BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 2007年01月
-別アーカイブ  [ 2007-01- ] 

<< 前- |  2007-01-  | 翌- >>

1月の購入ブツ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

1月の購入ブツです。

◎ かなり好き
○ 好き
△ こんなもんかな

<小説>

○突然、恋はおちてくる(高岡ミズミ/山田ユギ)
◎きみと手をつないで(崎谷はるひ/緒田涼歌)
○恋は乱反射する。2(崎谷はるひ/冬乃郁也)
◎欲望の犬(中原一也/奈良千春)
○婀娜めく華、手折られる罪(鈴木あみ/樹要)
△ひそやかな独占欲(真崎ひかる/笹生コーイチ)
△上海恋戯(水月真兎/高階佑)
△視線のキスじゃものたりない(きたざわ尋子/街子マドカ)

○今日からマ王!?(喬林知/松本テマリ)
◎風が強く吹いている(三浦しをん)
◎シュミじゃないんだ(三浦しをん)


<コミックス>

◎黒男(あとり硅子)
◎天気予報ノ恋人(街子マドカ)
○春よ恋(楢崎ねねこ)
○きみはともだち(楢崎ねねこ)
○恋は乱反射する。0or0(冬乃郁也/崎谷はるひ)
△はつこい死霊(草間さかえ)


☆1月のナンバー1

小説→きみと手をつないで(崎谷はるひ/緒田涼歌)

コミックス→天気予報ノ恋人(街子マドカ)

*BLじゃないけど「風が強く吹いている」(三浦しをん)もナンバー1級


2月の購入予定本

・純情ロマンチカ8(中村春菊) 2/1角川
・嫁に来ないか2 (新也美樹) 2/10 海王社
・ラブリー・シック4 (大峰ショウコ)2/10 オークラ
・恋のツメアト2(こいでみえこ)2/24 キャラ
・くちびるから愛をきざもう (崎谷はるひ/神葉理世) 2/1ルビー
・DEADHEAT DEADLOCK2(英田サキ/高階佑) 2/27キャラ
・ムーンリット・ウェディング(水壬楓子/白砂順) 2/28リンクス  
・交渉人(仮) (榎田尤利/奈良千春)SHY 2/26

ちょっと気になる本

・セックスフレンド(菱沢九月/水名瀬雅良) 2/27キャラ
・ひそやかに恋は(旧:夢のしずく)(桜木知沙子/山田ユギ)2/27キャラ
・長靴をはいた黒猫 (佐藤ラカン/山田ユギ)2/27二見書房
スポンサーサイト
[ 2007/01/30 14:15 ] 今月の萌ブツ&評価 | TB(0) | CM(8)

森川さん、ディナーショー 「私の好きな声優さん(12067)」

昨日赤坂プリンスで開催された森川智之さんの20周年記念ディナーショーに
行っていません

スイマセン・・レポを読みたい方はここで戻って下さい(汗)。

でも何故こんな画像があるのかと言えば・・
ディナーに参加するお友達に会いに行ったから~♪

昨日は萌友さんが各地から来襲。大阪、九州、山梨と遠くから上京。

大阪の柚葉さんと春妃さんはお初にお目にかかったので、かなりドキドキ
でもお二人の明るさと関西弁の面白さに直ぐに打ち解けてしまい、宿泊予定の赤プリ部屋にまで入り込んでオシャベリ。

スッゴク楽しかったです~っ!!

実を言えばこの数ヶ月、口を開けばお受験の話ばかり
なので昨日の赤プリの腐った空気はヤタラと楽しくて・・

いやいや 「断じて腐女子ではなくってよ」 という純粋な森川ファンも居るだろう・・
とは思いつつ、着飾ったヲタ集団に親しみを覚えてしまいました~(笑)


さて、昨日のモリモリショーは応募多数だったためにランチショーも設けたそうで、
柚葉さん達とお別れした後はランチの終った小夜さん、しおりママさんとお茶

森川さんが「ラブミーテンダー」を歌ったと聞き、参加したかったな~と思いましたが、
チケット発売のころは予定がたたなかったので仕方ありません・・。

それにしても全国各地からこれだけの人を集める森川さんって・・
ヲタ女子に着飾る楽しみを与え、美味しい料理を食べさせ、トークや歌も聞かせてしまう。

偉大な帝王ですっ


今朝起きると顔に枕の跡がクッキリ。最近戻りが悪いので・・昨日じゃなくてよかったぁ~~っ!
[ 2007/01/29 14:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(18)

彩雲国物語35話 「彩雲国物語(599)」

本日の彩雲国、原作読んでいない私には驚きの連続っ!!

なんと朔洵さまがお亡くなりにぃ~~~~っ

たとえ口紅が濃くても、カマっぽくても、あの妖艶さとにふん捕まえられていたとゆーのに、
もう出てこないなんてあんまりです~。
(って、ほんとに死んでしまったんですよね??/原作知ってる人教えて下さい!)

でも最期まで美味しい人でした。
静蘭とブリザード会話をした後、超かっこいいチャンバラをやらかし、
終いには 吐血 (なんて好みな・・)

吐血は漫画のロマンです♪代表・沖田総司で、死に方の花道 

策士で哀れな朔さまにふさわしいラストでした。


しっかし、気になるのは秀麗のぶりっ子走り。
死にそうな人を引っぱたくあの気性に、女走りはどーなんでしょうね~(笑)


来週でこの物語は一区切りなのか??
4月から新シリーズが始まるとラジオで予告していましたが、オリジナルなら王宮グループの出番を増やして欲しいです。

本日はチラリと出てきた劉輝&楸瑛に萌えましたが・・
楸瑛は誰にでも優しい・・天性のタラシですっ(笑)

この他チビ劉輝がメチャクチャ可愛かった!
お互いしか必要としなかった兄弟ラブにもヤラレました~


今週はラジオも更新♪
彩雲国の良心・桑島さんがゲストだったため、なんとかまとまっていましたが、
相変わらず爆笑~!

弟のやんちゃに笑いっぱなしの兄という名コンビで、番組同様まだまだ続いて欲しい。
そして何時の日か子安さんをゲストに!!


ラジオ繋がりで余談ですが、少年陰陽師ラジオのゲストは、なんと若本さん。
出だしの寸劇が濃くて爆笑でした~。
[ 2007/01/27 17:08 ] 彩雲国物語 | TB(0) | CM(9)

CD・春を抱いていた7 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

春を抱いていた7」を聴きました♪内容はコミック8巻をCD化したもの。

<出演>

森川智之:岩城京介 三木眞一郎:香藤洋二
鳥海浩輔:宮坂敬吾 遊佐浩二:小野塚 悠


最近原作を読んでいなかったので、
新鮮で面白かったぁ~~っ!!

かなりププッと笑える台詞満載で、特に香藤の行動と発言には もう・・
可笑しいやら、可愛いやら悶えまくり。

先ず冒頭の「ヤッター、たったーーー!!」には爆笑で
「犯罪まねくよ、その腰つき」発言とパンツ選びも面白い♪

そして見せつけHで怒られても、懲りずに岩城さんのキスを賭けてしまうあたり・・

本物のアホです

しかも単純で、真っ直ぐで、切り替えが早くて、可愛いときてる・・。

ああ~、やっぱり大好きです!香藤くんっ

と、愛を叫ばずにはいられません・・。

で、このムチャクチャ可愛い香藤を演じている三木さんは、相変わらず芸達者
今回は焦ったり、喜んだりする声が最高で、三木さんの中ではやはり香藤が1番好き
とにかく上手かったですっ!!


さて、岩城さんも負けず劣らず可愛さ爆発。香藤の過去に傷ついて泣くシーンがもう、もう・・
あの「涙」にはウワ~となって、乙女で純粋でどうしようかと思いましたっ。

でもそんな岩城さんも香藤のなだめ方は技あり♪
特に勃たせる技量は凄くって・・

「何とかしてやるのがの役目だろ?」ときたもんだ!

が、これは「妻」の間違いでは?? いや、この二人はリバだから両方夫なのか??
とくだらない突っ込みを入れつつ聞いたもんですが・・

原作を読みなおしたら「妻」と言いかけていて・・、
CDもそのとーり脚本化した方がよかった気がします~。


森川さんで1番好きなキャラはマ王のコンラッド

なので何を聞いてもコンボイスを意識してしまうんですが・・
この物語に関してはコンラッドを完全に忘れ去ることができます。

帝王は「攻」で居て欲しい私が「春抱き」だけは全然OK。
やはり森川さんの上手さとストーリーの素晴らしさで、岩城さんそのものになるんだな~と実感しました。


さて、ちょっと余談。
このCDに登場する岩城・香藤・宮坂・小野塚が飲んだお店に行ったことがあります。

「春抱き」熱烈ファンのKさん、Sさんに誘われて3年くらい前に訪問♪
内部はほんとに漫画のとーりでビックリしました。岩城&香藤のキス現場は絵よりちょっと短めの通路でしたが、そのもので・・

新田先生の画力や正確さには驚きです!

漫画や小説の舞台が実在するというのは面白いものです。2倍楽しめることは確実なので

(今まで行ったことがあるのはミラージュ関係・西洋骨董洋菓子店モデル店・ラブレスとか・・)
[ 2007/01/27 00:11 ] その他のBLCD | TB(0) | CM(6)

CD・罪な宿命 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

愁堂れなさんの罪シリーズ第4弾・「罪な宿命」を聴きました♪(原作感想はここ

<出演>

田宮吾郎:野島健児 高梨良平:置鮎龍太郎
富岡雅巳:遊佐浩二 藤本:堀内賢雄
ミトモ:太田哲治 納:園部啓一
雪下:檜山修之 水原:根津貴行


罪シリーズはオッキー・ノジケン好きなために原作よりCDをリピートしている作品。

置鮎さんの柔らか~い関西弁と野島さんの可愛い声に毎回ヤラレっぱなしで、
第4弾も当然メロメロ

今回のストーリーは珍しくゴロちゃんがトラブルに巻き込まれず、良平と藤本が過去のしがらみに苦しめられるというもので、
このため賢雄さんの出番が多く、トークも爆笑~(「看守と間違える」「フリフリーズ」とか)

とにかく賢雄さんのしゃべりは非常にツボに入りやすいので・・
「宿命」の藤本が相当熱いキャラでも・・

マジメに賢雄芝居を聞けない体になっています(←いいのか?)

さて、トークよりもっと爆笑だったのが実はオマケCD
今回は全てこれに持って行かれた感があり・・
私的に強烈だったのが ミトモさん

太田さんは・・本物?! 本物なんですかっ??

トークでも「フリフリ着てきちゃったとか言ってますし、自声も案外そのまんまで・・

本当にオネエの人ぉ~~~?

と、言いたくなるようなオカマ芝居の上手さ
オマケCDの漫才と「あんたらオカマをなめたらしょーちしないわよ」に痺れました~(笑)

この他笑えたのが遊佐さんの若本さんモノマネ。
トークで別人格だの、事務所単位だのブツブツ言っていたわけがやっと分かり、
良平とのブリザード会話も楽しかったです♪

あと気に入ったのがゴロちゃんの「どーしてそんなHなことばかり言うんだよ~~」
・・可愛すぎて悶絶しましましたっ(野島さん、あなたって人は・・)


さて、忘れてはならない本編です。

良平とゴロちゃんは相手を心配させまいとお互いに一生懸命になる人達なので、
その辺がいじらしいというか、もどかしいというか・・

今回は良平が「堪忍な」で元気がなかったので、ラストHはキャ~なサービス。

そこまで性生活を音にさらさなくても・・
と思いましたが、事件とラブの重量差に付いて行かねば、このCDにはハマレませんっ!(笑)

「宿命」もミスキャスト無しで、ゲストの檜山さんと根津さんもバッチリ♪

トミーの出番が少々少なめで残念でしたが、5巻目は増量なので次回も楽しみです。

黒男(あとり硅子) 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

あとり硅子さんは、先日読んだ『シュミじゃないんだ』(三浦しをん)の挿絵を描いていた作家さん。

知らない漫画家さんでしたが、2004年に夭逝した方だとか・・
後書きを読んでビックリしました。

で、どんな作品を書いていた人なのかな~・・と思った矢先
ボーイラブ・アワード2006の名作コミック投票所で名前を発見。

なんと5位でした。という訳で「黒男」をゲット♪(2001年DEAR+コミックス)
全部で7つのお話が収録されている短編集でしたが・・

久しぶりにイクところまでイッテいないBLを読んでしまいましたっ!!

全編心温まる癒し系なエピソードでコメディ色もたっぷり。ププッと笑える表情やオチが面白く、
あとちょっと続きが読みたいっ!と思わせる作品だらけ。

つまりキスに到達するお話すら無いわけですが・・
1話20ページ~30ページという短編ではこれが自然♪

簡単にイタシテしまうBLより数倍よかったですっ!!


この作品は全体的に優しい気持ちや友情がとても繊細に可愛く描かれおり、
これが霊や夢などの不思議現象と上手く絡まって独特の世界になっていました。

私的に好きなのはファンタジー色の強い「ラルゴ」「ぶどうの瞳」

「ラルゴ」は主従ラブで兄弟もベタ家来のトルトの惚けた気長さが魅力的でした。
「ぶどうの瞳」はユー二ィが可愛いっ!惚れた子供の成長を待つ紫の上BLがツボでした♪


あとりさんで他の出版ブツを検索しましたが、BL臭いのはこの1冊だけ??
もっと読んでみたかったですが、それは叶わず残念。

吉田直さんの時も思いましたが、30代で亡くなってしまうとは本当に早すぎますね・・
でも残すものがある人はちょっと羨ましいです。
[ 2007/01/23 19:38 ] その他のBL漫画 | TB(0) | CM(10)

きみと手をつないで 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

崎谷はるひさんの「きみと手をつないで」を読みました♪

この作品は以前ラキアから出ていたものの再版で、今回はこれに同人誌と書き下ろしSS付き。

実は本編も同人誌も持っていたので迷ったのですが、SSと挿絵の可愛らしさに思わず購入。

挿絵は緒田涼歌さんで、ラキアの富士山ひょうたさんより私的に好み。
表紙の着崩れがイヤ~ンな感じで気に入りました(笑)

この物語はかなり濃いお世話BLで、家政夫×ホラー作家というあまり無い組み合わせ。
(家政婦協会に所属している家政夫ってほんとに居るんだろうか??/笑)

で、家政夫・兵藤香澄が何故「」なのかと言えば、
作家・神堂風威は引きこもりで赤面症。食べることも着ることもまともにできない、生活能力ゼロの人物だから・・。

ところが神堂があまりにも無垢で可愛らしく、こんな27才居るわけない~~っ!!
という人物なため、兵藤は年上作家に速攻メロメロ。

そこらの母親よりもキメ細かく、お世話&甘やかし&偏食指導をしまくります。

神堂は変わり者ゆえに家族に理解されず、唯一気にかけてくれたのが幼馴染兼編集の仲井
この人物の存在が兵藤の起爆剤となって、なんとか二人はハッピーエンド♪

雇用主に対する禁断恋と徹底的に何もできない神堂が切なく面白く、
作家先生の可愛らしさは犯罪的でした~


*ここから先は旧作との比較です。ラキアを未読な方はスルーして下さい。以下辛口です


この作品はラキア版も同人誌も何べんも読んでいる本で、崎谷さんの中では私的にけっこう上位。
なので今回の加筆修正は正直ちょっと残念でした。

実はラキア時代の文章が私は凄く好きで、切ない心理描写が際立つような書き方がとてもツボでした。

(最近のは少々くどめで、風景や職業についての説明書きも非常~に多い。とは言え好きな作品はたくさんあるのですが・・。)

というわけで、この作品については4,5年前のものをここまでいじらなくてもイイのでは??と感じてしまい・・
特にラストは旧版の方が秀逸。仲井の切なさでしっとりと終了していました。

絵や文章や料理・・何でもそうですが、パッと勢いで作ったものの方がイイ場合がありまして・・
あまりこね回すとよくない結果を生む事があるのと思うのです。

なので今後出るであろう??黒ラキ再版はなるべくそのまま出版して欲しい~。
でも今回のよーにHシーンや甘甘シーン増量は・・お願いしたいです!
(←我儘)
[ 2007/01/21 19:33 ] 崎谷はるひ | TB(0) | CM(8)

突然、恋はおちてくる 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

高岡ミズミさんの新刊『突然、恋はおちてくる』を読みました。
この作品は『あなたと恋におちたい』の脇キャラ・佐竹が主役。
(慎司の元彼/製薬会社営業)。
(「あなたと恋におちたい」の感想&あらすじはここ

佐竹は同窓会で出会った同級生・城之内と記憶がなくなるほど飲んでしまい、何故か一夜も共にしてビックリ。

その結果、高校時代ほとんど接点の無かった城之内が佐竹に異常な執着を見せはじめ、
ユギさん表紙の年上余裕キャラ・・・に見えるのは外見だけ(向かって左)

実は猪突猛進・ストーカー男の一歩手前でした~。

という訳で、佐竹さんが襲われてるぅ~~~っ!!
つまり 受 

前作の「あなたと・・」の佐竹はどーやっても「攻」なイメージだったのですが・・・
考えてみればCDボイスは平川さん 

だから「受」になったんですね! (←ほんとか?)
(CD感想はここ


城之内は男らしい外見とはかなり違う中身で、実は根暗な地味男。
涙をポタポタ流すシーンはいじらしく、こーゆータイプが一途になるとやっかい・・。

始終振り回され、結局ほだされて行く佐竹は気の毒というか、男冥利に尽きるというか・・
結局イイ加減そうでイイ人な彼には振り切ることはできませんでした♪

ラストは女王佐竹と忠犬(猪)城之内な感じで、近い将来リバーシブルになることは確実ですっ!

前作に比べるとコメディ色は弱いものの、城之内の素朴さは可笑しく
ユギさん挿絵の「やるな」も笑えました~。

*できればユギさん画で高校時代の城之内が見てみたかった!(笑)
にしても佐竹&城之内イラがもの凄くカッコよかったです
[ 2007/01/20 21:19 ] 高岡ミズミ | TB(0) | CM(6)

攣哀感情 CD 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

吉原理恵子さんの『攣哀感情CD』を聴きました。2枚組で丁寧な仕上がりでした♪
(原作のあらすじ・感想はここ

<出演>

篠宮尚人:緑川光 篠宮雅紀:三木眞一郎
篠宮裕太:阪口大助 桜坂一志:遊佐浩二
加々美蓮司:浜田賢二 野上光矢:武内健



『攣哀感情』は二重螺旋シリーズの第3弾。

今回は 人に対する優しさは何処までが正解なのか?? というテーマで、
これに親のエゴや焦り、そして人は自覚無しには何も解決しないという現実的な問題が絡んでいます。

つまり・・このシリーズにしては妙にまともな内容っ!

どーしたんだっ、二重螺旋!
禁断の兄弟愛でビックリなエピソード満載だった筈なのに

でも考えさせられるテーマの側らで、やっぱり雅紀兄ちゃんは弟にベタベタ
三木さんが冷たいヤラシイ声で演技しています

そして相変わらず緑川さんが超・超可愛い声で喘いでいる~~っ!!
やっぱり緑川さん・受の中ではこれが1番好きかもっ

最近彩雲国ラジオの影響で急激にミドリンファン♪
サービス精神があっぱれで、関さんの冗談に対する高笑いがたまりません(笑)。

とにかく甘い・可愛らしい声には常に悶絶。
ついでに二重螺旋以外で好きな緑川作品はこんな感じ。

・魔法学園シリーズ
・ドラマCD トリ二ティブラッド
・名も無き鳥の飛ぶ夜明け
・彩雲国物語



と、話が大分それました・・。

この他私的にツボだったのは武内さんと浜田さん。

武内さんの役は今回1番難しい役だったよーな気がしますが、オドオドした感じが凄くよくて
上手かった~~

武内さんと言えばラブレスの貴緒でしたが、「小説家は懺悔する」の律や「エス」の真生がバッチリで、今回の野上もピッタリで・・
何をやらせてもOKな声優さんかもしれません♪ (でも「攻」は無謀かも)

浜田さんが気に入ったのはゴースト・ハントの好きキャラだから(坊さん)
・・理由はそれだけです(ハハ)。


本日はmiさん宅で嬉しい情報を発見♪♪
「是」の玄間・氷見編のキャストが決まったようです~~。

氷見は平川大輔さん

ずっと平川さんがイイと思っていたので、嬉すぃ~~~っっ(喜)
欲を言えば玄間は小西さんがよかったですが・・(←自分勝手)
三宅健太さんのようです。ああ~、今から聞くのが楽しみ♪
[ 2007/01/18 21:47 ] その他のBLCD | TB(0) | CM(8)

さよならを言う気はないCD 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

英田サキさんの「さよならを言う気はない」CDを聴きました♪
(原作のあらすじと感想はここ

<出演>

陣内拓朗:森川智之 天海泰雅:小野大輔
周藤睦:高城元気 圭子:細野雅世  他



「さよならを・・」は英田さんの中で「エス」の次に嵌った作品
つまりものスンゴク好きってことなので・・

どうして1枚なんだぁ~~~~っ!!!

あんなシーンやこんなシーンがカットされるなんて
もっとお笑い場面もたくさんあるのにぃ~~。
(刺青師夫婦のエピソードとか、会長宅でのチューとか、賀持のピーカンナッツパイがぁ~)

・・とは言え、全体的にはマズマズの仕上がりで、切ない部分はしっかり脚本化。

何より 小野さんがバッチリでした

これ以上ないほどの天海で、天海過ぎましたっ!

声は千葉さんを男らしくしたような(?)受けボイスで素敵♪
その上演技が上手くて、上手くて、喘ぎも濃くて赤面~~(笑)

そう言えば小野さんを初めて認識したのは去年3月のネオロマイベント。

つまり声より先に姿形を見てしまったわけで・・
ナカナカ可愛い人でしたが、CDを聞いたのは今回が2回目。

前回は「神官は王に愛される」の脇役だったので、演技がどーなのかよく分からなくて。
こんな素晴らしい受・声優とは知りませんでした~~

さて、森川さん扮する陣内ですが、こちらは当然安定した陣内♪
襲われ攻め を難なくこなし、会長宅へ拉致られる「降ろせっ!」が可笑しかったです(笑)
(でも欲を言えばやはり藤原さんとか、東地さんがよかったです~)


この他ブックレットのSSが凄く印象に残りました。
陣内は天海が可愛くて可愛くて仕方ないんですね~。そんな気持ちが溢れんばかりのエピソードでした。

ところで、原作にもCDにも思うんですが・・
騎乗位で寝たふりって・・・そんな惚け方は無理がある!(笑)


このCDの感想は本当は昨日UPしようと思っていました。
が、1/20に提出する願書をいい加減書かねばならず、昨晩はブログをお休み。

こんなギリギリに書いている親ってアタシだけ??
でも、第一希望の中学は志望理由欄が異常に広いっ。測ったら15cm×6cmもあった。

ウ~ム、ブログなら苦なく書けるのに・・願書を目の前にイヤな汗がタラリ・・。
おまけに私は超悪筆。漫画文字がもっとへタレて腐ったよーな感じ。
文字で落とされることってあるんだろーか・・、微妙に心配です(ハハ)。
[ 2007/01/17 21:26 ] 英田サキ | TB(0) | CM(6)

天気予報ノ恋人 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

街子マドカさんの「天気予報ノ恋人」を読みました。

街子さんは崎谷はるひさんの『恋愛証明書』で絵と名前が一致した作家さん。(感想はここ
わりと好みのイラストだったので、今回オリジナルにチャレンジしてみました。

で、むさぼるよーに読んでしまいましたっ!

最近新たに嵌る作家さんが少なかったのでこれはメッケもんでした~♪

ストーリーは同じ番組を担当するニュースキャスターと天気予報士の恋。
超おちゃらけコスプレ予報士・天沢とお堅いアナウンサー小金井は番組中のやりとりが視聴者にウケて人気上昇中。

小金井は訳ありで頑なな雰囲気でしたが、天沢の呆れるばかりの言動に氷が溶けて行きます。

そして天沢のおふざけキスにほだされた小金井は思い切って告白。
失うことに臆病な天沢を口説き落とします

「天気予報ノ恋人」は全体にギャグテイスト
特に笑えるのが天沢のコスプレ番組中の二人のやりとり

コスは自称「お天気の妖精」・天沢の天使・ウサ耳・ナース姿などが可愛い上に爆笑~。

やりとりは二人の仲が進展するにつれて、会話が萌え内容になって行くのが可笑しくて・・
こんな朝番があったら絶対見たいですっ


さて、この作品で一番注目すべきは 小金井のツンデレ度

その度数の高さは並ではなく・・

無愛想な堅物男が恋を自覚した途端
「好きだ」「おれはお前が好きみたいなんだ」 と笑顔で直球~っ!!

天沢に引かれてもアタックしまくりで、社員旅行も早く二人きりになりたくてもう大変っ!
お付き合い3ヶ月記念日には料理を作って天沢を待ってしまうし・・

なんだか 乙女攻め!?

マジメな男が恋に突っ走ると恐いですが(笑)、小金井のデレぶりはかなり意外性があって可愛かったです。

可愛いと言えば天沢の容姿は文句なしで、
この他二人の周囲にいるスタッフも皆イイ人で面白い♪

絵柄もシャープな線と動きのある画面で、ナカナカ画力のある作家さんでした。

コミックに入っていたCIEL1月号の広告に天気予報ノ恋人ミニ・コミックという見出しがあって・・
欲すいっ!!
まだ何処かで売っているかしらん・・。
[ 2007/01/12 22:04 ] その他のBL漫画 | TB(0) | CM(6)

誰にも愛されない 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

山田ユギさんの新刊『誰にも愛されない』(リブレ)を買いました♪

この作品は「最後のドアを閉めろ!」の後半部分に載っていた「誰にも愛されない」の続編。

でも今回は「最後のドア・・」収録分も一緒にコミック化されているので
分厚っ!

値段もちょっと高めの743円全308ページ。 読み応えありました(喜)

内容は前2/3が古本屋兼翻訳家・日下と出版社営業・飯島のラブストーリー。
残り1/3が日下の留学時代のルームメート・長谷川とゲイのリーマン・上野の物語。

日下と飯島は大学時代の同級生。
日下は無表情・無愛想・マイペースな男のため、お互いの気持を分かり合うまでが一苦労。

でも出来上がってからは飯島のベタ惚れぶりが面白く、言葉の足りない日下を上手くリードしようと一生懸命。
その姿は時に滑稽ですが・・カッコイイです

で、特にドキッとしたのはact.2裏表紙(飯島紹介イラスト
歯ブラシ咥えてる顔がす~て~き~。

中身は気さくなあんちゃんなのに・・フェロモン垂れ流しっ。

食べこぼし、ヨダレ、血吐き、青筋、ナルト量 が1番多いわりにイイ男で・・
そのギャップが気に入りました~(笑)。

日下は言葉足らずなために誤解されやすく・・
それを気にしていることが顔に出ないため分かりにくく・・

でもそんな日下が素直になる瞬間は犯罪的に可愛い。(Hになる瞬間も最高!)

「ただいま」と飯島の元に戻ってくるシーンとクリスマスのエピソードが大好きで、
日下の孤独が埋められていく流れに心が和みました♪


ユギさんの描くHは常に肉体と肉体のぶつかり愛!・・という感じで、太腿やお尻がしっかりしているのが萌え(笑)

が、この作品の1番は飯島の足首掴み
(act.2:H入るチョイ前、飯島が日下の足首を押さえて動けなくさせるもの~)

act.1の顔を隠せないようにしてしまう××シーンも萌えましたが・・
今回は裸より足首でした(笑)


さて後半の長谷川×上野です。

長谷川は出版社勤務で日下の元ルームメート。自分はノンケだと思っていましたが、
天然タラシなために誤解を招き、ゲイの上野に誘われてしまいます。

上野はメガネキャラのもの静かそ~なタイプ。メチャメチャ綺麗で色気垂れ流しっ!
が、長谷川がノンケだと知った途端態度豹変!・・・・爆笑でした~。

このお話は長谷川の日下に対する無自覚な想いと、上野の過去がちょっぴり切ないですが
全体的にはププッとなってしまう場面が多く、上野の可愛さにも威力がありました(笑)


この本の帯に「最後のドアを閉めろ」のアニメ化DVD宣伝がありました。
キャストはCDと同じようですが・・私的にちょっと反対。

それは・・
ナニのシーンが動画になると恥ずかしいからっ!
あとものスンゴク好きな作品なので、絵が絶対に納得できないと思う・・。

魔法使いものとか動きのあるファンタジーBLならアニメ化も賛成ですが、
この作品については動画にする意味があるのか??ちょっとウ~ンです。
[ 2007/01/11 20:44 ] 山田ユギ | TB(0) | CM(8)

CD「執事の特権」 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

榎田さんの『執事の特権』CDを聞きました♪

<出演>

乃木坂乙矢:野島健児 原田 仁:杉田智和
富益一蔵:堀内賢雄


「執事の特権」は原作が大好きな物語。(原作感想はここ
しかも乙矢が野島さんということでイメージぴったり♪

が、他2名は・・どうなんだろう・・
聞くまで微妙にドキドキでした~。


この物語は潔癖症のご主人様に仕える執事が主役で、執事攻めで 年下攻め

私的にかなり好みな設定でしたが、それが榎田さんの文章で切なくユーモラスに描かれているため感動的。

特に面白いのは乙矢が原田に心を開いて行く過程で、潔癖症という病気のために牛歩で進む二人の関係がとても上品でした。

さて、この物語のキーパーソンは老執事・富益
彼は乙矢を幸せにするために原田を発掘し、二人を嵌めた人物で・・
それを堀内さんが好演~♪

実は挿絵の印象から堀内さんでは声が好過ぎるのでは?若すぎるのでは??
と思っていたのですが、惚けた味が意外とピッタリ。

落ち着いた声で「乙矢様は大変な毒舌家でいらっしゃいます」「さらに気分屋で神経質で・・」という主人けなす台詞をあっさり言われ、ププッとなりました~。

この上なく老け声の賢雄さんが聞けてよかったです(笑)。

原田役の杉田さんは「可愛い人」の印象が強すぎて「受」というイメージが定着していたのですが・・

今回のCDで低音美声だという事がしっかりと分かり、挿絵の感じとはちょっと違いましたが、
聞いてるうちに慣れてしまいました♪
今後もリバ声優として頑張って欲しいです!

という訳で結果的にはキャストOK。野島さんの怯える芝居が上手くて、とても満足

只、残念だったのはカットが多いこと。
もっとキュン場面が本当はたくさんあるのに・・。

乙矢の虫嫌いとか原田の居眠りとかイロイロ。
初めて触れる場面ももう少しなんとかして欲しかったです~。
[ 2007/01/09 22:47 ] 榎田尤利 | TB(0) | CM(2)

遙かなる時空の中で 13 「今日読んだマンガは??(53396)」

「遙かなる時空の中で」13巻を読みました。

「遙か」は男女ラブに興味のないアタシが何故か買ってしまう作品。
それは・・
水野さんの描く和服が大好きだから~~

で、今回もその美しさにウットリ。特にツボなのが和服の皺の描き方とデザインのよさ。
あと悶えるのが黒髪

黒髪のベタの入り方とトーンの入り方が凄く好きで、今回は友雅の流れる髪にノックアウト

13巻の友雅はかなり意地悪だったのでそれも萌えで・・
しかも井上さんの声が聞こえるため、鼻血が出そうになりました~。

その他注目はアクラムの素顔分量が多いことと、泰明が可愛くなったこと♪
そして前巻に引き続き焦る頼久が空きだらけで可笑しい・・そしてちょっぴり切なかったです。


「遙か」はボイス読書漫画なので、いつも楽しく悶絶読み。
でも13巻は内容がシビアで、ラストは神子の記憶を失う八葉・・。

早く続きが読みたいですっ!
[ 2007/01/08 15:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(11)

CD「バカな犬ほど可愛くて」 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

英田サキさんの「バカな犬ほど可愛くて」CDを聴きました♪

<出演>

平川大輔:成瀬 聡 川島得愛:苅谷志郎
小杉十郎太:宇藤悟郎 水島大宙:谷野和巳


「バカな犬・・」は先輩(平川)&後輩(川島)の年下攻めで、面倒見のイイ先輩と優しくボソッとした後輩のラブストーリー。

お互い友情を壊したくないために素直になれず・・
そこに宇藤と和巳が入って一騒動。ちょっと切ないコミカルな物語です。


原作は大好きな英田サキさん♪
そして主演は大好きな平川さん

最近<原作に嵌る>+<好き声優さん出演>でないとナカナカCDを聞く気がしませんで・・
なので今回は嬉しい1枚でした。

で、よかったです
私的にキャストはバッチリ~~♪

聡はキツイ言葉を苅谷に投げつつも、優しくそして毅然とした人。
なので、平川さんの声でピッタリ。

川島さんはBLではお初声優さんでしたが、生活能力に欠けるボソ~としたへタレ役が上手かったです~♪

小杉さん演じる宇藤も小杉さんの濃さがピッタリで面白く、
「あらヤダ、さとちゃん」というオネエ言葉も笑えました。

オネエと言えば、バーのママもイイ味で(CV:小原雅一さん)
突然男になる「なんだと、こるら~」が爆笑でした。

あと可笑しかったのは聡の叫び 「ダー、ダメワンコがとち狂った~~」
そして苅谷がチェリーだと分かる瞬間も面白かったです。

というわけで原作より笑えてしまったので CD>原作
ブックレットに付いていたSSもお互いを思いやる二人がもの凄く可愛くてよかったです。
[ 2007/01/07 19:29 ] 英田サキ | TB(0) | CM(2)

『風林火山』予告

明日から始まる大河ドラマ『風林火山』の予告番組を見ました♪

で、Gacktさん扮する上杉謙信に グハッ!!

美し過ぎる~~~っ
(ちょっと茶朔洵)

馬に乗って現れた映像が超超カッコよくて、じゃがいも信玄とは違う人種?!(汗)
あんな謙信パパって・・・ミラージュ的にはイメージ違いますが、麗しいことはイイことです

NHKさん、ありがとう♪綺麗なパパで嬉すい~~~!!

謙信は最初長尾景虎なので、きっと「景虎さま」とか「景虎どの」とか言われるに違いない♪
はあ~、毎度違う方向に回りそうです

この他本日は氏康パパも登場でしたが・・他のミラキャラは見かけず・・
高坂も出てきませんでした~。

直江、色部、安田、柿崎・・名前だけでもイイから早い登場を期待しまっす!


それにしても内野聖陽さんは素敵な俳優さんですね~。
眼帯しているのがもったいないです!


去年の大河は戦国時代とはいえ、「夫婦愛」だったので興味がもてず・・(ちょっと砂吐き~/笑)
素敵な人が上川さんしかいなかったので途中で挫折しました。

今年の大河はGacktさんで何処まで見れるか・・?
面白い内容を期待します!
[ 2007/01/06 22:31 ] ミラージュ関連大河 | TB(0) | CM(8)

罪な復讐 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

愁堂れなさんの罪シリーズ5作目です。
今回もごろちゃんは災難を呼ぶ男。それも振り出しに戻る事件がらみ。

当然危機を救うのは良平ですが、5巻は富岡も非常~にナイスな活躍♪
常に強引なトミーにひたむきさが感じられました


罪な復讐」は英会話教師殺人と田宮への嫌がらせ事件が並行して進んで行くため、推理小説としても楽しめましたが・・

やはりこのシリーズの主題は ベタ甘ラブ

今回もお互いを思いやる二人に口許が緩み、メチャ優しい良平と健気なごろちゃんを堪能できました
(一番好きなのはP.80の「どないしたん?」)

でも相変わらず何があってもボディートークから入る人達で(笑)、良平は常に臨戦態勢??

出会いからして、捜査よりボディトーク刑事で・・
今回も犯人名を明かすより先に○○してるし・・

期待通りでした

それにしても里見は・・もう少し我慢すれば従兄弟とBLできたかもしれないのに・・
切なくなりました。


罪シリーズは第4弾の「罪な宿命」CDがもうすぐ発売♪
私はどちらかと言うとCD>原作なので凄く楽しみ!

で、5巻もしっかりボイス読書。今回はミトモさんの声までしてきました~(笑)。
(それだけ何回も聞いてるとゆーことですね)

*陸裕さんのミトモ&サメちゃん巻末漫画が面白かったです♪

前作感想はここ
CD感想はここ

恋は乱反射する。2nd to none 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

崎谷はるひさんの「恋は乱反射する」第2弾を読みました。

今回のストーリーも前作・1st Loveに引き続き「攻」が「受」のお世話係り。
が、年齢は逆で年下攻め~♪ (前作感想はここ

2nd to noneの年上受・淑実は学者さん。
鈍感でズレていて生活能力ゼロ。でも間違った事には厳しい!

そして攻・白崎克幸の姉の旦那様でした。

二人の出会いは白崎が中学生の時。白崎はズッと淑実を想っていましたが、義兄は自分の気持ちに無自覚。

結局8年後、白崎が淑実を犯しかけて話が進展。

ガタイでかく、耳ピアス、舌ピアス、顎ひげな克幸君ですが
会えない淑実へ書き続けたメモがとても謙虚で、家事も得意なロマンチスト。

天然ズレの淑実に振り回され、試され、メロメロされる白崎はかなり哀れでした~(笑)。

それにしても<克幸>という名前はやめて欲しかった。
無意識にボイス読書をしてしまうじゃないですか・・

崎谷CDにコニタンの登場回数は多いので・・
漢字まで同じとは故意に付けたとしか思えませ~ん(笑)。


*小西克幸さん登場CD

・ミルククラウンのためいき(ああ~、義一×玲二CDを作って欲しい!)
・ねじれたEDGE
・手を伸ばせばはるかな海
[ 2007/01/04 23:09 ] 崎谷はるひ | TB(0) | CM(8)

欲望の犬(中原一也) 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

欲望の犬」は奈良千春さんがイラストだったため挿絵買い
中原さんはお初な作家さんでしたが、大好きな年下攻めだったので読む気になりました。

内容はゲイの検事・水上と彼の元に通ってくる素性の分からない男・大貫の物語。

水上は雨の日に大貫を拾い、以来大貫はフラリと訪れては食欲・性欲・睡眠欲を満たしていく存在に。

大貫は野良犬のわりにとても優しく、本気になりかける水上ですが
自分の事を一切話さない彼に今一つ心を開くことができません。

そうこうする内に水上に昔の恋人が現れたり、大貫がモデルだということが分かったりと
拗れる条件が色々揃い・・

が、ラストは大貫の正体と彼の目指すものが意外な展開。なかなか楽しめる本でした。

1番好きなシーンは二人の初デート
デート服に悩む水上が可愛く、映画館で手を握るシーンは甘甘~

物静かで健気な水上と、甘え上手で実は一生懸命な大貫がイイ感じでした。

そしてなんと言ってもよかったのは奈良さんのイラスト
雨の日に出会った二人を現すカバーが最高で中の挿絵も水上の表情が凄く可愛い♪
(オマケに水上はメガネキャラ~)

元恋人の幸田さんイラもとてもイイ男!
この人は中身も優しく好い人なので、そんな感じが滲み出ていました。
[ 2007/01/03 22:52 ] その他のBL小説 | TB(0) | CM(4)

風光る 旅 「京都。(24439)」

31日、1日と夫の実家がある京都へ行きました。
今年は切羽詰った受験生が居るので1泊帰省・・。

でも京都へ行ったからには観光しようと子供と相談。
下の子が「風光る」に登場する 『鍵善の葛きり』が食べたいと言い出したので、これを採用。

『鍵善の葛きり』とは祇園にある鍵善良房の葛切り。

「風光る」の7巻で沖田総司がやたらと食べたがっている代物で、
清ちゃんとデートしつつ16杯半も平らげていました(笑)

という訳で我々も四条通りを歩き、四条大橋を渡り鍵善へ。
川 ←四条大橋から撮った鴨川 ちょっとミラージュ・みなぎわの反逆者

お店に着くとけっこうお待ちの列ができていましたが、回転がイイので10分ほどで着席♪

で、総司が「黒蜜が好き」と言っていたので当然白蜜ではなく、黒を注文。
凄い豪華な入れ物に入ってきて驚き~。
葛2 ←ちょっと画像に光が入ってしまいましたが・・お重でした。

蓋を開けて黒蜜に葛切りを入れた状態。
葛1

凄く美味しかったです!!黒蜜も葛切りも最高~これを食べてしまったら他は受付られないかも・・。

でも値段もそれなりで1杯900円。つまり総ちゃんは約1万5千円分食べたということに・・(笑)

お店を出てから池田屋跡に行くことになり、先斗町通りをテクテク散歩。
pont.jpg ←細い路地に飲食店がたくさん。

途中兎グッズのお店を発見。店頭でお人形が掃除をしたり、餅をついたりしていました~。
うさ1 うさ2

で、池田屋跡。現在はパチンコ屋さんですね・・。初めて訪ねた中2の時はケンタッキーでしたが、20年くらい前からパチ屋が定着している模様。なんだかな・・。
パチンコ 池田屋

31日観光はこれで終了。
1日は北野天満宮に行って絵馬と合格お守りを購入、もの凄い人でしたが菅原道真さんにお願いしてきました♪


それにつけても「風光る」の歳さまはカッコイイ
ほんとにこんな人だったんじゃないかな~という自然なリアルさがあって・・
「燃えよ剣」の次に好きな土方さんです♪
[ 2007/01/02 21:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計