ] 英田サキ | TB(0) | CM(6)

電王42話 「仮面ライダー電王(5860)」

最近デネブがちょっと哀れです。
侑斗を忘れていたことに悶えたり、今回は新たな傷を侑斗に負わせてしまったり・・。

よかれと思ってやっているのに滑っている~~。
「大丈夫かな・・?」と様子を見に来た良ちゃんの方が甲斐性あるような・・(ハハ)

頑張れ、おデブっ! としか言いようがないです。
(おデブはすっかり定着したあだ名に・・/笑)

でも本日もお笑いどころはたくさん

先ず ウラタロスの一部 かと思うような氷嚢や・・
麻酔銃のような注射

そしてかえって目立つデネブの被り物変装。
今回はメガネでカメに対抗か??(笑)

釣りに負けたウラのムカッとしている感じが可愛かったです


にしても、ゼロフォームの立ち姿はカッコイイ!!

緑のアルタイルフォームももちろんステキでしたが、
今日は切なさが漂っていたのでマスマスきました~。


電王は1月に大阪&東京でファイナルイベントをやるようですね♪
毎年ライダー関係はこんなイベントをやっているのでしょうか??電王が特別?

何はともあれ絶対行きたいっ!! (親子で鼻息荒いですっ)
でも6回もあるのでキャストが全部同じなのか不安・・。

早く詳細が出て欲しいです~。
[ 2007/11/25 16:58 ] 仮面ライダー電王 | TB(0) | CM(2)

オフ会

今日は萌え友さん数人の快気祝いオフに行ってきました♪

仕切ってくれたのは鈴音さんで、先ずは京王プラザホテルでランチブッフェ
「グラスコート」というお店で、食べきれないほどの品目に感激しました~。

京王プラザといえば、ミラージュ関係♪
確か氏照兄が高耶さんを連れ込んだホテルだったような(笑)


で、約10名の2次元好きが楽しくランチした後はカラオケ屋さんで数時間♪
私は歌いつけていないので、しゃべり続けていましたが・・

しゃべりついでに「聖なる黒夜」を布教してきたりして(ハハ)
とっても楽しい1日でした

*鈴音さん、本日はイロイロ手配をありがとうございました。
お元気そうで本当によかったです♪




さて、帰宅すると例のごとく家の中はメチャクチャ
1日家を空けると本当に後始末が大変です・・。

でもエスの「残光」CDが届いていたので、ちょっと復活
明日聞くのが楽しみですっ!!
[ 2007/11/24 22:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(18)

電王イベントDVD降臨♪ 「仮面ライダー電王(5860)」

電王の「スペシャルトークショー」のDVDを見ました♪
親子で凄く楽しみにしていたので喰いつくようにテレビ前の座りました

途中下の子は飽きてリタイアしましたが、上の子は優一くん以外のショーもきちんと鑑賞。
なので遊佐さんのステキさを無理矢理分からせました(笑)。

以前CAST PRIXという雑誌を健&優一目当てで買ったのですが、
それに遊佐さんのデカイ顔写真がありまして・・
美しい若者だらけの雑誌だったので、長女が思いっきり引いたわけです。
で、名誉挽回♪(詳しくはここ


と余談はさておき、DVDの内容です

<出演>

佐藤健。中村優一、関俊彦、遊佐浩二、てらそままさき、鈴村建一
大塚芳忠、三木眞一郎 他


<プログラム>

1.OP メインイマジン登場
2.佐藤・中村トーク
3.ミニイマジンショー、声優さん達登場(生アフレコなど)
4.声優トーク
5.佐藤ダンス
6.中村&デネブ歌
7.スーツアクターさんトーク
8.佐藤&関さん歌とED


と、大体こんな感じでしたが1番キタのはやはり声萌えしている 大塚芳忠さん

とにかく可愛かったぁ~~~っ

芳忠さんは声優生活30年だそうですが、露出したのは初めてだそうで・・
一人だけ妙に初々しいっ!

服装はリーマンの管理職みたいで、トークの受け答えは超マジメかと思うとお茶目で、
「侑斗を愛してますから」とか「デネブほど可愛いイマジンはいない」とか美味しい発言もてんこもり♪

ゼロノスの歌はCDを流す吹き替えで残念でしたが、
次は生で歌うと宣言してくれましたし(でも電王が終ってしまう~)
イイ人でしたっ!

にしても芳忠さんは検索したら53歳。井上和彦さんと同じ歳で・・
井上さんは化け物だな~とつくづく思いました(笑)



この他お初にお目にかかったのはてらそまさんでしたが、
かなりの長身にマッチョな体格。正にキンタロスな感じで驚きました。

でも飼ってる犬はマロンちゃんという名前だそうで・・
可愛かったです(笑)

声優トークを仕切るのは遊佐さんと鈴村さんでしたが、この二人はやはり適任♪
間違えた鈴に突っ込む遊佐さんが面白く・・
でも何故か「2丁目」という単語と、「犬」についての話題が多く、変に反応~(腐)。

生アフレココーナーでも健君の「はあはあ」という音に遊佐さんが
「弱ってる声がグッとくる。もっとエロくてイイと思う」とアドバイス(?)

流石ウラタロス声優でしたっ(笑)

でもアフレコの「ごめんなさいは?」は本当に名シーンでした~


健くんと優一くんについては、もう本当に二人とも綺麗な顔立ちで・・
健くんはちょっとツンとした顔が絶品で、優一くんは笑顔がラブリー

若者だな~と思う反応や表情がたくさんあって、とにかく ヤバ可愛いっ

で、やはり侑斗はデネブを激ラブですねっ♪
EDの侑斗とデネブの腕組みは、ほとんど新郎新婦
1番萌えました

そして萌えといえば・・
健くん、優一くんの漫才(?)もかなりのもの♪

先ずはイベントに落ち着いて挑むSくんとプルプルNくんに爆笑~。
優一くんは緊張のあまり涙目で、健君と初めて出会った時の印象は?と聞かれれば、

「ぼきゅより女しょうが似合わないかなと・・」とかみまくり~(笑)

「意味が分からない」と突っ込む健くんとはかなりイイコンビで、
実像と役が本当に真逆な二人だな~と改めて実感しました(笑)


このDVDで勉強になったのはスーツアクターさんについて。
で、特に驚いたのは電王4フォームを演じているのは全て同じスーツアクターさん
だったという事(高岩さん)。

演じ分けられるだけでも凄いのに最近はてんこもりですよっ!!
コミカルな動きが上手すぎて、これを全て一人が・・と思うと感動でした。

そしてもう1つ驚いた事といえば・・・イベントに来ていた客層。
ほとんどが女性で・・、もしかしてご同類??
子供の姿が一人二人しか見えなかったことに笑いがこみ上げました


にしてもデネブキャンディーが買いたい(ジタバタ)
期間限定でイイからアニメイトで売って欲すいです~っ!
[ 2007/11/22 21:06 ] 仮面ライダー電王 | TB(0) | CM(12)

ダブル・トラップ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

榎田さんの新刊『Double・Trap』を読みました。
この作品は「Love&Trust」シリーズの4作目のようで・・

Love&Trust??

ギャー! 知らない作品だっ。 と、買ってから気付きました。

が、お話は単品でも問題なく楽しめました♪
その上前3作を読みたくなるストーリー展開で・・榎田先生は商売上手ですっ!


『Double・Trap』は速配屋のとヤクザの沓澤の物語で、
二人の出会いから組織の揉め事を解決するまでが描かれていますが、
後半に収録されている「The Day Off」「完璧なる休暇」はシリーズ1~3巻後のお話。

「The Day Off」は沓澤の腹心・さんの休日で、笑いの中に人生哲学あり(笑)

「完璧なる休暇」は沓澤×核のラブラブな休日で、核の堕ちる様子が可愛らしく
ラブ度100パーセントぉ~ 

この二つはシリーズ読破後ならより楽しめたと思いますが、未読でも大OKな作品でした。


『Double・Trap』はクールで賢い女王タイプの核と愛全開な濃厚男・沓澤の駆け引きが面白く、
特に気に入ったのが核の大胆さと沓澤のベタ口説き

バラの花束に豪華ディナーとは・・
沓澤は態度が尊大に見えて実はご奉仕型・攻なので・・とても好みでした♪

そしてこの他萌えたのが 兄弟ラブ

核と弟のは危ないほどラブラブで、兄を挟んで天と沓澤が対抗する図も面白い。
なので他3冊も絶対読んでみたいですっ!


ところで、今までどーしてこのシリーズを読んでいなかったのか??
榎田さんはほぼ制覇したと思っていたのに・・。

ちょっと前まで(英田作品に出会うまで)893が微妙~に苦手だったことと、
挿絵で避けていたことが原因??・・かも(汗)。

とにかくノベルズ3冊はキツイので古本で頑張りたいです~。
[ 2007/11/20 21:02 ] 榎田尤利 | TB(0) | CM(4)

風林火山・第46話

昨日の風林火山は「炎の蜃気楼」的に突っ込むところがたくさんありました♪

先ずOPキャストで氏康パパ直江パパ柿崎パパの名が続けて出たので、
無駄にワクワク


お次は勘助が「何故嫁をとらない?」香坂に詰め寄るシーン。

それはね・・・彼が御館さまのモノだから~。

で、そんな人に養女を嫁にやろうとしている??
それならいっそ勘助自身のモノにしてしまって下さい(腐)


そして最後は景虎さま
小田原勢の矢や鉄砲玉が当たらない・・

護身波 ですねっ!!

てなわけで流石謙信パパでしたが、ラストシーンは珍しくブチ切れ~~。
正に鞭をふるう女王様で・・似合いすぎでしたっ!


こんな邪まな見方をしてもう直ぐ1年。大河ドラマも残り4話となりました。

」の旗やOPで直江実綱の 直江 って字を見るたびにドキドキしたのでちょっと寂しい・・。

でも再来年は又上杉関係のようですし・・
いや、もっとディープにミラージュな気がするので、大変です

直江という字を見ただけで心拍数上がる病人なので、1年無事に過ごせるだろうか・・
今からスンゴク楽しみです♪
[ 2007/11/19 13:38 ] ミラージュ関連大河 | TB(0) | CM(4)

電王41話 「仮面ライダー電王(5860)」

本日の目玉は ハチ と てんとう虫 でした(爆笑)

でもナゼ話をしに行く場所が遊園地なの~??
しかも観覧車は恋人乗りだし(普通対面に座るだろう・・)

とにかく記憶に関する重大トークが、デート映像に心を奪われ
理解できない(汗)

更にラストもデネブが侑斗に覆いかぶさるという、
腐女子泣かせな見せ場っ!

笑いと萌えがたくさん過ぎて、朝からどーにかなりそうでした


にしても、デネ・侑が 野宿 とは驚きました。

ゼロライナーに住んでると思ってたんで・・
いや、寝台車になってる時もあるんでしょうが・・まさか宿無しとは~(笑)


来週はプッツン女とD侑が仲良しに??(ヤメテ~)

とりあえず今日はデネブの死に兼ねないほどの落ち込みに満足
二度と主人を忘れないで欲しいですっ!
[ 2007/11/18 19:25 ] 仮面ライダー電王 | TB(0) | CM(4)

『エス』のSS♪ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

英田さんからメルマガ60号を記念して

『エス』のショートストーリーが配信されました
(なんてステキな作家さんなんだ!)

内容は宗近×椎葉のラブラブ痴話喧嘩でしたが、
宗近が椎葉のことを「昌紀」って呼んでるぅ~~~(萌死)

一方椎葉は・・
なかなか「圭吾」と呼べないようで苦労しています(笑)。

で、ラストがスンゴク気に入りました!
椎葉の可愛さと宗近の包容力に2度目の萌死にっ。

こんな短いストーリーのくせに・・凶暴過ぎました

メルマガを登録していない方は今からでも是非!! ここから)
11月中はUPしているようです。

この他過去に配信された陣内×天海も掲載され、
12月末には続編の『愛してると言う気はない』が発売っ!!

『さよならを言う気はない』はエスの次に好きな作品なので狂喜乱舞~

この小説は絶対「聖なる黒夜」をモデルにしていると思うので、
そんな意味でも凄く楽しみっ!!
「黒夜」で満たされないものをこれで癒されたいです~。


そしてもうすぐエス残光のドラマCD発売日♪
最終回で妙に寂しいですが、こちらも凄く楽しみです。

てな訳で、今年も英田漬けな1年でした
[ 2007/11/17 15:07 ] 英田サキ | TB(0) | CM(6)

若本規夫さんCD2枚 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

若本規夫さん出演のCDを2枚聞きました。
1枚は『羊でおやすみ・ダイジェスト版』、もう1枚は『豪華客船で恋は始まる5』で・・

両方とも強~力な 若本節! でした。


☆『羊でおやすみ・ダイジェスト』 

これは正直 絶対に眠れませんっ!!
羊の数え方はほとんど歌舞伎の見得切りで、時に大霊界な雰囲気。

台詞は悪代官調の脅し文句で・・

このシリーズに若本さんを起用した人は只者ではないっ
非常~に爆笑でした


☆『豪華客船で恋は始まる5』

<キャスト>

倉原 湊:櫻井孝宏 エンツォ:子安武人
セルジオ:若本規夫 フランツ:岸尾だいすけ
ジブラル:檜山修之 ホァン:宮田幸季 リン:一条和矢


 gouka5.jpg

豪華客船シリーズは以前2まで聞いたことがあるのですが、
実は1番心に刻まれたのが若本さんのパパ・セルジオ。

パパといえば「異国色恋浪漫譚」の父も強烈で (よいではないか、よいではないか)
両作品とも若本さんの演技によってキャラが変わるというか、
新たなパパ像が出来上がる事態

やはり諏訪部さんと子安さんの父を演じるには、
このくらい濃厚な人をもってこないとダメなのか?(笑)

とにかく影響力な声優さんで、出れば全てを喰ってしまう。
トークも酔ってるんですか~?というしゃべりで爆笑でした。

で、喰ってしまうといえば・・

以前聞いた、よしながふみさんの「大奥」もそんな感じで、(感想はここ
このCDも若本さんの悪代官演技しか覚えていない・・。

ある意味舞台嵐というか・・ 偉大な声優さんです!

でも銀河英雄伝説の若本ロイエンタールはこんなクセのあるしゃべり方でしたっけ??
もしやBLがきっかけで、あり得ないところで台詞を伸ばすようになったとか??(笑)
銀英伝を見たくなってきました・・。


『豪華客船・・5』は相変らず突き抜けた甘甘ぶりでした
砂が1t吐けそうな・・(笑)

パパ主役のDISK2はやっぱり若本さんの演技に爆笑~。
セルジオさんがお茶目で面白かったです
[ 2007/11/16 15:19 ] その他のBLCD | TB(0) | CM(10)

The MANZAI 4 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

あさのあつこさんの『The MANZAI』4巻を読みました♪
(1、2巻感想はここ。3巻感想はここ

3巻は夏祭りで漫才をやるぞ!というところで続く。
なので当然1ページ目はステージ上の二人と思っていたら・・

いきなり秋になってました(笑)

でも、のっけから秋本はベタ
歩の肩を引き寄せ、グルグルしている相方を元気づけ 「惚れてますから」
と熱~い一言 (なんてステキな本なんだっ)

とにかく1、2、3巻と同様、ぶっ通しで口説き続ける秋本の熱意はもの凄く、
ふざけた漫才会話と見せかけて 実は本物 としか言いようがないっ!

しかも今回は激しいスキンシップに対する歩の抵抗が少ない・・。

「体が慣れちゃって」 

とか問題発言をした上に、メグのことを考えてる筈が常に思考は秋本へ向かい、
結局は秋本に必要とされていることが快感・・みたいな・・。

とにかく最初から最後まで萌え漫才の連続で、相変らずHが無いだけのBL
二人の仲良しぶりには癒されました~っ。


4巻は高原と森口の問題を皆で話し合うエピソードが中心でしたが、
完璧な包容力を持っていそうな秋本に冷めた一面が垣間見え・・ちょっと注目。
(結局この人は歩以外はどーでもよかったりして/笑)

そして1番美味しいのは歩がメグに振られる最終章。

で、歩を慰めるのは当然秋本なのですが
恋敵に励ましてもらという不思議な図式にも関わらず

死ぬまで秋本とは一緒に居られるかもしれないと思う歩。

このまま完結でもイイような・・
甘甘度数が恐ろしく高いラストでした


MANZAIは映画化決定らしいですが・・
私はCDだけで満足です(ハハ)。4も出して欲しいな~。
[ 2007/11/15 20:39 ] あさのあつこ | TB(0) | CM(2)

所轄刑事・麻生龍太郎 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

柴田よしきさんの『所轄刑事・麻生龍太郎』を読みました。

この本は「聖なる黒夜」より約15年前のお話で、麻生はなんと 25才 (若っ)
(「聖なる黒夜」関係感想はここここ

とはいえ25才当時も落ち着いた優しい雰囲気で、
新米時代からその推理力と洞察力、そして慎重さは周囲から一目置かれています。


『所轄刑事・麻生・・』には全部で5つ事件エピソードが収録されていますが、
やはり気になるのは謎解きよりも 麻生の人となりとプライベート

そうですっ!! この時代麻生はまだ及川純と交際中~。

及川は何気に同棲を促したりしていますが、
同じ強さで想いあっていない自分達にも気付いていて、なんだか切ない・・。

二人が所轄時代にナニをどこまでしていたかは謎ですが・・
結局煮え切らない龍太郎は関係をはっきりさせることができずにいます。

が、及川の方は実は殺したいほど龍太郎が好きだったわけで・・

それを四十過ぎて男に持って行かれてれしまうとはっ

・・学生時代のスタートが麻生・攻ならこの人達はもう少し違う展開をしていたのか??
純は哀しい男です~。


さてこの本のミステリー部分ですが、短編集なのでそんなに複雑ではありません。
でも淡々と事件を解決していく麻生は運と才能が光って魅力的

こんな男が只一つの失敗で人生全てを狂わせて行く未来を思うと・・
運命の皮肉が際立って物悲しい。

そんな訳でこの小説をいきなり単品で読むのはNGかもしれません。


*余談

最近頭の中が「黒夜」だらけなので、音楽を聴いていても変に反応~。
で、電王のゼロノスソングがある日突然 練ソング に聞こえたり・・
(「強き者に強き力」の前までの歌詞が練~っ!)

ラブレスのEDもなんだかな・・
(これはミラソンでもあるので・・もしかするとミラージュアルバムにたくさん存在するかも♪)

今後も反応し続けそうです (ハハ)

あとブログの壁紙をそろそろ変えようかなと思っていたのですが、
このまま続行を決意

開設当初ラブレスに嵌っていたので、蝶々なんですが・・
練の御印なのでやっぱり現状維持ですっ(笑)
[ 2007/11/14 15:09 ] 聖なる黒夜 | TB(0) | CM(4)

きみがいなけりゃ息もできない 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

榎田さんの『きみがいなけりゃ息もできない』漫画版を読みました。
(原作・新装版感想はここ、小冊子感想はここ)

この本は大好きな円陣さんが作画だったので、
連載が始まった時は狂喜乱舞。

でも1冊になるまで2年もかかり・・・待ちに待った新刊でしたっ!!

で、先ずは表紙とカラーイラスト2枚にメロメロ~。

小説の新装版は爪切りでしたが、今回はボンボン付ゴムで髪結い

セッセとルコちゃんの世話を焼く東海林がムチャクチャ素敵で、
ルコちゃんもジタバタするほど可愛いかった♪

そして内容も非常~に上手くコミック化
漫画ならではのドキッとするシーンが一杯でした


『きみがいなけりゃ・・』は漫画家・ルコちゃんの生活無能ぶりと
それをサポートする東海林がとにかくユーモラス。

二人のお母さんと子供のような関係はこの話の醍醐味ですが、
途中東海林が自分の独占欲と常識に邪魔されて、ルコちゃんを突き放す流れは切ない

でもこれによってお互いの恋愛感情を自覚
世話をする事と、される事が快感な関係に開き直れてよかったです♪


にしても・・

円陣さんの描く東海林は何でこんなにカッコイイんだぁーーっ!

中身は只のオカンなのに・・・一々水も滴るイイ男

中学1年からあんなに大人っぽくてどーするっ!!
でも二人の中坊姿が見れて嬉しかったです♪


『きみがいなけりゃ・・』は榎田本の中で1、2位を争う勢いで好きな作品。
なのでこんなステキ漫画にしてもらえて本当に感激

終わってみれば東海林の母性愛に包まれて、今年のコミック1番かもしれません(笑)。


hottokeki.jpg 

今日は下の子が代休だったのでPapas cafeでランチしました。
で、ついホットケーキをオーダー。
「白クマちゃんのホットケーキみたいだね~」と口で言いながら、
心の中では「東海林のホットケーキみたいだね~」と呟いていました(ハハ)
美味でした♪
[ 2007/11/12 21:05 ] 榎田尤利 | TB(0) | CM(21)

電王40話 「仮面ライダー電王(5860)」

電王40話を見ました。
前回非常~に不安なところで終っていたので、どうなるかとドキドキでしたが・・

侑斗 復活!!

わりと簡単だったな・・(笑)

でもデネブの 「侑斗って誰?」 には良ちゃんと一緒にガーーン

しかもデネブが世話を焼く対象は全員になっていて、
妙に仕切られるデンライナー・・。

モモ用エプロンまでさせられて、やっぱり「食」を与えてくれる人には勝てない!?(笑)

ウラ出汁の効いた食事(嘘)風景は爆笑で、
Rデネブも可愛かったですが・・(プリ・プリの女装っぽい)

本音は 悲嘆にくれるデネブが見たかったぁ~~っ!

そんな訳で本日は 侑×良

で、来週の予告も遊園地デート(?)でそんな予感♪
良ちゃんだけは忘れないっ!てのが堪りません~。

とはいえ、後半は何だかんだでデネ・侑漫才が復活。
錆び色ゼロフォームは微妙でしたが、武器化したまま戻らないデネブに焦る侑斗が可愛かった

抱っこサイズのデネブもよいですっ。


さて、本日1番の注目はもしかするとOP。
イマジン4人が歌うClimax Jump ♪

キンちゃんの声が凄くよく聞こえましたが(笑)
ちょっとずつソロ部分もあるようで・・CDでちゃんと聞くのが楽しみ!12/19発売のようです。


そう言えば健くんの肺気胸にはビックリしましたが、快方に向かっていてよかったです。
肺の病なんて・・凄く沖田総司をやって欲しいっ。
とか不謹慎なことを考えましたが・・
電王もあとちょっと。大事にして欲しいです~。




*昨日買ったポテチ。味はカメ出汁とかではなく、ごく普通のポテチ(笑)

potechi.jpg 何故かジークも居る
[ 2007/11/11 14:39 ] 仮面ライダー電王 | TB(0) | CM(5)

ありえない二人 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

山田ユギさんの新刊『ありえない二人』を読みました♪
この作品は短編集で、全部で4つのストーリーが収録。

表題の「ありえない二人」は1日に出版された「開いてるドア・・」「最後のドア・・」の番外編に登場した人物が主役。
(新装版ドアシリーズ感想はここ

で、メガネキャラの水野さんは実は脇役だったんですね~。
描下ろしの表紙なんて凄くカッコイイのに・・

次回はこの人主役で1本お願いしたいもんですが、
ママと出来ちゃってハッピーエンドなのか??(笑)
面白かったです~。

でも、この本のお笑い1番は 「ああ爆弾」のPart1~5。

こちらは2001~2003年に描かれたものですが、ユギ・ギャグ炸裂

スポーツインストラクター・高橋×バー<鬼>のマスター・星野 で、
年下攻めの一途愛

一方マスター・星野はツンツンしているようでほだされやすく、もの凄くイロっぽい

なので甘甘エロエロが大量ですが、それとほぼ同量のギャグ絵&高橋の妄想に爆笑~っ!!

キャラがほんっとに笑える顔で(タコ唇とか・・)、毛の生えた太股も素晴らしい
こんな秀作がまだ単行本化されずに残っていたのかと感動しました(笑)。


この他の2編「死ぬまでにやっておきたいこと」「檻」も短いながらも面白く、
「死ぬまで・・」は一瞬ドキッとしましたが、主役二人の容姿が凄く好みでした

「檻」は こっちが受けーーっ?! と驚きましたが、続きが読みたくなるお話でしたっ。


竹書房さんから出ているユギさんの短編集はこの本で4冊目ですが、
どれもハズレがなく、必ず大好きになれるエピソードが何作かあります♪
(この本の私的1番は「ああ爆弾」♪)

なので今回の「ありえない二人」もとても充実した本でした。
(カバー下も充実/笑)
[ 2007/11/09 21:37 ] 山田ユギ | TB(0) | CM(10)

今日からマ王OVA 「今日からマ王!(1590)」

マ王のOVAを見ました。

先ず思ったことは 絵が綺麗でよかった ということ♪

が、萌え は少々足りなめ・・。

ストーリーはシマロンに滞在するマ王御一行がサラレギーの陰謀(?)に巻き込まれつつある話でしたが・・・本当にソレだけ。

お風呂サービスシーンはありましたが、コンラッドは脱がなかったし・・

わざわざOVAを制作したのにコン・ユーのあんな事やこんな事が無いっ!!(腐)

でもいつもと違うコンのコスにはときめきました
ニコニコしている顔や、騎乗姿やチャンバラ姿はやっぱりカッコイイ~。

あとサラの腹心・べリエス眉毛二股でしたが、声が東地さんでナイスでした♪

そしてお笑いどころは膨らむ羊と勝利の「ユウちゃぁ~~ん」&鼻血ギュンター(笑)

でも1番爆笑したのは、実はOVAの特典CD
こちらは<萌と笑>が目一杯♪

内容はOVAの裏話で、
眠ってしまった有利を挟んで勝利とコンラッドが会話をしているものですが・・

小西さんの弾け方がメチャメチャ可笑しいっ!!

マ王は井上ギュンター小西勝利の演技が常にイッちゃってて爆笑ですが、
今回も凄かったです(笑)

特に笑ったのが「小芝居じゃなぁーーーい」「バカヤローーイ」の絶叫。
BLの2枚目ボイスは何処へ??という熱の入り方で・・上手すぎました 

一方コンラッドはいつもの落ち着き優しいボイスでしたが、
今回は勝利と<有利の体についてどれだけ知っているか>を張り合う会話が面白かったです(笑)

でもそうかと思うと「疲れているのは勝利も一緒だろ?」とお兄ちゃんの体を気遣ったり、
「お目覚めですか?陛下」と甘い声を出したりと・・やっぱり森川コンラッドは最高

「オレ、本命一人にモテタイ主義なんで」にも萌えさせてもらいました

てなわけで、兄弟ラブ&主従ラブがありまくるCDの方が面白かったのでした~。
[ 2007/11/08 14:20 ] 今日からマ王 | TB(0) | CM(4)

山内練の香り♪ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

日曜日に萌友の柚葉さんと会いました♪
で、大阪からはるばる持ってきてくれたお土産は <白檀>

そうです、練の香りがするお香です~~

年末に京都へ帰省したら絶対買うぞっ!
と鼻息荒かったのですが・・2カ月早くゲット♪

流石「黒夜」に嵌ると考えることは同じというか・・感謝、感謝でした

で、早速たいてみると・・

いい匂い~~

でもこんなのが体臭だなんて・・ あり得ないっ

これでは常夜灯に群がる蛾のごとく、男が引き寄せられて当然。
はぁ~、練は本当に天然タラシな魔性です(ウットリ)


と、アタシが練の白檀フェロモンに包まれていたところ・・

長女:「何?この匂い?」
次女:「なんかオバサン臭い」
長女:「そうそうオバ臭だよ」


ギャーッ!これのどこがオバ臭なの

まあ確かにお化粧くさい感じがしないでもないですが・・
ムードは完全にぶち壊しっ。
以後一人の時にスーハーすることにします(笑)


さて、話は変わりますが・・
柴田さんのRIKOやハナちゃんシリーズは映像化したことがあるようで、
それなら練は誰が演じたのかという話に柚葉さんとなりました。

で、吹越満という俳優さんがやったことがあるらしく・・
検索するとこんな人で・・ここ
許せない~~~っ

やっぱり3次元はやめて欲すいっ!

そんな訳で「聖なる黒夜」はドラマCDを希望。
上・下巻あわせて6枚くらいでお願いしたいです (多っ)

キャストは・・(以下超私的な好みです)

麻生:井上和彦、松本保典、東地宏樹 さんとか・・

練:宮野真守、泰勇気、小野大輔 さんとか・・
 (小野さんは英田さんの「さよならは言う気はない」のイメージで)

実現したら嬉しすぎて死ぬかも(笑)
[ 2007/11/06 19:36 ] 聖なる黒夜 | TB(0) | CM(8)

エス・全サCDとDEADLOCK 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

エス・裂罅全サCDが届きました♪ (待ってましたっ!)

この全サは裂罅のブックレットSSをCD化したものなので、かなりコメディ。

宗近はオヤジな可笑しさで椎葉ラブ全開 
椎葉も嫌がりながらも可愛らしく、色っぽい~。

とにかく小西&神谷さんの演技が抜群に上手い!
特にモモちゃんネタで大ウケするシーンは笑いがメチャメチャ自然でした

「そう、モモちゃんだ (イイ声過ぎる/悶)

面白かったですっ!!

そして宗近のふざけた遊びに付き合った中村鹿目さんは淡々とした演技でナイスボイス♪
ラストの「ただいまモモちゃん」も自然で思わず猫になりたくなりました(笑)


このCDは本編10分の他に8分トークが入っていたので、「DEADLOCK」で聞くことができなかった
中村悠一さんの地声を知ることができました♪
(小西さんと神谷さんにちょっとイジラレてましたが・・/笑)


さて、同じく英田さん原作の『DEADLOCK』CD感想です。

CDDEADlo.jpg

<キャスト>

中村悠一:ユウト 安元洋貴:ディック
三木眞一郎:ネイサン 伊藤健太郎:ミッキー
三宅健太:ネト 鈴木千尋:トーニャ
岡本信彦:マシュー 北 大輔:ハイデン


先ずは・・ 安元洋貴さん、ゴメンナサイ!

このCDのキャスト発表が出たとき実は相当心配しておりました。
だってブリーチの茶渡ですよ?!

声が低すぎこもり過ぎ・・大体演技力はどーなの?? と疑問で一杯

ところが聞いてみたらかなりイイお声~
演技もまずまずで一瞬のうちにディックで納得♪

逆に中村さんの方がちょっと低すぎ・・と思ってしまったくらいで・・
でも聞いてるうち慣れてしまいました。

この他の出演者でツボだったのは三木さんと鈴木さん。
三木さんは人格が豹変するところが素敵で、鈴木さんは生まれながらのオネエでした

DEADLOCKの1巻は全体的に状況説明的な文章や推理モノローグが多いので、
3巻の中では1番大人しい印象。

なので、本当に面白いのはこれからで・・
2巻、3巻も是非2枚組みで作って欲しい!

で、2巻からはロブが登場 
声は誰が担当するのか楽しみですが、極めてイイ人なのでウ~ン。
バランス的には羽多野渉さんあたりがイイでしょうか?? (松本保典さんとか/千秋)


今回のCDはブックレットにSSイラストの書下ろしが付いていました。
両方とも凄くよくて、これだけでも買ってよかったと後悔無し♪

アニで購入したら表紙イラストのしおりが3枚付いてきましたし・・満足です!

あとはBGMがもう少し効果的なら完璧でした。
洋画っぽくして欲しかったです~。
[ 2007/11/05 21:50 ] 英田サキ | TB(0) | CM(17)

ドアシリーズ新装版 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

山田ユギさんの開いてるドアから失礼しますよ最後のドアを閉めろ2新装版を買いました。

この作品は暗記するほど読んで・聴いている大好きコミック♪

で、今回はこれに大量の描き下ろしが付いていて
特に鼻血ものだったのが「開いてるドア」の表紙っ

DOA1.jpg  ネ、ネクタイ締めてあげてるぅ~~(倒)

実は本田兄弟の中で1番好きなのは次男くん
なので、どちらかと言うと次男×長男ストーリーがツボ。

兄弟ホ○だし、年下攻めだし、声は井上×置鮎さんだし・・

とにかくタブー執愛10年なのに、ユギさん独特の作風で重たくならず
切なさと笑いが一杯。

正一のマジメさと色気、俊二の野性味と包容力にヤラレ・・
私的にユギ作品ナンバー1

新作の書下ろしも凄くよくて、
「プレゼントは毎年正ちゃん」って甘甘にもほどがありました


一方「最後のドアを閉めろ!2」もやっぱり面白かったぁ~

SAIDOA2.jpg

相変らず賢三はけっこうなエロ魔人で、Bonus&描下ろし漫画も明るく激しかったです(笑)。

「最後のドア」は斉藤を挟んだ永井の優柔不断さが爆笑で・・
それに翻弄される賢三が超イイ男なだけに魅力的。

そんな訳でこちらも何度も読んでしまう作品ですが、
今回のオマケ漫画はBonus3と描下ろしが特に気に入りました♪

でもラストの斉藤の嫌がらせメールはちょっと切ない。斉藤君にも幸せになってもらいたいです。


ところで・・
描き下ろしに共通で出てきた男達が気になります!

こちらは11/7に竹書房から発売される「ありえない二人」の主役達?!
素敵キャラが多かったので連動しているなら凄く楽しみです♪


ドアシリーズは約5年前の作品ですが、今の絵と比較するとやはりこの頃が1番好き
でも蚊取り線香やテンポは変わらないので、山田漫画はほんとに最高~。

咥えタバコはやたらとカッコいいし・・
Bonus1の永井の髪を整える賢三なんかドツボでした


そんな訳で私的なユギさん漫画ベスト10

1.開いてるドアから失礼しますよ
2.最後のドアを閉めろ!
3.水温む
4.我らの水はどこにある (これはドラマCDも大好き♪小西×千葉)
5.誰がお前を好きだと言った
6.夢が叶う12月
7.誰にも愛されない
8.どうして涙が出るのかな
9.ピクニック
10.夢見るひまもない



BL好きでユギさんを嫌いな人なんているんだろうか?? (盲目)
[ 2007/11/03 20:30 ] 山田ユギ | TB(0) | CM(18)

「聖なる黒夜」関連本 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

柴田よしきさんの「聖母の深き淵」と「月神の浅き夢」を読みました。
この2冊は女刑事・RIKOシリーズの2巻目と3巻目。
 
で、何故1巻が未読かといえば・・
パラパラとめくったところ麻生の名前がなかったから(ハハ)

麻生&練は先日読んだ『聖なる黒夜』の主役です。 (レビューはここ
とにかくこの二人に激しく嵌ってしまったために、「黒夜」に繋がる小説が読みたくて、読みたくて・・

先ずは携帯小説を4編(BIGLOBEケータイ書店)、そしてRIKOシリーズに進んでみました♪

結果、物語の時間の流れどーりに進むことができて・・
携帯小説は「黒夜」直後のお話。そして「聖母」「月神」は練が若頭になってしまってからのお話でした。


「聖母・・」「月神・・」は女刑事・村上緑子が主役の物語で、
RIKO(緑子)はかなり激しい過去と現在を持っている魅力ある人物。

が、私の目にはどーしても麻生龍太郎と山内練が メイン に映る (盲目)

なのでこのシリーズも問答無用に面白く、
どんなに緑子さんが激しくても意識は男二人に集中 (オイ)

もう彼らの関係性と今後が気になって気になって、又また爆走読書してしまったのでした。


『聖母の深き淵』

shibata2.jpg 

この物語は乳児誘拐と売春婦殺害の謎を中心に
母性と女らしさ、そして男らしさとは何かを問いかける物語。

で、事件を捜査していくのはもちろん緑子ですが、謎解決に相当関わってくるのが探偵・麻生

途中麻生と緑子の会話に、練とは完全に別れてしまった ことを臭わせる台詞があって・・
でも麻生は練のことを凄くウットリと語っていて・・(天使って)

惚気を読んで嬉しいやら、マジに別離したかと悶えるやら・・
かなりドキドキしながらブルー入りましたっ

ところがラスト近くで大どんでん返しっ!!

ちょっとカッコよすぎるだろう!龍太郎ぉーーーっ!

オッサンのくせに、正義が捨て切れないクセに、練を守るなんてっ
しかも お互い殺し文句の言い愛・・・痺れました。


にしても、練には韮崎が憑依したのか?? かなり妖しく残酷な若頭に変貌。

相変らず白檀フェロモンを撒き散らし、女も男も高安弁護士でさえメロメロにする悪魔。

練を更生させることができない麻生の嘆きは涙を誘い、
「聖母・・」も切な過ぎましたっ

でも、ずっと気になっていたことが一つ解決。
練は麻生のことを『龍太郎』と呼んでいたんですね

あああ、7歳年上の男を呼び捨てにする破滅型女王様 ・・ステキすぎる!



『月神の浅き夢』

shibatari.jpg

緑子は若い男刑事ばかりを狙った猟奇殺人事件を追う内に、
二人の女とある冤罪事件にたどり着く。
そしてこの猟奇事件には麻生と練が微妙に絡んでいて・・

<春日組の悪魔は麻生が作り出した> という真実を緑子は知ることになります。


さて、今回も緑子姐さんはモテモテでした。
とにかく何人の男とねちゃってるんだか分からない乙女ゲーム状態(笑)

まあ、麻生と練もモテることにおいては負けてはいませんが・・

大体彼らは容姿がメチャメチャ素敵なのがイケナイっ!
二人とも長い足をもてあましているようですし・・

そんな訳で龍&練も洩れなく緑子さんと関係
玲子さんの時もそうでしたが・・つくづく兄弟になるのが好きな人達ですっ。

が、練の無罪を緑子に激白する麻生はやっぱり切なかった(泣)
こんなに悶えるなら いっそ極道になってしまえばイイんだっ!!

そこまで堕ちてやれば練の恨みや復讐心が少しは解けるかもしれないし・・
そして何より冤罪事件の解決はどうしても必要な気がする!

なので「月神」のラストはこの事件のスタートラインに立っているようでもあり・・

とにかく彼らの行き着く先を考えたら夜も寝られませんっ!



それにしても「黒夜」と同じく、この2冊においてもの色気と奔放さはハンパじゃなかった・・。

で、彼の強さと危うさにヤラレタ人間は数知れないのですが・・

その中の一人・斉藤がちょっとイイ味でした。
元刑事らしいですが、緑子との別れ際に敬礼したのがツボ。
もっと出てきて欲しかったです~。

そしてこの他ドツボだったのが、練がラストで見せるの胸の 

実は柴田作品は奈良千春さんの絵を総動員して読んでいるアタシ。
なのでこのシーンをそんな絵柄で想像すると堪りません~~(ハアハア)


練は極悪非道の限りを尽くしているようで、実はスレスレのところで優しい。
捜査にも何処となく協力しているし・・

だからやっぱり救ってあげたいですっ!

そんな訳で龍太郎には相当頑張ってもらうしかない。
心中は最後の手段ということで・・愛憎劇を終らせる甲斐性を見せて下さい!
[ 2007/11/02 14:34 ] 聖なる黒夜 | TB(0) | CM(8)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計