BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 2006年08月
-別アーカイブ  [ 2006-08- ] 

<< 前- |  2006-08-  | 翌- >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

星野リリィさん新刊 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

『ラブクエ』を読みました。

面白かったですが・・・突っ込みどころ満載っ!!

ストーリーは高校生の赤羽守屋が異世界に流されるファンタジー。
マリオンという元姫が敵と戦う力を得るために二人は召喚されます。

で、普通の物語なら姫・赤羽・守屋の三角関係となりそうですが・・
ラブが芽生えるのは当然男子高校生2名。流石BLでした~(笑)。

さて、突っ込みどころとは・・

☆マリオン様はラムちゃんもビックリな露出度!特にお尻はほとんど紐パン~。
こんな姿を見てもなびかない男子2人って・・(笑)

☆マリオン様の魔力の糧は人間の体液交換。つまり赤羽と守屋がキスをするとマリオン様に力がつきます
(何故?どういう仕組みでそうなるの??/笑)

☆普通世界から敵側に召喚された史子。この人は何故呼ばれたかが不明。
(でもけっこうな悪者でした)

ラストは帰還方法を見つけに旅立つところでお終いですが・・
一応赤羽&守屋はハッピーエンドなんですが・・

ちょっと中途半端・・。

続きがもの凄く読みたいっっ!
適役のゲオルグはイイ男でしたし、この人と部下のエアルルのエピソードも知りたいですっ!
(もしかして連載中??)

とにかく謎の多い本でしたが、星野さんの絵が好きなら十分楽しめる1冊♪
私は星野さんの「攻キャラ」がいつもツボで、特に気にっているのが優しそうな笑顔~

今回の守屋くんもメガネキャラでカッコイイ♪P.90の『バイバイ』にズッキュンでした。


星野ものと言えば・・先日のコミケで同人誌も購入しました。
星2
人魚物語の3巻目です。どーやら1年1冊のペーズのようですが、とても可愛くて面白い
西洋時代劇でドレスもビラビラで素敵~~。

でも、どーゆー訳か攻キャラから平川さんの声がします・・。
(「花嫁くん」と「パイレーツオブカリビアン」の影響らしい/笑)

星野さん同人誌はとにかく装丁が凝っていて美しい!!
今回の新刊は影絵風。おとぎ話の雰囲気がたっぷりでよかったです!
星1
スポンサーサイト
[ 2006/08/31 22:08 ] 星野リリィ | TB(0) | CM(0)

ホスト部第22話 「アニメ!!(39164)」

『モリ先輩に弟子入り志願』を見ました。

笑い死にそうになりました!!

何故って幕末コスプレだったから~~っ

部室前の看板(?)は池田屋となり
環以外は全員新選組コス。

そして環といえば坂本竜馬に成りきりっ!!
『おまんらのハートはこのオレが必ずゲットしちゃるキニ』と、土佐弁(爆笑~)。

極めつけは幕末マニアを語るレンゲちゃん!
『土方さんの哀愁漂う背中を想像するだけで、ご飯3杯いけますわ~~』
(土方の後姿in五稜郭)

全く同感ですっっ!!!

レンゲちゃんに幕末萌えをまとめてもらい、異常に感動!
腹をかかえて笑いました~。

そして22話は本題も異様に可笑しくて・・今回の主役は極道の息子・笠野田律くん。

彼は異様に人相が悪い高校1年生。凶悪な目つきの人間凶器。
(赤ちゃんの時から凶悪顔/笑)

でも名前は受臭い・・(律)

そんな笠野田も実は皆と仲良くなりたくて、モリ先輩に弟子入り希望。

笠野田曰く、モリは「無愛想、無口な地獄の番犬面

そんなモリが皆に好かれているため、弟子入り・・
でも結局ホスト部の部員に遊ばれ、猫耳のメイドコスにされてしまいます。

そしてメイド姿を舎弟の哲也に見られてしまい「密やかなご趣味」と誤解されたのは爆笑~。

が、どんな格好をしても可愛くならない律。・・化け猫画像も大笑いでした。

さて、舎弟の哲也は笠野田に道端で拾われた居候。容姿美しく、実は男らしく・・素性も訳あり。
常に律を気にかけている様子です。

極道の息子×舎弟という萌えな設定で引き続きこの二人には登場してもらいたい

それにしても「僕のこと利用していたの?!」とハニーに疑われるモリ先輩は面白かった!
焦った顔が新鮮でした♪

来週も楽しみ
[ 2006/08/30 20:40 ] その他のアニメ | TB(0) | CM(6)

山田ユギさんの新刊 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

夢を見るヒマもない』を読みました。

久しぶりの新刊です♪約1年ぶりかもしれません。

内容は1冊で読みきりの航空業界もの。 

パイロットに憧れて航空専門高校に入学した川村は無口で無愛想な吉武と同室になります。

可愛い素直タイプの川村は吉武となかなかタイミングが合いませんが・・
一学期後半、ようやく心を通わせることができるようになります。

ところが、吉武がは信頼していた先輩・森下とできていることが判明。
それと同時に吉武の義父が飛行機事故に遭い、
結局吉武は夏休みに学校を辞めてしまいます。

そして8年後、職場で偶然再会する川村と吉武。
高校時代の先輩・森下と吉田も絡み二人の恋話が始まります♪


「夢を見るヒマもない」はラブストーリーを楽しむ他に、航空関係の仕事がイロイロ分かる1冊。
飛行機は身近な乗り物ですが、職業となるとパイロットしか浮かばず・・

川村たちの仕事である貨物・搭載部門は全く知らない世界。

航空業界はやはりパイロットが花形ですが、
飛行機1台を色んな人が飛ばしているんだな~と興味深く、

こーゆー内容をLoveを交えながら楽しく、
分かりやすく物語にしてしまう山田さんの構成は絶妙!


マイクごしに積み込み連絡と私語をする二人には胸キュンでした。

この他脇役の森下吉田先輩もイイ味で、特に魔性のゲイ・森下は色っぽくて最高。
翻弄される厳つい吉田も笑えました~。

さて「笑える」と言えば、山田さんの描くギャグ顔
可愛い顔やイイ男顔が崩れる瞬間がとにかく大好き!! 

今回も川村の鼻くそほじりが爆笑ナンバー1。 

この他疲れ顔の口元から血やヨダレが流れる絵もツボです(笑)

グルグルするナルトマークやト書きも相変わらず面白く、
これがあるからユギさんマンガはたまらないっ!!

やっぱり<萌と笑>は大好きです~。

*カバーをとっても爆笑でした。全サ小冊子は森下のストーリーだとか・・。
[ 2006/08/29 22:30 ] 山田ユギ | TB(0) | CM(4)

BE・BOY GOLD 10月号 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

節約のために滅多に雑誌を買わない私ですが・・
BE・BOY GOLD10月号を本日購入~♪

よしながふみさんの「ジェラールとジャック」のためですっ!

たった4ページでしたが、商業誌ではもうBLを描かれない気配(?)だったので
とても嬉しかったです♪

内容は
相変わらずお下品なジェラールに赤面しながら相手をするジャック。

○○しすぎて執筆に支障が出るオチで笑えましたが、
その後の二人が幸せそうでよかったです♪

でもちょっと残念だったのは・・

人物が隠れるほど台詞量が多いこと。
5年前の作品なので絵が変わってしまっていること。

そして、何故今「ジェラール・・」なのか?と一瞬不思議に思ったのですが、
このショートはドラマCDの宣伝なのでした!!

3月のパスコレ発表に「ジェラール」が含まれていたのですが、
なかなか情報が出ず、実現するのか心配でした。

が、マンガの横にしっかり「ドラマCD化決定!」の文字がっ!
・・よかったです♪

でも、ものスンゴク好きな作品だけにキャストが心配~~。ドキドキです
(ジェラールは井上、東地、藤原、大塚さんとかがイイです。ジャックは野島さんとか平川さんとか・・)

ドキドキと言えば、よしながマンガの次のページに実写ホモDVDの通販宣伝があって・・

ギャーッ!本物は勘弁です~~。
(しかもかなり大量~・・写真付きで30品くらいあるよ・・って数えた・・/笑)

「ジェラール」で気分がよかったのに・・
こーゆー宣伝って前からあったんでしょうか???

BL雑誌に品を求めるのもどーかと思いますが、こーゆー宣伝を見るとモロエロ雑誌って感じがして・・(実際ヤッテるシーンだらけですけどね・・)

○○シーンメインじゃない、もっと読ませる作家さんがたくさん居たらな~・・
と思ってしまいました(汗)


さて連載の流れが分からないまま、他の作品にも目を通しましたが
やまねさんの香港ツアーに注目。

ファンと一緒にやまねさんが旅行してしまう企画のようですが、
先日新田さんのクルーズ企画もコミケで目にしたので・・ちょっと驚き。

私のマンガ家のイメージは「職人」なので、地味な感じ。
でも今はトークが上手い社交的な人が増えているのかしらん(笑)。
[ 2006/08/28 21:04 ] よしながふみ | TB(0) | CM(7)

榎田さん新刊2冊 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

8月の新刊『ごめんなさいと言ってみろ』(リブレ)とギャルソンの躾け方(キャラ)を読みました。

2作品とも年上攻。しかも年齢差は10歳と12歳。攻め様は二人とも30代後半です♪

『ごめんなさいと言ってみろ』作家×少女マンガ家(久々野×律)

久々野&律はコラボ企画で一緒に仕事をすることになりますが
出会い方が悪かったため、意地と見栄の張り合い。

二人には頑固者で自分の非を認めるのが苦手という共通点があるため、
会話は常に喧嘩漫才。

ふき出す台詞が多数ありましたが、律に災難が多いため同じくらい切なくなる場面もありました。

この小説で1番意外だったのは律のマネージャー・。この人の正体には驚きで・・爆笑でした~。

この他「自分の漫画に鼻毛の悪戯書きをされた」とか、締め切り前に「白いワニ」が見えるとか・・
かなり笑えました。

この作品は「マンガ家シリーズ」として9月、10月にも新刊が出る予定。
で、シリーズ1作目は私の大好きな「きみがいなけりゃ息もできない」なんだそーで・・

ということは、シリーズテーマは<切なさと笑い>??

<切なさ>→「きみがいなけりゃ」>「ごめんなさい」
<笑い>→「きみがいなけりゃ」<「ごめんなさい」


でした♪


『ギャルソンの躾け方』カフェオーナー×従業員(篠宮×水樹)
ギャル

篠宮は実家が裕福な御曹司。ほとんど道楽で長年の夢であったカフェ経営をはじめますが、珈琲の味が今一。

このため近所の珈琲店主・水樹を雇いますが、実は水樹に一目惚れしていたわけで・・
篠宮にとっては一石二鳥な状態。

水樹は父親と上手くいっていないグレ気味の26歳。生活はメチャクチャですが、
篠宮に出会ったことでイイ方向に調教されて行きます。

篠宮は言葉使いが美しい礼儀正しい男。草食動物と言われていますが・・・
なんだかっぽい!!

そして実は敬語攻めで躾け好きの

これに対して水樹は意地っ張りで子供っぽく、言葉も汚い。
要するに躾けしがいのある男なわけで・・篠宮に心を開いてからは、なんだか

調度イイ組みあわせでした~。


榎田さんの作品は脇役に味がある人が多く、今回1番濃かったのが「ギャルソン」の有藤
主・篠宮と同様、人間離れした印象でした~(笑)

この他父と息子の関係が上手くストーリーに絡んでいて、2作品とも説得力のあるBL小説でした。

*2作品とも面白かったですが、あえて言うなら『ごめんなさい』>『ギャルソン』で~す
[ 2006/08/27 23:04 ] 榎田尤利 | TB(0) | CM(4)

英田サキさん同人誌 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

先日友人と「BL本はある程度読むと、似たような設定の似たような物語ばかりになってしまうね~」と話をしていたのですが、

そんな中で「最近のお薦めBL本は?」と聞かれ、答えたのが英田さんの「エス」

「エス」はジワジワ嵌った作品で急激堕ちはしなかったのですが・・3巻目でドツボに。

約1カ月前に全巻再読し、久しぶりに骨のあるBLに出会ったな~と改めて思いました。

ところがこんな気に入っている作品なのに、「同人誌」の存在をほんの数日前まで知らなかったアタシ・・。

柚葉さんブログで見かけて即英田さんHPに駆けつけ、中央書店さんで注文しました~♪

実は英田さんの作品はガッツリ嵌るものとそうでない物の差が激しいのですが、
そんな中で大好きなのが「夜が蘇える」と「エス」。

というわけで、「夜・・」関係も注文して、全部で3冊お買い物♪
本日到着しました

・遊侠(夜が蘇える)
・バラは色あせない(夜が蘇える)
・バスルームで夕食を
(エス)

「遊侠」は痴話げんか中の二人のお話と、久我と秋津の温泉1泊旅行の2話。

1話目は久我の可愛さとアホさが全開。
2話目は久我の命の心配する秋津が切ない展開。

「バラは色あせない」は秋津の昔の恋人のお話、裕樹が秋津に襲われかけるお話、そして又また温泉旅行の3話。

1話目は久我を背負い投げする秋津がアッパレ!(笑えます)
2話目は酔って秋津に久我と間違えられる裕樹が爆笑。
3話目は久我を失うことを恐れる秋津が切ない展開。

どれも夢中で読みましたが、1番気入ったのが「バラは色あせない」の1話目。
昔の恋人・日向子と羽生のエピソードが現在と上手く絡まり、一人で観覧車に乗る秋津が切なくて印象的でした。

そして1番気になったのが「遊侠」のラスト数行・・。
秋津を待っている数奇な人生って何~~??この二人も前途多難ってことですか??

9/11に発売が予定されている「夜が蘇える2巻」はシリアスな展開になるとか・・
エスだけでも心配なのに・・
「夜・・」ではちょっと笑いたかったのに~っ!

楽しみですが、心配です


「バスルームで夕食を」はかなり短い短編が3話収録。

表題の「バスルーム」の椎葉がとても可愛かったです。
靴の修理一つで宗近に格好をつける椎葉はすごい見栄っ張り。

こんな人が3巻でエスを解消したくないと泣くなんて・・身悶えですっ!!

3冊とも充実した同人誌でした~。
今後も要チェックです
[ 2006/08/27 00:01 ] 英田サキ | TB(0) | CM(4)

彩雲国物語の世界2 「私の好きな声優さん(12067)」

[ 2006/08/23 21:28 ] 彩雲国物語 | TB(0) | CM(8)

彩雲国物語の世界1 「私の好きな声優さん(12067)」

NHKで公開収録された「彩雲国物語の世界1」を見ました。
(22日深夜BS1放送)

1のゲストは桑島さん、関智一さん

関さんのしゃべりが凄く好きな私はワクワクとテレビ前に♪
ナニか可笑しなことを言うに違いないと期待しましたが・・

そこはやっぱりNHK下ネタ大王にはなれず、凄くまとも~。
司会のはりけーんずさんに「話がおもろいと噂やもん」と突っ込まれても
大きく崩れませんでした(笑)

でもそんな中で笑えたのは・・
「自分と劉輝の外見はあまりにもかけ離れているけれども、声は似ている」と言ったジョーク。
上手かったです♪

桑島さんは凄く小柄でおっとりした人でしたが、顔立ちが派手!
最近の女の声優さんは美人が多くて驚きです~。


さて一挙再放送初日は1話~3話まで。私が特に好きなのは3話
何故って兄弟が仲良しだから

劉輝と静蘭が手を握り合ったり、弟が兄をベットに誘ったり
笑える台詞もたくさんで、何より劉輝の惚けた可愛さが炸裂~~っ!
何度見ても満足できます(笑)


兄弟仲良しと言えば、早実の斉藤投手

歌舞伎役者のよーな品のある顔立ちで、完投勝利~!!

で、この斉藤投手は兄と地方から出てきて二人暮らしとゆーじゃないですかっ!
しかも兄が食事を用意して待っているとか・・

只でさえ好青年なのに・・マスマス萌えてしまいました(←不謹慎)


本日夜中の「彩雲国物語の世界2」は緑川さん、檜山さんが出演?
楽しみです!
[ 2006/08/22 20:10 ] 彩雲国物語 | TB(0) | CM(8)

クラシックコンサート

今日は生まれて初めてクラシック音楽を聴きに行きました。

元々父が会社関係者からもらった招待券で、両親が行くはずだったもの。
ところが二人ともダメになり、ウチに券が回ってきました。

で、子供の情操教育にイイかも・・と受け取りましたが
自分が2時間耐えられるのか不安に

実は「音楽」は最も欠けた部分でして・・
クラシック曲は題名と音が一致するものがあるのか??というほど音痴。

そんなアタシが本日行ったのは生意気にもサントリーホール
演奏は東京交響楽団。歌も交えて全部で約10曲ありました。

最初はパイプオルガンでその後はバイオリンメインのオーケストラ。
それが終るとソプラノ、テノール歌手による「ロメオとジュリエット」。

子供のヘタ~なピアノしか聴いたことがない私は本物の音にちょっとビックリ。
どれも凄い技術でした~。

でも1番驚いたのは歌。
オーケストラをバックにいきなり歌劇になって・・
「ロミオ~」「ジュリエット~」と熱い視線を交し合うので・・

なんか居たたまれないとゆーか・・しかも外国語なので名前しか分からなかった(笑)。

演奏中は10分くらい意識を失い、子供に起こされるとゆーこともありましたが(汗)
親子で最後まで耐え切ることができました♪

本日は珍しく声優無関係なイベント参加。
が、そんな中でもやはり腐れ分野に回るのが止められません!

パイプオルガンの音に トリブラ!

指揮者&オーケストラに フジミ!
(・・指揮者はおじーちゃんで、バイオリニストの中にもイイ男は皆無だったんですけどね)

そしてちょっとイケメンだったテノールさんに ソルフェージュ!

と変換してしまいました~
という訳でそれなりに楽しかったです♪
[ 2006/08/20 22:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

キャラホビ 「私の好きな声優さん(12067)」

幕張メッセで開催されているキャラホビ2006に行ってきました。
お目当てはスーパーロボット大戦ステージに出演する置鮎さん

昨年あるイベントで見かけて以来「声だけでなく容姿も素敵♪」となったアタシ・・。

又オッキーに会いたいよ~と願いつつも、スパロボ&ララ学園の抽選にハズレ・・
本日ようやく会えました~♪

11時からのステージはバンプレストブースで緑川さん・JAMプロジェクトさんと供に。

12時45分からのメインステージは緑川さん、三木さん、冬馬さん、JAMプロジェクトさんと出演。

オッキーの服装は二回とも黒地に紫と白の柄シャツ&白いパンツ。
派手さは感じませんでしたが・・
1回目は緑川さんのTシャツに釘付けでした。

何故って・・黒地に白いキティちゃんTシャツだったから(笑)

でも緑川さんのクマさん的な雰囲気に似合ってました~
(友人はパンダとかアライグマと言ってましたが・・確かにクマ科だ/笑)

で、実は本日お初緑川さんだったアタシ。
受声が凄く好きで、最近では彩雲国の静蘭もかなりツボ

そんな訳ではかなり嬉しかったのですが・・

こんな大柄な人からあんな可憐声がっっ!!

・・と軽く衝撃でもありました。(千葉さん生と同様の驚き~/笑)

置鮎さんはCDトーク同様、笑いしゃべりがステキ♪感じのイイ人でした~

メインステージイベントには三木さんも加わりましたが、
最近三木遭遇率が高く、7月から数えて3回目!

でも3回とも赤いハート型のペンダントをつけている三木さん。
けっこう大きめなので印象に残っているのですが・・ちょっと気になります~。

それにつけても驚いたのはJAMプロジェクト歌にノリノリの男性達。

手を振り上げ熱唱~っ!!
(観客の3/4が男だよ!)

『スパロボ』が何なのかも知らずに行った私は目が点でした~(笑)
でも「遙かイベント」も男オタクが見たら目が点なんだろ~な~(ハハ)。

ステージイベントは歌がメインで、声優さんは挨拶程度。
ちょっと残念でしたが、オッキーのニコ二コ顔が見れてよかったです。


最近遙か&コミケで出歩いていたため、いい加減子供が預けられず・・下の子を連れてお出かけしました。
が、ロボットものが多かったため小3女子には「萌」がなかったみたい。

緑川さんを「ホラ、静蘭よ」と見せると・・
娘:「・・・」

声優萌えもなかったようです(笑)。
[ 2006/08/19 21:53 ] イベント | TB(0) | CM(8)

小田原城♪ 「旅のあれこれ(112205)」

家族サービスで小田原に2泊してきました。
妹一家とホテルにお泊りです♪

とは言え場所が場所だけにミラージュ観光は欠かせず、2度目の小田原城訪問となりました~。
城

小田原城の敷地内には歴史見聞館の他にミニ動物園とミニ遊園地があって、
動物の種類はとても少ないにのにがいます
象

甥っ子は1歳半なので象は初体験。でもあまり感動せず、チマチマ動くリス猿に興味をひかれた模様・・。

その後全員で登城~♪
小田原城は昭和の再建なので内部は蛍光灯が輝き近代的。松本城に比べると趣はありませんが、展示物は豊富です。

氏康パパ氏政兄の肖像画にちょっとワクワク。でも1番嬉しいのは家系図に「景虎」の名を見つけた瞬間

北条の系図では「氏秀」と書かれていますが横に「景虎」と添えてあり、養子に出されたことが分かるようになっています。

もう1箇所景虎様の名を見ることができるのは歴史見聞館。
ここでは上杉謙信も系図の中に組み込まれ北条との関係が分かるようになっています。

小田原城をてっぺんまで登る海と町を一望でき、かなり眺めがイイです。
同じような景色を昔の人も見ていたかと思うといつも不思議ですが、
1番変わらないのは海でしょうか?
海

この城に来ると越後に養子に行った景虎がちょっと気の毒になります。
夏はまだしも冬の寒さは相当ギャップがあったかと・・。

床暖房とか無い時代ですからね・・。相模から豪雪地帯への移住は寒そうです~。

小田原城は上杉も武田も攻めた城。
敵地に養子に行っただけでなく、気候環境激変で最後は内紛で自害。

戦国時代の宿命とはいえ悲惨な人生です。
・・・桑原さんがスポットをあてたことで本物の景虎さんは喜んでいるかもしれません

歴史見聞館には北条家の家印スタンプがあって、押してみると+漢字。
駅前の和菓子屋さんにも虎の縞模様が入ったドラ焼(トラ焼)が売っていましたし・・
ちょっと嬉しくなりました♪

この和菓子屋さんは菜の花といって他のお菓子も美味でした~。

それにしてもミラージュツアーには必ず階段登りが付いてきて、今回も城の階段はかなり急。
今まで行ったミラツァで息が切れなかったのは・・・新宿コマ劇場くらいなもんです(笑)
[ 2006/08/17 21:53 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(10)

「小説家は懺悔する」CD 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

菱沢九月さんの『小説家は懺悔する』を聴きました。

<キャスト>

松永 律:武内 健 佐々原脩司:森川智之
一柳克己:鳥海浩輔 一柳匡史:千葉一伸



料理人の律は恋人も仕事も失くした直後、作家の佐々原に拾われ住み込み家政夫となります。

二人は身内に縁が無いという共通点を持っていたため、直ぐに惹かれあいますが
律は今一つ脩司の愛を信じることができません。

でもラストは脩司のやけくそ(?)告白でハッピーエンド。

気分屋で変わり者に見える脩司は本当は情が深く、けっこう直球で甘えん坊。
こんな脩司を森川さんが完璧に好演♪

囁き声や甘える様子がよくて、よくて・・・ドキドキ

一方律役の武内さんも凄く可愛くて、
律の寂しさや自信の無さがよく出ていてピッタリ~

武内さんは『ラブレス』の貴緒で「草ちゃん!」と叫んでるイメージしかなかったので
とても新鮮でした♪

今後もBLにたくさん出演して欲しいです!!


『小説家は懺悔する』は原作がとても好きな小説。

重たい過去を背負う脩司と幸せ慣れしていない律が比較的淡々と描かれていますが
切なく、説得力のある物語。

やはり原作がしっかりしているものをCD化すると納得のいく1枚になるというか・・
よほどのキャストミスがない限り満足できます♪
[ 2006/08/14 23:06 ] その他のBLCD | TB(0) | CM(2)

遙か祭り 「乙女系ゲームに夢中♪(21458)」

12日の「遙か祭り」夜の部に参加しました♪

夜の部は6:30開演予定でしたが、昼の部が5時半頃までかかったため7時開始となりました~。

参加メンバーは井上・中原・三木・関・高橋・宮田・保志・川上さん

夜は映画上映無しで櫻井さんは不参加。
でも寸劇3話にトーク、そして歌と盛りだくさんでした。

寸劇は1話目はゲーム1、2話目はゲーム2、3話目はゲーム3のキャラで進み、
置鮎さんが声だけ参加。

白龍はかなり登場回数が多かったので、
どうして生オッキーは参加じゃないんだぁ~っ!
と駄々をこねたくなりました(ハハ)

さて、私の1番の「萌」は井上さん

ラストの挨拶で川上さんが「みんな~~、大好きーーっ!」と会場に呼びかけたのを真似した井上氏。

「みんな~~~」と高い声で言った後・・・

 「愛してる」

ギャーっ!なんでそんなイイ声でっっ!!(倒)
・・天性のタラシだわ・・・もうメロメロにされました~。

この他「神子を剣で護る派」「トークで励ます派」に分かれて行われたディベートゲームでも井上さんの話芸が快調。

「剣で護る派」に属していた井上さんは自分の元にやってきた高橋さんの頭をなでたり、
宮田さんと肩を組んだり・・話術以外もはりきっていて、萌えました

この他関さんと三木さんが気が付くとくっついているのが可笑しく・・
仲良しさんで微笑ましかったです(笑)

ラストは歌で締めましたが、高橋さんはほんとに歌が巧いです!!
できればソロが聞きたかったですが、宮田さんとのデュエットでも満足しました♪


さて、本日はコミケに行ってきました。

今日はどうしても早めに帰宅しなけらばならず、長居できませんでしたが・・
それでも思ったより買い物してしまい、ちょっとビックリ
全部で15冊くらいありました~。

子供が寝たら読書したいです♪

*2日間ご一緒して下さった皆さん、ありがとうございました~。
[ 2006/08/13 19:13 ] イベント | TB(0) | CM(12)

不器用なサイレント 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

高永ひなこさんの新刊『不器用なサイレント』を読みました。(リブレ)

高永さんは小説挿絵で好きになった作家さん。

オリジナルはドタバタコメディが多く、ちょっと忙しい印象ですが
『リトル・バタフライ』は大好きで、一押し(感想はここ

そして今回の新刊は・・2番目に好きかもしれませんっ!!

『不器用な・・』は全体的にはコメディですが、主人公・遠野は感情表現が苦手な無表情キャラ。

このため内気で病的なくらい無口っ!

ところがこんな遠野にも告白をしてくる同級生が出現。
それは遠野が以前から片想いをしていた野球部のエース・田宮君♪

遠野は交際申し込みに喜んでOKしますが、喜んだり照れたりする表情は顔に一切出ず・・
結局この「無表情」が原因でイロイロなトラブルが発生します。

田宮はいたって普通の爽やか高校球児ですが、男の趣味は「変り種好き」

難しい者を理解することに喜びを感じるタイプらしく、遠野の表情を読み取るのに一生懸命です。

それでも遠野の大人しさにトラブルは絶えず、言葉で巧く表現できないと最終奥義は 涙!

全てを目で語る遠野は本当に切なくラブリ~~~

遠野の内心を現すチビ遠野も大そう可愛らしく、高永さんの絵の巧さと可愛さには参りました

二人にちょっかいを出してくる裕司とゆかりんもイイ味で、続編も読みたいです!
[ 2006/08/10 21:41 ] 高永ひなこ | TB(0) | CM(6)

トリニティブラッド4~7巻 「今日読んだマンガは??(53396)」

九条キヨさんのトリブラコミックスを一気読みしました。

以前友人から1~3巻を借り、かなり気に入った筈がそこからエンジンのかかりが悪く・・
でも、DVD鑑賞で急に暴走。(1~3巻の感想はここ

Bオフに駆け込み先ずは1・2・3巻をゲット。でもその後は集まらず、子供が「続きが読みたい!!」とジタバタし出したので7巻までは定価で購入♪

が、6巻だけは地元で入手できず・・塾帰りに長女がゲットしてきてくれました。

そしたら6巻はユーグが表紙っ!!

大好きなユーグゥ~~~っ!軽く鼻血吹きそうになりながら「長女よ、よくやった!!」

で、読んでビックリ!
九条さん、メチャメチャ絵が上手くなってます!!

もちろん3巻までの線や動きも十分好みだったのですが、4巻以降はキャラが大人っぽくなっている上に、描線がさらに繊細で美しくなっている~~~

イイ男はより麗しく、筋肉男はよりギンギンにっ!


さて、特に悶えたのはクルースニク姿を見られたアベルが落ち込む姿
切なくて情けなくて大そう萌えました

あと、5巻のトレス君も異常にカッコイイ!武器だらけの「全身凶器」は最高。
ペテロとは対照的に(笑)、クールに戦う様には惚れ惚れでした。

そして1番爆笑したのはブラザー・ペテロ!!
一々濃くて暑苦しい。無音では出れないとゆーか・・

どん・どどん・ザン・ンギリギリギリリ・ズガン・ギヌロ・クワッ 等など・・

とにかく出てくる度に騒々しく、ト書きの台詞がこれまた爆笑~~。
熱血筋肉バカで・・大好きです!(笑)

この他ユーグ・スレイマン・ラドゥのイイ男ぶりにも涙が出るほどウットリし・・(まつ毛が綺麗~)
武器やコスもとっても素敵です

巻末4コマも面白く、九条さんがペテロを大好きなのがよく分かり・・
イオンの生足や九条・父のエピソードが爆笑でした~。

という訳でちょっとトリブラ貧乏になりそうな予感
実はユーグがカバーのDVD3を中古で買ってしまい・・
昨日はユーグエピソードが入っているというドラマCDも頼んでしまい・・
どこまで行くのか自分で自分が分かりません(ハハ)

声優バトン 「私の好きな声優さん(12067)」

約1年前にUPしたことがある『声優バトン』ですが・・(昨年のはこれ)。
違う質問のバトンをパピエマさんと上杉くららさん宅で発見。ちょっとやってみま~す。

Q1★貴方が声優を好きになったのはいつですか?(好きになった声優も答えて下さい)

中学1年。
井上真樹夫さん


Q2★Q1の声優を好きになったきっかけは何ですか?

アニメを見るのが好きだったので、好きキャラの声は誰がやっているのか?と興味を持ちました。
井上さんの場合はハーロックや五右衛門です。

他に「宝島」というアニメが凄く好きで、その関係で若山玄蔵さんや野島昭夫さん(野島健児パパ)も好きでした♪
あとはシャアもツボでした~(池田秀一さん♪)


Q3★Q1で好きになった声優と今好きな声優はちがいますか?

違います。


Q4★今好きな声優を好きになったきっかけは?

BLCDを聴いたため♪


Q5★貴方が苦手な声優はいますか?

演技が苦手な声優さんが約1名。


Q6★貴方が好きな声優1~5位までを書いて下さい。(男女問わず)

1位 小西克幸

『ねじれたEDGE』で堕ち、『ラブレス』でハマリきりました
渋くて、エロくて、優すぃ~声で・・とにかく全部好きですが、強いて言うならオレ様声よりへタレな方がツボ♪

人の良さそうな人柄も好き背も高いし・・カッコ可愛いです~。

2位 平川大輔

何故か急速に急上昇(笑)。『SEX PISTOLS2』でハマリましたが、
受声も攻声もトーク声も好き(って全部じゃん)
この他『花嫁くん』、『花嫁はいじっぱり』、オーランドブルームもお気に入り。

浪川さんとのラブレボラジオで人柄にも惚れました。とにかくイイ人ですっ!!

3位 置鮎龍太郎

基本的には「受声」が好きで、1番は『最後のドアを閉めろ』
でも自然な声の「攻」も好きです♪中でもツボなのは『罪なくちづけシリーズ』や『王朝シリーズ』。

置鮎さんは「笑いしゃべり」がツボ。冗談や突っ込みもナイスでかなり気配りの人。
オッキーブログも好きです♪ 

4位 井上和彦

井上さんは中学の頃から聴いているお声ですが・・今になってハマルとは予想外でした。
とにかく優しく包容力のある声が好き♪でもギュンターみたいなオカマっぽい(?)声もイイ~。
幅広い芸とアドリブには感動ですっ!

好きな作品ナンバー1は『西洋骨董洋菓子店』。この他『最後のドアを閉めろ』が大好き。
人柄もおっとりしているようで色気ムンムン・・素敵です

5位 森川智之

森川さんボイスはイイ声過ぎてスキがない。このため前回のバトンでは6位な感じ。
でも、あまりにも芝居が上手いので・・何をやらせても凄いので・・
そしてなにより愛するコンラッドなので・・今回は5位~~
好きな作品は当然『マ王』。この他『コルセーア』もイイっ!

人柄も安定感がありますね~♪


*この他5位以内に入れたかったのは子安さん、速水さんですっ!


Q7★好きな声優さんに対して抱いている感情は次の内どれですか?
1.恋愛感情 2.憧れ 3.ただ好き 4.その他




Q8★貴方は将来声優になりたいと思ってますか?

いいえ。ってゆーかもう将来はないですし・・(笑)。


Q9★このバトンを貴方が回したい人数だけ回して下さい。

やってみたい方は是非♪
[ 2006/08/08 00:01 ] バトン | TB(0) | CM(10)

Vassalord 「今日読んだマンガは??(53396)」

黒乃奈々絵さんの『Vassalord』を読みました。

黒乃さんといえば「PEACE MAKER 鐵」
毎週しっかりアニメを見ていましたが、原作漫画はちょっと読み辛い印象があって、最後まで到達せず・・(汗)

でもアニメの山崎烝は大好きで・・
司馬遼太郎の山崎が大そう好みだったアタシとしては、こんなにカッコよくしてくれてありがとう!
でした~。

この他「イルゲネス」という桑原水菜のSSの挿絵でお目にかかったことがあり、
何でも黒乃さんは「炎の蜃気楼」ファンだとか♪・・急に距離が縮まった気がしました~(笑)


さて新作はヴァンパイアもの

トリブラに浸かった直後なのでヴァンパイア・神父コス・十字架にはなんだかな・・
でしたが、内容は全然違ってました~。

『Vassalord』は吸血鬼のマスター・レイフロとその隷属・クリスの物語。

クリスは人の血は吸わず、レイフロの血だけを糧とするヴァンパイアハンター。
普段は神父コスに身を包む禁欲的なキャラです。

一方レイフロは軽めなフェロモン男。謎の多い吸血鬼ですが、クリスとは親子のような関係・・?

でもクリスがレイフロに噛みつく食事シーンはかなりエロエロ。

実際吸血した痕はキスマークに見えますし・・
レイフロも「俺が気絶しちゃうくらい喰ってイイぜ」とか言ってますし・・
実は恋人なんじゃ??と萌えまくれる作品

かなり腐臭が漂っておりました

内容は1巻のせいかまだ謎が多く・・クリスの首から出ているコードの訳とか、
いきなり出てきたレイフロのそっくりさんは誰なのか?とか・・
分からないことがイロイロありましたが全体的には面白く、

第3章の幼児クリスとレイフロ邂逅編は、子育てBLに弱いアタシにはツボ。
このエピソードでクリスの妙なマッシュルームカットの理由が分かり・・
レイフロに対する執着愛を感じました~。

今後はクリスがどうやってマスターの元に戻ったのか、その辺りのエピソードも読んでみたいです。


さて、この『Vassalord』は8月の末にドラマCDが出るようです。

出演は藤原啓治(レイフロ)・ 置鮎龍太郎(クリス)。

レイフロは受くさいので藤原さん??と最初思いましたが・・
宣伝ボイスと付録CDを聴いたらバッチリッ!!

そしてオッキーは聴く前からイメージどおりだったのでこの上なくピッタリ!でした~

置鮎×藤原さんCD(←BLじゃないけど)発売が楽しみですっ♪
[ 2006/08/06 16:28 ] Vassalord. | TB(0) | CM(8)

へたれワンコ2種 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

ワンコ攻小説を2種類読みました。

いおかいつきさんの『好きこそ恋の絶対』『君こそ僕の絶対
英田サキさんの『バカな犬ほど可愛くて(7月の新刊)


私は本来猫が大好きで、子供の頃から飼うのを切らしたことがないほど
でもBL界においては『犬』が大好き

1番最初に出会った『犬』が強烈だったせいか(直江信綱)
以来、犬っぽい攻が出てくる物語にはハマリやすく・・

それが年下だったりすると確実に萌えます!!

「犬」の最大の魅力は忠実であること。

「ご主人様(受)」にひたすら優しく、守護系で尚且つ可愛い。
そして時々狂犬になってくれれば完璧ですっ!

これから紹介する上記2作品は『犬』というより『ワンコ』でしたが、へタレ犬でも捨て身でご主人様を想うことには変わりなく、
両作品ともひたすら純朴で優しい年下忠犬タイプでした♪


スキこそ 絶対
いおかさんの作品は刑事×検事で、事件を解決しつつ恋も進展して行くストーリー。
刑事の真二は明るく単純で素直。周囲に愛されやすいキャラで、体はガッシリ系でも可愛らしい。

それに対し恋人・幹弥は堅物の女王様。過去にアマチュアボクシング日本一という経歴も持つ
侠気あふれる人物。

こんな幹弥が真二にほだされていく様子は面白く、真二に気を許すと突如関西弁になる
国内バイリンガルぶりも笑えました。

真二は幹弥にちょっと優しくしてもらうだけで、尻尾が切れんばかりに喜ぶ「ワンコ」
なので、幹弥の言動で嬉しくなったり落ち込んだりとアップダウンが激しく・・
とにかく人がイイので愛すべき人物でした♪


英田さんの作品は高校の後輩×先輩。
バカな
後輩・苅谷は生活能力に欠けるボソ~としたオタクっぽい男。でも先輩・のことを第一に考える優しい人物。

聡は苅谷にキツイ言葉を投げつつもとても面倒見がよく、ほとんど苅谷のお母さん(笑)

この二人は卒業後も普通の先輩・後輩としての付き合ってしまったため、
お互い恋愛感情があるのに素直に出すことができず・・

特に苅谷の不器用ぶりは最高でした。

いつもボソボソしている大人しい忠犬・苅谷はとにかく人がよく、可愛らしい。
でもこういう人が切れると突然狂犬化したり・・

ラストは殴り愛もあって・・面白かったです♪
[ 2006/08/04 22:56 ] その他のBL小説 | TB(0) | CM(2)

トリニティ・ブラッドDVD 「アニメ!!(39164)」

ずっと見たいと思っていたトリブラアニメ。
先日子供の塾近くのレンタル屋で発見♪

その後セッセと借り続け、昨日やっと12巻まで到達。最終回を見終わりました。

感想は・・

最高でした!戦う神父たち!!

そしてとにかく絵が綺麗だった

どの回を見ても美麗~~~キャラも美形が大量~~~
カテリーナ様はちょっとオカマくさかったですが・・(笑)
とにかく満足できました♪

この美しいキャラ達をデザインしたのは中嶋敦子さん。
で、この人が作画監督をした日の凄いこと!

1番記憶が新しいのは最終回ですが、もう、もう美しいことこの上ないですっ!!!

表情の動きや歩き方、服の揺れ方など一つ一つが悶絶。
中嶋さんの絵欲しさにDVDが欲しくなってきました~(ジャケット目あて)。


トリブラはドラマCDから入った作品だったので、アニメのキャスト変更にはかなり不満がありましたが、段々と慣れてしまい・・(CD感想はここ

特に小西&皆川さん登場でアニメ万歳!(←げんきん)

小西さんのラドゥと皆川さんのイオンはアヤシイ乳兄弟♪
思わずラブレスっと興奮していたらエステルは東雲先生じゃあないですか!(能登麻美子さん)

3人で行動するシーンもばっちりあって・・ちょっと笑ってしまいました~。

この他登場して嬉しかったのは松本さん、諏訪部さん♪そしてちょっと新鮮だったのはスレイマン役の竹若拓磨さん。

竹若さんは赤の神紋CDの連城なのですが、これ以外では聞いたことがなく・・思わず画面を戻して耳をそばだててしまいました。

キャラ的にハマッタのはアベル、ユーグ、ペテロ

全員長髪でツボ~~♪

アベルはへタレだから、ユーグは渋いから、ペテロは熱血で可笑しいから好きです

ストーリー的にはどれも面白かったですが、イオンの絡む帝国編が1番。
ラストのカインエピソードはちょっと分からないところもありましたが、不気味で綺麗で面白かった!

名付けも聖書のカインとアベルでとても上手く、同じように兄が弟を殺しにくるわけですね・・・。
(でもアベルがデビルマンになってしまったのはビックリでした/笑)

とても絵のレベルが高いアニメだったので又見たいです。
キッズかアニマックスで再放送熱望!


さて、今更ですが・・
私は原作者の吉田直さんが亡くなられていたことを最近まで知らず・・
ほんの2、3週間前にネットで見かけ驚きました。

で、このアニメが吉田さんの死後制作されたものだということも分かり、
こんな美しいアニメなのに・・原作者さんに本当に見てもらいたかった作品です(涙)。

遅ればせながらご冥福をお祈りします。

7月の購入ブツ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

7月のお買い物です。

◎ かなり好き
○ 好き
△ こんなもんかな

<小説>

◎恋する絶対の法則 
○好きこそ恋の絶対 
○君こそ僕の絶対(以上 いおかいつき/奈良千春)
◎犬ほど素敵な商売はない(榎田尤利/志水ゆき)
◎夜が蘇える(英田サキ/山田ユギ)
○愛人契約(愁堂れな/水名瀬雅良)
○お嫁においで(森本あき/ホームラン拳)
○絵になる大人になれなくても(崎谷はるひ/ヤマダサクラコ)
△恋獄の獣に愛されて(吉田珠姫/相下猛暑)
△花嫁のピジョンブラッド(英田サキ/実相寺紫子))
△密会(水瀬結月/水名瀬雅良)
△純愛本能(柊平ハルモ/高永ひなこ)
△楽園の囚われ人(六青みつみ/白砂順)
△ハーレム・ナイト瑠璃色の王冠(井村仁美/やまねあやの)

未読

・渇望の部屋(秀香穂理/水名瀬雅良)
・バカな犬ほど可愛くて(英田サキ/麻生海)


<コミックス>

◎クリムゾンスペル(やまねあやの)
◎小さく弱い人たちへ(松山花子)
◎百鬼夜行抄14(今市子)
○今日からマのつく自由業2(松本テマリ)
○遙かなる時空の中で12(水野十子)
○お伽もよう綾にしき1(ひかわきょうこ)
○vassalord(黒乃奈々絵)
△ペット・お仕事中(大和名瀬)

☆7月のナンバー1

小説→犬ほど素敵な商売はない(榎田尤利/志水ゆき)

コミックス→クリムゾンスペル(やまねあやの)

気がつけばけっこう散財していた7月・・
でも繰り返し読みたくなる本に出会うのは大変です~。



☆7月の購入CD

・ラブレボ!!ラジオCD6(平川&浪川)
・神官は王に愛される(中井×千葉)
・手を伸ばせばはるかな海(小西×野島健児)
・山月記(三木&小西)
・Infinite Love(GRANRODEO/谷山&飯塚)

8月の購入予定本

・ムーンリットシリーズ6(水壬楓子)8/31 リンクス
・不器用なサイレント(高永ひなこ)8/10 リブレ
・ラブクエ(星野リリィ)8/29 花音
・かみなりソーダ(依田沙江美)8/30 ディアプラス

*ちょっと気になる本

・ごめんなさいと言ってみろ(榎田尤利/北上れん)8/18 リブレ
・ギャルソンの躾け方(榎田尤利/宮本佳野)8/26 キャラ文庫
・陵辱に綻ぶ華(いおかいつき/笹生コーイチ)8/下旬 アルル
・捨てたもんじゃねえ(綺月陣/水名瀬雅良)8/12 ダリア文庫
・サウダージ(華藤えれな/円陣闇丸)8/31 リンクス
・初恋横丁(麻々原絵里依)8/25 キャラ
[ 2006/08/01 21:11 ] 今月の萌ブツ&評価 | TB(0) | CM(4)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。