BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 2005年05月
-別アーカイブ  [ 2005-05- ] 

<< 前- |  2005-05-  | 翌- >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「さあ恋に落ちたまえ2・3」と 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

「Hybrid child」を聞きました。
お笑い系と切ない系で見事に違う涙を流してしまう内容~。

「さあ恋に落ちたまえ2・3」は原作が先ず大好きで、大和名瀬さんの描く3頭身キャラとギャグ絵の可笑しさは最高です。

お話は可愛いお嬢様をゲットするために分不相応な高校に入った庶民・のぼる(5人兄弟長男)が、お坊ちゃまになりきれず色んな苦労をしてしまい、あげく完璧なお坊ちゃまに惚れられ落とされてしまうストーリー。

結城は礼儀正しく優しくて、勉強もできる素敵な王子様。でも愛するのぼるにはきっちり襲いかかる豹変ぶりが見事です。

この完璧お坊ちゃま君を演じるのは諏訪部順一さん。
気どった甘~い声がピッタリで、歯の浮くような愛の言葉や結城の滑稽さがかなり面白かったです。

ただ最も耳についたのが末っ子の 双子たち。
間宮くるみ・福園美里さんが演じる二人は トークも全て喰いつくす強烈なお声でした~(笑)。

原作でも「双子」はかなり目立つお笑いキャラですが、CDも凄い!
特に間宮さんはハム太郎なのでそのまんまハム太郎・・キンキン可愛かったです。

でもこのお2人は普段どんな自声なのか??トークを聞いても最後まで謎でした(笑)

次男は高城元気さん。三男は皆川純子さん。
高城さん演じる次男はお母さん(?)な包容力がよく出ていて、お陰で次男主役のBLも読んでみたくなりました。

三男の皆川さんはカッコイイの一言。1を聞いた頃は『リョーマ』だと思っていましたが、今は『立夏』だと思うので・・なんだか三男を好きになってしまいそうです・・。

そして主役長男は岸尾大輔さん
岸尾さんのトーク声は意外と低くて驚きましたが・・とにかく文句なしに「のぼる」でした~(でも喘ぎはブリッコな雰囲気/笑)。


「hybrid child」は愛情をかけてやれば成長する人形を中心に3つのお話が入っているCD。

この作品もミスキャストなし。
井上さん(黒田)と諏訪部さん(瀬谷)が逆でもOKだった感じもしますが、基本的には◎!

メインキャストは6人で、上記2人の他に鳥海さん(葉月)、福山さん(小太郎)、宮田さん(ゆず)、緑川さん(月島)。

で、1番気に入ったのは 宮田さんのゆずでした。
最初8歳くらいから始まって最後は18歳くらいでしょうか??とにかく成長していく声の変化が上手い~~!!!ちょっと感激してしまいました。

内容もグッチャグッチャのべッチョべチョとか言うわりに健気でメチャクチャ可愛くて・・宮田さんにしかできないユズでした~。

Hybrid原作はテンションの高いコミカルさと切ないエピソードが交互にやってくるため、可笑しい・哀しいのふり幅が激しい本ですが、黒田が無自覚に月島そっくりの人形を作っているラストはかなり切なくて・・CDも忠実に哀切が再現されているため感動できるものでした。

「Hybrid 」もトーク入りCDでけっこう豪華。
どーでもいいことですが、緑川さんの「緑川光です」という自己紹介の入り方がいつも好き♪
井上さん・緑川さんのおっとり自然にまとめるトークは常にツボな私です~。
スポンサーサイト
[ 2005/05/31 22:37 ] 大和名瀬 | TB(0) | CM(0)

「ぱふ」7月号 「今日はどんな本を買ったの?(12440)」

昨日は「イルプリモ」という中野のイタリア料理屋さんに行きました。
よしなが先生推薦店で2回目の訪問。1年前と変わらずとても美味でしたが、特に好きなのが前菜!
魚貝のバジルソースサラダ・タコのトマト煮込み・モッツァレラチーズの生ハム巻き・・とにかく旨い~~~。

店内はカップルさんも居て静か~な雰囲気。なので、BL話はトーンダウン(笑)。でも楽しかったです♪
ご一緒してくれた皆さん、そしてゆりあんさん、連絡ありがとうございました。


一昨日は子供の運動会でかなり忙しかったです(学年委員のため/疲)。
でも義務が終わって本当にスッキリ。

で、昨日はHPフレンドとお食事会を楽しんだわけですが、今朝起きると声がオカマ声に・・。元々風邪気味だったのが・・しゃべり過ぎ??微妙に体調が悪くなってました。

が、それでもくじけず今日は本屋さんへ。
そしてやっとこさメロディと本日発売の「ぱふ」をゲット~♪

「ぱふ7月号」はよしながさん表紙にヘロヘロにされました!
なんと私の好きな お貴族コスっっ!!あまりの麗しさにもう鼻血・・(流し目がイイのぉ~)。
ああ~こんな人が出てくるBLが読みたーーーい(切望)・・でも無理みたいです(泣)。

この他7月号には小西克幸さんのインタビューもあって二重の喜び!!

ラブレスについてたくさん語っていたので嬉しかったです♪
草灯は凄く気に入っているキャラのようで・・草ちゃん視点で立夏を見ているため1番好きなのは立夏だとか・・。
そ・し・て一番演りたかったのが「ピアス場面」だったとか・・・
な、何故~~?(エロエロ~)
なりきっててステキすぎます、コニタン(笑)。
[ 2005/05/30 19:56 ] よしながふみ | TB(0) | CM(6)

LOVELESS第8話 「アニメ!!(39164)」

立夏は「ななつの月」情報を部屋で整理していますが、草灯は気のない応対・・そればか
りかご主人様の前でタバコを吹かしています。

「これからはオレに隠し事は絶対するな」と命令される草灯ですが、結局疑問には何も答えぬまま立夏を抱きしめます。

「ごまかすな!」と抵抗されても幸せそうな草ちゃん・・タバコの吸殻は何処へ?という疑問を残しつつ『抱きしめっ』には和んでしまいました~♪

さて、前回のヨウジ・ナツオに代わり新たなゼロが登場です(今度はどーやらレズっ子ペア・・)。

女子高生同士のヤマト&コウヤは小学校で出待ちする草灯に戦いを宣言。3人は川べりへ移動します。

ユイコを見かけたコウヤは「あれが青柳立夏の女?」と呟いていますが「あんた妄想しすぎ」とあからさまに嫌な顔をする草灯。
・・「立夏の男はオレだ」とでも思ってるんでしょうか?独占欲が可愛いです。

今回の戦いも草灯は一人。立夏の携帯にも出ようとしません。
ユイコから様子を聞いた立夏は草灯を探し回り、やっと携帯がつながります。

立:「絶対切るなよ!切ったら殺す!」
草:「それは命令?」
立:「そうだ、命令だ。今直ぐお前のところに行く!」
草:「立夏会いたくないよ、見られたくない」

はぁ~エエ声です~・・弱ってる草ちゃんって萌えで萌えで・・
もう日本一包帯の似合う男!

でも必死な立夏も凄く健気でとにかく可愛い!
2人の会話には本当に夢中になれます。

河原でボロボロの草灯をようやく発見した立夏は
「もう一人では戦わないって、俺と約束したんじゃなかったのか?!」
と怒りながらも懸命に草灯を運ぼうとします。
ところが支えきれず倒れこみ・・この瞬間 立夏が下に?!と期待しましたが、膝の上に草灯がのっていただけでした(腐)

ラストで草灯を抱きしめながら・・
「オレじゃダメなのか?清明のように役に立たないから?だから呼ばないのか?」 と呟く立夏はとても切なくて、いつも好意ばかりで裏切られ、肝心のことは秘密にされる彼は可愛そうです。

立夏にカッコ悪い姿を見られたくない草灯はなんだか焦れったい。
清明の命令にそむくほど、もっと立夏を好きになって欲しい・・。そうすれば本物の主従になれるってもんです。

さて、毎回お楽しみの予告は・・
草灯の一人相撲に怒る立夏に「ごめんね」を繰り返す草ちゃん・・。
「オレとお前を分けるこの皮膚が邪魔だ!」と叫ぶ立夏が凛々しかったです。

ところでヤマトたちが乗っていた電車は私が常に使っている田園都市線♪
ドラマの撮影に近所が使われたような嬉しい感覚です。
でも2人の乗っていた「急行」は空いていましたね~。・・実際は小田急線を抜くほどの乗降数だとゆーのに(笑)。


昨日の第8話は野分さんと一緒に見ることができました♪
ファン同士で鑑賞すると2倍楽しいもんですね~。
*野分さん、昨日はお疲れ様でした。そして高耶さん涙ケーキ、ご馳走さまでした~。
[ 2005/05/27 20:34 ] LOVELESS | TB(0) | CM(2)

「ラブレス」ドラマCD1 「アニメ!!(39164)」

聴きました♪
コメディ風でした。

でも最初の音声はなんと ムチ音ーー! (ヒィ~)。
で、当然律先生登場!

「草灯クン、このムチは今も君の肉を、血を求めている」ときたもんだ・・アニメとちゃんと繋がってるんですね~(笑)。

ドラマCD1は草灯が山に珍しい喋を見に行こうと立夏をデートに誘います。

「草灯と山の中で2人・・」と身の危険を感じた立夏はユイコを誘います。
ユイコは先生に電話をかけ、そうこうするうちに集合したのは草灯・立夏・ユイコ・先生・弥生・貴緒。
「立夏、この団体さんは何?」と草灯は不満そうです(笑)。

山に無事着いたものの霧でバラバラとなった6人は貴緒&立夏・ユイコ&弥生・草灯&先生ぺアになって山中で迷ってしまいます。

貴緒&立夏は唯一恋愛感情のないもの同士。
でも貴緒は「立夏って本当に可愛い」「親友のものはオレのもんだ」と問題台詞を・・(共有ですか~?!/腐)。

ユイコ&弥生は弥生さんが2人きりになれたことに舞い上がっている姿が面白く、でも心細くなって結局泣いてしまうのが、とても可愛いです。

草灯&先生は、今回草灯が立夏の目を気にしてイイ子ぶりっ子。意外と上手くやっている様子ですが、実は相当ウザそうで・・でも暴言は無しでした~。

途中何故かカウンセラーの先生に合流したり、草灯はブレスレスに、立夏は律先生に遭遇したりしますが、ラストは平和に温泉シーン。
でも・・
貴緒:「痩せてるわりにここだけは立派じゃん」
弥生:「止めて下さい」

『ここ』とは 尻尾 のことでした~・・が、この瞬間貴緒×弥生もありだな・・と(メガネ×メガネ♪)。

草灯の・・
「もう遅いし泊まっていこうか?」「ねっ、一泊しよう」
は素敵なお誘い♪でも立夏はつれない返事・・。添い寝シーンを聴きたかったです~~。

今回1番崩れていたのは律先生だった気がします。感想トークで子安さんが「ヤレって言われたからです」と言っていましたが、お見事に面白かった!(笑)

「えっ、草灯クンがここに?」と言った時の嬉しいそうな声・・、クマに食いつかれてるシーン・・なんだか妙にツボでふき出しました。

全体的にコメディで、楽しい内容でしたが、次回はもう少し「萌え」もミックスして欲しい。
やはりどんな内容でもチュ~が無いといけません!!


OP・EDCDも聴いたら凄くよくて、歌詞がきれいで切なくて・・で、ミラージュ変換が発病してしまいました(汗)。

なるべくやらないようにと思っているのに~、歌詞がなんかツボで~、直高変換できちゃうんです~・・。
大体OPの題名が「月の呪縛」『月』くればあの男・・
でもってドラマCDの中では

草:「貴緒、オレは犬じゃない」
貴:「でもなりたいんだろ、誰かの犬に」

とか言ってるし~~もうダメ!
一度でいいから草灯に「御意」と言って欲しい(だまれ)。
[ 2005/05/25 22:19 ] LOVELESS | TB(0) | CM(2)

本日のお買い物

25日発売予定の「ラブレス」ドラマCD1を本日ゲット~♪

今日からアニメイトはラブレスフェア。
で、CDの他にもイロイログッズが売られておりました。

中でも面白かったのが刺青シール。喋喋のシールはイイとして草灯の「首ギザギザシール」はちょっと不気味・・実際したら痒い感じかも(笑)

結局グッズは我慢してOP・EDのCDを購入。
ドラマCDと合わせて買ったらしおりが4枚もらえました♪
しおりは草灯・立夏・清明・貴緒・ユイコ・律先生の6種類。

ついでにその他買ったのは雑誌アスカ。
マ王の連載が始まった先月号を実は買いたかったのですが、宣伝が凄かったせいか(地元の駅に大きなマ王ポスター)地元では完売・・手に入りませんでした。

で、仕方なく今日今月号をゲット♪
お話のテンポはやはりアニメの方がイイですが、松本テマリさんのコンラッドはかなり優しそうでウットリ~。

ギュンターもヴォルも麗しいし、グウェンは渋いし・・素敵でした(ってこの方がキャラクター原案者でした・・)。

付録はマ王レターセット!便箋はコン・ユーリ・ヴォルですが裏にするとクマハチがっ!可愛いです~~。

アスカの広告にザ・ビーンズ(6/9発売)が又ドラマCD全プレをするという情報がありました。嬉しいです!!

そー言えばア二のレジに並んでいたら巌窟王のグッズも目に入りました。
・モンテクリスト紋章ブローチ
・伯爵のリングネックレス・・だと。イロイロ出るもんです(感心)。
[ 2005/05/24 23:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

LOVELESS第7話 「アニメ!!(39164)」

今回も草灯に釘刺し・・ではなく釘付けでした~。

第7話はとにかく「痛そう」。先ずは先週のムチ打ちシーンから始まり、ゼロとのバトルは続行。ゼロはラブレスを呼ぶように草灯を脅し、掌を足で踏みつけます。
これに対し「呼んでも届かない。オレたちはまだ繋がっていないから」と答える草灯。

「繋がっていない」とは・・男同士では耳は取れない??いったいナニをどうすれば繋がるのでしょう??教えて欲しいもんです(だまれ)。

ラブレスを呼ばない草灯に攻撃はさらにエスカレート。
ゼロは掌を釘で打ちつけます(ギャ~、恐い~)まるでキリスト・・殉教者のよーな彼・・。

流石に打ち付けられた瞬間は呻き声をあげ「立夏」と名を呼んでいましたが、虐められている草灯は妙~に色っぽくて、血の色もきれいで、声も素敵で・・不謹慎にもなんだか萌え萌えでした~。

そ・し・て、回想シーンで又又律先生登場!チビ草灯のムチ痕をなでながら「戦いには美学が必要だ」「戦いなさい草灯君、そしてどんな時にも勝ちなさい」と調教。鬼畜っぽいです~っ!

この台詞が子安さん声に似合い過ぎで・・・ほんとに誰がキャストを決めたんでしょう?完璧すぎます!(笑)

草灯のピンチに胸騒ぎがした立夏は携帯に電話するものの、捕まらず。結局外に捜しに出ます。
途中河原で会うことができますが・・・

草:「来ないで」
立:「おまえ、又オレに嘘ついてるだろ」
草:「触らないで、立夏が汚れる」
立:「オレ、ずっと心配してたんだぞ」
草:「ごめん」チュッ

この草灯の台詞は書いてみると女言葉。なんか受くさくいっ・・・立夏が男らしく感じます(笑)。

それにしても草灯はイロイロと隠し過ぎ。
結局立夏にはバトルのこともケガのことも言わずに立ち去るため、立夏は冷たくされているような・・不信感が募ります。サクリファイスを大事にしすぎです。

さて、今回も東雲先生には超手厳しい草灯(女嫌い?)。
ゼロとの戦い後寝ている先生に声をかける草灯ですが・・・

先生:「はぁ~、素敵な声・・もう少しこのまま」(←全国コニタンファンの呟き)

この後助けてもらったお礼を言う先生には「いい気になるななよ。何でオレがあんたのために痛い思いをしなきゃならないんだ」・・終いには「オレはたった一人いればいい。只一人に完全な支配を受けること。それがオレの望みです」と言い放ちます。
凄いです、一途です、やっぱり変態かも~。・・でも殺し文句です!!

7話のラストは立夏から「命令 これからはオレに絶対嘘はつかないこと・・・」という「調教メール」が届きます。

一昔前のアニメでは考えられない調教技ですが・・草灯の台詞を借りれば「やるな立夏」でした~。
[ 2005/05/23 23:02 ] LOVELESS | TB(0) | CM(0)

マ王「いのちの証」 「今日からマ王!(1590)」

「いのちの証」はマ王三兄弟のチビ時代が満載。もう可愛いやら、凛々しいやら・・(悶)。

先ずは14,5才と思われるグウェンダル登場(少年でも声は大塚さんだぁ~~/驚)。
既にこの頃から眉間に皺が刻まれていますが、コンラッド父(ダンヒーリー)に反発し「稽古をつけてやる・・だと」と益々険しい表情。

結局剣の勝負に負け、編みぐるみ制作でストレスを解消しているグウェンですが、アニシナに「編み目の乱れは心の乱れ」と邪魔をされてしまいます(笑)。

ところで彼の編み物歴は何十年になるのか・・これまでにできた作品は一体何百体になるのか?・・ぬいぐるみショップを密かに経営しているかもしれません。

さて、場面が変わると今度は20歳くらいのグウェンダル登場。チビヴォルフラムも出てきます(ラブリー)。
久しぶりに城にやって来たダンヒーリーは「随分とたくましくなったな」とグウェンに触れようとしますが「人間が触れるな。汚れる」と手を払いのけ・・・この瞬間パパ×グウェンとホモ脳が発動!・・萌えてしまいました~(笑)。

ダンヒーリーはグウェン一人を連れて人間と魔族が生活する村に向かいます。
旅の途中、魚を手づかみにしたり(熊男?)火を起したりとアウトドア系ワイルドパパにはビックリでしたが、最もドビックリしたのは彼が皺皺のおじいちゃんになる瞬間・・。

人間と魔族の寿命の違いは切なくて、「おいていかれるのが辛いから、魔族は人間を疎ましく思うのかもしれないわね」というツェリの言葉が身にしみました。

グウェンダルは「人間」と拘りつつもダンヒーリーに実は魅かれていた訳で、だから彼が老いていくことを受け入れられなかった・・.
「私の中で誰よりも大きな存在」と回想するラストには物悲しい感動がありました。


さて、水曜の教育マ王は拉致られユーリのその後。

シュトッフェルに閉じ込められた部屋でスプーン脱獄を図ろうとしていますが(なんて古典的な・・)メイドコスのヨザックが救出にやってきます。
この人はやっぱり女装が趣味なんでしょうね~。兵士に化ければイイものを好んで目立つ格好を・・。ユーリにもメイドコスをさせて「ま~~可愛い~」とご満悦でしたし(笑)。

無事脱走しコンとヴォルと合流するユーリですが、何故かヴォルフラムと馬に相乗り。
ヴォルも「ケガはないか?」と優しく抱き寄せてるし・・ユーリはコンのものなのに~とぼやきつつも、「分かりました。その代わり今度はオレに守らせて下さい」と見つめ合うコン&ユーで浮上~。
その後マ王からユーリに戻る瞬間、支えたのはコンラッドだっため満足したのでした(笑)

ユーリの「まとめて成敗」ポーズはなんだか仮面ライダーの変身ぽい・・(笑)
[ 2005/05/22 20:48 ] 今日からマ王 | TB(0) | CM(2)

「純真にもほどがある!」を・・ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

やっと読めました(崎谷はるひ著/ビブロス)。
昨日地元の本屋さんで探したところパッと見つからず・・。
地元ゆえ、BL棚前に長くたたずめず断念。本日電車で5駅先の本屋さんで無事発見~・・でも3軒目でした。

崎谷さんは私的に相性がイイようで、文章が頭に入りやすくて大好き!
でもルチル文庫で買った「いつでも瞳の中にいる」(分厚い!)は何故か読みにくく・・気がつけば昔の作品の文庫化でした。
初期作品と最近の作品では明らか文体が違って、最近のものはくどい心理描写に説得力があってイイです~(でもHが長いのは同じだった/笑)。

今回の「純真・・」はショップを共同経営している男2人が親友から恋人になる過程が描かれているお話。
下僕体質でダメダメな茅野とお澄ましタイプの瀬戸が可愛く、全体的にコメディ風です。

挿絵は大好きな山田ユギさん♪
ユギさん漫画の雰囲気を意識して書いたようなキャラ回し・・と思っていたら後書きに「憧れの山田先生カットということで執筆前からイメージが固まって・・」とありました。

先日読んだ高岡さんの「あなたと恋に落ちたい」もユギさんの雰囲気濃厚~。この作品もカットが予告されていたのかもしれません。

BL小説は挿絵で読む気になったりならなかったりする私ですが、実は小説家さんにも多大な影響を与えていたんですね~。
なので出版社側の人選は重要です!
以前読んだ「インクルージョン」は主役がミッフィーちゃんと呼ばれていたのにカットは新田さんで・・『濃すぎる』と心底思ったもんです(笑)。

「純真にも・・」は20年も友達付き合いしたあげく「恋」という鈍い2人のお話ですが、Hしてからゴールインまでかなりグルグルしてしまい・・一度瀬戸が攻になってみろ!と何度も思ってしまいました~。

作中紅一点のアツミさんは「海シリーズ」の真雪同様スコーンとした面白い女性キャラ。女の人が魅力的なのもユギ作品と共通でした。

今後は作中に出てきた由岐也とお医者の話も書いて欲しいです。
[ 2005/05/21 22:03 ] 崎谷はるひ | TB(0) | CM(0)

朝、はなまるを・・

見ていたら「ふじょし洋品店」というコーナーがっ。「へっ?」とテレビに目を向けると当然違いました・・。
新宿のお洋服の話題~。本物なら「腐女子要品店」で場所は池袋ってとこですかね~?

今週は懇談会が2回、授業参観も2回。ラブレス萌えもしてたので忙しかったです(バカ)。
で、明日はもう土曜日「マ王」の日♪
思えば先週の感想を呟いていませんでした~。
そんなわけで先ずは「コンラッドの帰還」。

ベットで目覚めたユーリは直ぐに「コンラッドは?」「コンラッドはどこにいるの?」と安否を気遣います。おそらく4回はこの台詞を言った模様・・可愛いです
ところが、鍵である自分は危険人物と考えるコンはユーリの心配をよそに姿をくらまそうとします。が、「いつも側に居てくれるって言ったのはコンラッドじゃないか」「俺はコンラッドが居てくれた方がいい」「俺の側にいろよ!」とユーリに愛を叫ばれ逃亡を断念・・。
これだけ萌え台詞を吐かれてはもう側にいるしかないでしょう!地球に戻される前に見つめあう2人がよかったです
今回はコンパパも回想シーンで登場。無精ヒゲの渋いオジサマで素敵でした

ところで・・
何でもかんでも眞王の意思で片付けてしまう「今日からマ王」って・・、眞王って何者~~?随分勝手な神様(?)です。

水曜深夜のマ王は第6話。魔剣モルギフを取りに行くお話し。
結局洞窟温泉みたいな所にあるモルギフはマ王にしか取れない代物。しかも全裸で温泉に潜らないと大火傷。で、仕方なく・・

コン:「陛下服を脱いで下さい」
ユーリ:「全部?」
コン:「全部です」

というあやしげな会話が展開します。
そしてモルギフに噛み付かれたユーリは思わず逃げ腰になり断念。気弱なマ王に嫌味たっぷりのヨザックですが、コンは「わかったユーリ、無理ならいい」と優しく受け入れます。こーゆーところがメチャ包容力があってイイ~。ユーリを甘やかすコンは最高です~

今回笑えたのは、拗ねたヴォルフラムのクローゼット篭り。ヴォルの美貌にキラキラする入院患者、モルギフのマヌケ面、そしてネコに胸キュンのグウェンダルでした~(小さいもの好きめっ)。
[ 2005/05/21 00:03 ] 今日からマ王 | TB(0) | CM(0)

朝からコニタン

マ王第42話を見ました。

今日はユーリが実家に帰ったお話で、お兄ちゃんの勝利が初登場。で、なんとこの兄が小西さんだったんですっっ!朝の9時から狂喜乱舞でした~~。
しかも又メガネキャラで男前。中身は弟激ラブのような人で、これ又素敵
でも来週からはどうでしょう??実家の話はほとんど無いので今日だけかも・・。新OPには顔が出てくるのでなんとか度々出演を熱望~。

さて実家で鬱陶しいほど家族にかまわれるユーリですが、心はマ国の方を向いていて、今日はなんと小さな水溜りから異世界へ。そこで待っていたのはヴォルフラムとギュンター。
ギュンは頬をポッとそめてユーリをお出迎え(笑)。で、1番迎えて欲しい人はもったいつけて登場です。
いつもの服に身を包んだコンラッドを見てユーリーの表情がパァ~としたのがなんとも可愛かった!!そのままいっきに熱い抱擁をかまして欲しかったですが・・ダメでした~。

ムラケンの意味深な言葉を残しつつ来週へ続くですが、コンとはもう離れて欲しくないもんです。
*ユーリが赤ちゃんの番外編も見てみたい!!

今日は子供のお供で近所の「電車とバスの博物館」へ。小2の女子なのに何で電車??と思いつつ行きました。が、電車の運転シミュレーションなどもできてけっこう面白かったです。
でもよしながさんの新刊がゲットできなかった~
[ 2005/05/21 00:01 ] 今日からマ王 | TB(0) | CM(2)

奈良・京都に

野分さんと行ってきました。言わずと知れたミラージュ旅です。

奈良は信貴山神社&東大寺♪
信貴山神社の本尊は当然(?)毘沙門天です。寅年に降臨したので巨大な寅の張子が向かえてくれます。本堂は清水の舞台のような造りでかなり絶景。でも1番面白かったのが戒壇巡りでした。本堂の真っ暗な地下を壁に沿ってグルリと歩き、終点の鍵に触って仏様と結縁します(結縁だって/キャッ)。目をいくら開いても何も見えない暗闇はミステリアスな体験でした~。

お次は千秋となぎがお参りし、直高が佐々成正とバトルした空鉢さんへ。ここは沢山のミニ鳥居をくぐって頂上に進みます。が、はっきり言って登山でした。すれ違う人は山の挨拶で「こんにちは~」とか言ってましたし・・。ゼイゼイ言ってるところへみさおさんから春コミに並んでいるという元気メールが(笑)。で、頂上に辿り着くとこれまた超絶景でした~。

お土産はミニ寅のお守りと剣の護法童子絵葉書。販売所には何故か阪神タイガースお守りもあって、流石は寅がメインの神社でした(笑)。

東大寺は直江の独白場である三月堂と二月堂巡り♪
三月堂は16体の仏像がぎっしり入っているお堂で、美奈子の面影という日光・月光菩薩を「なるほど~」と拝み、二月堂に上がって奈良の景色を見つつ「この空は・・」と反芻しました。でも夕焼けはなく、ミラジェンヌも発見できず・・が、鹿にだけはやたらと出会いました(笑)。

お次は同じ敷地内にある戒壇院へ。ここは連城がお気に入りの広目天が目あて。でも中学生で激しく仏像にハマルあなたって・・流石只者ではありません(笑)

夜は夜叉衆宿泊ホテルにお泊り~♪(残念ながら2階)
「私を拒まないで・・」ごっこをするのを忘れましが、最上階のレストランでご飯を食べました~(ちい様、直高お食事所)。

そー言えば食前にホテル近くのアニメイトにもしっかり行った私達・・。地元でゲットできなかった「エゴイスト」(ウ~ン直江の香り)続編を買ってご機嫌になりました♪

奈良は風も無く天気良好~。コインロッカーの鍵を抜き忘れるという呆けをやらかしましたが、荷物は無事で結果オーライ(ハハ)。

本日は1日雨でした。なので京都に戻り四条大橋にたたずんだ後都路里でパフェを食べ(これはミラと無関係)、その後バトル現場の円山公園へ。お次は大人の本気ホテルへGO!DVDまんまのロビーに感激し、地下駐車場の存在を確認。でも地下Pはエレベーターとは直結してませんでした・・。で、地下をうろつくうちにB1のレストラン階に「グルマン橘」という仏料理店を発見したのでした~(笑)。
[ 2005/05/20 23:58 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(0)

LOVELESS第2話

第2話も期待どーり小西さん(草灯)にメロメロにされました~。
「好きだよ立夏」と彼は何回言ったことでしょう・・(おそらく5回)・・もはや「おはよう」とか「元気?」と挨拶する気軽さで「好きだ・好きだ」とまくしたてています。ボインで長身のユイコも積極的で、立夏の回りは強引な人だらけ(笑)
草灯はこれ以外にも「会いたかった」「寒くない?」と優しい言葉をたくさん立夏にあびせていますが、いきなり立夏の部屋の窓から侵入する「来ちゃったはちょっと笑えました~。そこは2階では?と思わず突っ込み・・(昔のギャグにもあったです・・「三ちゃん、来ちゃった」)。

そしてブレスレスとの戦闘シーンが凄かった!
「とても痛くて苦しいけど立夏は耐えられる?」(ナニに?)
「平気だ」と立夏が答えれば、立夏の首にはまっている首輪をグゥ~っと引っ張ってキス~。首輪を引いた時点で既に萌えゲージMAXだった私はキスで鼻血っ(アホ)。
ブレスレスの2人もこれにはビックリ~、立夏も腰砕け~。結局混乱したブレスレスは攻撃が乱れ、草灯達はキス技で勝ってしまったのでした~。
「愛というスペルの本当の意味は分かるまい」(キャ~・キャ~)。

この戦いのやりとりで分かったのが耳つきは子供というよりHをしてない人のようですね・・。つくづく思わせぶりな台詞が多いアニメです・・。

2話は草灯が兄の遺言に従って立夏を守り、そして愛を囁いている事実が立夏に分かってしまいます。自分を好きなわけじゃないと拗ねる立夏はとても可愛くて、ちょっと可愛そうでした~。

このアニメは「萌え」だけでなくとにかく絵がきれいで安定しています。丁寧でレベルが高い。キャラの洋服もこまめにお着替えさせるし・・アニメとしては珍しいです(戦闘シーンの草灯なんて腹出しコスっ!)このまま力つきず最終話まで行って欲しいものです。

さて、次回予告も萌え萌えでした~。ラストの台詞は小西さんボイスで「調教開始だ」(げ、幻聴?・・とにかく予告まで美味しい)。
[ 2005/05/20 20:42 ] LOVELESS | TB(0) | CM(0)

LOVELESS第1話

ラブレスは正直全然内容を知らず小西克幸さんにつられて見たのですが・・、予想外に濃かったです!!これってBL??
ストーリーが意味不明なわりにハマッテしまいました~。

コニタンCVのソウビ(草灯)はロングコートメガネ長髪・・フェチにはたまんない外見で、この人は主役の立夏(6年生)の戦闘機(下僕?)らしい・・。草灯はいきなり少年の前に現れ「何もしないよ」と言いつつ唇と手にキスゥ~(嘘ツキ)。で、立夏がもう少し大人になったらオトスんだそーです。

そ・し・て、後半は愛の言葉の連発式!「好きだよ」の後に「俺が守る、何でもしてあげる、体も心も魂も全部あげるよ」ですよぉ~・・何なの?この男・・言われた立夏君は赤面していましたが、周囲に心を閉ざしている少年のわりにまんざらでもない様子。ラストは姫抱きで「可愛いね、好きだよ」・・抵抗する立夏に「もう少しだけ抱かせて」ときたもんだっ!(ショタもの?)

とにかく数々の萌え台詞をコニタンが優すぃ~ボイスで吐きまくるので、内容???なわりにヘロヘロにされましたっ。
LOVELESSは立夏を敵(?)から守るため呪文(スペル)で戦うバトルもののようですが、何故子供には耳や尻尾があるのか、何故兄は殺されたのか?謎だらけです・・。

先日アニメフェアでもらった新聞で「これを地上波の深夜にやるのが凄い!」と小西さんが言っていたので今後は益々○○なのか??子供と見なくてよかったです(ヤレヤレ)。
[ 2005/05/20 09:49 ] LOVELESS | TB(0) | CM(0)

LOVELESS第3話

草灯:「そう、そこ、いいよ」
立夏:「ここ?」
草灯:「して」
立夏:「どうだよ、痛い?」
草灯:「平気、続けて」
立夏:「いくよ」
立夏:「・・痛む?」
草灯:「少しジーンとして・・うれしい」

↑台詞だけ書くとなんて卑猥なのぉ~。こ、これは小西さん「初受け」
~~?!
・・ではなく、実は立夏にピアスの穴をあけさせている草灯でしたっ。
でも立夏は頬を染めながらやってるし、草灯は立夏を抱っこしてるし~~。
・・このシーンで小西さんは「受」も有りだと確信しました(笑)。

今回は(いや今回も)とにかく危険な台詞の大安売り!!
一番驚いたのは草灯の「貫通させて」。いきなり立夏の部屋に忍んできてこの台詞です!!とにかく主語と説明が足りないのよ、この男~っ。
とうとう耳を奪いに??と思わず考えてしまいましたが、ピアスの穴あけとは・・ヤレヤレでした~。

第3話はアヤシイ台詞の他に新たな脇キャラも登場。クラスメート
でユイコを好きな弥生。草灯の友人の貴緒。
弥生CVは福山潤さん♪かなり高い声で・・この人が立夏でもよかった気がしますが・・それはBLCDを聞いたことがある腐女子の発想ですね・・。
貴緒は「そんなに虐められたいならオレがメチャクチャにしてやるよ」と意味深な台詞を叫んでいましたが・・草灯に気があるようです。

友人の出現で草灯が美大生だったということが判明し、ちょっと驚きでした。ちゃんと社会生活をしている人間だったんですね~(変態マシーンではなかった)。
それと料理ができちゃうことにもビックリ!「鶏そぼろとごぼうのパスタ」を人の家で作る男って素敵です(今度私も挑戦します)。
が、感心したのも束の間、パスタを食べるだけなのにエロエロで・・

草灯:「だから舌を使って時には噛んだり噛まれたり・・」(立夏の耳元で囁いてます)
立夏:「何の話だよ!誰が舌なんか噛むかよ、気持ち悪い」
草灯:「気持ちいいかも・・」

どーして普通に「よく噛んで食べなさい」とか言えないわけ?(笑)。
この他、アイアイ傘も萌えだったし、携帯押し付けも凄かったし・・。
「主人は立夏、オレは奉仕するもの。だから繋がれにきた」→携帯プレゼントするだけでこれで・・一々大変です(笑)。

第3話は愛されることに臆病な立夏がとてもいじらしくて、「一週間もほっときやがって」や、嫌がる素振りを見せながらもらった携帯を触っていたりとか・・とにかく可愛かったです。
ラストで草灯を受け入れ、手を繋ぐシーンにはホンワカさせられました
[ 2005/05/20 00:01 ] LOVELESS | TB(0) | CM(0)

「背中合わせのくちづけ」の

3巻が出たので買いました(真瀬もと著)。
麻々原絵里依さんの表紙に魅かれて読んだ筈がハマってしまい(2巻カバーは神父コス)3巻も購入。

舞台は1920年代のシカゴでギャング絡みのアンタッチャブル・・。
ぬいぐるみ職人×殺し屋と元医者の司法捜査官×神父という2組が主役で、妙な職業の掛け合わせ(笑)。

銃撃戦あり、強姦あり、監禁ありで、捜査官のウィリアムは独占欲のかたまりで、神父様を転びバテレンにしてしまうし・・けっこう激しい内容なのですが、その割りに後味がよく心がホンワカ洗われる物語でした(いや本当に)。

真瀬さんは心理描写が丁寧でキャラが背負っているものをきちんと描くので、激しい内容でも軽くならず、H描写も露骨でないため品よく仕上がっています。

特に殺し屋のショーンは無垢でものスッゴク可愛らしく、彼の更生していく姿は胸キュンもの~、私的にはアロン(縫いぐるみ屋)×ショーンでもう1冊書いて欲しいところです。
[ 2005/05/19 23:56 ] その他のBL小説 | TB(0) | CM(0)

LOVELESS第4話

本日冒頭の草灯はポニーテールで登場。優しいお姉さんみたいですが、立夏の問いには頑として答えません。それでも立夏に試されて、イリオモテ山猫を探す旅に出る様子・・。
出かける前の貴緒との会話が光っていました。


貴:「今夜、ほんとにイイんだな?」(ナニが?)
草:「イイよ」(だからナニが?)
貴:「ベットは1つしかねえよな」(ま、まさか同衾)
草:「ああ、使っていいよ。俺は出かけるから」

・・一人草灯の部屋に取り残されるキオ君でした~(笑)

この場面でしている草灯のピアスは喋喋でしょうか?お着替えがマメでおしゃれなアニメです(感心)

今回1番面白かったのは立夏の担任に対する草灯の冷たい態度。
家庭訪問に来た先生と立夏の家の前で鉢合わせする草灯ですが、先生をチラッと見た時の冷たい眼差しったら!

で、草灯の容姿にドキドキしている先生にズバリ言ってのけます。「オレ年上ダメなんですよ」「好きになられたら鬱陶しいから・・」←告白されたわけでもないのに酷~い!こんな男が身近にいたら首絞めものですが、本当に立夏オンリー、立夏一筋、立夏以外どーでもいいことがよ~く現れていて素敵でした~~。

草灯の態度に怒っている立夏ですが、内心はきっと嬉しい筈!しかも自分の無理なお願いを聞き入れ、イリオモテ山猫の写真を撮ってきてくれたわけで・・、携帯に出れなかった訳も納得・・。只、先生への暴言を怒る立夏に「怒った?じゃあ体罰を、体罰を与えて」・・ってギャー、ボタンをはずすな~・・やっぱり変態マシーンです(笑)。
そして第4話も殺し文句で幕を閉じるのでした~。

草:「オレの命は立夏のものだ。立夏のためならいつでも死ぬ」
立:「死ぬなんて簡単に言うな」
草:「でも本当だから」(エエ声です~/悶)

今回ブレスレスと立夏が飲んでいた「マンゴー抹茶フラペチーノのキャラメルフレーバー入り」ってどんな味??不気味(笑)。
この時立夏がブレスレスに発した「別れるとかそういう問題はオレと草灯が決めることだ!」は可愛かったです(もう草灯の虜ね・・フフ腐)

さて毎回お楽しみ(?)の予告っ!本日は・・
立:「草灯!とってこい!」
草:「イエス、マスター」(犬?)
そしてラストで・・
草:「オレと立夏の間でこの世のルールは消滅した」→何でもありってことですね(期待♪)

今日はドラマCD全サのためにゼロサムをはじめて買いました。非常識な分厚さでしたが、表紙も裏表紙もラブレスで、アフレコレポや小西さん&皆川さんのインタビューもあって大満足。
コニタンは役になりきってるようで、最近立夏が可愛くて苛めると楽しいとか・・(危ない/笑)。
アフレコレポで紹介されていた声優さんおふざけは・・
「草灯、とってこい」→「草灯、買ってこい」
「イエス、マスター」→「ヤキソバパンでいいんですよね」というもので・・爆笑しました。
全プレの他に以前のCDも抽選で当たるようで・・応募しようと思います!!
[ 2005/05/19 23:55 ] LOVELESS | TB(0) | CM(0)

炎の蜃気楼メモリアル

を読みました。1年ぶりの新刊です!最終巻に打ちのめされたのは最近のよーな気がしてましたが、アッという間に12カ月たってしまいました。
40巻を読んだ直後は何をしてても涙、涙で・・、架空の世界にこれだけ浸れる自分はバカだな~と思ったり、まだまだ若いな~と自惚れたりイロイロしましたが、1年たってもやっぱりミラージュは私にとって1番です

さて、新刊には一体何が?と思っていたら、なんと12、3年前の「同人誌」でした!!
アレが文庫化する日が来ようとは予想外でしたが、まとめて読むと秀作ばかり。
桑原さんご本人も前書きで書いていますが「本編の様々なモチーフの凝縮」でした。

同人誌だけにスーパーエロで時間もメチャクチャですがとにかくミラの本性ここに有り!という感じで面白いです。
初めてこれを読んだ時はギャーと驚いたもんですが(ミラがお初BLだったため)昨日改めて読んだらへっちゃらでした(腐)。
この作品は約12年前のコバルトでは掲載できなかったそうで、でも今はできるということは商業誌が何でもありになったわけで、ここ3年間で12年分のHの進化を読んでしまった私は自分で自分を誉めてやりたい(バカ)・・でもこれでイイのか日本!という気もします(笑)

メモリアルは全体的に直江が回って回って回って回っているため全作好きですが(ハハ)、特にツボなのは「Decadent Eve」「Northern Cross」「 聖痕」でした。

「Decadent Eve」はよくぞこれだけ独白できるという直江の呟きが笑えますが(性格破綻者になれるほど弱くもないし強くもない・・云々)留置所で見た幻が直江だったと思い出す高耶とラストの髪ナデナデが妙に好きです。

「Northern Cross」は「オルフェウスの失敗はしないから。俺だったら振り向くよりも早く抱きしめるから」がツボで、直江の強引さと力強さが好きです~。

「聖痕」は驚きのエロで鬼畜なんですが、これが後書きの後ろに何故配置されているのか再読したらよく分かりました。最終ページの「苦痛も空虚も・・」から最後の一行は最終巻にしっかり繋がって・・久しぶりに涙が出ました。

その他新たに加えられた「ミラージュ紀行思い出編」や「あの人の秘密」コーナーも面白く、特に高坂→直江が爆笑~。

あと懸賞CDのストリームが是非聞いてみたい!!四万十は聞いたことがあるのですが、ストリームは未だで・・。ときテレやオマケCDなど全部集めて1枚にして欲しいです!!
これを読んで驚いたのは一蔵が宮田幸季さんだったということ!卯太郎じゃなくて一蔵~~??で、以前友人からもらったときテレの高耶官能写真集を聞いたら・・確かにそうでした(笑)。
[ 2005/05/19 23:50 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(0)

マ王8話&44話

8話はひたすらヴォルフラムの「独占欲」でした。
巫女のウルリーケがユーリに触れようとすれば即阻止!馬の相乗りに失敗すれば内心がっかりで、「まったく誰にでも愛想のいい奴め」と不機嫌になりながら極めつけはラスト。ベットのふくらみを恐々めくるユーリが見たものは・・ピンクのネグリジェのヴォルフラム!!(爆笑~)前回の裸よりマシなのか・・とにかくご寵愛度をメモるメイド3人組(多分腐女子)と喜んでしまう展開でした~。

とにかくユーリはモテモテで、移動で池に落ちればコンラッドが手を引いて引き上げ、ギュンターは嬉しそうにタオルで包み、さらにユーリが馬に「アオ」と名付ければ「陛下に名付けていただけるなら私も馬になりたい」と頬を染める始末(乙女~)。
ヴォルは敵だらけで気の毒ですが、本命はコンラッドなので(思い込み)諦めてもらうしかありません。

今回はツェリ様の兄と三兄弟の確執が少々浮き彫りになり、兄の放った忍者(?)がユーリの城にやってきた様子。警護にあたるグウェンダルとコンラッドがカッコイイです。
「マ王陛下が来た途端これだ」とぼやくグウェンに「それは陛下のせいじゃないと思うけど」と答えるコン。このコンラッドの(森川さんの)「○○だと思うけど」というトーンが激しくツボな私は今回も満足なマ王でした~。
さて、BSマ王は・・
コンラッドが帰還して以来完全にオリジナルストーリー・・なんだか平和すぎる毎日ですが、44話は魔法で子供にされたギュンターが見ものでした。「ギュンギュンも遊んで~」の井上さんには耳を疑いましたが・・爆笑~。
でも箱はどうなったんでしょう??来週も平和そうなお話しで・・どうせならコンとユーリの話を作って欲しいものです(熱望)。

[ 2005/05/18 21:47 ] 今日からマ王 | TB(0) | CM(0)

純情ロマンチカ5と・・

崎谷はるひさんの「ハチミツ浸透圧」を買いました。
「純情・・」は宮城教授のテロリストメインでしたが、相変わらず激しいテンションで面白かったです。春菊さんは絵に勢いがあって、特にギャグ絵の崩れ方が爆笑~。「ちょっと落ち着きなさい」と言いたくなりますが、健気で可愛い人だらけ・・とにかく楽しいです。
ウサギ兄から花をもらった美咲君と宮城にお持ち帰りされた忍の今後が早く読みたいですが、一番好きなのはやっぱり野分腰が低~いくせにヤルときはヤル彼は素敵です(笑)

「ハチミツ・・」は珍しく10代×10代。崎谷さんの高校生同士ははじめて読みました。
もともと可愛く謙虚な人を書くのが巧い作家さんなので、高校生ものも違和感なし。若さゆえの不器用さと初々しさがよかったです♪
崎谷本は5・6・7月とルビーから1冊ずつ出版され、全部買うと全プレが申し込めるようです。切なく甘甘なはるひ節が大好きな私は頑張って揃えたいと思います!

小説に付いていた広告にグレイゾーンシリーズの新刊広告がありました。「ターニングポイント」という題で、5月末の発売♪あらすじはアグリ&譲がメインぽいですが・・由利さん達のその後は???気になります。・・でも高価です(泣)。
[ 2005/05/18 21:46 ] その他のBL漫画 | TB(0) | CM(0)

LOVELESS第5話

今回1番オオッと思ったのはバスの行き先表示。「二子玉川」は子供の頃から利用している駅なのでビックリでした(ウチから電車で約10分)。走っている道路も到着する駅も、玉川高島屋へ向かう交差点も全部知っている場所!なのでバトル現場は多摩川の川べりで、走ってるバスはと東急バスってことで・・・草灯たちはわりとご近所に住んでいたんですね~。この分だと草ちゃん達の大学は多摩美かもしれません(笑)。

第5話は新たな敵、金華と銀華とのバトル中心でしたが、なんだか西遊記を思いだす名前(金角・銀角)。で、この金・銀ちゃんたちと戦闘を開始する草灯ですが、先ずは「ヘェ、じゃあ顔だけはよけてあげる」と言いつつ首の包帯をほどく姿に萌え~。そして立夏からパワーをもらうために又又キスゥ~~~。
ところが金華たちに先生のことを持ち出されると珍しく動揺したのか草灯は首輪で拘束され血を流します。
「がんばれ草灯」
「イエス、マスター」
草灯の首に自分からキスをして励ます立夏は健気で、初めて協力しあう二人・・。

スペルをイイ声で発しまくる草灯は死にそうにカッコよかった!
グッタリしつつも「全然力が入らない。拘束のせい?それとも草灯のせい?」「きっと草灯の声のせいだ」という立夏の独白に、「その通りです!声のせいですっ!!」と大きく頷きました。

金華たちを倒したあと・・
「立夏が望むようにすればいい」と言った草灯の顔と声にはヘロヘロにされましたが、「オレを好きに使えばいい、立夏はオレの法律だから」と言った草灯の後ろ姿はなんだか寂しげで・・。立夏もこの言葉には「それだけ?命令される側と命令する側。それだけなのかオレたち?」と言っています。草灯の本心もやはり「それだけ」では嫌なようで・・・、ラストの携帯メールのやり取りはジーンとさせられました。
「立夏 キスして」
「さっさと寝ろ ちゅっ」
それにしても6年生にキスしてメール送る男って・・やっぱりキオの言うとおり「変態、ロリコン」かも~(笑)。
次回は眠れぬ立夏のために草灯の添い寝を希望です。

さて、今回か~な~り気になったのは先生と草灯の関係。草灯が「あの人」と呼ぶ先生とは一体・・??(先生声は子安さんだし・・この場合草灯受??)
それと次回予告。脱いでるのは誰??清明?で、なんかいけない事をされてるよーな・・・しかも後ろから・・?(←だまれ)

Posted at 23:53 | アニメ |
[ 2005/05/18 21:44 ] LOVELESS | TB(0) | CM(0)

5/3のスパコミで・・

よしながさん(スラダン再録)、剛さん(タイムリミット)、高岡さん(いつかじゃない明日のために)同人誌を買ってきてもらいました。ゆりあんさん、ぴあのさん、りおさんありがとうございました~
スラダンは既読のものばかりでしたが、表紙が描き下ろしだったためウットリで・・もう言うことありません

タイムリミットシリーズはいつも発情している若社長・潤一郎(受)が大笑いな小説ですが、同人誌はバカバカしさがさらにパワーアップ。Tバックパーティに招待される北条商事社員のお話。
スパンコールのTバックにウキウキの潤一郎と馬柄Tに抵抗してふんどしを巻く葛西が対照的で爆笑・・・このアホくささはちょっと九州さん漫画に通じるものがありました(笑)。
主催者の大物俳優をおねえ様と見抜き、軽くあしらう潤ちゃんはとってもナイスで「攻めもいけるんじゃないか」と葛西を心配させる若社長は珍しくカッコよかったです(笑)

「いつか・・」は相変わらずの甘甘ぶり
後書きに高岡さんがCDの声を指名したということが書いてあり・・・イイ耳をしていらっしゃる!!と感謝しました。
「いつか・・」CDは小西さん×福山さん。渋くて優しい声の小西さんは最高で大好き~。お陰で原作も大好き~。
そー言えばこのお話のコニタンは小学生にムラムラする男だった・・・・草灯じゃん・・(笑)。
タイムリミットも最初の出会いは潤ちゃんが中学生、葛西は社会人・・・いけない大人が多いでしゅ。

同人誌をもらった4日は・・
友人達とよしながさんお薦め店でオフ会
2次会は危ない可笑しな話の連続で泣くほど笑いました~。
野分さんと直江バースデーを祝えたのも嬉しくて・・、2人とも黒い服を着ていたので調度よかったです思わず合掌(?)して食べたケーキは意外と美味で・・とっても楽しい一夜でした。
ご一緒してくださった皆さんありがとうございました~。
[ 2005/05/18 21:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

新撰組ゲームの・・

「恋華の宴」のイベントチケットをアニメイトへ買いに行きました。出演声優さんが豪華なためか開店1時間前に渋谷にたどり着いても既に長蛇の列(甘かった)。でも100人は居ない模様・・。待つこと30分で整理券が配られましたが、私の5人前でなくなりました~
で、池袋で並んでいるりおさん、けいさんと連絡を取ったところ2人はゲットできたとか・・。直ぐに池袋に向かうと、なんと2人は最後尾に!!最後の4枚を確保したそうで・・ギリギリの勝負だったわけで・・とにかく早くから並んでくれたけいさんに感謝、感謝でした~。
でも本当は6枚欲しかったので、私としては達成感が今ひとつ無くて・・朝旦那さえ起きてこなけりゃ15分早く出れたのに・・悔しィィ~~

このイベントは小西さん目あてです生コニタンに会える7月が待ち遠しい♪
並んでる時は寒かったですが、りおさん・けいさんとおしゃべりできて楽しかったです。

そー言えば、今日りおさんにお借りした前田栄さんの同人誌はサークル名が「WINDOM」だった(直江の車~/笑)。流石ミラ同人出身者! 
[ 2005/05/18 21:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

直江バースデー便の・・

SSをしおりママさんから送ってもらいました。
今回は邂逅編の直江と景虎さまで、凄く、スゴ~クよかったんですっっ!
夜桜を眺める2人が美しく、会話にいろんな含みと色気が漂います。
ラストの景虎の台詞「そろそろ正体をあわらせ、直江信綱」はゾクッとくる一言でした。これを関さんボイスで聞いたらどんなに素敵か・・。

桑原さんのSSは常にカッコよくて感動できるので、ワインのおまけではもったいなくて・・・いつか1冊にまとまったらと願うばかりです。
お酒は一滴もダメですが、これのためにクリスマス便はやっぱり申し込もうと思ってしまいます・・(クリスマスはケーキも付くし♪) 
[ 2005/05/18 21:32 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(0)

ボーダーラインと・・

カジノリリーのCDを聞きました。

ボーダーは三木さんの由利がピッタリで、受声で攻めのよーな感じ。由利のとぼけたキャラがよく出ていて面白かったです。
元々乙女で攻というキャラが好きなため由利さんはかなり好み。なのでCDも楽しく聞けました。相手役の鳥海さんの佳也もこれまたピッタリで、とにかく三木さん・鳥海さんを選んでくれありがとう!と言いたいです。

カジノリリーはギャンブルが???なため内容も正直???。でも、台詞第一声が小西さんでした!(喜)今回出番は少なめでしたがトークの司会をやってくれたので満足♪
諏訪部さんがこの作品は春を抱いていた絡みだと紹介すると、小西さん・置鮎さんが「あっ、春抱きね」と略語でスッと分かったので驚きました。かなり業界内では有名なんですね~。
それにしても「春抱き10巻」が最寄の本屋に無い・・。

もう1枚「戦うセバスチャン」のメッセージCDを聞きました。大川さん・森川さん・小西さんが「おはよう」とか挨拶してくれるのですが、メチャメチャ明るいコニタンで、「おやすみ立夏」と同一人物とは思えません(笑)でもこのCDのおかげで、原作を読んでみたくなりました~。
[ 2005/05/18 21:31 ] その他のBLCD | TB(0) | CM(0)

LOVELESS第6話

今回は立夏と草灯が一緒に居たのはほんの一瞬(泣)。でも立夏の問い詰めに「バス遅いね」「立夏は怒りっぽいね」と惚ける草灯はとっても可愛かったっ
バスの戸が閉まってから立夏に向けた言葉は何だったのか??「好きだよ」??・・気になりますっ!

という訳で、ラブラブは足りなめな6話でしたが、見どころはやはり律先生の調教シーン・・。チビ草灯がムチでバシバシやられています・・(可愛そう)。
「草灯君、声をあげてはいけない」「服従しなさい」「支配されなさい」
ヒャ~鬼畜です~、でもってこれが子安さん声で語られちゃうのでマスマス鬼~~。でもゾクゾクしました(笑)。
この調教シーンは草灯が戦闘中に思い出しているものですが、今回の敵はゼロという立夏と歳が同じくらいの男の子2人。
ゼロは立夏を探している途中東雲先生と出会い、彼女に悪さをしかけたところ草灯に邪魔されます(ゼロは先生の耳を落とすつもりでいたようで・・マセタ餓鬼どもです)。
草灯は戦闘に不要な先生を「あんたには関係ない」と眠らせてしまいますが、倒れる先生を支える構図が妙によすぎて・・抱き合ってるよーで・・なんかイヤーーー(叫)。
立夏とならいくらでもベタで構わないのに、女の人とくっつかれると・・・ムカつきます(腐)。
でも東雲先生は又青柳家に家庭訪問できず、ゼロや草灯に失礼なことも言われているし・・、気の毒です。

ラストは草灯の顔から血が・・なんだか「美しいイメージだ」でしたが、ピンチなので次回が気になります!!

さて、6話でもう一人注目の先生は立夏のカウンセラー(先生とメガネの多い番組・・)。
とてもイイ人ですが、実は立夏の可愛さにメロメロで、食事に連れ出したり・・終いにはあと20歳若かったらと呟いています。かなり親近感を覚えるお人です(笑)

ラブレスは今回で調度半分終了したわけですが、毎回絵が本当にほんと~に綺麗です。
アニメは日によって絵のレベルが違ったり、立ち姿や歩き方が変だったり・・ムラがある作品が多いのですが、ラブレスは常に安定していておかしな絵が一つも無い。尚且つ色も品がよくて美しい!
正直、原作の上をいっているような気がします(バトルシーンは特に)。こーゆー作品に出会うとアニメスキーでよかったと思ってしまいます~。

4月に放送されたスカパーの特集番組を友人に送ってもらいました。内容は声優さんのトークでしたが、面白かったです。
特に女の声優さんたちが私と同じ目線で騒いでいるので(腐ってはいませんが)楽しかったです。○○がカッコイイ~とか、キレイ~とか・・(笑)
小西さんは普通の人で・・でもカメラ目線になるとポーズを取るのは止めて欲しかったですが(笑)普段の声はけっこう高めで・・・とにかく声優さんの演技力には脱帽です。
福山さんは可愛くて面白い!ちょっと貴緒みたいで、ピアスもしてました(弥生さんで残念)。
[ 2005/05/18 19:38 ] LOVELESS | TB(0) | CM(0)

グラスデコという・・

工作グッズを下の子にせがまれ買いに行きました(ステンドグラスのよーなものができるお道具)。
先ず二子玉川の東急ハンズへ。車中で凄くイイ男を発見!ちょっと小野風~
機嫌よく電車を降り、ラブレスで出てきた風景を横切りつつ店内へ。ところがグラスデコはありませんでした。そこで渋谷東急ハンズへ。
土曜の渋谷は人出が多く・・・駅から少し距離があるため子連れで歩くと妙に疲れます。でも目的の物はゲット!子供も浮上したので駅へ向かって歩いて行くと・・途中でまんだらけが私を呼んでいました。
子供に缶ジュースを与えつつ「古本屋さん寄ってもイイ?」と聞く私。で、小2でだらけデビューさせちゃいました(汗)
コミックコーナーで目的のものをパーと見て、小説コーナーへ。ところがアカラサマな表紙の本が何冊もこちらを向いていて、直ぐに退散(本棚に入れてくれ~)。
結局「SEX PISTOLS2」だけ購入し、滞在時間10分弱でした。
子供は犬夜叉とハガレン(大佐)コスに反応していましたが・・まだまだごまかせる年齢です(ホッ)。

最近ニュースはとんでもない監禁男の話で持ちきりですが、そーゆー本や漫画を読んでる身としてはドキッです。でも実践するなんて変態~~~!!
警察に踏み込まれた時は王子コスだったという噂が・・。高校時代は王子様と呼ばれていたとか・・・なんだか笑えます。が、現実生活にシンクロさせないで欲しい!!(恐)。
[ 2005/05/18 19:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

マ王46話&10話

箱はどーなったんだ?と気になっていたところ、箱探しのお話となった46話。森の奥の湖に探索に来たユーリ達は森の民や巫女に遭遇。そして大シマロン軍とも鉢合わせをしてしまいます。
シマロン軍は森へ火をつけたため、住民を守るユーリはマ王に変身。先週よりお裁きに笑いが欠けていましたが、湖の水が真っ二つ(モーゼ??)かなり大げさなバトルぶり。コッヒーの親戚(?)お魚ちゃんと共に敵をやっつけるのでした~。
箱は結局湖の浄化装置で・・間違い。でも異世界に飛ばされたらしい情報を入手します。その異世界とは地球でしょうか??そーなると又兄(勝利/CV小西さん)登場??期待しまっす!!
今回もコン×ユーのラブは足りなめ(どーせオリジナルならもっと萌えさせて~~)
でも来週は
コン父(渋い!!)とちびグウェンダル登場!なんだか楽しみです♪

グウェンダルと言えば、エンディングに大塚さんの名がありません。友人が2、3週前から無いと気づき、NHKに電話をしたそうです。すると回答は「出番が少ないから」だそうで・・。絶対言い訳だと思うんです!ただの書き忘れだと思うんです!(怒)。森の民とかチョイ役だって名があるのに・・「まっすぐ、真剣、NHK」じゃなかったのかぁ~?

さて、水曜の10話は・・お笑いの嵐でした。特に井上さんの喘ぎ声(?)が最高~!
前回から悟空の輪が取れないギュンターはアニシナにいろんなことをされてしまいます。
魔動掃除機吸収男児君で頭を吸われ、魔道洗髪剤キューテイクル君で髪を洗われ・・。髪を洗っているのは何故かグウェンで、洗髪があまりにテクニシャンだったのか「ああ」と喘ぎ声をあげるギュンター・・・この瞬間グウェン×ギュンが脳内で確定しました(笑)。
結局何をしても取れず、グウェンの額にチュ~が決め手となり輪が外れ、・・・不可抗力のキスに怒りながらも輪をはずしてあげるグウェンは優しいです~。

今回はユーリがコンラッドの言うことを聞かず町探索をして、拉致られてしまうお話。
町の喫茶店で「陛下はここで休んでいて下さい」「陛下を危険ない目にあわせる訳にはいかないでしょう」と優しい声でユーリをたしなめたコンですが、ユーリの我儘を聞いたヴォルフラムは一緒に外に出てしまいます(結局皆ユーリには甘い・・)。でも聞き込みをするユーリに「こら、若い娘と美形の男もダメダ」と独占欲丸出し(笑)。
ユーリはヴォルと行動を共にする内にマ国の戦争話を聞くことになり、コンの戦争中の鬼気迫る姿が出てきます。現在の穏か~な彼とは別人ですが・・暗い過去を匂わせるコンはやはり素敵です

ラストの拉致場面は「陛下」と叫んでいたコンが最後に「ユーリ!」と絶叫するところが萌え。熱血漫画なアップでしたが(笑)愛を感じました。
[ 2005/05/18 19:16 ] 今日からマ王 | TB(0) | CM(0)

円屋榎英(マルヤカエと読むらしい)

という作家さんのデビューコミックを読みました(恋は契約のあとで/キャラコミックス)
挿絵の仕事はしていた人のようですが、お初本のわりに絵が巧くて、内容も可愛い!!とてもよかったです~~。
短編3作収録ですが、全て純粋で初々しさが漂いまくり。とにかく可愛い者好きにはたまらんラブリーキャラだらけ。特に受キャラは超いじらしい子ばかりで、涙の形もポロポロ丸くて胸キュンでした。攻キャラも凛々しくカッコよく鬼畜な人がいないのでとにかく安心して読める1冊です。

最近新たに好きになれる漫画家さんがなかなかいなかったので、ちょっと嬉しい出会い。今後も次々描いて欲しいもんです。
で、挿絵を描くなら崎谷さんの小説なんかがイイな~。
[ 2005/05/18 16:27 ] その他のBL漫画 | TB(0) | CM(4)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。