BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 桑原水菜&ミラ旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高野山・炎の蜃気楼旅

ミラ聖地巡りで高野山に行ってきました。

長女のジャニーズ遠征に付き合い大阪に出向き、
ついでにどこか行けないかと考えた結果がここ。

ミラージュの基盤である真言密教の総本山です

なので28巻を再読しましたが、
6冊続く「怨讐の門」シリーズの最終巻だけあって
濃くて激しいバトルシーンだらけ!

ラストの「俺からあなたを奪うものは、あなた自身なのか
は何度読んでも泣ける・・。

でもこのセリフは場が四国で、
高野山バトルは本のちょうど真ん中あたり。

拉致られた高耶さんを直江、潮、清正が救出にかけつけ、
晃焔たちと戦いつつ雷道を阻止するエピソード。

で、先ずは高野山の入口。
四国のエネルギーを流すため、西方に開いている大門
kouya-3.jpg

kouya-5.jpg 

大門の内側から外を見るとほぼ何もさえぎるものがなく、
空から<気>が通っている感じ。

奥の院にある司馬遼太郎さんの碑の一文
「大門のむこうは天である。」に大いに頷きました。

お次は十二結界の解錠と高耶を奪還した奥の院

kouya-17.jpg 

ここは各時代の著名人の墓碑が20万基も並んでいる杉並木。

少々不気味といえば不気味ですが、迫力満点。
墓石の形が独特で面白かった。
gorinto-001.jpg ←宇宙を形成しているらしい。

が、上杉家は祠型で道に面していなかったため見過ごし💦

kouya-16.jpg 

引き返して体力消耗~w
でも同じく発見できなかった密巌堂にも遭遇できてやれやれでした。

kouya-14.jpg*小説では旧密巌堂

最後は僧兵たちと戦いになった壇上伽藍。

kouya-7.jpg 中門 昨年再建でピカピカ~。

kouya-2.jpg 金堂

手前に立派な卒塔婆が3本。この位置に建てる発想が面白い!

kouya-10.jpg 潮が水龍を生み出した蓮池

kouya-11.jpg 直江が八王童子を呼びだした不動堂。

kouya-12.jpg 高耶が孔雀明王を召請した孔雀堂。

kouya-4.jpg 壇上伽藍で1番巨大な根本大塔

伽藍を見学している最中、娘に「ここはなにしたとこなの?」と聞かれ
「呪法を阻むためにいろんな明王を呼びだして・・」と説明開始。

が、途中で「ファンタジー無理だから」とぶった切られるw

自分でもなにを言っているのやら・・と
妙に可笑しくなりました。


ミラ旅をするといつも思うのですが、出てくる建造物や風景が
常に想像よりも大きくて、作品の壮大さに驚かされる。

そして宇宙レベルで物事を考えていた空海の偉大さも
ミラージュを通して少々理解。

虚空尽き
衆生尽き
涅槃尽きなば
我が願いも尽きなん


この空海の言葉が書かれている128ページ前後の文章が
本当に秀逸。何度読んでも胸にささります。


さて、ミラとは関係ないですが、
高野山からケーブル電車で一駅の極楽橋にBASARA幸村がいました。

kouya-18.jpg

しかもファミリー(笑)。

高野山に来る途中で九度山駅を通過したので、
今年は大河で南海線がわいている模様。

てなわけで政宗さまの供養塔もあげておく。

kouya-13.jpg 巨大な五輪塔。

卒塔婆が6本たっていれば完璧でしたw 

*ジャニワも高野山も充実でしたが、
10年来のオタ友さんと初オフ会できたのも楽しかった~。
思い切って行ってよかったです♪
スポンサーサイト
[ 2016/10/30 08:55 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(0)

Cobalt11月号

桑原先生のデビュー25周年を特集したコバルト11月号を買いました。
(周年と打ったら執念と出た。さすがミラw)

coba11.gif

お目当てはほたか乱さんの「のうまくさまんだ」コンプリート小冊子。
でもほんとはきちんとしたコミックスで出して欲しかった!

1冊にページ数が満たないからこの形なのかもしれませんが、
それならイラスト集と一緒にするとか未収録の桑原さんSSと一緒にするとか
いくらでもやりようはあった筈・・。

集英社ってケチなんですかね?
紙質も雑誌と同じだし、もう少し豪華でもいいと思う・・

老眼腐女にはちょい辛いサイズでした。

とはいえ1冊にまとまった「のうまくさまんだ」はやっぱり爆笑の嵐。
景虎様の魅力にクラクラしながらも、それを認めない直江が可笑しくて大好き。

直江の「あなたという人は・・」が常に最高で、
バスケが1番ツボった~(笑)。

ツンデレな景虎、回る直江、単純な晴家、不真面目な長秀、落ち着いた勝長が
ほたかさんの独特な勢いで描かれてイイ味。
たくさん萌笑いできました(^^)

そしてもう一つ爆笑したのが高嶋さんの昭和編イラストで、
最大のネタであるバラ褌が素晴らしい!

いついかなる時代でも直江ってこーゆー扱いで・・w
もしや高嶋さんはミラジェンヌ??
よく理解されていると思いました~(笑)

この他表紙をめくった途端目に飛び込む1巻カバーに年月を感じ、
でも東城さんの描き下ろし直高は嬉しかった♪

そして桑原さんのSSはかなりのごった煮で、
シュバルツは未読なので???でしたが、ラストの尚・賢は満足。

直江を年下扱いする景虎の「尚紀のくせに・・」が気に入りました(^^)


今後昭和編を買い続けるかは分からない私ですが・・(^^;
とりあえず番外編の「夜叉衆ブギウギ」は先月読書~。

bugiugi.gif (桑原水菜/高嶋上総)

で、これを読み終わった直後、
桑原さんは<換生>というシステムをよく考えついたな・・
と、改めてつくづく思ってしまい、妙に感動。

輪廻でも永遠の命でもない<換生>という世界観はとても特殊で、
だからこそこんなにも切なくて壮大。

仰木高耶でも橘義明でもない彼らを読んでいるうちに
ミラージュワールドの凄さを実感してしまいました。


さて、「ブギウギ」の中で1番好きなのは晴家の「恋花火ラプソディー」
尚紀の前の宿体である山口直江とマリーのやりとりがお気に入り。

やはり直江は年上キャラの方が私的に収まりがよくて、
違和感なく嵌れるのでした(^^)
[ 2015/10/05 21:08 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(0)

高耶さんバースデー

本日は高耶さんのお誕生日。

HAPPY BIRTHDAY 高耶さん  

昨年は高誕のちょっと前に広島にミラツアできたのですが、
今年は地味にお祝い。

地元で1番のお店でミニケーキを買ってみましたが、
黒ハートなせいかこれまた地味な画像・・(笑)

cake.gif

直江の黒いハートを高耶さんに ってことでいいかなww
味も濃厚でした~。


*新潟の謙信公祭りは今年も「GACKT謙信出陣」! (情報はここ
ガクトが出ている時に行ってみたいけど、
暑いのが苦手な上に今年は受験生がいて・・・ウ~ン。
[ 2015/07/23 15:33 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(2)

直江バースデー

少々遅れましたが・・

HAPPY BIRTHDAY 直江 

今年はミラ友さんが東京に遊びにきたので、
昨日は一緒に小田原へ。

5/3を聖地巡りで祝うことができました~♪

小田原は9年前と12年前に来ていて、今回は3回目。
3日はたまたま北條五大祭りでかなりラッキー。

町中が三角家紋にあふれ、城下は多数の屋台で凄い人出。
こんなお弁当も売られていましたw 

oda3-3.gif 風魔小太郎丼、なぜアジフライなんだろう??

でもこれは食べずに先ずはお城へ。

oda4-4.gif

展示物を見ながら階上をめざしましたが、
城の外では足軽が打つ鉄砲音がバンバン響いて、
お祭り気分を盛り上げます。

で、展望台到着。
小田原に向かう途中で乱読した「覇者の魔鏡・前編」兄弟萌え現場です。

氏照兄と高耶さんが見た相模の海~↓

oda13-13.gif

直江の誕生日なのに兄中心でスマン・・w

そういえばこのお城の真下にはがいたのですが
平成21年に亡くなったようで、今は猿のみ。月日の流れを感じます・・。

登城の後は歴史見聞館に立ち寄って、
早雲が長生きだとか、氏康パパは子だくさんだとか・・色々言いつつも
常に<景虎>の文字を探しまくる私達w

出口で北條氏家印の<虎>朱印スタンプを押して、
城の外へ向かうと見事な藤棚を発見。

oda11-11.gif 満開で見事でしたっ。

その後海鮮丼を食べて、武者行列をチラ見。
氏政・氏照兄のお墓へ向かいました。

oda9-9.gif

このお墓はえっ、ここ?と驚くような商店街の路地裏に安置。

小さいスペースに兄弟と氏政夫人が眠っているようで、
手前の平たい石の上で氏政・氏照が自害したと言われています。

ミラ的には二人が同じ日に死亡し、同じ場所に眠っているのは
なんとなく腑に落ちませんけどね・・w


そしてもう一つ注目すべきは「幸せの鈴

oda1-1.gif

以前来た時はお墓の横に鈴の入った箱があり、
願い事をして持ち帰り自由。

願いが叶ったら鈴を返しにくるというものでしたが、
現在は近くのお店に鈴が置かれ、少々賽銭をするともらえます。

で、私は12年前に訪れた時「次はミラ友さんと小田原に来れますように」
と願っていて、昨日見事かなったので鈴を返却♪

oda10-10.gif

ちょっと見え辛いですが、墓所説明書きの上に鈴をつるしてきました。
そして新たに鈴をゲットして、次はミラ聖地コンプリートをお願いしました(^^)

お墓詣りの帰りは駅前でケーキを食べて誕生祝い。
小田原のお菓子屋さん<菜の花>で五大祭り記念どら焼きを買ってミラ旅終了。

oda12-12.gif

北條・北條してて、直江に怒られそうな誕生日でしたが、
(氏照vs直江っていうコメディ同人を思い出す・・w)
実家▲どら焼きを高耶さんと食べて、機嫌を直してもらうしかない(^^;

3日はお天気も最高で楽しかった~~。

帰りの電車で6巻も再読できたし・・
ミラージュはどの巻を読んでも飽きずに入り込めます!

*菜の花の焼きモンブランも美味でしたぁ
[ 2015/05/04 21:18 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(6)

広島・炎の蜃気楼旅(3)

広島聖地巡り最終日はに行きました。

広島港から呉に行く海上ルートは、直江千秋が単独で行動するシーンで登場し、
<大和>と織田の鉄甲船が戦う舞台でもあります。

なので同じように広島港からフェリーに乗ってみました。

kure4.gif

<力>が衰えた直江が軒猿に心配され、高坂に虐められたデッキw
そして霊気充満で、大和と海戦となる瀬戸内海。 (桑原さんの発想ってスゴイ・・)

kure2.gif kure3.gif

で、大和出現↓(笑)

kure5.gif 大和の1/10模型のある「大和ミュージアム」に行きました。

ここは大和の他にもたくさんの戦艦が紹介されていて、
でも立派な船たちが全て無駄になったと思うと、
本当に戦争のバカらしさを感じて虚しい気分に・・。


が、そんな気分でもお昼はしっかり海軍カレーを食べw

kare.gif

直江がフェリーを降りてから移動した音戸の瀬戸公園へ。

kure7.gif

この公園は呉港から少々離れた高台にあり、
日本一狭い海峡を結ぶ赤い橋が見えます。

ここで直江は八海から護身用(自決用)のトカレフを渡され、
これが11巻でとんでもない山場を作り上げるわけで・・

今も昔もいつ読んでも、血管切れそうなくらい集中できる名台詞の数々っっ。

特に「わだつみの楊貴妃」は<死ぬほど好き><狂うほど執着>
体現してしまった直・高が本当に切なくて身悶えでした。

この他「わだつみ」で好きなのが、「おまえはいつか直江をうしなうぜ」
景虎の傲慢さを指摘する千秋の言葉。 (10巻P.54)

直江ファンとしては「チー様、イイ人~」と夢中になれるやり取りで、
久しぶりに読んだ本編に即入り込めて鳥肌でしたw


てなわけで何年たっても暑苦しいミラージュが1番で、
また今年も高誕の季節♪

HAPPY BIRTHDAY 高耶さん 

直江と仲良く厳島デートして欲しいです~。
[ 2014/07/23 14:42 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(6)

広島・炎の蜃気楼旅(2)

広島旅行2日目は娘の希望で岩国と柳井に移動。
岩国は吉川家が治めていた土地で、3代目藩主が架けた錦帯橋が美しい。

iwa4.gif iwa3.gif

橋を渡り終えると10巻に出てきた<石人形>の資料館があったので、即入館。

この石人形はニンギョウトビケラという虫が川の石を集めて造るもので、
頼竜が武器として使用。
直江が無体なことを働いた洞穴で、頼竜が高耶さんを攻撃していました。

が、実物は約1.5㎝の人形で、石に付着する性質。

iwaninn.gif

小石についてる2体を買ってみました♪ なんとなく人に見えるw

その後昼食に岩国寿司を食べて、JRで次の目的地へ。

iwazushi.gif

白壁の町並みと金魚ちょうちんの柳井に着きましたが、
人が居なくてちょっと驚き・・。

yanaishi1.gif

でも娘の目的であった提灯は買うことができて、
家の中に吊るしました~。

iwa1-11.gif

この日は広島に戻ってきてからちょっと早めの夕食をとり、

okono.gif ←<みっちゃん>のお好み焼(麺の分量が多いっ)

まだ明るかったので原爆ドーム平和記念公園へ。

dome.gif 

ここは高耶・千秋・譲が修学旅行らしい観光をした唯一の場所。

でもドームを目の当りにすると小説どころじゃなくて、
瓦礫や曲がったコンクリに言葉少なになってしまいます・・。


dome2.gif

慰霊碑の前に移動して手を合わせると一直線上にドームが見えて
計画的に作られた公園なんだな~と、かなり感動。

dome3.gif

赤い鳳凰が舞い、女子高生が多数倒れた10巻の噴水広場からも、
きちんと慰霊碑とドームが見えるデザイン。

厳島神社も平和公園も外国人がたくさん居ましたが、
どちらも誇れる世界遺産だと実感しました。
[ 2014/07/22 17:24 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(0)

広島・炎の蜃気楼旅(1)

久しぶりにミラージュで遠出しました。

「来年は受験だから夏どこかに行きたい!」と下の娘に言われ、
まだ未踏のミラ聖地<広島・萩・四国・伊勢・那智>をあげると広島をチョイス。

で、テスト休みを利用して「わだつみの楊貴妃」旅に行ってきました♪

1日目は12時前に広島駅に到着。そこからJRで宮島口へ出て、フェリーに乗船。

itsu9-9.gif

約10分で宮島に到着すると、先ずは鹿のお出迎え(^^)

が、参道を歩いているうちに雨がパラパラしてきたので
あなごめし・焼き牡蠣・揚げもみじ饅頭を食べてちょっと休憩。

anagomeshi.gif itsu2_2014072014460123e.gif itsu9.gif

その後雨の中厳島神社へ向いましたが、 (時間的に引き潮)

itsu6.gif

屋根があるので見学はそんなに困らず、先ずは東廻廊

istuku4-4.gif

信長が譲の体に憑依してふんぞり返り、12巻ラストバトルが繰り広げられた拝殿・祭壇
(信長vs高耶・千秋・ねーさん)

istuku5-5.gif  itsuku7.gif

そして3人が吹っ飛ばされた高舞台・平舞台・桟橋

itsu7.gif itsuku11.gif

itsu8.gif 謙信公が現れ、

その後「直江にそばに居て欲しい」と願いながら高耶さんがもたれかかった灯篭

「わだつみ」は直江を失う恐怖から、高耶が執着と独占欲を表に出してくるエピで
喪ってからの行動は狂気じみて痛々しい。
亡くして初めて分かる大切さが胸に迫る12巻です・・。


さて、厳島神社の後は社殿の上にある千畳閣に行きました。
ここは秀吉が建立した未完成の建物で塗り直しもされていないのか、味がある。

istuku6-6.gif

ここから、綾子と友姫が社殿の様子をうかがっていて、
確かに上から神社の屋根が見えました。

itsu5.gif

で、友姫といえば弥山ですが・・
7日~18日まで ロープウェーが運休という運の悪さっ。

これって広島聖地の1/4が消失したも同然。
でも登山はできないので泣く泣く諦めて、参道でおやつタイム(笑)。

iceimo.gif itsu3.gif

お芋が練りこんであるソフトクリームと穴子まん。
あとアスパラベーコンの細長いかまぼこも食べました(ヤケ食いwww)。

厳島神社はさすが世界遺産な美しさで、海の中に神社を造った清盛の発想が凄い!

でもこの廻廊と拝殿は何だかデジャブるな~と思ったら、ゲームの戦国BASARAで・・
サンデー毛利の「捨て駒たちよ」とゆー声が聞こえてきそうでした(笑)。

帰りは宮島港から広島港までフェリーに乗り、
このルートは小説と逆走していますが、10巻ラストの航路。

直江・高耶・譲の元に信長と小太郎が現れフェリー大爆発という・・

itsu10.gif 鷹(?)が何匹か飛んでいました

こんな静かな瀬戸内海でドカンとなったら大変なことですねww
[ 2014/07/20 21:43 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(0)

直江バースデー

本日は直江のお誕生日♪

HAPPY BIRTHDAY 直江

とはいえ私はイラストもSSも書けないので
今回はウチにある契ワインボトルを撮ってみました。

で、先ずは2003年クリスマス便の赤と白。そして記憶が曖昧ですが直江BD便?

chigiri22.gif chigiri1.gif

クリスマス便の白はメインキャラの名前がローマ字で書いてあって
洒落ていました。

全部で27名。敵の名は載っていません(^^)v

そして完結記念ワイン↓

chigiri3.gif chigiri4.gif

こちらは10年たって開封するお約束だったので4月27日の完結記念日に
初めて瓶回りのビニールとガーゼをとってみました。

そしたら桑原さんのメッセージが裏側にビッシリ。
ちょっと泣けました~。

にしても10年前の4/27は本当に特別な日だったよーで、
自分がどんな状況で本を買いに行ったか覚えているのが怖い・・w

確か朝一で本を買うぞ!と決意をしていたのに、下の子が熱を出して
でも大したことなかったので、車で小雨の中本屋さんへ。

その後小児科の待合室で魔が差し、最後の1ページをチラ見。
動揺のあまり吐き気がして・・、こっちが病人になるとこでした(笑)


さて、このワインはどうしようかな。
実はアルコールが一滴もダメなのでリンゴでも煮ようと思っています(^^;)
[ 2014/05/03 14:18 ] 桑原水菜&ミラ旅 | TB(0) | CM(6)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。