BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 2007年06月
-別アーカイブ  [ 2007-06- ] 

<< 前- |  2007-06-  | 翌- >>

「きみがいなけりゃ・・」ふろく本 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

ビーボーイGOLDの8月号に
『きみがいなけりゃ息もできない』スペシャルファンブックが付いていました♪

『きみがいなけりゃ・・』は榎田尤利さんのまんが家シリーズ1作目。
挿絵も内容も1番好きな作品です

なので普段雑誌を買わないアタシが飛びつきました♪




付録本はこちら『With You』

with.gif  なんてエロ可愛い表紙っ!!東海林がソーセージを・・(笑)

で、中を開けば「挿入話」と題されたルコちゃん&東海林の初H漫画がっ

恥ずかしがるルコちゃんに「全部よこせ」と強引な東海林。
ラストで東海林が感極まってしまうのが・・カッコ可愛かったぁ~。

円陣さんの素晴らしい絵で甘甘ベタベタ
Hシーンだけなのに凄くよくて・・何回も読んじゃいました♪


漫画の後は榎田さんのSS『きみがいなけりゃ陽も昇らない』 (豪華な本だっ)

こちらは子猫を世話する二人のお話ですが・・
先ずはバッチイ捨て猫を拾った東海林の独白に爆笑~。

「どうして自分はこうも汚いものに弱いのか」

あああ、榎田さんやっぱり大好きだぁ~ と思った瞬間でした(笑)

今回ルコちゃんは少々動物的。でもラストは凄く健気でラブリ~!
ネコのネーミングセンスも最高だし・・ほんとにこのダメさ加減には嵌りますっ。


小冊子のラストに今後の予定がありました♪
最新のシリーズ第4弾は9/19発売。
そして円陣さんの「きみがいなけりゃ・・」コミックは11/10発売(待ってましたっ!)

そして漫画家シリーズラストは2008年。
ルコちゃんで締めるそうです 嬉しい~。
スポンサーサイト
[ 2007/06/30 20:06 ] 榎田尤利 | TB(0) | CM(8)

DEAD SHOT 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

英田サキさんの新刊「DEAD SHOT」を読みました。
「DEAD LOCK」シリーズ完結編です。

で、読んだ感想は・・・非常~に 疲れた ・・。

このシリーズはアメリカの刑務所ビジネスや軍事産業、そしてコロンビアの実情や裏事情がみっしりと書かれているため、丁寧な読書が要求されます。

でもそれが勉強になる上に、謎を含んで面白いっ!!

しかもラブが拍車をかけるので四輪駆動読み~♪
なので充実した読後感で、心地よい疲れでした


最終巻の「DEAD SHOT」はコルブスの過去と人間性、
そしてユウトディックの噛み合わない想いが中心に描かれていますが、
結果的にデイックの私怨は幕を引き、ハッピーエンドでよかったです。

にしても、この二人は本当に不器用な優しい人達で、特にディックの臆病さにはビックリ!

実はユウトの前ではかなり自信が無い人だということが今回分かり・・
一見不遜な彼ですが、実態は妙に可愛い奴でした~。

そんな訳で、常にギリギリまで踏ん張り過ぎてユウトを泣かすハメに。
ラストのここ1番「・・行くな。ユウト」もタイミングが遅いっ(笑)

翻弄されるユウトはいつも可愛そうで・・でも瀬戸際の涙は毎回胸キュンでした

さて、今回1番ツボだった人物は ロブ・コナーズ

この人は2巻でも相当ポイントが高かったのですが、3巻はもっと急浮上
(2巻感想はここ

とにかくイイ人ですっ!!

頭脳明晰で人間的にも素晴らしく、滅法優しく、ジョークも上手い。
その上口説く時はしっかり口説くし、包容力はあるし・・

こんなに男を上げてどーするっ!? というカッコよさでしたぁ~

そんな訳でP.51の挿絵にはクゥ~
ユウトは何故ロブにしないんだろうと真剣に考えてしまいました(アホ)

今回ロブは忍耐を試されただけで終わってしまったので
この人主役のお話が凄く読んでみたいです。(幸せになって欲しい~)

この他印象に残ったのはやはりコルブス。彼の生い立ちから歪んだ人間性が理解でき・・
エスの五堂も同じですが、背景を知ってしまうと憎みきれない悪役。

コルブスはマニングと出来ていたのか??という腐心はさておき、結局可愛そうな人でした。


このシリーズはラブ&サスペンスで非常~に内容が濃かったですが、これを一層盛り上げたのが
高階佑さんのイラスト。

お話と本当にピッタリで、英田さんと知らなくても手が伸びてしまいそうな美しさ
3巻の表紙ももの凄くカッコよくて、ビリビリTシャツ迷彩服にヤラレました~

この作家さんはDEAD LOCKがデビュー作??
1巻発売の時に検索したのですが、他に作品が見当たらず・・
でも最近ではたくさん見かけるようになりました♪

(1~3巻の表紙はなんとなく直高変換・・あとBANANA FISHとか・・とっても素敵でしたっ!)


さて、DEAD SHOTは雑誌と連動で全サ小冊子があるようで、
この他DEAD LOCKは10月にインターさんからCDが出るようです♪

英田作品は次々CD化で・・、もしや英田さんは声優スキー?(笑)
制作側もこの作家さんなら売れると踏んで打診してくるんでしょうね~。

で、気になるキャストですが・・誰がイイでしょう??
外画吹き替え経験者とか(笑)

井上さん、森川さん、三木さん、大塚明夫さん、大塚芳忠さん、平川さん、野島健児さん
とかイロイロ。

楽しみですっ
[ 2007/06/29 19:55 ] 英田サキ | TB(0) | CM(8)

お望みのままに 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

円屋榎英さんの新刊『お望みのままに』を買いました♪

円屋さんの初コミック「恋は契約のあとで」が凄くツボだったので、
待ちに待ったオリジナルコミックです♪ (感想はここ

全部で3つのお話が収録されていましたが・・

相変わらずがメチャクチャ可愛いっ!!

受君のほとんどはポヤヤンとした優しい人ですが、皆凄く 泣き虫
丸っこい形のポロポロ涙が超ラブリーで、絵にも華があるので胸キュンもの

3話とも全て面白かったです!

で、1番好きお話はラストの 「イミテーション・ラヴァーズ」
短いながらも切ない心理描写が上手くて気に入りました

そして1話目の「お望みのままに」はあり得ないバトラー服が面白く・・ほとんどコスプレ♪
メガネ執事がカッコよかったです!

2話目の「三人目のシーズン」はよくある話が楽しくまとまり、
振られてしまった大野のエピソードも読んでみたいです。


円屋さんは昨年ごとうしのぶさん原作で「密約」を出しているので、
今回がコミック3冊目。 (感想はここ

1年1冊ペースのようですが、絵が好みな作家さんが少ないアタシには貴重な存在・・
なので今後もこのペースで頑張って欲しいです~!
[ 2007/06/27 22:37 ] その他のBL漫画 | TB(0) | CM(6)

CD『エス・裂罅』 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

エス3(裂罅)を聞きました。

このシリーズはCD1・2に物足りなさを感じていた私ですが(2の感想はここ
今回は2枚組で苦しゅうない♪

ほぼ原作どーりで、おまけに4巻・31ページまで収録。

でも聞いているうちに「裂罅」は内容がものスンゴク濃いことを思い出し・・
2枚に入りきれるのか??と途中で心配になったほど(原作3巻あらすじ・感想はここ

五堂、弟、紀里、お祖父さん登場・ピアス・S○X強要・埠頭ラブ・宗近過去・監察・「椎葉っ」

てな感じで・・甘さと痛さが満載な上にラストは八方詰まり
メチャクチャ充実してました。

で、この充実内容を演じてくれたのは以下の声優さん達

<キャスト>

椎葉昌紀:神谷浩史 宗近奎吾:小西克幸
篠塚英之:三木眞一郎 五堂能成:成田剣
松倉東明:近藤孝行 鹿目:中村悠一  他


エスは暗い情念が漂う重たい物語。

このため声優さん達の演技は抑え気味の中に、激しさチラチラという感じで・・

今回1番抑え気味だったのは意外にも成田さん。

成田さんと言えば<濃い>印象ですが(ラストトークで小西さんもそう言ってましたが・・)
このCDはわりと薄めで・・・でも不気味な五堂。

これに対して最高に濃かったのはやはり 小西宗近。

究極の低音で演技は抑え気味なんですが・・
だからなのか?? 全てがカッコよすぎてフェロモンむんむん

第一声の 『どうした、俺はまだ満足してないぞ』
エロ過ぎて悶絶っ!

出だしから倒されて、この先無事聴けるのか??とドキドキしました~

小西さんのオレ様低音はBLだと鬼畜キャラが多く、
このトーンで好きな作品が無いのですが・・

宗近はキッチーを覆い隠して余りある愛の深さがあるため、
何度グハッとなったことか!(はあはあ)

椎葉がボロボロにされた事に怒る「貴様っ!」にもたぎってしまいました~(アホ)

でもちょっと残念だったのは強要Hシーンの「こいつには触るな」がカットされていたこと。

××シーンなので、短めOKですが・・
ストーリー・宗近・コニタン全てに嵌っているアタシとしては全部残さず収録して欲すぃ。

重たい内容のCDにトークは要らないので、その分きちんと脚本化を希望。
4巻は一言も漏らさずお願いしたいですっ!

それにしてもトークのコニタンは声が別人過ぎる・・
もうヤメレってくらい高音で・・凄い声優さんだと改めて思いました~(笑)

と・・、小西宗近へ愛を叫び過ぎました

なので主役の神谷さんに感想を移します。
先ずはしつこいようですが、復活してくれてマジメに嬉しいです♪

3巻は椎葉が宗近と離れたがらない場面が2カ所あるので、かなり切なくて可愛い
宗近のからかいに「お願い」と言う口調も凄くしっくりで最高でした~。

とにかく椎葉のイメージにピッタリの声と演技には脱帽♪
モノローグ大量で大変ですが、この調子で4も頑張って欲しいです!

この他ピッタリと言えば、初登場の鹿目と東明も違和感なく、
相変わらず美味しい所を持って行く篠塚兄さんは存在感ありっ!!

三木さんの静かな口調が耳に残りました。


「裂罅」は1・2に比べ満足度が高い作品になりましたが、あえて文句を言うならBGMが今一。
もう少し効果的な盛り上がりが欲しかったです・・。


このCDは応援次第で4へ続くようですが、当然応援しますし・・
続かなきゃちゃぶ台引っくり返しますよっ!

てな訳で8センチCDも絶対頼みます♪
これはブックレットのSSがCD化するようで『モモちゃん』には爆笑~。

でもこの写真を撮ったのは宗近なのか??
鹿目さんが「ツーショットで写りたい」と頼んだ・・・わけはないか(笑)
[ 2007/06/26 21:10 ] 英田サキ | TB(0) | CM(6)

CD純情ロマンチカ6・7 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

純情ロマンチカ6・7と純愛エゴイスト2を聞きました♪

roman6.gif  roman7.gif  jyunai2.gif


<ロマンチカ6・7・キャスト>  

高橋美咲:櫻井孝宏 宇佐見秋彦:花田 光
宇佐見春彦:鳥海浩輔 宇佐見冬彦:小杉十郎太
宮城 庸:井上和彦 高槻 忍:岸尾大輔
上條弘樹:伊藤健太郎 角 圭一:千葉一伸


<純愛エゴイスト2・キャスト>

中條弘樹(上條弘樹):伊藤健太郎
風間野分(草間野分):神奈延年



ロマンチカ6は苺・さくらんぼ攻撃話とテロリストが収録。
ロマンチカ7ウサギさん受未遂事件と美咲の決死告白未遂。

相変わらず極端に回る人が多くて爆笑なCDでしたが、
1番面白かったのはテロリストの井上さん

私が井上スキーだということもありますが・・

年下に嵌って翻弄される宮城は可愛くて、可愛くて・・
時々ギュンター並に高音になる和彦さんは笑えて、笑えて・・

恋にあがくオヤジがめちゃ上手かったです♪

てな訳で、宮城は井上キャラの中でかなり上位

*私的にツボな井上キャラは・・
 ・千影(西洋骨董洋菓子店)
 ・俊二(開いてるドアから失礼しますよ)
 ・ギイ(タクミ君シリーズ)
 ・ギュンター(マ王) など


この他面白かったのはやはり美咲。
櫻井さんの慌てたり呆れたりする演技が凄く笑えて自然♪

そして新しく出てきた兄と父もピッタリ!
これでウサギさんの声さえもう少しイメージどーりだったら・・
完璧でした(汗)


純愛エゴイスト2は学祭のジンクス話で、お互いの嫉妬心から盛り上がりますが・・

耳からこのストーリーを聞くと、口だけでなく鼻からも砂を吐きそう!

純愛シリーズは本編より炸裂度が低い分、皆が素直。
なので甘甘が半端じゃありません

流石ウサギさんの小説ですっ(笑)
[ 2007/06/24 16:35 ] その他のBLCD | TB(0) | CM(6)

「地球へ」第12話 「アニメ!!(39164)」

本日から本格的にキース大人バージョン大公開です♪

で、のたうち回るほどカッコイイ~~~~っ

完全に キースへの愛 が復活しましたっ!!
彼にとち狂っていた二十数年前の感覚が今甦るっ!(アホ)

大人キースはほぼ原作どーりというか・・容赦なく  ♪

マツカへの所業を横で見ていた子供が「どうしたの?キース・・変わったね~」
と感想をもらしていましたが・・「これが正しい姿なんだよっ!」と答えておきました。

これまでのアニメ・キースはちょっとポヤヤンとしてたので、本日は満足
(今まで こんなのキースじゃない~っ!と叫ぶこと数回・・でも子安さんだから許せたんですけどね/ハハ)


さて、今回1番の萌えどころは キース&マツカの絡み

1201.gif

この二人の関係はまだ清~い中学生だった頃も萌え萌えで・・
でも完全に腐った現在ではもっと ドキドキ で・・

マツカの上着を開くシーンには鼻血が出そうになりました (邪)

キースとマツカはある意味S・M関係なので、とにかく妄想炸裂っ。
声も高城元気さんで、十分 受け受けしい・・。今後も楽しみですっ!!

そして本日笑ったのは成田先輩再登場~。辺境に流されてたんですね(笑)

『大佐との間に懐かしむほどの過去はありません』
とキースに冷たくあしらわれていましたが・・・あったら大変だよっ! (て、ナニが?)

この他サムが口ずさんでいた歌が昔の映画の主題歌。これもちょっと笑えて・・
懐かしかったですっ!


にしても キースの二の腕 が・・たまらんっ
[ 2007/06/23 21:19 ] その他のアニメ | TB(0) | CM(6)

黒猫チビの夜想曲 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

雪代鞠絵さんの新刊『黒猫チビの夜想曲』を読みました。

街子マドカさんのメチャ可愛いネコ耳にひかれ、買ってしまった1冊です
で、本を開けば思いっきり ショタっ

でも元がニャンコなら半ズボンリボンタイもなんのその
猫少年は全カットもれなくラブリーでした

この物語は前半が猫の恩返し めいたお話で・・
月の力で人間になったチビ猫が、ケガを手当てしてくれた人間・和成を危険から守るもの

後半はチビ猫が人間らしくなるために努力を重ねる物語ですが・・
まるでアルプスから都会に来たハイジのよう~。

会社社長の和成は仕事が忙しいためチビ猫にかまえず、
その上チビの猫的行動には厳しい・・。

ご主人様に優しくしてもらえないニャンコがちょっと可愛そうでした~。


雪代さんは過去に2,3冊読んだことがありますが、どれも「受」追い詰め型
切なかった記憶が・・

今回の「黒猫・・」はファンタジー色が強いので、笑えるシーンもたくさんありましたが、
(カーテンにじゃれる、PCのマウスをかじる、猫の集会に参加するなど・・)
全体的には健気で切ない感じでした。


さて動物変身ものといえば、高嶋上総さんの「犬も歩けばフォーリンラブ」も最近読みました。
inumo.gif
こちらは発情すると人間になってしまうワンコで、かなり犬くさい人間。
なので本能のまま舐めまくるぅ~(笑)・・コメディ色が強く、面白かったです


でもこのジャンルで1番好きなのはやはり水壬楓子さんのムーンリットシリーズ
狼・蝙蝠・兎・蛇・虎・猫とイロイロで、どのお話も<萌と笑>が一杯です


にしても、街子さんの描く少年はやたらと可愛い~~
元々ファンタジーならショタOKなアタシなので・・(ラブレス大好きだしさ)
これだけラブリーなら別の扉が全開になってしまいそうです(笑)
[ 2007/06/22 21:00 ] その他のBL小説 | TB(0) | CM(2)

いつわりの薔薇に抱かれ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

英田サキさんの新刊『いつわりの薔薇に抱かれ』を読みました♪

 ヤクザ×刑事 ですっ!!

 敵対する立場で惹かれあう二人ですっ!

でもイイのです~
何故って英田作品はヤクザ・刑事関係しか嵌らないから・・(ハハ)

やはりロミ・ジュリ的恋愛はツボ
(エス・夜が蘇える・さよならを言う気はない・DEAD LOCKが好き♪)

というわけで今回のお話は香港マフィアのボス・アレックスと彼の行動を監視する刑事・高峰の物語。

ちなみに高峰は名前です。フルネームは八重澤高峰

凄い画数です~。 名前を書く度にイライラしそうな・・(笑)


さて、高峰のアレックス監視方法ですが・・
それは 執事 になることっ。

アレックスはスイートルーム滞在のため、高峰はホテルのバトラーに成りすまし
諜報活動を行います。

なので、マフィア×刑事というより ご主人様×執事 もの。
高峰くんはかなり演技派なのでそんな錯覚に陥りました。


『いつわりの薔薇・・』は他作品に比べると人物の掘り下げが少々足りなめ。
でも「嘘」が背景にある駆け引きはスリルと切なさが一杯で、思わず一気読みしてしまいました。


英田さんの作品は受に対してなものが多く、受君が痛い目にあいがちですが・・

今回は珍しく  が可愛そう~~。
騙されて骨抜きにされたあげく、ついて来てくれないなんてっ!!

でもアレックスは薔薇風呂に入ってしまう濃いキャラなので・・
再び高峰を口説き堕としに来るに違いないっ!


文中に 『何日君再来』(いつあなたは帰ってくるのか)という中国語の歌が出てきますが、以前中国語を勉強していた時に聞いたことがあって・・

ちょっと忘れてしまったのでさっきテープをかけてみました(歌はテレサ・テン)
穏やかなよいメロディでした♪



昨日英田さんからメルマガが送られてきました。
その中に5月のCityで配布された「さよならを言う気はない」の番外SSがあって・・
凄く面白かったです この作品はやはり続編が読みたい~~っ!

あと今月27日発売の『DEADSHOT』の表紙が超カッコイイ!
こちらは新刊と雑誌で全サもあって・・詳しくはここ

この他「DEADLOCK」は10月にドラマCDが出るらしく・・
CDといえばエス・3も25日発売♪
今月は英田祭りだっ(喜喜)
[ 2007/06/21 23:09 ] 英田サキ | TB(0) | CM(8)

夜と星のむこう 「今日読んだマンガは??(53396)」

今市子さんの新刊『夜と星のむこう・1』を読みました。

残念ながらBLではなく ホラー ですが、百鬼夜行抄と同じように
キャラにユーモアのある作品。

特に可笑しかったのが大山椒魚の
玄は主となった人間を守る宿命のようですが、人間姿は凄くカッコイイ

でも山椒魚なのでマメに水分補給をしないと倒れてしまい・・
今一当てにできません(笑)。

『夜と星の・・』はこのと中学生の立一、そしてある日突然現れた立一の兄・龍一の物語。

二人と一匹は神代から続く龍と瑞鳥の因縁に巻き込まれているようですが、
あまりにも謎が多く・・1巻は思いっきり<つづく>というところで終了~


この作品の発行は今月の13日でしたが、連載していたのは平成12~13年で、
どうして今まで出なかったのか??

1巻となっているので2巻の予定があるとは思いますが・・
7年も前の作品なので、ちゃんと終わっているのか少々不安です~~。

でもカラーが16ページもある本で、ラストエピソードは時代劇。
和服も美しく、ファンにとっては美味しい1冊でした♪
[ 2007/06/20 22:24 ] 今市子 | TB(0) | CM(4)

ミラージュ・番外編 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

別冊コバルト8月号に炎の蜃気楼・番外編が掲載されました。

『赤い鯨とびいどろ童子』 という児童文学みたいな??新作です。

内容は赤鯨衆創立時のお話で、嶺次郎・草間・中川・一蔵・卯太郎・兵頭など
懐かしい名前が一杯。

お話は嶺次郎が憑依体として目覚めた瞬間から始まり、
赤鯨衆メンバーは全員タイムスリップ状態。

ヤクザまがいの悪さをたくさんしつつ組織ができ上がっていきます。

そんな訳でちょっぴり笑える場面がたくさんですが、期待していた直高登場はやはり無くて・・(泣)

でも直江or高耶さんらしき人が話題に上っています♪

全体的に勢いのある明るめのエピソードでしたが、嶺次郎と草間の関係がとてもよくて・・
なのでこの後の本編を考えると切なくてなりません


ミラージュは歴史に埋もれた敗者が主役の物語。

その中でも赤鯨衆は特に名も無き兵士の集まりで・・
成仏できない憑依霊の罪悪感と矛盾が浮き彫りになっている集団でした。

このため魅力あるキャラが一杯で、特に好きだったのが嶺次郎と高耶の関係。
この二人の友情にはほんとに泣かされました・・。

というわけで、「赤い鯨・・」で四国編が凄く肉厚だったことを思い出してしまったアタシ・・
なんとかCD化できないもんでしょうかね~。

嶺次郎は伊藤さんとか・・
兵頭は小西さんとかがイイです(笑)


とにかくどんな形でもイイから完全に終わるのだけは阻止したいです~っ!

にしても、びいどろ童子は・・可愛いオチでした(笑)




さて、同じコバルトに掲載されていた三浦しをんさんの小説「政と源」も読んでみました。

挿絵はなんと円陣さんで・・もしやBL??

と一瞬思いましたが・・表紙は じーさん 二人・・。

なので話も当然じーさん達が主役の下町人情物語。
政と源が非常~に仲良しなのは分かりましたが、微妙な感じで・・

萌えには到達しませんでした(笑)。
[ 2007/06/19 19:47 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(2)

風林火山・第24話 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

出たぁ~~~っ

半年待ってようやく景虎さま来臨っ!!

「炎の蜃気楼」ファンとしては凄~く嬉しい謙信パパ登場です♪

で、でも・・・これだけっ?!

本日の題名は 『越後の龍』 なんですけどっ!
・・・2分くらいしか出番がなかった??

それでもガクトさんの美しい顔と毘沙門天&真言に別世界を見て・・・

「我に力を与えたまえ!」に続き「調伏!」と言って欲しかったですが・・(笑)

来週はどうなんでしょう??

出て来なかったら暴れてやるぅーーーっ!!


さて、主役・勘助は生きて晴信の前に帰還。
高坂が勘助の姿を見て嬉しそうにしていたのが可愛くて 萌えましたっ

にしても勘助、ラストは孫を抱くおじいちゃんみたいで・・でも報われてよかったです。


今後のミラージュ関連の上杉方布陣は、直江実綱:西岡徳馬さん 柿崎景家:金田賢一さん
のようで、色部さんと安田さんが気になります!
絶対出して欲しいです~。
[ 2007/06/17 21:35 ] ミラージュ関連大河 | TB(0) | CM(10)

鋼鉄三国志10話 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

第10話は三ツ矢雄二さん登場~~!

三ツ矢さんはこのアニメの音響監督ですが、魏の親玉・曹操も演じていて
やっとお出まし♪

で、ますます 大オカマ大会にっ!!

諸葛兄弟も劉備も孫権も皆女臭いですが・・曹操は本物っ!

化粧してるし、やっぱりCVが三ツ矢さんだし・・そのものでした(笑)

中高生時代、三ツ矢さんはお馴染みの声優さんで
この人のオネエ言葉の混じるトークにはかなり爆笑~。

キャラ的にはもちろんタッチが1番有名ですが、私的に大好きだったのはゴッドマーズのマーグ
同じ兄役でも断然こちらがツボでした(20年前から兄弟萌え・・成長が無いです)

当時知っていた声優さんで現在頻繁に声を聞くのは、井上さんと小林清志さんくらい・・。
なので、今回は懐かしかったです~。


さて、第10話の突っ込みどころです。(もはや突っ込むために存在する番組かも・・/笑)

今回は魏に海と陸から攻め込まれる呉。どうやら周瑜に一計あるようですが
孔明との腹の探りあいが面白い展開

で、先ず突っ込むべきは・・・周瑜様に労いの言葉をかけられた甘寧

何故そこで赤くなるっ?!
別室でナニかされる想像でもしたんでしょうか??(腐)

イベントで見た諏訪部さんの可愛さが甦ってきました~(笑)

お次は劉備・・
頭のリボンは孔明に付けてもらったとか・・

ここで陸遜が嫉妬すると面白かったのですが、あまりの白痴ぶりに目が点になっただけみたい・・。
関羽が「真白きお心の持ち主」と言っていましたが、本当に何も考えてなさそうです(笑)

この他せっけんみたいな薬草入りのモチとか、綿飴がつぶれたみたいな花とか・・
笑えました~。


そして萌えナンバー1はやっぱり孔明&陸遜

「いけない子・・・ですね」

立ち聞きしていた陸遜に声をかける孔明。
「いけない子」で少し間をとった子安ボイスにドキドキィ~~~

その後「大丈夫」と囁きながら心配する陸遜を抱きしめっ
陸遜はウットリごまかされててイイのでしょうかぁ~~。

でも一緒に行動しているので来週も楽しみ♪


鋼鉄三国志は遊佐さんと宮野くんのラジオがあるようですが・・
何故かウチは上手く入らなくて・・
CDにして欲しいです~。
[ 2007/06/15 20:18 ] その他のアニメ | TB(0) | CM(10)

速水奨さんの陰陽師 「私の好きな声優さん(12067)」

速水奨さんの朗読CD「言葉の空間4」を聞きました。

内容は・・

・陰陽師(天邪鬼) 夢枕獏
・汚れつちまつた悲しみに ・サーカス 中原中也
・君死にたまふことなかれ 与謝野晶子
・初恋   島崎藤村

大好きな速水さんと大好きな「陰陽師」が一緒になっている私的に夢のようなCDです

夢枕さんの陰陽師は腐生活に入るちょっと前に出会った作品でしたが
晴明と博雅の関係にはかなり萌え萌え
(て、この頃は「萌」という単語を知りませんでしたが/笑)

岡野さんの漫画を揃えたり、晴明神社と京都ブライトンホテル(晴明様お屋敷跡)に行ったり・・
けっこうな嵌りようでした。

でも岡野さんの漫画は途中からかなり難解で・・挫折(汗)
結局私は原作が1番なので 直江(速水さん)が読んでくれる「陰陽師」は凄く嬉しかったです♪

この作品は速水さんの一人語りなため、当然晴明・博雅の他に式神の、天邪鬼の童子も担当♪

お陰でアニメやドラマCDでは耳にできない声をたくさん聞くことができました。
で、1番新鮮だったのは博雅ボイス
(女・童子のよーな高めボイスは「監禁の館」で聞いたことがあるので~)

博雅は朴訥した天然キャラなので、速水さんには回りにくい役柄。
このため素朴で太い感じの博雅声は聞いたことがないタイプでした。

これに対して晴明ボイスは 艶っぽい~~~っ

そんな声で真言を唱えないで下さいっ!!

・・・色んな意味で腰が砕けました。

この作品は速水さんの素敵ボイスだけなく、ギターの音色も効果的
声とギターが夢枕さんの美しい文章に上手く重なり、非常~に満足度の高いCDでした。


さて、この記事をUPするのために「言葉の空間」を検索してみると・・
どうやら速水さんはディナーショーでも朗読されているようですね。

そしてその場所がなんと リーガロイヤルホテル!
速水さんがリーガによく泊まられるという話は聞いたことがあるのですが、
ショーまでやっているとは。

京都リーガといえばミラージュ「みなぎわの反逆者」ですっ!!
つまり「大人の本気」現場とゆーか・・

速水さん、朗読も大人の本気だったのですね~っ

でもこれって意図的に同じなんですよね??
そうでなければ不思議すぎます(笑)


夢枕さんの陰陽師で1番好きなのは「生成り姫」
この作品が1番晴明&博雅のラブ度が高い気がして・・

もちろん他の本も二人はとても仲良し
事件解決に向かう決まり文句にはいつもワクワクさせられます↓

「ゆこう」
「ゆこう」

そういうことになった。

・・・書いてるウチに原作を読み返したくなってきました。
今ならもっと萌え上がるにちがいないっ!

にしても、「陰陽師」は映画化はされましたが、CDは速水さんの朗読だけ??
ドラマCDを作って欲しいです~。
[ 2007/06/14 20:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

CD・The MANZAI 3 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

『The MANZAI 3』のドラマCDを聴きました♪

<キャスト>

瀬田 歩:石田 彰、秋本貴史:中井和哉
萩本恵菜:松岡由貴、森口京美:野田順子
高原有一:真殿光昭、蓮田伸彦:佐藤まさよし


「The MANZAI」は昨年原作に大層ハマリ、CD1・2をしっかり鑑賞~♪
キャストがばっちりだったので、当然3枚目も聞いてみました。
(原作3巻とCD1・2感想はここ


3は再びロミ・ジュリを夏祭りに公演しようと意気込む秋本達のお話ですが・・
CDになっても 秋本の愛はパワー全開!

中井さんの関西弁発音の「あゆむ~」は爆笑で、14歳ボイスも無理なく聞ける♪
これに対して石田さんのちょっと情けない冷めた歩も可愛らしく・・

「The MANZAI」という題名は小説内の漫才のことではなく、
秋本と歩の口説き、口説かれ会話自体がMANZAI なんだ。 と改めて感じました

そんな訳でラブシーンは一切ないCDなのにアヤシイ台詞が一杯。
そして歩に対するボディタッチも一杯(笑)

熱計り、姫抱き、肩抱き愛々傘・・

「何で一々手を握るんだよ!暑苦しい!」
と歩くんに怒られています。

そんな二人を更にくっつける方向で応援するのが高原たち。
中でも森口は完全に腐女子なので今後も力強い味方。(誰の?)

で、高原は腐女子OKらしく・・今回は森口にしっかり告白。
14歳・真殿さんは中学生とは思えぬカッコよさでした~(笑)


3はマンザイの舞台へ出陣というところで続く。
秋本は歩の浴衣姿を 「また一段と美しいやないか」 と誉めていることですし・・

今後もこの勢いで頑張れ!と、何処までもBL視点で児童文学(?)を楽しんでしまうのでした。


*このCDはトークも充実でした♪特に真殿さんがはじけていて、石田さんイジリが爆笑でした。仲良しなんですね(笑)
あと中井さんマフラー写真が可愛かったです(スタジオの空調よけにマフラーが流行っているとか・・)
[ 2007/06/13 12:58 ] あさのあつこ | TB(0) | CM(6)

FOOKIES感謝祭 「私の好きな声優さん(12067)」

FOOKIES感謝祭・夜の部に行ってきました♪
場所は荒川区のサンパール荒川大ホール。

荒川って何処???な横浜市民のアタシでしたが、可愛い都電に乗れてラッキー♪
そして「FOOKIES」も何???な罰あたり参加でしたが、かなり爆笑できてこちらもラッキー♪

ラブレスペア(小西&皆川さん)とレイフロ(藤原さん)にひかれて買ったチケットでしたが、
内容知らないわりに楽しめました。

<出演>

皆川純子、小西克幸、諏訪部順一、野島裕史、藤原啓治、小野坂昌也

イベント内容はミニドラマ・質問形式のトーク・西遊記(笑)・クイズでしたが、
ほとんど 小野坂昌也トークショー?!

関西弁の激しい突っ込みと面白さでほズゥ~~としゃべりっぱなし
この人はほんとに声より話芸な方です(笑)


さて、私的に開演前に期待していたのは・・
小西さんと皆川さんが仲良くすることと、小西さんと諏訪部さんが仲良くすること。

小西&諏訪部は、ご一緒した柚葉さんが「フレブラ」コンビだと気付かせてくれたせいで
ジェフリーとナイジェル変換でイベントに突入

が、諏訪部さんの意外性 に妄想はゼロ

諏訪部さんは役柄や声やCDトークから、もっと態度の大きい人かと思っていたんですが
実際は動きがチョコチョコしていて、しゃべりはゆっくりで・・可愛い

小野坂さんにイジラレ過ぎて可愛そうな気さえしました~。

で、この諏訪部さんの真似を小野坂さん、小西さん、野島さんがしていましたが、
1番上手いのは野島さん!

野島さんは何故諏訪部さんになれるのか??声に強烈な個性が無いから??
正にコピーでした~(凄)

この野島さんの役は徳川晴彦という若君でしたが、それの護衛が小西さん演じる七のようで・・
ミニドラマは主従萌え♪

兄でなく弟だったらもっとムラムラしましたが、コニタンの敬語に満足できました

昨日の小西さんは黒のニット帽をかぶっていたので茶髪が見えず・・
途中でちょっと取ってくれましたが・・
できれば全て脱帽でお願いしたかったです。(小野坂さんの金髪と被ると思ったのかしらん)

小西さんと小野坂さんはいつかガンダムに乗りたいそうですが、
次のガンダムは高河さんがキャラデザですし・・是非コニタンはメガネキャラで乗って欲しいです!


さて、1番面白かったのは藤原さん
相変わらず渋くて素敵な人でしたが、今回は小野坂さんにイジラレ過ぎて可笑しさ倍増。

小野坂さんの騒音に憔悴しきったのか・・やる気の無い姿が爆笑でした~


このイベントは台本があって無きような感じで・・
それほど皆さん自然に振舞っていたので、もしかしてアドリブの嵐??

アッという間の2時間でした♪


*昨日は元々一人で行くはずだったのですが、お仲間が3人も増えてとても楽しかったです。
そして全員フレブラファンという珍しい事態にも感動(笑)
ご一緒してくださった皆さん、ありがとうございました♪
グラハムクラッカ~(笑)
[ 2007/06/11 19:19 ] イベント | TB(0) | CM(4)

パイレーツ・オブ・カリビアン3 「私の好きな声優さん(12067)」

娘二人を連れて『パイレーツ・オブ・カリビアン3』を見てきました♪

長女が土曜日もある中学に入ってしまったので、
なかなか予定が会わず・・本日やっと行けました。

で、私の目的はオーランド・ブルーム吹き替えの 平川大輔 さん

中一長女のためには字幕の方が英語の勉強になるんですが・・
そんな事がよぎったのはほんの一瞬

3時間平川ボイス浸けでウットリ~

オーランド・ブルームの甘い王子顔に平川さんはピッタリで、
正統派のハンサム君をあまり好きにならないアタシが、オーリーを特別視

ちょっと入り方が間違っていますが・・

声の魔力は凄いですっ!!


さて、パイレーツは相変わらずの活劇で面白かったですが、2から1年もたっていたので
内容をほとんど忘れて謎が多すぎ(汗)。

で、ラストはハッピーエンドじゃないよーな・・(主役の出番も少ないし・・)
矛盾と???が大量で、楽しかったけどスッキリしないという・・微妙な感想です。

たいていのシリーズ映画がそうですが、やはり1作目が1番面白い!
なのでパイレーツも例外でない気がしました~。

(ジャックとウィルの友情がもっと深ければ1<3になったかもしれませんが/邪)


そう言えば、本日スターチャンネルプラスで平田さんと平川さんのインタビューが流れたらしいです・・。

で、この情報をくれた友人が録画してくれたようで、この他平川さん じゃなくてオーリーが出ている映画も気にかけてくれたのでかなり楽しみ! (小夜さん、感謝です)

パイレーツ並に内容も声も両方楽しめる映画にはなかなか巡り会えないとは思いますが、
(まるでBL小説の内容と挿絵の関係)
これからもオーランド・ブルームは要チェックですっ!
[ 2007/06/09 23:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

太陽の雫 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

高岡ミズミさんの新刊『太陽の雫』を読みました。

この本は1年前に出版された「太陽と月の背徳」の続編で、今回は莉央叡帝が主役。
(「太陽と月の背徳」の感想はここ

二人はそれぞれ国を代表する立場なために、頻繁に会うことは許されず・・
そんな中叡帝が少女を妃に迎えるという噂が莉央の耳に入ります。

「太陽と月の背徳」の莉央は無邪気に見えてしたたかという印象でしたが、
「太陽の雫」では母的存在だった月花に去られ、窮屈な王宮に一人縛られる可愛そうな王様。

頼みの叡帝もはっきりしないため、吟遊詩人の董歌と浮気をしかけたりしています。

一方叡帝は ロリコン決定! という振る舞いの数々で・・
正直莉央に対して意地悪。

結局互いの嫉妬から絆が強くなった二人ですが・・
今回は叡帝×莉央よりも莉央と安坐に萌えてしまいました(笑)

安坐は気弱な中年の側近。ジッとしていない莉央の後を追いかけ回し、
文句を言いながらも莉央の機嫌を取ってくれる人♪

もしこのキャラが若かったら主従BLに発展したんじゃ・・??
ちょっとコミカルな立ち位置で、イイ味が出ていました♪


「太陽の雫」は前作に比べると物語のスケールが小さく・・
このシリーズに次作があるのか分かりませんが・・

あるならやはり月花のその後が知りたいっ!!
自分探しの旅から早く戻ってきて下さい~~。

で、悠仁との甘甘が読みたい
そして莉央も寂しそうなので、1年の半分くらいは一緒に住んであげて欲しいですっ。
[ 2007/06/08 22:08 ] 高岡ミズミ | TB(0) | CM(2)

烙印の夜に逢う 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

柊平ハルモさんの新刊『烙印の夜に逢う』を読みました。

円陣闇丸さんの表紙にひかれ購入しましたが、内容は 吸血鬼ものっ!

思わずVassalord.が頭をよぎりましたが、『烙印の・・』に<笑>は無く、

ひたすら 吸血鬼の150年愛でした


この物語は惹かれあいながらも吸血鬼と餌の関係で終わってしまった
二コラエサシュが、150年後再び巡り会うストーリー。

人間のサシュは誠一という日本人に生まれ変わり、過去の記憶を失っていますが、
二コラエが彼を発見した日から少しずつ昔の愛憎劇を思い出し・・

二人は感情の行き違いがはっきりするまで時間がかかります。

(二コラエにはもう少し人の心の裏を読め~~ と言いたくなりました/笑)


さて、円陣さんの挿絵ですが・・文句無しに素晴らしかったですっ

ファンタジーで吸血鬼ものなのでフリルで長髪
カラー扉絵も色っぽくて悶絶~

そんな訳で 小説<挿絵

小説も題材が面白く、執着愛に記憶喪失と美味しいネタが一杯(なんだかミラージュ)
が、少々展開が遅く・・私的にもう1歩文章に力が欲しいところでした~。

*はあ~、円陣さんにイラスト集を出してもらいたいです~。
[ 2007/06/06 22:09 ] その他のBL小説 | TB(0) | CM(4)

都立魔法学園入学案内 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

都立魔法学園入学案内~「都立魔法学園」イラスト集&ファンブック
を買いました。(長いタイトルだ)

内容はもちろん「魔法学園」オンリーで、以下の作品が収録

・魔法学園カラーイラスト
・同人誌から収録のミニ漫画3編
・キャラクター設定資料
・魔法学園案内、試験問題など
・星野先生インタビュー
・ドラマCD「試験のあとにクリスマス」(22分)


この本で1番の目当ては商業誌未発表の漫画。
全部で3編ありましたが、短い枚数で可愛くまとまっているものばかり。

1番好きなのが「白組」で、羽根の使い魔が美しかったです~。

で、よかったのはやはりカラーイラスト。フワッと可愛く、ほっぺのツヤがキュートでした

ドラマCDは『都立魔法学園』と同じキャスト(CD感想はここ)。

題材が少々季節はずれでしたが、こちらも可愛い内容。
でもストレートに用語が出てきたりと・・子供っぽいのに大人向きで・・
なかなか笑える内容でした。

にしても、ハーレムを演じる宮田さんはある意味化け物ですっ
(ってハーレムは淫魔ですが)

とにかく尋常じゃない可愛さで・・・声が高ーーーい!!
一体いくつなんですかっ??

こんな声の持ち主は貴重なので・・いつまでも頑張っていただきたいです(笑)


この本は魔法学園のファンブックだけあって、魔法学園が目一杯でしたが、
前回発売された 『魔法細工』 (星野リリィ イラスト集)があまりにもよかったので・・
(感想はここ

同じ値段なのがちょっと納得できませんでした。
(CDが入っているから??)

なので、星野さんを本当に楽しむのであればやはり『魔法細工』が一押しです!


*昨日記事をUPした際、ミニ漫画の3話目が書き下ろしと思い込んでいました。
訂正しました・・スミマセン(汗)
[ 2007/06/05 21:41 ] 星野リリィ | TB(0) | CM(0)

ゼロサム・ラブレスCD 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

ゼロサム版『LOVELESS』CD VOL.6が届きました♪

今回は女子ゼロ編で原作3巻の12話~4巻の16話まで収録。
VOL.5が去年の4月だったので、かなりお久しぶりの新作です

<キャスト>

我妻草灯:小西克幸 青柳立夏:皆川純子
律先生:子安武人 清明:成田剣
倭:かがずゆみ 紅夜:釘宮理恵
瑶二:吉野裕行 奈津生:斎賀みつき
7:久川綾 渚先生:小林沙苗 東雲瞳:能登麻実子


VOL.6は女子ゼロ登場で、草灯が河原でボロボロにされるまででしたが・・
先ずは1track目の律先生ボイスヒィ~

『あの子は今でもオレのものなんだ』

凄いです~。草灯に対する執着と思い込み・・・。

で、この台詞に続いて『律先生、あの人も絡んでいるんだろうか』
という草ちゃんボイス。

子安さんと小西さんの連続美声で、もうたまらんっ!!
これだけで昇天しそーな出だしでした


さて今回私的にポイントが高かったのは、瑶二

吉野さん演じるこのキャラはかなりクセのある声ですが、
VOL.6は可愛さと可笑しさがたくさん。

特によかったのが草灯との会話でした

草ちゃんはやっぱり子供好きらしく、かなり優しい声で瑶二とおしゃべり。

終いには 『眠らせてあげようか』 と超エロボイスで言ってますし・・
でも飲ませたのは牛乳・・・・安心しました(笑)

そしてイロイロお世話になっている瑶二はというと・・
草ちゃんからヘルプコールがあっても

「え~、何で?切っちゃえよ」
「最悪!H電話かよっ。変態!」

と返す始末で、キツクて爆笑~。イイ味の子供ですっ!


今回1番好きなのは立夏と草灯の電話シーン。必死の立夏と会いたがらない草灯が切なくて・・

『立夏、会いたくないよ。見られたくない』

これには腰砕け。イイ声です~~。やっぱり小西・草灯は宇宙一
大好きですっ


ラストのキャストコメントは出ている人全員なのでかなり長かったですが、
ちゃんと全員集まって収録しているところが凄い!

成田さんなんて、このためだけに来たんですかぁ~?という台詞量。
しかも瑶二が中に入っている清明・・(笑)

子安さんも台詞が少ないせいかヒソヒソ声でしたし・・

この作品はもう少し1枚を長くできないのか??せめて65分くらいは入れて欲しいもんです!!

でも出してくれるだけで嬉しいので贅沢は言えません・・。
今後もコミックが出ているだけCDを作って欲しいっ!!(叫)

てな訳で、次回の女子ゼロ2も楽しみ。2は草・立のベタが多めと予想されます♪


*CDケースに書いてありましたが、倭&紅夜は卒業したら結婚するそうです。
で、30才までに一戸建てを買うそうな・・(笑)
[ 2007/06/04 15:18 ] LOVELESS | TB(0) | CM(8)

CD・耳をすませばかすかな海 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

崎谷はるひさん原作の『耳をすませばかすかな海』を聞きました♪

このCDは発売から3日後に買いに行ったら売り切れで・・(渋谷アニ)
結局ヤフー通販でようやくゲット♪2枚組なのに凄い人気ですっ!
(もしや神谷さん復活のお力??)

<キャスト>

宮上和輝:鳥海浩輔 大澤笙惟:神谷浩史
宮上瀬里:野島健児 中河原大智:小西克幸
藤木聖司:鈴木千尋 林田真雪:松岡由貴


大好きなブルーサウンドシリーズ・第弾です♪

私的にシリーズ中、2番目にキャラと声がピッタリだったのがこの和輝で、読書中から鳥海さんの声がしてましたっ。 (1番はコニタン大智)

そしてお相手は誰かとドキドキしていたら、なんと神谷さんっ!!(喜)
で、聞いてみたらこの上なく笙惟でした~~っ


実はこのシリーズ、大智×瀬里は野島さんが微妙にイメージと違い・・
嘉悦×聖司は嘉悦さんが論外で・・(汗)

なので、この3作目CPが1番しっくり
ほぼ原作どーりの余裕ある2枚組みで、とても満足な1枚でした♪


「耳をすませば・・」は謎の多いDJ・笙惟と瀬里弟・和輝の物語。
(原作紹介はここ

2巻で瀬里に意地悪だった弟は、10才年上の笙惟を知ってかなり大人に♪
恋に臆病な笙惟のために一生懸命で可愛い

でも口説きながらも「兄が1番」と言いきってしまう瀬里ラブぶりも健在で、
兄弟仲良しでこちらも萌え

そして 大智と和輝の戦いは相変わらず面白かったですっ!

面白いと言えば、和輝×笙惟は常に 勝負H
年上に負けまいとする和輝とメロメロにされまいとする笙惟の会話は決して甘甘ではなく・・
なのに エロエロ

時々どっちの喘ぎか分からなくなるとゆーか・・二人とも受くさい時がっ(笑)

でもどのシーンもとにかくキャラに成りきりで、鳥海さんと神谷さんの芝居の上手さを堪能できました


ラストのトークは鳥海さんと神谷さんの二人だけ。
とても明るい雰囲気でDJっぽくなる声には爆笑~(もしや諏訪部さんの真似?)

でもラストの方で神谷さんが
「僕にとってマイクの前に立つことは重要なこと」と言ったので、ちょっとジーン。
復活後何作目のCDか分かりませんが、私はお初なので嬉しかったです♪
[ 2007/06/02 20:21 ] 崎谷はるひ | TB(0) | CM(4)

鋼鉄三国志・9話 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

今回も何処から突っ込んでイイものやら・・(笑)
笑えるところが多すぎました~。

先ずは兄の孔明虐めですが・・
兄が弟の髪を引っ張ってお仕置きって・・ムカついたなら殴り倒して欲すい~。

まるで女郎屋の女将が花魁に折檻しているみたいな・・

慌てて駆け寄った陸遜から「姐さんに酷いことしないで!」という台詞が聞こえてきそうで・・
(↑花魁BLの読みすぎ)

全くオカ○臭い兄弟ですっ!!

でも兄が去った後はきちんとベタな師弟で、満足しました(笑)。


しかし、今回に強化合宿は一体何なんですかね??
いきなり体育会のノリで、太史慈は兜を脱いで鬼コーチと化していますが・・

こんなことをしても玉璽パワーの前では無意味なんじゃ??
ラストで戦艦・・てか動塞みたなものが迫っていたし・・
体力増強より超能力を磨かないとダメなんでは?(笑)


今回は太史慈×子明という新たなCP誕生か?と思われましたが、相変わらず凌統も好きな人のためにウキウキ料理♪
ちょっとギャグな9話でした(笑)

でもラストは・・・周瑜が鞭を持ち出して女王様にっ!!

流石の諸葛瑾も必殺仕置人にはなれなかったのか??
一体二人の間にナニが・・?
微妙に萌えて、来週も楽しみ!
[ 2007/06/01 22:27 ] その他のアニメ | TB(0) | CM(2)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計