BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 花降楼シリーズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

恋煩う夜降ちの手遊び 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

花降楼シリーズ新刊『恋煩う夜降ちの手遊び』を読みました。

hanafurikoi.jpg

前作の「臈たし甘き蜜の形代」が蜻蛉にふられた岩崎が主役だったので
今回は綺蝶にふられた東院が主役か?と思いきや、予想は見事に大はずれ。
(前作感想はここ

「臈たし甘き蜜・・」登場のがついていた傾城・藤野の物語で
時間的には椛ストーリーと同じ頃。

藤野とその昔馴染みである諏訪の5年愛が描かれていました。


藤野と政治家の諏訪は藤野が遊郭に堕ちる前からの知り合いで、
その頃から通じ合う何かがあったものの未成立。

花降楼で再会してからも藤野の高飛車演技のせいで、
ハッピーエンドまで時間がかかる二人。

諏訪はこのシリーズ一の素直可愛い攻でしたが、
政治家という立場に藤野が遠慮してしまうため、なかなか身請けにたどり着きません。

て、確かにバレたら政治生命の危機・・。

でもこれを逆手に取って、今後は困った人が身売りしないで済む世の中を作るべく
頑張って欲しいですっ(笑)。


今回常連の二人は綺蝶が過去話でチラッと出る程度。
なのでちょっと物足りなかったですが、次回はいよいよ鷹村編がくるらしい。

てことは最終話ですかね~?
楽しみです!

にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2011/11/23 15:10 ] 花降楼シリーズ | TB(0) | CM(4)

CD・愛しき爪の綾なす濡れごと 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

花降楼シリーズの「愛しき爪の綾なす濡れごと
を聞きました。

<出演>

蜻蛉:緑川 光  綺蝶:平川大輔
鷹村:遠近孝一  水梨慎哉:杉山紀彰
東院:川原慶久  忍:岸尾だいすけ
桐香:下和田裕貴


「愛しき・・」は綺蝶&蜻蛉の番外編で、時間的には犬猿の仲だった頃の二人。
なので全体的に嫉妬・愛・忍耐・執着と矛盾した感情が切ない内容。
(原作レビュはここ

で、そんな彼らを緑川さんはひたすら可哀想で可愛いく、
平川さんは軽くなったり黒くなったりと、声の変化が素晴らしい~

綺蝶と蜻蛉はシリーズ最多出場のせいもありますが、
今回改めてピッタリボイスだと再確認。この二人にしかできない役だと感じましたっ。


さて、この作品は2枚組のせいかほぼカットなしで、
チョイ出の忍までちゃんと岸尾さんが出演♪

なので後半の甘甘編も丁寧な作りで、××シーンの長いこと、長いこと・・
1枚でよかったんじゃないかと思うほどでした(笑)

という訳で緑川さん、平川さんお疲れ様ですっ!
そして野球拳やらトークでも活躍の遠近さん、ご苦労さまでした。

次は鷹村と楼主の話が読んでみたいような・・
で、CDも濃~い成田さんとお願いしたいです(笑)。
[ 2010/06/14 14:17 ] 花降楼シリーズ | TB(0) | CM(2)

愛で痴れる夜の純情・華園編 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

コミック版「愛で痴れる夜の純情」3巻・華園編を読みました。
(2巻感想はここ

今回は「華園を遠く離れて」の番組編を含む最終巻で
蜻蛉の足抜け折檻から綺蝶&蜻蛉の白無垢ラブラブ生活まで。

なので全体的に甘甘を通り越して エロエロ三昧

蜻蛉の綺麗可愛さと、短髪綺蝶の黒カッコよさが堪らん雰囲気で、
二人の色っぽさはハンパない~っ。

更に表紙やカラー、各章の扉絵も美しく、
カバーデザインが相変らず凝ったコミックス♪折込の3頭身花魁もラブリーでした。

にしてもやり場の無い執着心が互いに切ない二人だっただけに・・
白無垢カラーには心からほんわか

足掛け3年もかかった「愛で痴れる・・」でしたが、
1番好きな長髪CPを丁寧に仕上げてもらってかなり満足。

今回は「媚笑の閨に侍る夜」の上杉さんも見ることができて、
美味しいコミックでした。
[ 2010/04/21 17:26 ] 花降楼シリーズ | TB(0) | CM(2)

臈たし甘き蜜の形代 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

花降楼シリーズ新刊『臈たし甘き蜜の形代』を読みました♪

連日遊郭ものの感想で、

『遊郭物がはやるとそのジャンルは滅亡が近いという言い伝えがある』

という三浦しをんさんのブログの一言を思い出しましたが(ホントか/笑)。

それはさておき今回で9冊目のこのシリーズ。
一体誰が主役?と思いきや蜻蛉にふられた岩崎様。

ウ~ン、これなら綺蝶にふられた東院ストーリーがよかったかもと、
微妙に期待薄。


が、読んでるうちに岩崎に情がドンドン移り、
蜻蛉そっくりの禿・を育てる彼の執着が可愛くなってきました。


椛は顔が蜻蛉似ですが、中身はまったく違う性格で無邪気な優しい男の子。
なので源氏物語ごっこは半分不成功に終わりますが、岩崎自身はそれでも満足。

ところが、身代わりだと知ってしまった椛は岩崎が好きだっただけに大ショック。
蜻蛉<椛 という確信を岩崎と椛がしっかり持てるまでが一騒動でした。


今回の物語には堅気になった綺蝶&蜻蛉がチラッと出てきます♪
二人はもう働いているようで、蜻蛉は秘書な雰囲気。
なので和服以外の蜻蛉イラが新鮮でしたぁ


さて、後書きにありましたが来月はコミック3巻目が発売で、
いよいよ「愛で痴れる夜の純情」が完結

更に「愛しき爪の綾なす濡れごと」もドラマCD化されるようで、
こちらは2枚組とか。

て、2枚にするほど内容が濃かっただろーか??
最近小説は2枚組の作品が増えてきましたが、間延びしているものも多いような・・
値段も高くなりますし、内容をよく把握してから制作して欲しいですっ。
[ 2010/03/22 20:11 ] 花降楼シリーズ | TB(0) | CM(2)

CD・白き褥の淫らな純愛

花降楼シリーズCD第8弾『白き褥の淫らな純愛』を聞きました。
(原作感想はここ

<キャスト>

撫菜:福山 潤  氷瑞:中村悠一
楼主:成田 剣  鷹村:遠近孝一


今回はシリーズ全出席な平川&緑川さんが居なくてちょっと残念ですが、
その分成田楼主胡散臭さタップリで美味しい出来ばえ

腹違いの弟・氷瑞撫菜を弄び、結果的には幸せを与えますが
ラストまで喰えない人物。鷹村との関係も相変らず気になります。

さて肝心の主役二人はどーかといえば、こちらもキャストはバッチリ♪

健気でおバカな撫菜は微妙に福山さんではない??と先入観でしたが、
聴いてみたら可愛くて全然OK。

中村さんも凄く合っていて、
叫んだり、怒ったりする声が妙にカッコイイ~~っ

恋に余裕のない氷瑞を素敵ボイスで好演していました♪


このシリーズは綺蝶&蜻蛉の番外編的小説「愛しき爪の綾なす濡れごと」も
今後CD化するのでしょうか??
コミックの3巻も早く読みたいですっ
[ 2009/09/16 16:40 ] 花降楼シリーズ | TB(0) | CM(6)

CD「媚笑の閨に侍る夜」 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

花降楼CD7作目「媚笑の閨に侍る夜」を聞きました。
(原作レビューはここ

<キャスト>

玉芙蓉:遊佐浩二 上杉:三木眞一郎
蜻蛉:緑川 光 綺蝶:平川大輔
鷹村:遠近孝一  他


「媚笑の閨・・」はシリーズの中で3番目に好きなお話♪

おバカな玉芙蓉と敬語攻めな弁護士・上杉の駆け引きが面白く、
なのでCDも当然チャレンジ。

で、聞いてみれば思った以上にキャストがピッタリで、

特に遊佐さんの可愛さにはドビックリ しました~


玉芙蓉は「愛で痴れる夜の純情」の意地悪年増という印象しかなく、
声は遊佐さんで正解と思っていたのですが・・

その後出版された「媚笑の閨・・」で、実は可哀想なお人好しキャラだと判明。

てな訳でユッチーじゃないかも?? とCDが少々不安になりましたが、
予想は見事にハズレて・・とってもイイ~~♪

そして三木さん演じる上杉も敬語なくせにエロ調教なのがカッコよく、
これ以上ない弁護士さんでした


花降楼は私的にほとんどキャスティングにハズレがない嬉しいシリーズ。

その上今回は平川緑川さんの少年声も聞けるという、2度美味しい仕上がりで、
今後も原作が続く限り全サを含めてイロイロ出していただきたいですっ。
[ 2009/01/27 19:47 ] 花降楼シリーズ | TB(0) | CM(2)

「花降楼」新刊2冊 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

『花降楼シリーズ』の小説とコミックの新刊を読みました。

小説「愛しき爪の綾なす濡れごと」は新キャラが主役ではなく、綺蝶&蜻蛉の過去話と「華園を遠く離れて」のその後のストーリー。

で、前半の2/3が嫉妬と愛情で犬猿の仲だった頃の二人なので、
全体的にかなり切ない雰囲気。

同僚・桐香の駆け落ち事件と蜻蛉達のジレンマが上手く絡み、
ご法度な恋が哀しかったです。

が、その分後半は甘甘たっぷりで、蜻蛉のラスト台詞がデレ丸出し
綺蝶の男らしいイラストもカッコよく、エロもたっぷりな感動短編でした♪

堅気になった彼らはこれから大学に通う予定らしいですが、
元花魁のキャンパスライフって・・??

モテモテの綺蝶にヤキモキする蜻蛉とか・・その後編もちょっと読んでみたいです(笑)。


さてコミックの方ですが、こちらは「愛で痴れる夜の純情」の2巻目・傾城編です。
(1巻感想はここ

medeshi.jpg

今回は綺蝶の身元判明と蜻蛉の身請け決意までが描かれていますが、
意外にも2巻で終らず・・3巻突入なんですね~。

次まで又1年以上待つのかと思うとちょっと焦れますが、コミック版はエロ甘増量な上に
長髪と和服のズルズルさがひたすら好みなので、こーなったら番外編までお願いしたいっ。

傾城編は発売季節に合わせた扉絵がやたらと艶やかでした


さて2巻は「愛しき爪の綾なす濡れごと」同様、かなり切ない内容。

蜻蛉のツンデレな可愛さと綺蝶の懐の広さと執着心がツボで、
そしてもう一つ面白いのは綺蝶東院蜻蛉の関係。

東院が何気に意地悪で・・
結局綺蝶に振られてしまうので可哀想なのですが、ナイススパイスな人でした♪
[ 2008/12/25 20:14 ] 花降楼シリーズ | TB(0) | CM(6)

小説花丸・冬の号 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

付録CD「密事」目当てに「小説花丸」を買いました♪

ドラマ内容は花降楼シリーズの綺蝶×蜻蛉で、
もしも二人が犬猿の仲でなかったら・・というifストーリー。

なので蜻蛉がとっても素直でラブリ~。
いつものツンデレさんもよいですが、こんなのもOK。

緑川さんが悶えるほど可愛かったです

CDはドラマ10分・トーク3分でしたが、トークは緑川さん攻な感じで、
モノマネをさせられる平川さんが可愛かった♪

そして<もし綺蝶と蜻蛉の声が逆だったら・・>という緑川さんの提案がナイスで、
次回付録があるなら是非挑戦して欲すい~っ!!けっこう嵌りそうな予感がします


さて、雑誌の花降楼関係は「遊廓祭り・特製小冊子応募ページ」と、
「愛で痴れる夜の純情」漫画が掲載。

小冊子は冬の号+12/19発売の「愛で痴れる夜の純情・傾城編」or
「愛しき爪の綾なす濡れごと」で応募可能♪

樹要さんの漫画は綺蝶に折檻される蜻蛉シーンで小説よりなんだかエロエロ~~。

コミック新刊はここまで収録なのか??
2巻で終ると思っていたので、次巻が出るまで又焦れそうですが・・

樹さんの和服長髪とカラーが大好きなので19日が凄く楽しみです!
(今回の花丸表紙も素晴らしい!花降楼イラスト集を出して欲しいですっ)


*キャラ全サ「Charaコレクション」がさっき届きましたぁ~♪
[ 2008/12/08 19:04 ] 花降楼シリーズ | TB(0) | CM(2)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。