BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 2007年04月
-別アーカイブ  [ 2007-04- ] 

<< 前- |  2007-04-  | 翌- >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Vassalord.全プレCD 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

Vassalord.全プレドラマCDが届きました♪
内容は『幽宮のヘリオガバルス・後編』とオリジナルストーリー。

<キャスト>

ジョニー・レイフロ:藤原啓治
チャールズ=J=クリスフント:置鮎龍太郎
マリー:門脇舞以 ファミーユ:小林美佐


『幽宮・・後編』の出だしはレイフロが観光から帰ってきたシーン。
のっけから藤原さんの演技がメチャはじけていて爆笑~っ。

「チェリィ~~」「開けてェ~~」

・・・どっから声をだしているんですか?藤原さん。

でも最も爆笑だったのは、にんにくスプレーをかけられそうになる場面。

「キャア~~」「にんにく、恐~い」

・・この台詞は漫画には無いもので、もしかして藤原さんのアドリブ??
気のせいかどんどんレイフロが砕けたキャラになって行き・・

色気ボイスとのギャップが激しいっ!!

ヤリスギ?な藤原さんが今回相当ツボでしたぁ~(笑)

そして大好きなオッキーは、相変わらず受声で攻なチャーリーを好演
マリーとマスターを奪い合う姿は余裕が無く、切ない

「死すべきはあなたでなく、彼女のほうだ!」
「あなたの隷属だ。殺すことなど造作もないでしょう」

この台詞にはもうメロメロ。チャーリーの「あなた」が好きで、好きで・・悶えました~


2track目は夜の観覧車デート。
レイフロの嘘で無理やり遊園地に来たようですが・・

はしゃぐレイフロと恥ずかしがるチェリーがムチャ可愛くて、
ここでも藤原さんのおふざけボイスフェロモンボイスの差に翻弄~

原作を凌ぐ声の魔術には脱帽ですっ!!

さて、今回のVassalord.も思わせぶりな台詞のオンパレードでした。
特にきたのはレイフロの・・

「ここんとこ、ご無沙汰だろ?来いよ・・」   

もう何かの罠ですか??
このBL臭さは何なんでしょう~。主腐をこれ以上喜ばせないで下さいっ
スポンサーサイト
[ 2007/04/30 22:32 ] Vassalord. | TB(0) | CM(4)

是ドラマCD2 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

『是』玄間×氷見編のドラマCDを聞きました♪
(原作あらすじの感想はここここ

<キャスト>

玄間:三宅健太 氷見:平川大輔
阿沙利:千葉進歩 和記:一条和矢


『是』ドラマCD2は原作の3・4巻。玄間と氷見の現在と過去が描かれ、
全体的に激しく切ない内容。

玄間は言葉足らずで不器用、氷見は鈍感で健気なため感情のすれ違いが多く・・
無理やりイタシテしまう鬼畜場面が多数

なので原作は非常~に 裸率が高いっ!!

で、これがそのまま見事にCD化しているので・・音で聞くと痛さと切なさが増幅
感動すると同時に気軽にリピートできない濃さを感じました。


玄間編は「是」の中で1番好きなお話だったので、これがCD化と決まった時は小躍り♪
キャストは小西×平川さんがイイな~と完璧自己中なことを考えていましたが、
氷見だけは本当に実現したので狂喜乱舞~

そしていざ聴いてみれば 想像以上によかったですっ

健気で甘~い平川さんの声は正に氷見そのもの!
でも苦しげに喘いでいるシーンが多いので・・ちょっとイタタ。

一方玄間を演じる三宅さんはずっと無愛想な渋渋ボイス。
若者玄間にはもう少しやんちゃな感じが欲しかったですが、全体的にはピッタリ。

「ムーンリット・ハンティング」というCDで初めて声と名前が一致した声優さんでしたが、
とてもよかったです。


それにしても志水さんは××シーンを描くのがどんだけ好きなんでしょ~?(笑)
先日届いたペーパー漫画、Dear+のオマケCD、そして今回のCDに付いていたSS漫画。

全てナニで・・
氷見はほとんど服を着ていないかも  素敵です!志水先生


・・今テレ朝で映画『トロイ』をやっています。
旦那が見ていたのですが、耳が反応♪ 平川さん?! 

で、やっぱりそうでした オーランド・ブルーム~。
[ 2007/04/29 22:40 ] 志水ゆき | TB(0) | CM(10)

今日からマのつく自由業3 「今日からマ王!(1590)」

『今日からマのつく自由業』の3巻を買いました♪(松本テマリ/喬林知)
(2巻感想はここ

今回は船旅とモルギフゲットまでが収録でしたが、実はアニメで1番好きだったのがこのあたり(5・6話)。

ピッカリ君やセーラー服海賊、ユーリの魔力にラマーズ法、
ヨザックの女装にコンタクト萌え・・「脱いで下さい」もよかったなぁ~。

とにかく爆笑できるシーンが満載で、萌えも炸裂
一気にマ王に堕ちたのでした♪

で、コミックはどうかと言えば・・
笑いネタを既に知っているせいか 笑<萌

3巻はコンラッドのスキンシップが激すぃ~~~

チークダンスに膝枕、ユーリをタオルでくるんだり・・、額ゴッツンで検温

相当ベタで・・ 体に覚えさせているとしか思えないっ(黒)

でもそんなコンにやっぱりメロメロ♪
ユーリを見つめる優しい顔が大好きです~~~(叫)


さて今回はヨザックの出番も多く、グリ江も素敵
実はヨザ・コン萌えもするアタシは、二人が並んでいるとご機嫌♪

DVDのこんなカバーもツボです。
ma.gif


マ王は先日裏CD4が出たばかりですが、又また全サも発売のようで・・ (裏CD感想はここ
この3巻とAsuka5月号か6月号購入で応募資格がゲットできます。

内容はコン・ユ・ヨザの3人が出演♪
なので絶対に買いますっ!!
zennsa.gif

そして今年秋にはOVAができるとか・・・
絵の安定と、内容が蛇足にならないことを願うのみです~。
[ 2007/04/27 12:31 ] 今日からマ王 | TB(0) | CM(8)

戦国BASARAドラマCD 「私の好きな声優さん(12067)」

戦国BASARAのドラマCDを聴きました♪

『宿命!川中島の合戦』と『蒼弓!姉川の戦い』です。


<川中島の合戦・キャスト>

伊達政宗:中井和哉 真田幸村:保志総一朗
猿飛佐助:子安武人 かすが:桑谷夏子
上杉謙信:朴路美  武田信玄:玄田哲章


<姉川の戦い・キャスト>

伊達政宗:中井和哉 片倉小十郎:森川智之
織田信長:若本規夫 明智光秀:速水奨
お市: 能登麻美子 浅井長政:辻谷耕史



この作品はゲームからできたCDですが、ゲームが全く???な私でもかなり楽しめました♪

内容はタイトルどおり川中島と姉川の戦い。
でもゲームキャラだけに実像とかなり違う人がたくさん居て・・

特に面白いのが英語をやたらと使う正宗と、妙に変態くさい光秀

正宗は中井さんが演じていますが、パーティOK?がやけに耳に付き・・
でも横文字を叫ぶ中井さんは凄くカッコよくて、戦国物でも違和感ゼロ。

その上、小十郎を自分の右目と呼ぶ主従愛も素晴らしく、
小十郎を演じているのは森川さんなので・・

従:森川はなんだかコンラッドォ~

でもコンとは全然違う声を出しています。かなり低音で実はちょっと爺くさい。
最初誰の声か分からないほどで、BLで聞きなれているボイスとは随分違いました。

この他保志さんもキャスト表を見るまで全く気付かず・・

保志さんと言えばとかとか遥かの永泉で・・優しげな声しか聞いたことがない・・。
なので、男らしい幸村にはビックリ

しかも幸村はかなりの熱血キャラで、信玄と交わす「幸村!」「御館様!」の掛け合いは
笑えました~。


さて、2枚のCDどちらがより楽しめたかと聞かれれば、迷わず『姉川の戦い』。
何故って、森川×中井さん(違っ)の主従ラブがタップリで、
その上速水さんと若本さんが出ているからぁ~。

速水さんは光秀でしたが、信長に「きんかん頭」と呼ばれるイメージとは大分違い、
キャラ絵を見ると銀髪の長髪 (あり得ない~)

で、声もなんだか面妖で イッちゃってる直江?!

そんな声で「信長公、ただいま戻りました」なんて言わないで欲すぃ!
正気じゃいられなくなりますっ!!

そして当の信長、若本さんは・・・爆笑でした

引っ張る演技が可笑しくて、可笑しくて
例えば・・

「小さき龍は吠えるのが得意か」という台詞を
「小さき龍は吠え~るのが得意か~」 とわざわざ伸ばすので、出てくる度に楽しめました(笑)


この他印象に残ったのはさんの謙信公。
謙信って綺麗系のイメージがあるんでしょうか??大河ドラマもガクトだし・・
女の声優さんが声を当てるとは意外な感じがしました。


ゲームは全くやらない私ですが、好き声優さんが出ている上に戦国もの♪
たまにはBL以外のCDも面白いです!
[ 2007/04/25 22:24 ] 戦国BASARA | TB(0) | CM(12)

冬の蝉OVA 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

冬の蝉OVAを見ました♪
この作品は言わずとしれた「春抱き」番外編。

コミックとCDは簡潔にまとまった濃い秀作で、声優さんもBLでありながら誉めている作品。

とにかく心に残る逸品です

でもこれがアニメ化と聞いて、元々BL漫画のOVA化にあまり賛成じゃない私はウ~ン。

何故って・・
作画レベルが非常~に「・・・」だから(汗)

特に気になるのがラブシーンで・・
只でさえ絵が動いて声が出るのは赤面ものなのに(今回はイスに沈みながら見た~/アホ)
これで絵が美しくなかったら ヒィ~~ってなもんで・・

「春抱き」は本編アニメがアレだったので、尚更不安でした~。

でも「冬蝉」は予告画像が凄く綺麗だったのでちょっと期待♪
考えてみれば新田先生の絵はアニメにしやすいよーな気がしますし・・

というわけで思い切って鑑賞


先ず美しかったのはOPED
新田先生が手を入れた??というような整い方で、かなり高レベル♪

岩城さんの歌もさだまさしで凄~いっ!

で、このOPとEDの作画監督は中山由美さんだったんですね~。
闇末、ラブレス、学へブでファンになった作監さんなのでとっても満足

が、中身はやはり作画が安定せず、特に全身が映るとムムム。
和服もアニメだと難しいですね・・。

とはいえストーリーはコミックより話が膨らみ、
草加秋月さんの出会った頃のエピソードが大量(喜)。

恋を自覚した瞬間の草加がドツボでした

この他、ラストで味方を切る草加もよかったですっ!
(香籐ファンなんで、どーしても草加に目が・・)


それにしても、森川さんと三木さんの演技は相変わらず最高でしたっ!!

でもこの芝居の上手さを本気で堪能したいなら、やっぱりCDがベストかな・・?!

fuyu1.gif fuyu2.gif
[ 2007/04/24 22:13 ] その他のアニメ | TB(0) | CM(6)

Stepbrother 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

榎田尤利さんの新刊『Stepbrother』を読みました。

リブレさんの本ですが、今回は漫画家シリーズではなくリーマンもので
部下×上司

先ず冒頭3ページ目の「親と上司ばかりは選べないのが世の常だ」という文章に大きく頷き・・

その15ページ後、二人が義兄弟だと分かるシーンには驚きと爆笑~。
いきなり掴みはOKでした♪


健輔の働く部署に課長として赴任したは健輔・父の再婚相手の息子。

つまり出会った途端から職場も住居も同じになってしまうという・・濃い関係
秋は会社と家ではかなり態度に差があるため、健輔はそのギャップに嵌って行きます。


『Stepbrother』は全体的に親や同僚との関係が和気藹々と描かれ、思わず吹き出してしまう台詞が満載。

同僚の女子社員にも味があり、特に面白かったのが格闘技好きの田口さん。
この人の「ボンバイエ!」と秋を「美白の女王」と呼ぶネーミングセンスには爆笑

そして「試合観戦のある日に残業なんかしてらんない」というファン心理には共感でした~。
(これがアタシだったら「声優イベントのある日に・・」と言うところです/笑)。

榎田さんの小説は人物に無駄な人が居ないといつも思います。
今回も脇役やサブエピソードが面白く、一文字・一文字丁寧に読むことができました♪


この作品の挿絵は好きな漫画家さんの一人である国枝彩香さん♪

大らかで人の好い健輔と妥協を許さない不器用な秋が、素敵にイラスト化。
コミカルな作品の雰囲気とよく合っていました

さて、コミカルと言えば・・

最近の榎田作品は思わずププッと吹き出す台詞・比喩・キャラクターがとても多い気がします。

実は私が榎田さんに嵌ったのはここ1年くらい。それ以前の作品は借りて読んでいることも多く・・
痛くて・切ない感動物語を書く作家さん。という印象。

ちなみに2005年以前の作品で読んだことがあるのは・・(◎は大好きな作品)

・魚住くんシリーズ◎
・弁護士は恋を自白する◎
・吾妻&伊万里シリーズ
・放蕩長屋の猫
・Blue Rose
・ゆっくり走ろう
・寡黙な華
・きみがいなけりゃ息もできない◎
・普通の男
・神様に言っとけ
・少年はスワンを目指す
・聖夜


そして去年~今年にかけて読んだ作品は・・

・漫画家シリーズ◎
・犬ほど素敵な商売はない◎
・執事の特権◎
・ギャルソンの躾け方
・交渉人は黙らない◎


という訳で何故か最近の作品に嵌りがちで、爆笑しがち(笑)

今回の「Stepbrother」も含み2006年以降<笑>の度合いが増えていると感じるのは私だけでしょうか~??
[ 2007/04/22 20:50 ] 榎田尤利 | TB(0) | CM(14)

媚笑の閨に侍る夜 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

鈴木あみさんの花降楼シリーズ・6冊目です。(シリーズ感想はここここ

このシリーズは1冊1冊違う花魁が主役ですが、
今回は『愛で痴れる夜の純情』で蜻蛉を虐めていた玉芙蓉

玉芙蓉は美しい売れっ子の花魁。
ところが好きになるのはいい加減で金の無心をしてくる男ばかり。
女王気質なわりにお客に貢いでしまう人の好さで・・
借金だらけになって行きます。


そんな玉芙蓉を助け、彼のトラウマを克服させたのは花降楼の顧問弁護士・上杉 (イイ名だ)

上杉は落ち着いたメガネキャラで無表情な男ですが、実は情が濃く・・
「カツ丼」を買ってくる意外性がステキでした(笑)
(その上敬語攻め~♪)


今回の物語は一種の 調教もの・・というかカウンセリングBL?!

自分を大事にしないダメダメな玉芙蓉が上杉によって変わっていく様子が面白く、
何故貢いでしまうのか??という理由も後半まで引っ張るので、グイグイ一気読みっ!!

2巻で只の年増意地悪キャラだった玉芙蓉も6巻では可愛そうで可愛い人。

ボイスは遊佐さんじゃない気がしてきましたが・・(笑)
ここまでCDが制作されたら、拍手ものです~。

さて、シリーズ全てに必ず登場するのが 綺蝶&蜻蛉
6巻は見習い時代のラブリーな二人ですが、仲がイイのは相変わらず。

綺蝶の蜻蛉に対する執着を玉芙蓉と上杉が心配していたり・・
1番好きなCPなので出番があって嬉しかったです


さて、今回の『媚笑の閨に侍る夜』はシリーズの中でかなり上位に入る面白さでした♪
(毎巻、覚えにくい題名・・よくぞ考えつきますっ!!)

これまでは・・
綺蝶&蜻蛉>忍&蘇武>椿&御門>蕗苳&旺一郎 でしたが、2番目に入ってしまうかも

なので帯の全サが気になります・・。
でも2冊買わないと応募できなくて、2種類ゲットするには4冊新刊を買わなくてはいけなくて・・
この作品以外欲しい新刊がないので、どうしてくれよう(泣)。

全サのCDは申し込んだので我慢するべきか悩みます。

で、CDといえば・・
忍&蘇武編は5月25日発売(森川×岸尾さん)。

後書きにありましたが、このCDには綺蝶&蜻蛉の番外編も入っているとか♪
平川×緑川さんに嵌ってしまったので絶対に買いますっ!!
[ 2007/04/20 23:32 ] 花降楼シリーズ | TB(0) | CM(4)

ネオロマ・ライブ2004DVD 「私の好きな声優さん(12067)」

ネオロマンス・ライブ 2004SummerのDVDを見ました。

3年も前のネオロマをどーして今更見ているかと言いますと・・
置鮎さんのイベント映像を見たかったからっ!

実は凄くオッキー好きなわりに、イベントで見かけたのは2回だけ。
小野坂さんのトークショーと幕張でチラリ。

とてもカッコよかったので、ネオロマにも出て欲しい~といつも願っているのですが、
なかなか難しく・・

そんなわけで 伝説の(?)ハデハデ衣装 2004summerを鑑賞することにしました♪

このライブはメンバーを見ると私の好きな声優さんだらけ。

小西・置鮎・森川・井上・関智さんが居る上に、歌が大好きな谷山・高橋さんもいて・・
もう少し早くイベントに目覚めていれば昼・夜両方見に行ったかもしれないのに~~(泣)。
(イベントに嵌り出したのはラブレスで小西さんに堕ちてから・・)

で、悔しさを噛み締めつつDVDスタート。


凄っ!! オッキーがもの凄い細いっ!さらに髪の色が赤茶?!

んで、衣装が一々ガラガラぁ~~っ

柄シャツが好きな事は知っていましたが・・
上下とも柄で、しかも光っていて、その柄は花の時もあって・・

ヤリ過ぎなんじゃないかい?(笑)

普段聞いているトークや、受とか受とか攻からは想像できないキラキラ加減
ナニが原因でこんな服に・・・って別に深い意味は無いと思いますが(笑)
とにかくビックリでステキでした~

又、置鮎さんが関智さんと井上さんとやった朗読劇もとても面白く、
井上さんとの台詞のかけ合いにはウットリ。

「開いてるドアから失礼しますよ」を思い出したり・・
井上さんの声に倒されそうになったりと大変でした。

井上さんは3年前も変わらず色気ムンムン。
声ばかりでなく、全身の雰囲気や 乙女を悶絶させる間の取り方が絶妙~。

ほんとにイベント向きなお方です


さて、第二のお目当ては小西さん♪

やはり 伝説の(?)ジャケットプレー が見たくて待っていると・・

やりましたっ!
ジャケットを脱いで、どうしてイイか分からず又着てしまうという・・

あああ、このカッコ悪さがたまらないっ


谷山さんは3年前も歌が上手いですが、今はもっと上手くなっている気がっ
そして先日のROCKET PUNCHライブでになった飯塚さんも見れて嬉しかったです
[ 2007/04/19 16:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

甘野有記 本 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

甘野さんの「リチャード&李悠シリーズ」に先月嵌って以来
他の作品も当然読みたくなって・・以下のものを購入♪ (リチャード&李悠の感想はここ
kannno.gif  kannno2.gif  rakuenn.gif  kanno3.gif     

『踊る月華』・『真緋の月』・『楽園の階梯』・『幻の都』

4冊とも設定が現代日本でないせいか(?)凄く気に入りました♪
が、あえて順をつけるならこんな感じです。

『踊る月華』『真緋の月』>『楽園の階梯』>『幻の都』

『踊る月華』『真緋の月』(アクアコミックス)は連作で、時代は大正か昭和初期?

従兄弟同士の章博主計(カズエ)を描いたもので、
二人に絡んでくる様々な人や事件がけっこうサイコで面白かった。

章博は甘ったれな年下攻。容姿も豊かさも申し分ない人なのに、
主計しか見えていない執着型
なので、非常~にへタレてて私好み。

一方主計は男らしく威勢がよく・・でも、とても照れ屋。
ベタな従兄弟に戸惑いながらも、持ち前の包容力で章博を受け入れています。

この二人の関係は凄~くツボで・・
又、2巻のラストにあった「月下香」という兄弟ものも気になるところで・・
とにかく続編が読みたいっ!絶対に3巻を出して欲しいですっ!


『楽園の階梯』(ショコラコミックス)は4つのお話が入った短編集で中世の修道士ものと
大正時代(?)もの。

1番面白かったのはラストの「人形の家」で、シロさんが可愛くて、黒くて最高でした。

そして表題の「楽園の階梯」修道士コスで、禁断臭がムンムン。
言うことナッシングでした

それにしても、甘野さんは従兄弟同士が好きなんですね~。
月シリーズと「楽園・・」の中の3話は皆従兄弟。

幼馴染や血縁関係は普通より濃い感じがするので(禁断さが増すので)大好物です!


『幻の都』 (あおば出版)はアラブの主従もの♪
第2王子のシャールカーンとその教育係・ジュルナールの物語。

ジュルナールは黒髪で落ち着いた雰囲気ですが、実は年下攻っ
王子が可愛くおバカちゃんなせいか、教育係はあり得ないほど老け顔に見えます(笑)。

この物語はジュルナールがむっつりスケベで分かりにくい所がツボ。
又、第1王子のシャールカーンへ対する愛も謎で・・

こちらも続きが楽しみですっ!


甘野さん作品は時代物が多いせいか、とにかく服装や髪型が好み。
そして画面構成や柔らかい絵柄が私的に非常~にど真ん中♪

ギャグ顔や3頭身絵も可愛くて、ちょっと依田さん・あとりさん風。
顔が馬面なのは青池保子さん風(笑)

キャラクターも優しく可愛い人ばかりなので、今後は作家買いすること間違いなし!
あと2冊ほど未読本があるので、こちらも絶対読んでみたいです。


*月シリーズは白抜きのへタレ執着型攻×黒髪の男らしい受で・・ミラ変換発病っ!凄く好みな本でした♪
[ 2007/04/17 15:32 ] 甘野有記 | TB(0) | CM(8)

いとしさを追いかける 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

3月発売のルチル文庫・『いとしさを追いかける』(杉原理生)を読みました。

麻々原絵里依さんのイラストにひかれて買った本でしたが、
とても心理描写が繊細で丁寧。読み出したら止められなくなりました♪

内容は高校の先輩×後輩もので、先輩・掛井の想いを知りながら、
ある理由で掛井を欺き続けた後輩・杜国

大学進学とともに、掛井との関係を修復しようと再び先輩の前に現れる杜国ですが、
不幸な家庭環境で育った彼は愛されることに臆病で不器用。

一方掛井は超絶に優しく、周囲の友人がイライラするほど人が好い

何でも許してくれる先輩の人柄が杜国には眩し過ぎて・・
自分に自信が無くなって行きます。


この作品は幸せになることが怖い杜国の回り様と、
二人の会話の駆け引きがとても繊細で面白い。

微妙な感情のやり取りが長く続くわりに飽きさせない内容で、杉原さんの丁寧な描写がとても気に入りました。
他の作品も是非読んでみたい作家さんです♪


さて、先月発売されたルチル文庫は4冊買ってしまいましたが・・
結局最後に読んだこの作品が1番よかったです

*先月購入したのは以下の本
 ・この血の果てに(月上ひなこ/奈良千春) 
 ・夢の欠片をあつめて(高岡ミズミ/亀井高秀)
 ・甘い首輪(黒崎あつし/街子マドカ)



次に麻々原絵里依さん関連でもう1冊。
daburu.gif
原作付き漫画で『ダブルキャスト』(水橋貴奈 原作)

こちらは山室と沢木という二人の役者の戦い。

可愛く従順そうな沢木の変貌ぶりが面白く、山室が「」というのもビックリでしたが・・

意外性が多いわりに盛り上がりが今一つ。
絵はとても綺麗でしたが、もう少し山場が欲しかったです~。
[ 2007/04/15 22:29 ] その他のBL小説 | TB(0) | CM(6)

占い本

珍しくBL以外のネタです・・。

先日「誕生日大全」という星座占い本を子供と見る機会がありました。
中を読んでみると的中率にビックリ。面白いので買ってみました~。(主婦の友社)

この本は二人のアメリカ人が書いたもので、
本の帯には
<全米大ベストセラー><こわいくらいよく当たる!>という文字♪

中を開くと占いは誕生日別にページができていて、つまり366日分あります。

それぞれ 人生全体の流れ仕事の適性人間関係性格相性占いと項目が分かれていますが、
1番の注目は相性占い

相性占いは<恋人や友人><力になってくれる人><運命の人
ライバル><魂の伴侶
に分かれ、それぞれに当てはまる誕生日があげられています。

つまり相性が普通か悪い人の誕生日は載っていないのですが・・
(<ライバル>は似たもの同士な感じ)
これがけっこう当たってました

相性占いにあげられているバースデーは約100日分。
なので3、4日に1回は相性のイイ誕生日が出てくる計算なのですが・・

それにしても友人や親戚の誕生日が多い!
学生時代の友達からネット関係の友人まで何人も居て・・
でも旦那のバースデーは無くて、妙に納得したりして・・(ハハ)

で、楽しくなってしまったアタシはつい直江の誕生日を探してみる。

ハッ! 橘義明は架空の人物じゃん・・(←アホ)

そんな訳で桑原水菜先生お誕生日でお調べ。

あったぁ~~~っ!!

しかも<力になってくれる人>の欄にっ!

思えばこの腐生活の始まりは桑原さん。本当にイロイロ救われまして・・
凄い当たるな・・、この占い!

そして次に小西さんと平川さんを占うと・・

これも あったぁーーーーっ!!

小西さんは<恋人や友人>。平川さんは<運命の人>。

ギャーッ!やっぱりそうなんだっ!
いつか私を迎えにきてくれるんですねっ!(←殴打)


・・・という訳でかなり楽しめました(笑)
ちなみに平川さんと同じ誕生日は私の母と萌友rumiさん。相性◎でとても嬉しいです♪

占いはあまり信じない方でしたが、この本を読むと縁のある人は会うべくして会っているのか??と不思議になります。

今後バースデーを忘れてしまった友人に聞いて回りそうな予感がします~(ハハ)。
[ 2007/04/14 15:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

夜に咲き誇る 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

英田サキさんの新刊『夜に咲き誇る』を読みました。

夜シリーズの3作目です。
2巻発売から予想外に早かったので小躍りでしたが・・これで完結でした(寂) 2巻感想はここ 

エスも終わってしまったので・・私の好きな2大英田作品がっ(泣)
今後は同人誌に期待です!



3巻は久我と運命を共にすると決意した秋津のその後。

久我と同居を始めた秋津は「FOREVER LOVE」と刻んだ結婚指輪を贈られ(笑)
新婚ホヤホヤの極妻

が、『オレの女』扱いなのでウキウキするわけもなく・・
久我に対等な男として見てもらいたいと奮闘。

秋津を守りたい久我と、久我を極道の頂点に立たせたい秋津の気持ちはすれ違っていきます。

というわけで・・
今回は久我の部下・伊久美の出番が多い!
伊久美は目つきや愛想の悪い人ですが頭脳明晰な上に、ヤル時はヤル男。

秋津とはかなりの名コンビぶりで・・

この二人が暗躍すれば 久我がトップになること間違いなしっ!!

伊久美さん主役のBL本が読みたくなってきました~(笑)


さて、今回1番感動したのは 『落花流水』

これは組長の溝口が久我と秋津に当てはめて言った言葉ですが・・

お互いを尊重し合う二人の関係にピッタリで、英田さんの比喩の上手さに身悶えしました。


3巻は1・2巻より内容が静かでしたが、結局のところ・・
舎弟に慕われ、久我に態度を改めさせる秋津は立派な 姐さん

そして女房の言うことを聞いてしまう久我は故に我慢強く、
オマケに今回は<健気>さもプラスされ・・・

彼が「受」になる日は近い?!

それにしても、秋津さんは相変わらず気丈で・・
でも「お前が逝く時は俺も一緒に連れて行って欲しい」と言う脆い言葉もあったりで・・

泣かせる人でした~。
[ 2007/04/12 22:49 ] 英田サキ | TB(0) | CM(8)

しじまの夜に浮かぶ月 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

ブルーサウンドシリーズ新刊・「しじまの夜に浮かぶ月」を読みました。

シリーズ5作目ですが、題名が「海」から「月」になっています。

舞台が西麻布店だから「夜」で「月」らしいのですが、今後麻布メインのお話はムーンシリーズとなるのか??
まだまだイロイロな人をリンクさせて続けて欲しい気がします。

で、今回のお話は嘉悦の知人・ケネスと山下の知人・朝倉の物語。

金髪碧眼・容姿端麗・日本語堪能な王子様キャラ・ケネスが、男運の悪い人生投げやりな朝倉にアプローチ。

いきなりキラキラ王子が迎えに来るというおとぎ話的恋の始まりですが、
過去に後ろ暗い所が多い朝倉はナカナカ素直になれません。

でもケネスの前向きさと我慢強さは大層ステキ。
又ブルーサウンドの面々もひねた朝倉に対してとても優しい。

「許す」ということを知っていて、幸せ慣れしていない朝倉への心遣いが細やかでした

それにしても大智と朝倉の過去には驚きました。
乱交って・・大智、あんたって人は・・。

でもマズイ状況でも朝倉をかばって××したわけで・・
一番好きなキャラなので、なんだか惚れ直し・・(ハハ)

大智×朝倉BLもありなんじゃないかと思ってみたり・・。

なのでケネスの嫉妬は理解でき、完璧そーな彼が意地悪になるところがツボでした。
(この人は敬語攻めなとこもツボでした。何故って日本語が美し過ぎるから~/笑)。

このシリーズはおおやさんの優しく綺麗な絵が本当にピッタリで、今回のケネスにもウットリ~♪

タクミくんシリーズでギイを描いているからか??
王子キャラは描き慣れた感じでステキでした

そしてステキと言えば嘉悦さんも今回重要。
要所要所に登場し大人の渋さを披露。で、朝倉にカミングアウトするシーンはいきなり可愛かったです(「俺が泣く」)

でも可愛さ1番はやはり朝倉。ラストで「傷つかなかった」と告げる彼にはケネスと一緒にズッキュンでした♪



さて、この先は少々辛口です。

「しじま・・」は崎谷さんらしい作品でとても面白かったですが・・、
仕事関係の余談が多過ぎる気が。

コンピューター関係に興味がないアタシは少々退屈で・・正直斜め読み

崎谷さんの人と人との関係や自分と向き合う心理描写は大好きなのですが、
最近の作品は余談が多い!

ANSWERとSUGGESTIONを先日読み直したので・・尚更感じてしまいました~。
[ 2007/04/09 21:36 ] 崎谷はるひ | TB(0) | CM(12)

「鋼鉄三国志」と「地球へ」 「アニメ!!(39164)」

4月からスタートしたアニメを2つ見ました。

最近二次元世界の優先順位が 読む>書く(ブログ)>聞く>見る
なのでちょっとテレビ離れ・・。

アニメ新番組のチェックを怠ってしまったので、何が始まっているか今一つ整理できていないのですが・・

とりあえず「鋼鉄三国志」と「地球へ」は鑑賞♪
とはいえ「鋼鉄三国志」は録画をミスしたため、無料動画でさっき見て・・

OPから萌え萌えですっ

あらかじめrumiさんブログでアヤシイという予備知識があったのですが、
そーゆー先入観が無くても十分キマシタ

何故って・・OPでいきなり 短髪男が長髪男の腰に抱きついている~~~。

短髪は陸遜/宮野真守さん。長髪は孔明/子安武人さんで・・
つまり子安×宮野ってことですね?!(←違っ)

この二人は師弟関係のようですが、ラストで孔明が陸遜の髪を梳かしつつこんな会話が・・

陸:「私はあなたと離れたくありません」
孔:「離れていても離れはしない。」「星が我らを結びつける」

きゃ~きゃ~

でも・・
本物の三国志では陸遜と孔明は最後敵同士。

敵対しながらも愛し合うという関係は大好物っ!!(←妄想しすぎ)
今後に期待です♪

それにしてもこのアニメ、声優さんがやたらと豪華です。

陸遜 伯言/宮野真守
諸葛亮 孔明/子安武人 
凌統 公績/斎賀みつき 
太史慈 子義/伊藤健太郎 
呂蒙 子明/石田彰 
甘寧 興覇/諏訪部順一 
諸葛瑾 子瑜/遊佐浩二 
孫権 仲謀/生天目仁美
周瑜 公瑾/三木眞一郎
張昭 子布/宮澤正
凌操 公訣/井上和彦
孫策 伯符/松本保典

劉備 玄徳/佐藤利奈
関羽 雲長/大川透
張飛 益徳/小野坂昌也
趙雲 子龍/杉山紀彰
黄祖 元陽/置鮎龍太郎

曹操 孟徳/三ツ矢雄二


この物語では孫権・劉備は女なんですね~。それなら曹操も女??
声が三ツ矢さんなので微妙なんですが・・

オ○マ?! と最初思ったので、もしかしたら女性かも~。

オ○マといえば、子安さんの孔明も一瞬女の人に見えます(笑)

思えば私が好きになる子安キャラは長髪族が多く・・
声がツボな上に長髪スキーが重なるので嵌りやすい。

ふしぎ遊戯の星宿・ヴァイスのアヤ・彩雲国の朔洵とか♪
今回の孔明も怪しい微笑みになんだかズッキュン

来週も楽しみです~


さてもう一つは「地球へ」。
こちらは中学の時にドップリはまり、暗記するほど読んだ漫画。
(30年近く前の作品ですが、まだ持っています♪)。

特にキースが大好きでマツカとの仲に萌えを感じていましたが、
当時「萌」という単語は無いですね(笑)。

で、キースも声が子安さん
長髪では無いですが・・もしかすると今期はコヤピー漬け??

作画が古臭いのが残念ですが、内容は原作に忠実そうなので来週も見てみます。

子供も「変な絵~」と言いながら(汗)面白かったと言ってますし、
30年も前の作品なのに通用するようで・・

流石竹宮さん!流石SFですっ!

ジョミーの声は思ったより違和感なく、ブルーはとてもピッタリでしたぁ~。


*昨日は入学式で「彩雲国」を見忘れました~(汗)
又ユーチューブのお世話です・・。

そしてこちらは全然関係ないですが・・・今日の「風林火山」も勘助と高坂の顔が近かった!
御館さまとはどーしても妄想できないっ(ハハ)
[ 2007/04/08 20:52 ] その他のアニメ | TB(0) | CM(8)

裏(マ)DX ! 「今日からマ王!(1590)」

「裏(マ)DX !」CDを聞きました♪ (裏マ感想)

「裏」はこれまで3枚出ていますが、どれもかなり爆笑で
声優さんのはじけた演技には<萌と笑>の嵐♪

なので4作目も凄く楽しみでしたが、内容がシマロン編に突入してしまうので
どーなることやらと不安に・・。

で、やはり不安が的中~。
いくら「裏」でもコンラッドは腕を切られてしまい・・
当然ユーリとコンは生き別れ

その上話が複雑になってきているので、説明調の台詞が多く、アニメしか知らないアタシには
サラレギーの存在が???。
全体的に<笑>が激減でした~(クスン)

でも冒頭の勝利ユーリの会話には爆笑!!相変わらず弟ラブな勝利ですが・・
オタク丸出しの台詞には、同じ仲間として多いに共感♪

声を出して笑ってしまったのは「M一族」
「せめてS一族にしなさい」という勝利にはウケまくり、小西さんのメチャはじけた演技に魅せられました

この他ふき出したのがギュンターの股間を心配するグウェンダルと声優さん達のトーク。

トークのテーマは<今だから告白する私の裏切り>
特に面白かったのが森川さんと井上さんの話で・・

井上さんの 「裏切りね・・数え切れないな・・」

には爆笑~。イイ声でそんな事を言わんで下さいっ!
リアル過ぎて・・ステキでした


さて、全体的に暗めなDXではありましたが・・
ウットリ場面はもちろん存在

で、よかったのが眞王コンラッド

眞王は三木さんの声がピッタリで<黒さ>が最高~♪

そしてコンは・・・出てくる度に一々身悶え

「あなたを抱いた腕ではないですが・・」

これには転げ回りましたぁ~~(←アホ)

でもシマロン編はやはり切ないです。
オマケの鼻メガネとブックレットのSSにはには和んでしまいましたが、こうなったらコン帰還までは作って欲しい。

あと1作1つは動物劇も入れて欲しいです。ゴアラやベアファミリーが面白かったので、
今回はT蔵を期待していたのですが・・ちょっと残念。

今後の5作目とOVAが楽しみです♪


にしても・・眞王とコンの会話シーンは激しくミラ変換。
謙信と燃えカスから甦る直江かと思いましたよぉ~。
[ 2007/04/07 18:05 ] 今日からマ王 | TB(0) | CM(0)

神官は王を狂わせる 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

『神官は王に愛される』の続編神官は王を狂わせるを読みました。

1巻目でも十分狂っていたのに・・2巻はそれ以上ってことですか??

新刊のタイトルに期待満々になり、読書開始~♪
(1巻感想はここ、CD感想はここ


で、今回は・・

結婚式間近のイザイラ国に周辺諸国が戦争をしかけてくるお話。
狙いは虹の御子である冴紗。

羅剛は冴紗に溺れきっていたため、紛争の対応が遅れ・・
かなり窮地に追い込まれます(←ウツケめ)

王は明けても暮れても冴紗一筋っ。

冴紗を見る度にウットリで、メチャクチャ愛しまくっている様子が凄すぎるっ!

三国に包囲されても・・
そんな事をされては婚礼が予定どおりできない! と怒り出す始末で・・

真っ先に心配するのはそこなのか??(笑)

とにかく羅剛は冴紗に関して イッテ しまっているので・・かえって切なくなりました。

冴紗は相変わらず純粋無垢な健気ちゃん。
今回は羅剛の無茶な執着愛をしっかりとウケとめているので、読書中は砂を吐きまくる事態に~ 

台詞まわしも大河ドラマ調で、1巻と同じく濃い小説でした!


で、2巻で最強だったのは実は冴紗。虹の御子の威力は 水戸黄門

彼の容姿の神々しさは印籠代わりで、紛争もあっさり解決。
「世を統べる者」という真名が実証され、拗ねる羅剛が可愛かったです♪


後書きに次回は婚礼話とありましたが、冴紗を女と偽るゴリ押し結婚!?
3巻もどうなることやら楽しみです♪

にしても吉田さんのワープロは爆笑ですっ!
そして高永さんの後書きイラストもイイ~~っ

今回も高永さんのイラには骨抜きにされ・・特に扉絵カラーが鼻血ものでした~
[ 2007/04/05 22:25 ] 神官シリーズ | TB(0) | CM(12)

Vassalord.2 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」


『Vassalord.』2巻を読みました。
この本はアニメイト限定版と普通版の2種類があって、アニメイト版はカラーイラストの小冊子付き。


なので迷わずこちらを買ったのですが、普通版のカバーもイイ~~~ッ!
とにかくチャーリーが色っぽくて、むしろこっちの方が好きぃーーー




va2.gif ←普通版。・・2冊買うことになりそうです(汗)

さて、内容ですが

今回は人間をヴァンパイア化する新薬絡みで事件に巻きこまれる二人。
女優のミランダと1巻で登場したハロルドを間にはさみコメディしている彼等ですが・・

かなりベタベタです!!

1巻よりホ○度がパワーアップ♪
あまりのエロエロしさに居間に置いておけない本になりましたっ

何故って・・

・飛行機内でチャーリーにキスしまくるレイフロとか
・飛行機内でバックからレイフロに食いつくチャーリーとか

 (「いつもより深いぞ」って・・)
・船上でレイフロを後ろから抱きめっ!とか・・
 (2巻のテーマはバックなのか??)

とにかくイロイロありすぎて・・
中でも1番萌えたのは、剣で戯れ中にチャーリーがレイフロの頬を撫でるシーン

直接的な行為よりこーゆー仕草は胸ズッキュン
そして、極めつけに可愛いのが 嫉妬

レイフロのミランダとハロルドに対する発言でヤキモキするチャーリー(笑)。

オッキーボイスのお陰で嵌ったキャラでしたが、2巻でマスマス好きになってきました~


黒乃さんはかなり絵が上手くなってきたような気がします。
二人のカッコよさと色気、そして可愛さは尋常じゃありません!

レイフロは出てくるたびにフェロモン垂れ流しだし・・

チャーリーなんてオカッパ頭で、目の周りはど根性ガエルのゴローみたいなのに・・
何であんなに男前なんだぁ~~!

3頭身絵もラブリーで、とにかく3巻も楽しみ!
[ 2007/04/04 17:32 ] Vassalord. | TB(0) | CM(12)

熊本・ミラージュ旅 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

4/1、千秋の誕生日&旅行最終日です。この日は熊本市内を観光しました。
雨が時々降りましたが、目的の場所には全て到達

先ずは熊本城からです♪

kumamotoshiro.gif

熊本城は加藤清正の建てたお城で日本三大名城の一つ。
清正の性格を反映してか(?)かなりダイナミックでした~!

特に城壁の高さとカーブがもの凄く、よくぞクレーン車のない時代にこれだけの石を積み上げたとひたすら感心。
jyouheki.gif

が、城本体は西南戦争で焼けてしまったため、今は新しいもの。中は小田原城と同じく蛍光灯と展示物の嵐でちょっと残念でした。

でもお城の周辺は桜が満開。城中どこに行っても桜があって最高~
で、当然ここにも1本ありました。不開門です

akazu1.gif  これは内側の写真。

akazu2.gif  こちらは外側です。

残念ながら行ったのは2時ではなくて午前中。でも人がほとんど居ない場所で・・
不埒なことをするには最適♪

九州ツアー最大の萌えがやって来ましたぁ~
(でも一人萌えはちょっと虚しい/笑)

この不開門は城の鬼門に建っている門でした。なので死体の搬出などに使っていたらしく・・
こんな場所に主を呼びつけてキスしまくる男って・・・大好きですっ!!

さて、いつも思いますが・・本物の開崎さんってかなり可愛そう~。
体を操られ、イケナイことをさせられ、最後は瀕死の重傷・・

でもこの人の外見はカッコよかった♪
で、最近開崎ビジョンの人をどこかで見たような・・と読書中に考えていたら

榎田さんの『交渉人は黙らない』の攻キャラ・兵頭でした (兵頭って・・笑)


不開門を城内に向かって引き返すとキャッスルホテルが見えました。
このホテルに高耶さん達が滞在していたという情報を以前読んだことがあるのですが・・
一応写真を撮ってみました。

hoteru.gif

ここには小太郎も来たことがありますね~。
実は千秋と同じくらい小太スキーなアタシ・・。

「キスの仕方も・・忘れたか」と言われる彼は哀れで哀れで・・
<火輪編>でマスマス好きになってしまったわけです(ハハ)。

SAKURA.gif 熊本城の桜です。桜を見ると毎年高耶さんを
思い出します。直高の魂はあの桜の中で眠って欲しいです~


お城を出てから直ぐ隣にある加藤神社へ行きました。
DSCF0175.gif 清正の幟がありましたが、ここは高耶さんと清正が頼竜とバトルした場所。

清正は単純明快で好きでした♪出てくるとププッとなって・・ある意味癒しキャラでした~。


お次は水前寺成趣園です。ここの古今伝授の間で開崎(直江)と色部さんが会いました。

DENNJYU.gif

色部さんの直江に対する問いかけはいつも優しく、的を得ています。
直江の気持ちを整理させようとしているのか??

「アウディノス」と同様、引き込まれる会話でした。

ラストは江津湖です。

EZUKO.gif  水前寺成趣園の近くにありますが、
街中とは思えないような大きな湖です。

ここで発動法を行った高耶さん・・
「なぜ私を捨てるのですか」と謙信に呼びかけるシーンは号泣ものでした。


さて、ミラツァー最後を飾ったのは博多に住むミラ友miさん
今回の旅行はmiさんとオフするのも大きな目的の一つで、無事お会いできて本当によかった♪

美味しいイカ料理屋さんに連れて行ってもらい、名物料理をあまり食べていなかったので大満足!!
約3時間の語らいでしたが凄く楽しくて、まだまだしゃべっていたかったです~。
本当にありがとうございました

そう言えばこの旅で食べた名物料理は・・<ちゃんぽん>と<いきなり団子>と<一文字ぐるぐる>と<イカ>。

一文字ぐるぐるは名前にひかれて注文。ぐるぐる=直江・・(笑)。

結局何を見ても、聞いても基本は「炎の蜃気楼」なアタシ。一生忘れられない男ですっ!

*ぐるぐるは小ねぎを巻いて芥子酢味噌がかけてありました~。初体験でした♪
[ 2007/04/03 23:22 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(10)

阿蘇・ミラージュ旅 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

ミラージュツァー2日目です。
3/31は熊本に移動。「火輪の王国」旅です。

「火輪の王国」は15~19巻までの全5冊で、前半は熊本市内、後半は阿蘇山中心。

「火輪」は高耶さんが可愛そうで可愛そうで可愛そうで、読書する度に悶えますが・・

実はこのシリーズ、直高がどーなってしまうのかあまりにも気になって、
初回読書は一気読みでした。
しかもこれプラス「十字架を抱いて眠れ」も読破。

つまり6冊を1日でクリアしてしまい、ほぼ徹夜。
正直死にかけました~(←アホ)

そんな思い出深い熊本編(笑)久しぶりに読んでみれば、やっぱり問答無用に面白くて・・
そして哀しいですっ。


さて熊本観光です。
時間の都合で31日が阿蘇、1日が熊本市内と順番が前後してしまいましたが、
見たい所はほぼコンプリート。

お天気はかなり不安定でしたが、何とか雨が降らずラッキー♪

でも・・ 阿蘇はものスンゴイ強風でした!!

特に山の上ほど激しくて、1番強かったのが大観峰

daikann.gif  体が飛ばされんばかりの強風で、滅多にできない経験でしたが・・
霧でほとんど景色が見えず、風との戦いでした。

戦いといえば、ここは 千秋vs高耶 現場。
疑われたことに腹を立てながらも、結局イイ人な千秋

私は直江の次にこの人が好きで、千秋の優しさとサクッとした人柄には本当~に魅了されました

考えてみると20巻以降は出番がめっきり減ってしまうチーさまですが、
どんなに体を変えても、犬になっても、やはり長秀はメガネで1本結びの千秋でした・・。


この大観峰の近くには阿蘇神社がありました。

asozonnjya.gif  ここは主に千秋、哲哉、晴哉が関わった所。
かなり立派な神社で由緒正しい歴史を感じました。

その後は草千里へ。

kusa1.gif  kusa2.gif  

ここはモンゴルかぁ~という程の広い平原には驚きましたが、凄く綺麗で水溜りも光っていました

でもこんな広大な場所で怨霊同士が戦ったとは、想像すると凄いことで、
怨霊が~、清正が~、高耶さんが~ とグルグルする私。

が、娘どもはそんな母そっちのけでワクワク乗馬(写真右)。

はぁ~、直高もペア乗りさせてあげたかった・・。


草千里の直ぐ後ろにはドライブインと火山博物館があります。

kzan.gif  ここは体調ボロボロの直江が大友宗麟と会談したところ。
中はお土産屋さんもあってわりと綺麗♪

にしても、
燃えカスから甦った体で阿蘇山に来るとは・・ムチャな男です。

健康でも阿蘇ドライブはちょっと酔いそうになるし・・
山頂はガスが発生していて、寒いし、強風だし・・。

本当に気力と執愛で生きてる男だったんだな~と実感しました(笑)。

お次はクライマックスの火口です。

karidera3.gif  karudera2.gif

中岳は 壮大 の一言につきました。日本にこんな場所があるなんて!というほど凄い山々。火口は煙が上がり中は水色の温泉(?)状態。色がとても綺麗でした。

こんなスケールの大きい場所を結界調伏する人達って・・
直高の真言には鳥肌がたちました。

そして <いっしょに焼かれよう直江・・> には


31日は阿蘇をほぼ一周し、上記の他にも西巌殿寺と白川水源にも行きました。

西巌殿寺は大友が拠点を置いたところ。
車椅子の直江が阿蘇惟光と会談したり、吉江に景虎の元に戻るのではないか?と疑いを持たれている直江です。

saigann.gif  人っ子一人居ない静かなお寺でした。


白川水源は日本の名水の一つらしく、水を汲みに来ている人をたくさん見かけました。

shirakawa.gif  shiwakaa2.gif

左は開崎が高耶を映した池。ここから蛇を出し、高耶の居所を探りました。
右は池の中。透明度が高いので美しかったです。


次は熊本市内をUPします。
[ 2007/04/03 17:57 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(2)

長崎・ミラージュ旅 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

3/30~4/1まで2泊3日で旅行に行きました♪
長女のお受験でなかなか遠出できなかったので、思い切ってお出かけ。

とはいえ、選んだのは海外ではなく九州~。
長崎→熊本→福岡で、言わずと知れた「炎の蜃気楼ツァー」

ほんとはミラジェンヌと回りたいところですが、家族を置き去りにするわけにもいかず・・
私のオタク趣味に強制同行ですっ!

で、初日は『アウディ・ノス』観光in長崎。
直江24歳・センチメンタルジャーニーの追っかけです

この作品は景虎を発見できない頃の直江を描いた番外編で、特に好きなのが兄・照弘との会話。

凄く弟を可愛がっている感じがして・・
近い将来こんな好い家族を捨てていく義明のことを思うと・・切なくなりますっ。

そしてもう一つは冒頭の色部さんとの会話。直江が夢の中で12、3才の泣いてる高耶に出会うエピソードが凄く好きで、これに続く綾子の夢にもジーン。
何度も読んでも飽きない短編です。


さて、長崎観光です♪

マリア観音の供養を頼まれた直江は長崎に調査に行くわけですが、
1番最初に到着した名所は大浦天主堂

ooura.gif  ここは建物が古く、味のある教会でした。観光客のために放送も流れていて、小説に書いてある「信徒復活」のマリア様も見ることができました。

が、すぐ近くにグラバー園もあるためか、一歩教会の外にでると俗っぽい雰囲気~
お土産屋さんがやたらとあって、角煮まんじゅうの嵐(笑)

でもこんなリストバンドも発見♪
risuto.gif 「愛」と「龍」
「愛」の字を見るとどーしても直江の兜前立て~。そして「愛」は彼そのものっ

「龍」は氏康パパですね♪

お次はトラバス神父の念が昇華した浦上天主堂
DSCF0094.gif  こちらは原爆の爆心地が近いため古い教会は残っておらず、新しい立派な建物。

でも原爆で壊れた石像はいくつか残っていました。
小説にも紹介されていましたが、首がなかったりと・・痛々しいです。
sekizou.gif ミラージュは戦国時代だけでなくイロイロな時代を取り上げるから面白いです。そして必ず負け組に同調するので共感したり、考えさせられたり・・。


供養に成功した直江が最後に行ったのは西坂公園の二十六聖人記念碑
262.gif  よく見ると子供も何人か居て・・宗教の力はやはり恐いな~と思います。

この石碑の裏に二十六聖人記念館という建物がありました。
直江は行っていませんが、ついでに立ち寄ると・・

ai.gif  「愛は死よりも強し」という石が入り口に!・・・なんだか濃くて直江臭かった!

で、中に入るとマリア観音が居ました~。
maria.gif 


さて、重い殉教の歴史と直江の悔恨にまみれた後は
子供のためにハウステンボスに移動しました。

突然オランダの別世界ですが(笑)今はチューリップ祭りで凄く綺麗でした。
oranda.gif

夜は園内花火が最高で、あんなに近くでしかも空いた場所で打ち上げを見たのは初めてでした♪

kumahachi.gif  園内で発見したクマハチ choko.gif  チョコレートの滝
[ 2007/04/02 21:47 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(6)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。