BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 2005年06月
-別アーカイブ  [ 2005-06- ] 

<< 前- |  2005-06-  | 翌- >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラブレス最終話 「アニメ!!(39164)」

ついに終わってしまいました・・。
この3カ月間ハマリまくっていたのに、かなり寂しいです~(凹)。

ラブレスは声も絵もストーリーも全部ツボで・・とにかくパーフェクトビューティ~~。
大人になってからこんなに気に入る作品に出会えるなんて♪♪

長年アニメを見てますが自分の中でテレビアニメ第3位となりました!!(1位「未来コナン」、2位「宝島」)

最終話は立夏が自分自身と周りの人間を好きになる前向きな始まり。
ところが直ぐにゲームと悪夢の中に引き込まれます。
これを仕組んだのは清明で・・

多分ラブレス最強の悪党はこの兄
かなり支配系でSな臭いがします~。
なので、草灯がとして扱われていた頃がスッゴク見てみたいっっ!!
清明×草灯の日常やバトルぶりが知りたいよぉ~~(熱望)。

さて今回の萌え第1位は当然ラスト!

「もし・・もし清明に命令されたら・・答えろ草灯!殺すんだろ?!」
「・・多分」
「やっぱり・・」

「なんだよ、離せよ!」

「違うんだ、聴いて」
「言い訳なんて聴きたくない」
「もしそんな時がきたら・・オレが先に死ぬ」
「立夏のいない人生なんてオレには・・」
(涙がキラリ~ン)
「・・バカな奴・・」

この場面の表情がっ・・もう最高に素晴らしかったっっ!!!
特に草灯が立夏を抱きしめてからが悶絶。
これを描いてくれたアニメーターさんにはひれ伏すしかありません~~~。

でも草灯は相当清明に呪縛されているようで・・「命令に背く」とは言わなかった・・。
選べないから自分が死んでしまうという訳で(へタレめ)・・それでも嬉しそうな顔をした立夏がほんとうにいじらしい~~(泣)

この物語は今後清明・草灯・立夏の三角関係に展開していくのか??

ラストで清明が枝を折ったことから嫉妬心(?)が垣間見え・・。
あまりにも謎が多いため予測できませんが(大体何のために戦闘してるわけ??)

とにかく草灯は早いとこ立夏のものになって欲しいです。

今回面白かったのは草灯の取り付く島もない電話。
「草灯クン、私の興味は君だけだ」
「忙しいので切ります」

愛を告白しても振られる律先生・・可愛そうです(笑)。

ああ~、でも本当に小西草灯はカッコよかったです~。
物語が年齢差主従物とゆーのもドツボでしたし・・毎週ウットリでした。

ラブレスの続編はどうやらDVDの売れ行き次第らしく・・
でも原作ももう少し先が見えないと難しいかもしれませんし・・
クオリティーは現状維持がいいので急いで制作して欲しくないし・・
でもいつかラブレス2が見たいです!!


さて、ちょっとお知らせです。

ラブレスのイラストコンテストが7/11まで開かれています。お友達の鯛さんのイラストが出展されています(とてもキレイで可愛いです~)。
投票もできて楽しいので、ラブファンの方は是非見て下さ~い!
スポンサーサイト
[ 2005/06/30 16:45 ] LOVELESS | TB(0) | CM(10)

BSアニメ夜話の・・ 「アニメあれこれ(84682)」

「未来少年コナン」を見ました。

30年近くいろんなアニメを見てきましたが、テレビではこれが1番好き!!
なので昨日の放送はとても楽しみでした。

特に作画監督の大塚康生さんは今まで写真でしか見たことが無く、
生で見ることができて感激!!

生大塚さんは素朴でとぼけた感じのおじいちゃん。
とても味のある優しいそうな方でした♪

番組内では大塚さんの子供時代のスケッチや、秒単位で描くという宮崎さんのイメージ画やコンテが紹介され、これが信じられないくらい精巧!!
まさしく神に選ばれし人と言いましょうか・・神業でした!

司会の岡田さんが宮崎・大塚コンビはユーモア部分は大塚さん担当と説明していましたが、これを聞いて「なるほど!」と納得。

実は「ナウシカ」から宮崎作品がつまらなくなってしまった私は何故なんだろうといつも感じていて・・漠然と大塚さんと仕事をしなくなったからかな・・とは思っていたのです。

でもハチャメチャをやるのが大塚さんだったと「カリオストロの城」同様に分かってスッキリ!

結局私は大塚アニメが好きだったということで・・ルパンもそうですが、変な顔やマヌケな動きをするシーンがドツボなのです~。

「コナン」の初回放送時は中1でしたが、とにかく何処をとっても、どの話を見ても面白く、再放送は見れば見るだけ好きになり、

愛とユーモアが絶妙に交じったストーリーと、動画の長所がパーフェクトに詰まったこの作品にはいつも引き込まれてしまいます。

「未来少年コナン」はコナンとラナの関係よりコナンとジムシーの関係がとても好きで、中学当時は腐ってはいなかったもののやはり男の友情に吸引。
豚鼻のジムシーにすらカッコよさを感じていたのでした~。

今回の放送は公開収録だったようで、ゲストの前にはお客さんがたくさん。
でも何故か圧倒的に男性が多く・・・

みんなラナスキーに違いない。
[ 2005/06/28 16:33 ] その他のアニメ | TB(0) | CM(4)

大地立つコンラートとマ王捕物控! 「今日からマ王!(1590)」

BS放送の「大地立つコンラート」はユーリが魔鏡を覗いたことからジュリアの居る過去に行ってしまうお話。

魔鏡がラーメンどんぶり型というのが笑えましたが、
内容は戦争に旅立つコンラッドに花をたむけるシリアスストーリー。

たむけた花はツェリが品種改良し、息子の名をつけた「大地立つコンラート」
その他「麗しのヴォルフラム」「ないしょのグウェンダル」「ツェリの紅色吐息」などもあり、なかなかピッタリのネーミング~(笑)。

過去のお花畑はほとんど枯れていたのにコンの花は数本元気だったよーで、
流石大地に立つ男!
でも花を投げたユーリとコンは目が合ったら素敵だったのに・・ちょっと残念でした。

ラストの「おかえりなさい」と蘇えった花壇でコンの花を見つめるユーリはとっても萌えでした~。

今回の笑いどころは、ヴォルの「きさまを亡き者にして、永遠に手元においておく」の執着ぶりと(恐っ)、ギュンの「私の陛下が・・」という私物発言。
そして予告の末尾「ギュンギュン」でした~(これは井上さんアドリブ??)


水曜の「マ王捕物控!」は行方不明になった魔石を捜しに城下にお忍びで行くユーリたち。

病気の父と幼い弟を抱えた娘の家で石は発見されますが、他にも狙っている者が居て、
最後は印籠を見せる代わりに魔王に変身!
「一件落着」と見得まで切って完全に時代劇なのでした~。

お話の冒頭はギュンターの講義にゲッソリしたユーリがコンラッドとキャッチボールをしています。

ユ:「オレを信じろってどんな球でも受けてやるからさ~」

二人で遊んでいるだけでも萌えなのに『受けてやるから』だなんてっっ!
・・妙に反応した自分が恥ずかしい・・。

でもこの信頼関係はラストの魔石リレーに効きめがあって、コンの大リーグボール投げは見事でした(笑)。

その他・・

・ギュンターの元から手を握ってユーリを連れ出すコン
・ドラム缶風呂の湯加減を調節するコン
・魔王の変身が解ける時抱きとめるコン

などイロイロときめきました。

笑いどころはヴォルの前髪パラリに卒倒する少女たち(何故かバニーガールが混ざっている)と
『投げ文のヨザック』でした~。

あと何気に可笑しかったのがユーリが魔王化して暴れた後・・

コン:「ケガはない?」
少女:「本当に魔王さま?」
コン:「内緒だよ」

と正体がばれても冷静に対処するコンラッドでした(森川さんの落ち着きボイスが素敵♪)。


そう言えば「ASUKA」の広告が地元の駅にデカデカと貼られています!
ホームでコンに会えるなんてっ!嬉すぃ~~(喜)
[ 2005/06/26 16:29 ] 今日からマ王 | TB(0) | CM(2)

サムライディーパーKYOの・・ 「アニメあれこれ(84682)」

再放送がカートゥーンネットワークで7/4から開始です~~(喜喜)
<16:30と22:30再>

KYO小西さんが主役で一人二役。鬼畜声と優すぃ~声がまとめて聴けるお得な作品♪

このアニメでコニタン声をはじめて聴いた私ですが、当時は1/3くらい見逃したせいで、内容が理解不能・・「渋い声の人だな~」という印象のみ。

KYOを見出した動機と言えば「炎の蜃気楼」声優さんが出演しているからというもので(速水さん、関俊彦さん、玉川さん)小西さんは「これ誰??」という失礼な状態でした~。

その後友人から全話レンタルしたのが約2年前。改めて見ると・・
出るわ、出るわBL声優っっ!自分がいかに腐女子化したか分かった瞬間でした(笑)。

ところがこの時点でもまだ小西さん萌えが発生せず(脳に刷り込まれる声ではあったんですが)結局コニタンのBLCDを聴いて超特急で堕ちたのでした(ねじれたEDGE)

で、現在ラブレスで狂い咲き~~っ!

どーも私は原作が好みでないと声優さん堕ちはしないよーで・・声だけでハマルことはないようです。

今回の再放送はコニタンにドツボになってから見るのでどんな印象になるやら♪
ラブレスが6月で終わってしまうので禁断症状防止に調度イイです~。

他にも美味しい声優さんが盛りだくさんですし♪
緑川さん、子安さん、石田さん、関智一さん、井上さん、保志さん、緒方さん・・とにかく凄かった筈っ!
[ 2005/06/24 21:43 ] その他のアニメ | TB(0) | CM(6)

LOVELESS11話 「アニメ!!(39164)」

今回のラブレスは番外編。
なので明るく、楽しく、コスプレサービスもあったりして(チャイナコスっ!キャ~・キャ~)・・全体的にコメディでした。

ユイコ達と横浜に遊びに行く約束をした立夏は「明日は学校の友達と写真を撮るの!お前は来なくてイイ!」と草灯に命令。

草:「べつに・・」(「べつに」だけなのにイイ声~)
  「いいよつれてってくれなくても」

草灯はあっさり引き下がりますが、当日はキオとストーキング。
わざと立夏にメールも電話もしてあげません。

一緒にいない時のほうが・・強く強く思い出す・・

草:「オレがいないということを十分味わってからでいい」
貴:「うわ~、イヤなプレイ」

という訳で、11話のテーマは放置プレイだったよーで・・
(草ちゃんは「愛の儀式」とほざいてましたが・・キオと一緒に時間が止まりましたよ~)

プレイにはまった立夏が何度も携帯をチェックする姿はいじらしかったです。

そして観覧車から眺めた景色を「見せてやりたい。あいつに・・」と呟く立夏の前に、青い蝶が現れます。

この蝶はユイコも見ているので幻覚ではなく草灯の分身???
立夏のためなら蝶にも憑依できる彼は流石のストーカーです(笑)。

今回の萌えナンバー1は草灯の「つかまった」
立夏の手をそっと握るシーンにはホンワカしてしまいました(ああ~、カッコよすぎ草ちゃん!)。

ラブレスは本当に風景描写が正確で、冒頭の上野毛駅や草灯が渡った横断歩道はそのまんま存在します(横断歩道も駅へ降りる階段も全部歩いたことがある~~)
・・自分の生活圏がアニメに出てくるのって楽しいです!

CDトークで横浜に行ってみて下さいと小西さんも言ってますし・・この調子ならラブレスツアーが確実にできるでしょう♪

さてドラマCD横浜編と11話を比べると、私的にはCD脚本の方が好きです。
草灯が立夏の前に現れるまでの時間がCDの方が長く、プレイ終了に感激がある・・。

アニメは原作に登場しない勝子先生と東雲先生が出てきますが、勝子先生の存在はやや不自然。

でも東雲先生はかなり可笑しかったです。
特に嬉し泣きヤケジュース瞳ビジョンの草灯はキラキラしてて笑えました~。

弥生さんはCDの方が出番が多いので、アニメはちょっと物足りなかったですが・・
何気にキオと仲良しですね~。
確かBRAINLESSの温泉シーンでもキオはくっついていたし・・この人も子供好き?(笑)

子供好きといえば、草ちゃんはユイコに優しい!
CDの方では身長を気にする彼女に同調してあげてるし・・女嫌いかと思いましたが、子供は別みたいですね~(笑)。

来週は最終回ですが・・恐い予告で・・多分ゲームの仮想世界だとは思いますが、ほとんどの謎が解決しないままどう終わるのかドキドキです。

間違って『立夏の耳おとし』とかにならないかな
・・なりませんね、当然ですね(腐)。
[ 2005/06/23 18:52 ] LOVELESS | TB(0) | CM(2)

再販のラブレスドラマCD1・2が・・ 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

届きました♪
振込みしてから一週間以内で到着。早かったです~。

内容は1巻全部と横浜に行くお話。
かなり原作に忠実でアニメでカットされてしまったシーンや台詞も入っていて、絵がない分丁寧でした。

でも小西さんがアニメに比べると微妙に軽い感じで・・
コミックがサラッとした流れなので正解なのかもしれませんが・・
アニメ草灯の方が
低いです、ドスがきいています、その上濃いです!

(CD制作が先だったのでアニメの方が慣れているとゆーか、なりきってるように聞こえるのは私だけ??)

キャストはアニメと全く同じですが、清明の出番が少し多いので兄と立夏のラブラブが聴けてちょっとお得♪
その反面恐いお母さんも多めに出てくるので、立夏が可愛そうでした・・。

弥生さんもキオもアニメより台詞増量で、二人ともやっぱりイイ味!
キオの『草ちゃんの嫁』や『何処までも最後までつきあうつもり』には草灯への『愛』を感じました~。

CDの末尾にはトークもあって楽しい雰囲気。
BLCDを聴いていると男性ばかりなので、女性が半分を占めるトークはなんだか新鮮で・・その他成田さんのしゃべりがまともだったのにも驚きました(笑)。

普段女の声優さん萌えはしない私ですが、この作品で皆川さんにはクラクラきてしまい、
とにかく巧いです~、カッコイイです~、可愛いです~!
お陰で最近気分は草灯・・・立夏に愛を感じてしまいます♪

CDを聴く時は常にヘッドホンを使用していますが、ラブレスも当然ヘッドホンで鑑賞~。
本編の萌え台詞を初めて耳直撃で聴いたので小西さんの囁き声には死にそうになりましたっ。

今晩のアニメは横浜編♪
CDで予習してしまいましたが、明るい内容なので楽しみです!
[ 2005/06/22 23:13 ] LOVELESS | TB(0) | CM(2)

今市子さん挿絵の「夢の卵」を・・ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

読みました。原作は鷺沼やすなさん
又々イラスト買いです~。

鷺沼さんは『野守美奈さんと同人誌をやっている作家さん』という認識しかなく、きちんと小説を読んだことがありませんでした。

ところが・・ものスンゴク面白かったんです!!

物語は・・

小説家の太夏志(たかし)と秘書の詩草(しぐさ)は仕事も家も一緒という恋人同士(ひねった漢字・・)。

そこそこ上手くやっていますが、突然詩草が記憶退行を起こし中身が11歳の少年になってしまいます。

太夏志は精神科の女医と共に記憶退行の原因を探り詩草の過去に直面しますが、11歳の少年に愛情を感じ始めてしまいます。

子供の詩草はとにかく無防備で、太夏志に頼り切る姿はひたすら可愛らしいっ!!
「たかしさん大好き・・」は胸にくる台詞で、太夏志の理性がぶち切れて当たり前・・。

小5なんだと分かっていてもキスしてしまう太夏志とそれを受け入れる詩草にはドキドキで、小学生とイケナイことをしている禁断さには萌えてしまいました。
(某小6と美大生のよう~)

一番涙しそうになったのは記憶回復後、太夏志が傘を見て少年詩草を思い出すシーン。
11歳詩草が消えてしまったことに感傷的になる太夏志にはシンクロできます。

「詩草、いるか。泣いていないか」はグッとくる台詞でした。

「夢の卵」は主人公2人の関係の他に女医と太夏志の会話もエスプリに富んでいて面白く、森先生は魅力的。

そして詩草の謎を探っていく過程はとてもミステリアスで、読み出したら止められない小説です。

さて挿絵ですが・・流石今先生!!全て言うことなしっ!!!でした~。

特に好きなのは当然ラブシーン詩草が傘をさすシーンでしたが、蓉子叔母さんの色っぽさも素敵でした~~。


この本は1998年に出版されたものの文庫化で、昔の物は野守さんの挿絵だったようです(これも欲しい!)。

そして今さんはこの小説のファンで、太夏志は理想の攻だとか・・
だからこそやりにくい面もあったようで・・
『私はこれからも野守版で読むでしょう・・』という後書きのオチには笑ってしまいました。
[ 2005/06/21 11:10 ] その他のBL小説 | TB(0) | CM(4)

ミラージュオンリーに行きました

ハマッタ直後は大量に同人誌を漁ったものですが、最近はすっかり落ち着きオフ会がメイン。

たくさんのミラ友さんに会えて、けいさん・sayoさん繋がりのお友達ともお話できてメチャ楽しかったです~。

ミラージュファンは主従スキー、BLスキーの人が多いので、ちょっと話すと即通じるものが♪
同じ趣味だと初対面でも妙に盛り上がれるから不思議です!

ほんとにオタクの輪って素晴らしいわ~(笑)。

昨日は大人数でおしゃべりしすぎて周囲に『騒音』のご迷惑をかけちょっと反省・・。
でも、それほど楽しめる友人や趣味に出会えて幸せ♪(←オイ)

オンリー会場は浅草でしたが同じビルで「炎の錬金術師」のオンリーをやっていて、しかも大佐は「攻」に限定されていました(笑)。
こっちもちょっと行きたい気がしましたが・・お財布を考えて我慢っ。

エレベーターの中で「鋼」の案内を読んでいるおじさんが「ドウの錬金術・・」と呟いていたのが可笑しかったです。
別の用事で来たおじさんに少し同情しました。だってビルの中はミラージュと鋼のオタク女で一杯でしたもん(笑)


昨日お話してくださった皆さんありがとうございました~。
*のわきさん、ご一緒できてよかったです♪
[ 2005/06/20 16:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

「タクミくんシリーズ」の全プレが・・ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

届きました♪

内容が何なのか確認せず、即申し込んだ記憶があるんですが・・
開けてみれば過去のおおや和美さん漫画が満載で、1995年~2001年CIELに掲載されたSSの再録集でした。

嬉しいですぅ~~~~!!

タクミくんに出会ったのは約3年前。当然これより前の漫画は読んだことがなく・・なので今回の全プレはとてもありがたかったです!!

おおやさんの挿絵は私的にかなりツボで(崎谷さんの海シリーズもハマリ中~)、
とにかく小説の内容とバッチリ合っているので大好きです。

コミックは原作の独特の雰囲気や文体を越えることはできませんが、絵が可愛いくて甘甘。
赤池、三洲、真行寺などの脇役もカッコイイし、満足してます。

今回の小冊子は再録の他にごとうさんおおやさんの書き下ろしも1作ずつ付いていてかなりお得!

書き下ろし漫画を読むと10年間の絵の変化がよく分かり・・新旧共によいですが、「After Come on A My House」の赤池はやたらカッコよかったです~。

基本的に収録されている17話は全て好きですが、特に気に入ったのが「あってたまるか」「メリークリスマス」「ハッピーバレンタイン」「After Come on A My House」等など。

この他アンケート用紙も付いていて
・「番外編小説で読みたい話は?」
・「CD化して欲しいものは?」
とイロイロ質問がありましたが・・
番外編もCDも後でイイから1年1冊は小説と漫画を出してくれ~~と書きたいです!(切実)
[ 2005/06/17 23:08 ] タクミくんシリーズ | TB(0) | CM(6)

ラブレス第10話 「アニメ!!(39164)」

第10話は草ちゃん&立夏のペアルックがとにかく可愛かった!!
いつの間にお揃いを買ったんでしょう~~。

似たようなのを草灯は1話で着てましたが、裾が違うよーな・・
戦闘のためにわざわざペアに??ヤル気を感じます!

でも並んで電車に座る姿に幻覚が・・

草灯がメーテルに見えるんです!!!

ファーの着いたコートに長髪で・・草ちゃんはちょっとオネエさんぽいし、電車が空に上ったらどうしようかと思いました~。

さて、今回の注目ナンバー1は清明のお人柄
立夏にはとても優しい兄だったようですが、外では別の顔・・
頭脳明晰な冷血漢??(この人も鬼畜タイプ?)

草:「戦闘機とサクリファイスは離れては生きていけない」
立:「お前と清明も?」
草:「オレには清明だけだったよ」「清明はそうじゃなかったけどね」

草灯は片想いだったよーで・・大体清明は耳付きで誰のものでもなく、立夏の言葉どーり正に草灯は道具に過ぎなかったのかもしれません。

原作だとこのシーンはお手手繋いで立夏が少しヤキモチを焼くんですが・・カットされていてちょっと残念。髪の毛ワシャワシャが代わりだったようですね・・。

注目2は律先生と草灯の電話

律:「草灯くん?」
草:「はい」(「はい」だけなのにイイ声~~っ)

律:「草灯クンたまにはこっちに来たら?」
草:「嫌です」
律:「・・今は飼い主がいると思ってイイ気になりやがって」

律先生、面白くなさそうです!清明を殺したのってもしかして先生?
(でも清明って本当に死んでる??)

注目3は立派なご主人様ぶりを発揮する立夏

立:「いいからやってみろ!」
草:「わかりました」

立:「オレの言うこと聞くの?聞かないの?どっち?」

必死な立夏は可愛いくてその上とてもカッコイイ!
男らしくて好きです~~。
それに比べて草灯は・・やはりMだったんですね(笑)。
「痛みね・・好きな単語だ」(変態~)

注目4は立夏の名前のありか

ヤマトに体のどこかに名前が浮き出ているはずと指摘されていますが・・
立:「そんなのどこにもない」
ヤ:「自分で見つけられないとこにあるんじゃない?」
ヤ:「お姉さんが調べてあげようか?」

確かに何処にあるんでしょう??立夏の名前。草灯に見つけてもらって下さい(キャ~/腐)


10話はヤマトとコウヤが主役。
固い絆に切なさが一杯でしたが、ラストは普通の人間として生きることを選ぶ二人。
戦闘機とサクリファイスでなくても繋がる姿は優しくて、草灯と立夏もこんな風に幸せになって欲しいものす。

*コウヤの声=鋼のアル、ヤマト=ユーリのママ だったんですね~(驚)
[ 2005/06/16 23:50 ] LOVELESS | TB(0) | CM(6)

ちょっと模様替え

ラブレス壁紙にしてみました~。

あと3話でお終いですが、とりあえず今月はこれで♪

そして今夜は第10話!楽しみですっ。

[ 2005/06/15 23:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

ルチル文庫が・・

創刊しました(ソウカンと打ったら相姦と出た・・)。
今月発売は5冊。全部買ってみたくなりましたが、とりあえず崎谷さんと高岡さんを購入~。

挿絵の山田ユギさんに釣られ、先ずは高岡さんの「あなたと恋におちたい」を読破。
切ない恋を書くのが得意な作家さんと思っていましたが、
この本は切なさ<笑いでした。

物語はお医者さんと製薬会社営業マンの恋ですが、先ずは営業さんがお医者に片想いをしています。
とにかく目の中に入れても痛くないほどの惚れっぷりで、お医者の言動に一々クラクラ・・鼻血を吹かんばかりです。

なんせこの営業さんは・・

・先生がオヤジギャグを飛ばしても転げまわるほど笑ってあげたいそーで・・
・白衣コンテストがあったなら間違いなく先生を推薦すると断言し・・
・できることなら自分が妻になりたい・・。

と思っている人なのです(笑)

結末は想いが通じてハッピーエンド。
コメディくさくグルグルする営業さんのせいで、ユギさんのギャグ絵を思い浮かべながら読むことができました。

全体的に大きな波乱はなく、可愛いお話。攻めの先生も誠実でイイ人でした
明日は崎谷さん本へGO!
[ 2005/06/15 21:08 ] 高岡ミズミ | TB(0) | CM(2)

働く男の征服コミックの・・ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

九州男児さん漫画を読みました。

この本は白衣or黒衣をテーマに色んな漫画家さんがSSを描いているものですが、
九州さんは黒衣で主役は僧侶。題して「禁色」

黒衣といえば先ず喪服の彼を思い出す私ですが(直○)、
次に浮かぶのはやはり神父コス。でも九州さんは和物できたので拍手でした~(着物大好き!お袈裟も大好き!)。

内容は堅物の僧侶が寺に居る稚児に誘惑され堕ちるまでのストーリー。
お稚児さんのラブアタックが猛烈でしたっ(笑)。

夜這い、トイレで待ち伏せ、いきなり尻見せ、ちくわ麩とか・・相変わらずお下品で・・爆笑~。

ラストの方で「その穴には入りません・・」「ええっ!?」という台詞がありましたが、いったいどんな穴に???・・つい深く考えてしまいました(笑)。

九州さんの絵は可愛くて色っぽくて大好き!!
そして、シリアスな表情の後に必ずやってくるメチャクチャなオチが最高です!!


もう1つ九州もので「俺の下であがけ」というアンソロジーを読みました。
先ず題名でふき出しましたが、元はBLゲーム。

こちらもかなり面白く、やはり九州さんは他の漫画家さんと一味違って目立ちます!
BLもノーマルも両方描けるバイ作家さんは奥が深い!
(別名 松山花子)
[ 2005/06/14 19:55 ] その他のBL漫画 | TB(0) | CM(6)

た、大変!ラブレスドラマCD1、2が・・ 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

ゼロサム誌上で再販されています!!以前誌上販売だったものが
ゼロサムSHOPにて通販開始~~!

友人のりおさんHPから情報をいただき、早速申し込んでしまいました♪

今月中でラブレスの放送は終了。
とっても寂しいですが、CDの申し込みがたくさんなら2部を作ってくれるかも・・。

しっかし、この先いくらラブレスに貢いでしまうのでしょう??

・番外編ドラマCD2~4
・DVD(これはイベント券のため)
・誌上限定販売3

以上購入予定で・・ああ~、これではミラージュの二の舞・・。
でもハマルものがあるって幸せです~~♪


小西さん繋がりでもう1つ素敵な情報をりおさんHPでゲット!

10月発売予定の「目を閉じればいつかの海」CD(崎谷はるひ 原作)のキャストに小西さんの名がっ!!

大智役でしかも瀬里ちゃんは野島健児さんっ!!
この組み合わせは「ねじれたEDGE」ーーーー!
嬉しい×3です~~~。

是非2人が主役の「手をのばせばはるかな海」もCD化して欲しい(熱望)。

崎谷さんCDはコニタン率が高いので、大智はコニタンボイスで読んでいた私・・。
やはり崎谷さんがお好きなんでしょうね~小西ボイス。

調子にのって言わせてもらえば「ビターショコラ」もCD化して欲しい今日この頃です。
[ 2005/06/14 08:56 ] LOVELESS | TB(0) | CM(7)

花音100号記念本が・・ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

届きました。

アンケートまで入れるとかなりたくさんの作家さんが関わった本でした。

今市子さんが目当てで申し込み、内容は 「楽園まで・・」の2人が出演。
ところがストーリーは今さんの登山体験でした・・。

川江=今さん父、浅田=今さん という設定で彼らのラブラブ話ではなかった~~(泣)
でも絵が好きだから・・イイでしゅ。

嬉しかったのはアンケートに大好きな よしながふみさんが居たこと。
理想のカップリングは?という問いに「主従下克上!」という答えが・・。
自分と同じで嬉しかった♪♪

今さんの理想のカップリングもなかなか笑えて、回答は『ホームズとワトソン』
「成人男性のルームシェアって・・」というコメントが可笑しかったです。


今さんといえば昨日「透明なココロ」というBL小説を読みました。
ふゆの仁子さん原作で、今市子さん挿絵。

まずカバーが美麗~~。読む気満々になりました!

ストーリーは悪戯で出会い系サイトに書き込みした高校生とそれにうっかりひっかかったサラリーマンのお話。
結局本気になってしまった2人ですが、リーマンに妻子が居ることが発覚し、別離。
でも5年後に再会し、焼けぼっくいに火がつきハッピーエンド。

ふゆのさんは何冊か読んだことがありましたが、攻めが少々意地悪さんで・・いま一つハマレズ(「透明な・・」もちょっと意地悪。で、へタレ/笑)。

でも挿絵のおかげでこの本はずっと手元に置いておきたいです~。
[ 2005/06/12 11:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

ザ・ビーンズを・・ 「今日からマ王!(1590)」

買いました。地元本屋で最後の1冊(ギリギリセーフ!水無月さんHPに行ってよかった)。

全サ目あての購入でしたが、表紙も中身もマ王が一杯で楽しかったです♪(表紙は全員タキシードコス~)
特に面白かったのは「マ的喜怒哀楽」、アニメスタッフによる「本音バトル」、「眞魔国日報」、「大切な人を失った」

「マ的喜怒哀楽」はコンラッドページの 『触』という所で萌えっ!
この特集イイです~。やらしいです~。
できればこれまでの『触』を全てカラーであげ連ねて欲しい!!

「本音バトル」は原作が終了していないだけに様々な苦労話が可笑しくて・・『1番のわがままプーはコンラッド』『あいつ黒いから』発言にもウケてしまい、その他声優さん裏話も楽しかったです。

大塚さんがやった少年グウェンは実は 12歳だったとか(驚)、コンは遊べないキャラなので森川さんがストレスをためているとか(笑)、井上さんのアドリブのせいでスタジオ内は屈む人多数とか・・イロイロ面白かったです。

でもこのインタビューを読むと(私は原作未読ですが)原作はちゃんと終われるのか?と少し心配になりました~(笑)

「大切な人を失った」はSSですが『触』で萌えでしたっ(笑)。

今月末から裏マ王CDが発売で、様子を見てからと思っていましたが、宣伝に「勝利登場!」の文字がっ。ウウ、 小西さんが私を呼んでいます・・。


さて、本日のマ王「我が愛しきジュリア」は先週ほどの萌えはなかったですが、一応アーダルベルトの想いは整理された模様・・ちょっとコンの無理矢理説得だった気もしますが、ラストのペンダント投げはよかったです~。

今日も絵はきれいで、お風呂シーンはサービス?
本当はコンと入って欲しいとこでしたが、それではギャグで済まされないとゆーか・・本物っぽくなってしまいますね(ナニが?)

あと一つ気になったのがヨザック発言「隊長とは二人で一つ」・・っていつの間にそんな濃い関係にっ(笑)。

微笑ましかったのはグウェンの『包帯お絵かき』。サインペンはいつも携帯?幼稚園の園長のようでした。

その他久しぶりに出てきたギュンターの「お帰りのギュはギュンターのギュ」・・マジメに解説するコンが可笑しかったです。

今回唯一の萌えは変身を解くユーリを支えるコンラッド
ビーンズの『触』特集に加えて欲しいです♪


教育マ王は「有利重労働す」
相変わらず逃避行中の二人ですが、今回はホウセキの力のせいでグウェンはヨレヨレ。

でも、「オレがどうしようもなく間違えそうになった時は止めてくれるんだろ?」とユーリ&グウェンは見つめ合い、
殴られそうになったグウェンをユーリは覆いかぶさってかばったり・・
ラブラブな状態です。

結局捕らえられてしまってからはグウェンは独房へ、ユーリは採掘場へ送られてしまいますが、コン&ヴォルが助けにやってきます。

コン:「生きていてくれて嬉しいよ」
グウェン:「フン」

→兄弟愛を感じてしまいました~。

今回の笑いどころは・・

・気分が悪くなったグウェンのためにエチケット袋を要求するユーリ。
・アニシナの餌食となりカッパ姿で吊るされるギュンター(「ギュンターとめて」は井上さんのアドリブらしい)
・魔王ユーリの「おぬしら切る!」と「馬鹿げた人形」とグウェンに言われた泥人形でした~。

それにしても最初の頃のマ王は「笑い」が本当に冴えています!
グウェンと心の繋がりができる過程も丁寧で面白いし・・やはり原作あっての物語だな~と感じる今日この頃です。

*マ王とは無関係ですが、夕方凄い虹を見ました。
見事な半円!絵のような虹を見たのは生まれて初めてで、腐った心が洗われました~(笑)。
[ 2005/06/11 22:03 ] 今日からマ王 | TB(0) | CM(4)

東山道転墜異聞を・・ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

読みました。
中村春菊さんの新刊で表紙は時代劇で素敵~♪
ところが表紙をめくってビックリ。

誰??

これは春菊さん漫画だった筈・・。

絵が今と全然違ーーうっ!!

どーやら7年前の作品だったよーで、なんだか少年漫画チック。
眼の大きさが人間ぽくて小さいんです~~。
今と同じなのはギャグ絵と動きか・・な。
でも内容はとても面白く、早く2巻が読みたい感じ♪

ストーリーは継母に命を狙われる若様(修理)とそれを守る郡司
主従物語
生活力はないけれど一生懸命な修理はとても可愛く、郡司に煙管をプレゼントするお話は心に残りました。

私的に郡司の兄・平九郎がツボでしたが、惜しいかな死んでしまっているようで・・でも郡司もかなりイイ男。
今後は修理が平九郎と比較せず郡司自身を好きになる展開に期待です。

「純情ロマンチカ」はカバーを取るとお楽しみが付いていますが、今回もオマケ漫画あり。こちらも可愛かったです。

さて、春菊さんといえばCDの「純情ロマンチカ2」を聞きました。

美咲の櫻井さんがバッチリで最高~。
でもウサギさんはちょっとまとも過ぎとゆーか、渋すぎで・・もう少し奇人変人ぶりが発揮できる声がよかったです。

野分&ヒロさんは無難なキャスティングでしたが、ヒロさんがもう少し受声でもよかったよーな・・
私的な趣味に走れば平川大輔さんや千葉さんあたりにして欲しかったです(笑)。

内容的には原作に忠実で楽しく可愛い作品でしたが、ちょい役の井坂と朝比奈が
森川さんと置鮎さんなのには驚きました。

これを聞いたら原作で井坂×朝比奈を描いて欲しくなりました(朝×井でも可)。
[ 2005/06/10 23:06 ] その他のBL漫画 | TB(0) | CM(2)

テニプリの「カジモト君」歌を聞きました 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

歌っているのはCVの小西さん
テニプリは青学しか把握していないのでカジモト君は???。
とっても失礼な状態ですが、なかなかヨロシイ1曲でした。

小西さんの歌は初めて聞きましたが・・ 上手かった!!!率なくまとめていましたっ!

ただ、草灯声で歌ってるわけではないので「小西さん」と言われなければちょっと判別不可能かも・・。
次回はリョーマとデュエットして欲しいです(笑)。

昨日はサッカーのためラブレスはお休み。
日本が勝ったのは嬉しいことで、選手同士が抱擁しあう図もよかったですが・・何も夜中までやることはないでしょぉ~~(泣)。

ラブレス禁断症状が出そうなので、今日は掃除をしながら録画を流し、
夜は夕飯を作りながら「沈黙の狼」というCDを聞いてみました。

「沈黙の狼」は剛しいらさん原作で小西さん×杉田さん

コニタンは教育取締官で、犯罪に巻き込まれている学校を助けにやってくる人。
ところがいきなり 生徒の一人を押し倒してしまい、
取締官自身が生徒とデキテどーするのっ!という内容でした~(笑)。

1番面白かったのがトークで、杉田さんが妙なノリで可笑しかったです。
小西さんはトーク声は高め・・。
どこからあんなエロドスのきいた声が出てくるのかいつも不思議です。

取締官自身が○○してしまうという同種のドラマCDを最近もう1枚聞きました。
愁堂れなさんの「罪なくちづけ」です。

殺人の疑いをかけられたサラリーマンとそれをを助ける警視さんのお話しですが、疑いを晴らすために働くはずが、いきなり リーマンを押し倒しっ!
真犯人よりデカが最も危なかったです(笑)。

CVは置鮎さん×野島健児さん

置鮎さんの大阪弁が軽くて優しくて凄くイイっ!なので、H警視もイイ人に聞こえてくるから不思議です~(笑)。
野島さんもとても可愛くてピッタリ。流されちゃう感じがよかったです♪

この作品は水無月さんから同人誌を貸していただき読書中~。
かなり甘甘エロエ○ですが、火曜サスペンスより同人が気に入りそうな気配ですっ。

私信*りおちゃま、感謝です~。
[ 2005/06/10 15:05 ] その他のBLCD | TB(0) | CM(2)

遥かなる時空の中で10 「今日読んだマンガは??(53396)」

アニメから入った「遥か」ですがコミックスもけっこう面白く・・
とにかく絵が巧い!!

和服が巧すぎます!!

水野さんはゲームのキャラデザをするだけあって絵が本当に美しく、和服もオリジナル和服で素晴らしい。

天真や友雅の着物の着崩し方、頼久のアニマルプリント、泰明の陰陽色の着物がおしゃれです。

髪型も長髪が多くメガネ君も居て、フェチにはたまらんイイ男祭り!

さて10巻は泰明がメイン。
人間としての「情」を持たない彼が自分の優しい心にとまどいグルグルしてしまうお話。

ノープロブレム男だった泰明がなんだか可愛い、艶っぽいことになっていましたが、ラストは行方不明になってしまうのでちょっと心配です。
小天狗ちゃんも復活しないのかしらん・・。

復活と言えば巻末の4コマ♪いつも凄く面白くて可愛い!
できればこれで1冊出して欲しいくらいです~。

アニメの「遥か」は本当に声優さんが全員バッチリでミスキャストなしでした。
声が好きなのは井上さん、中原さん、関さんですが、キャラ的に1番だったのは泰明で、なので石田さんもファンになってしまいました~。

最近ではドラマCDや歌まで聞いて、極めつきにイベントまで行く始末。とにかくゲームには手を出さないよう自制が必要です(笑)

「遥か」は家庭内放置してもOKな漫画。男同士はもちろんのこと男女のラブラブシーンすらない・・ある意味「ちゃお」より安心です。
でもイイ男だらけなのでつい買ってしまう作品です~(笑)。
[ 2005/06/07 22:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

赤の神紋11章 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

ガラスの仮面BL版な神紋もとうとう11巻目。
ミラージュの11巻は「直江えぇぇーーっ!」なラストだったのでちょっと警戒しましたが・・期待を裏切られました。

連城が大人しかったんです!!
回らない、切れない、こけない・・・こんなの連城じゃないぃ~~っ!

なんだか静か~に榛原に斬りこんでいて・・でも藤崎やケイの介護士に徹する連城も素敵でした(笑)。

物語前半はハミルを掴むために藤崎を訪ねるケイと連城。

役者だということを隠して接近しているため藤崎とのムードは和気アイアイ。
それどころか 連城に新たな恋敵がっ!!
と言えるほどケイと藤崎は意気投合でラブラブ~。
青薔薇様の威力は流石でした。

これ以上恋愛されては困ると思ったからか(笑)ハミル役の指導をお願いしに来たことをばらす連城・・。その後ケイたちは藤崎に土下座大会っ

ようやく藤崎のOKをもらい厳しいオドロオドロした稽古が始まります。

ハミルの稽古は果たして正解だったのか?
藤崎を表舞台に引きずり出した今後が気になるワクワクラストでした。

さて、今回は連城とケイのラブが足りなめ。でも羽田の抱きしめシーンは感動でした。

「お前が欲しい、ケイ」

「いつかきっとおまえが演じるにふさわしい言葉を書ける人間になる。だから待っていて欲しい」


成長しました響生・・いろいろ悟り気味です(感涙)。

そしてケイも「オレはあんたと向き合うことをやめたくない」と連城を見捨てず、
「求めるくれる人間の言葉で、魔物も天使になれる。きっと」と彼の作品をいつか演じる意志を見せます。

ケイが榛原を演じても、連城の作品を天に上げる日がくれば2人は最上の関係になれるのか??
連城次第ですが・・頑張って幸せになってもらいたいものです。

さて今回笑えたのが巻末のケイの演目表。

「巌窟王」コスが妙に似合っている榛原が爆笑でした。
背後で焦っているフランツ響生もなんだか似合いすぎで・・面白かったです。

神紋は7/21にドラマCD第3弾が発売予定♪

新渡戸とのバトル中心のようですが、新渡戸CVは三木慎一郎さん。
劇中劇はかなり難しそうですが、三木さんは前回凄く上手かった記憶があるので楽しみです。

そう言えば昨日は友人の結婚式で広尾に行きました。
連城がよく行く(?)商店街を歩き・・神紋ツァーだと一人ほくそえんだのでした~。
[ 2005/06/05 19:57 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(4)

マ王「獅子と狼」 「今日からマ王!(1590)」

本日は久々の コン×ユー萌え!!

2部(オリジナル)に入ってから今一お子様アニメだったマ王ですが、今日はとにかく王道(?)ラブ!

絵もなんだかBLくさく、意外にもアーダルべルトがカッコよかった!
ユーリを見つめる熱~い視線とか、ユーリの頬に触れる指とか・・マジでドキドキでした。

前回に引き続きシマロン軍に追いかけられ逃避行中の彼らですが、ジュリアのペンダントをめぐり別々にショックを受ける二人・・。

アーダルはコンとジュリアの絆に。
ユーリはコンが自分を守ってくれるのはジュリアの生まれ変りだからだということに・・。

結局シマロンに追い詰められ、コンにユーリを託すアーダルですが、これで三角関係は終了??
あの高さから人間を投げないで欲しい(笑)
でもコンの抱きしめゴロゴロキャッチは素敵でした~。

ユーリを救出して安心するコンですが、ユーリは身代わりを気にしてションボリ。
さらにペンダントをアーダルベルトに渡したことも気にしています。

「あの首飾りはコンラッドにとって大切な・・ジュリアさんとの思いでの・・」
「今のオレにとってあれは何の意味もありませんよ」

「あなたを守るのはオレで、形など必要ない」

萌え萌えです~~。いいシーンです~~。
コンにはもう思い出は必要ないってことですね?!
今のユーリがそこに居るだけでイイってことですね!

見詰め合う二人が最高でした~~♪

さて今回の笑いどころはヴォルフラム。
名前入りの首飾りを作ろうと考えたり、極めつけは 「こらー!何を見詰め合っているんだ、お前たち!」嫉妬が可愛かったです(でもね、ユーリはコンのものなの・・)


再放送マ王は「有利と花嫁とグウェンダル」。
前回から引き続き手錠で繋がれたユーリ&グウェン。

教会に逃げ込み「これは弟の婚約者だ」と言い訳をするものの「それは情熱的な・・」とさらに誤解され、ユーリの意味不明な手袋スピーチも爆笑な・・相変わらず駆け落ちものの二人です。

手錠拘束に相当不快そうなグウェンですが、イルカのキーホルダーを拾ったりと優しい面もたっぷりで、とにかく渋い・可愛い。グウェンの魅力が一杯な13話でした。

さて、今回の笑いどころナンバー1はヴォルフラムの 「じゃり語」

これはマ王名台詞に絶対残るものの一つ!

「ぼくも行くじゃり」「ぼくはユーリの婚約者じゃり」

グウェンとユーリが二人で居ることが気に入らず、じゃりじゃり愚痴る彼は最高で、これを「はいはい」と冷静にあしらうコンも素敵でした~(笑)。
[ 2005/06/04 23:45 ] 今日からマ王 | TB(0) | CM(4)

LOVELESS第9話 「アニメ!!(39164)」

第9話は立夏と草灯、ヤマトとコウヤの「想いの強さ」が分かるお話。

ヤマトとコウヤは作られたゼロのため、お互い唯一の存在ではなく、使えなくなれば差し替え可能。

一方立夏と草灯は名が一致しないため、ラブレスの戦闘機が現れれば草灯は捨てられる存在。

ところが2組とも別の戦闘機とサクリファイスを持つことは考えられない執着の強さ。
渚先生やヨウジにバラバラになる可能性を指摘されても抵抗する彼らは切ないです。

立夏と草灯の「そんなのは関係ない!」「関係・・ない」はたとえツガイでなくても存在する強い絆を感じました~。

ところで清明と草灯は一体どういう仲だったのか?

ヨウジたちの話しから,清明・草灯には 最強伝説があったとか・・、草灯は意思を持たない理想的な戦闘機で、清明は草灯をとして扱っていたとか・・いろいろあるようですが、何故かラブラブな関係が見えてこない・・。

清明はどーゆー人間だったのか?今後が楽しみです。

9話ラストは渚先生からの指令で再び戦闘を挑みにくるコウヤたち。
ところがヨウジたちに相手をまかせ、 立夏に甘える草灯・・。

立:「今外に敵が・・」
草:「立夏、好きだよ」いきなり抱きしめっ
立:「それどころじゃねぇだろ!ナツオとヨウジが・・」(もっともです)
草:「関係ない・・他の奴なんて」
立:「いいのかよ、やらせといて」

-おまえとオレを分けるこの皮膚が邪魔だ-
(小西さんの声で聞きたかった~)

で、草ちゃんは立夏を優しくナデナデして、 押し倒して・・ほっぺにキスゥ~~・・何でいきなり欲情をっ??
でもヨウジの悲鳴で中断されるのでした(チッ)。

ラストはヤマト達の挑戦に応じる立夏。
そして「立夏が決めたら従うだけだ」「オレは立夏の戦闘機だから」と脳に響く美声で同意する草灯。

ツガイでないことを強調されたためか「オレは立夏の戦闘機だから」が妙に耳に響いた第9話でした。

さて、今回の予告は律先生の「草灯クン、君は今でも私のものだよ」が最高でした~。
やっぱりそうなんですね・・一度はあなたのものになっていたんですね。
・・耳落としを確信した瞬間でした(笑)。
[ 2005/06/02 22:58 ] LOVELESS | TB(0) | CM(6)

耳をすませばかすかな海(崎谷はるひ著)を・・ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

読みました。
大好きな海シリーズ3作目で、今回は瀬里ちゃん弟が主役(表紙の2人がカッコイイ&女王様~。美しい~~)

この弟の和輝君は2作目の「手をのばせばはるかな海」で兄をやたらと干渉する虐めっ子。

でも 挿絵に出てきた弟は非常にカッコよく・・これは次作の主演だなと確信しておりました~。

ストーリーは・・

極度のブラコン男・和輝がラジオDJショーイ(笙惟)にナンパされ関係を持ってしまい、1年後に偶然再会。忘れられない人だったショーイときちんとした恋人同士になるまでが描かれています。

面白いのはHシーンで、恋愛に臆病なショーイと多少餓鬼っぽい和輝は常にけんか腰。どっちが相手をより感じさせるか勝負しているよーなHです。

でもショーイの 美声攻めはなかなか凄そうで・・流石DJ!
普段声優萌えしている私としてはちょっと和輝が羨ますい~(笑)。

ショーイは表面的には和輝を手玉にとっていますが、辛い過去の経験から冷めたふりをしているだけ。
彼がマイクごしに和輝を誘う場面はなかなかお洒落でツボでした。

和輝は直情型ですが、素直でマジメ。実は東大生で容姿端麗。
これでノンケだったら許せないとこですが、 兄が世界一可愛いと言いきってしまう危ない奴なので可愛い。
ショーイに対しても結局素直で気持ちのいいアタック。大人びていく和輝は見ものでした~。

「耳をすませば・・」にはもう一つお話が入っていて、こちらは大智×瀬里

作者さまも後書きで書いていますが、ものごっついエロになっています(ってゆーかほんとんどそれだけ?/笑)

とにかくある誤解から瀬里ちゃんが可愛そうなことになっていて・・でもラブラブに戻ってよかったです~。

どーもブルーサウンドの人々は誤解で振り回される人が多くて・・1作目の藤木のオチには笑えましたが・・今回も大智にはよく反省してもらいたいもんです(笑)。

さて、1作目の「目を閉じればはるかな海」は10月に CD発売

でも何故か2枚組で4700円・・大好きなおおや先生描き下ろしジャケットだし、SSもあるようなので買いますが・・何故2枚?
角川さんは最近商魂たくましい気がしてなりましぇん(泣)
[ 2005/06/01 23:47 ] 崎谷はるひ | TB(0) | CM(5)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。