fc2ブログ

BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 本間アキラ

坊主かわいや袈裟までいとし4

「坊主かわいや袈裟までいとし」4巻の感想です。

bouzu-4.jpg

本間さんは兎虎本の最終巻が長年出ておらず、
別の連載も始めているので、もしや未完作家なのか??

と、少々疑っていましたが坊主は4巻できちんと完結。
大円弥六はラブ成就で、父も不倫回避なハッピーエンド。

Hシーンは皆無でも、ラブと親子関係がうまく絡まって、
こんなBLもアリ!とわりと満足。

弥六のカッコよさに惚れ惚れし、パパのパンツマスク
大円の「大人になる」宣言には爆笑しました。

そして1番よかったのは弥六の親に対する葛藤を
上手く終わらせた大円の言動。

ブチ切れた弥六を肯定した言葉が感動的で、
大円は僧侶向きだと納得。

跡継ぎがつくれなくても、
二人の人徳でお寺は繁盛する気がします。

それにしてもハルは本当に出家する気なのか?
パパに近づきたいだけでは??

時々大円一家のその後を短編で描いて欲しい最終巻でした。
スポンサーサイト



[ 2017/11/28 18:32 ] 本間アキラ | TB(0) | CM(0)

坊主かわいや袈裟までいとし3

本間アキラさんの坊主3巻を読みました。
(2巻感想はここ

bouzu-3.jpg

酔った勢いでムリヤリ大円にキスをしてしまった弥六ですが、
その後きちんと告白。

でも大円はかなり潔癖なお子様なため、
気持ちが定まらず初恋は牛歩w

なので弥六は<喰わず嫌いを諭す>戦法で、
大円からのキスをゲット。

人の心の掴み方が面白い弥六は
本当にお坊さん向きだな~と、改めて実感しました。

一方NYの父には不倫的な進展はなく、
どう決着をつけるのか気になるところですが、
弥六に妙な対抗心を燃やす父には爆笑。

今後は二人の対面が楽しみw

それにしても大円と父は容姿が可笑しいほど似てなくて(笑)
でもドチビで可愛いからこれもあり。

お経を唱える仏像顔抱っこチュー
そして3巻も裏表紙がラブリー過ぎて笑えました(^^)
[ 2016/04/25 13:51 ] 本間アキラ | TB(0) | CM(0)

坊主かわいや袈裟までいとし2

1年ぶりの坊主本です♪ (1巻感想はここ

坊主かわいや袈裟までいとし 2 (プレミアム書籍扱い花丸コミックス)坊主かわいや袈裟までいとし 2 (プレミアム書籍扱い花丸コミックス)
(2014/10/24)
本間アキラ

商品詳細を見る

相変わらず激しい身長差に犯罪のかほりがする凸凹コンビですが、
大円は頭を丸めてマスマス小人になったよーな??(^^;

一方、袈裟姿に弱いアタシは弥六のカッコよさにメロメロ。
風呂あがりの彼も色っぽかったぁぁ。 まさに水も滴るイイ男でした(笑)。

でも酔った弥六に押し倒された大円は、大抵抗の上に大ショックで・・
弥六への想いは単なる<憧れ>だったのか??

少々意外な反応のまま2巻が終わってしまい、
次が早く読みたい~~っ。

そして今回影の主役だった大円・のエピソードも気になるところ。

昔のバンド仲間・HALUはずっとお父さんに未練があるようで、
二人の並んだ姿はあまりにもお似合い!

しかも父が無駄に渋イケメンなので、まさかの離婚危機?w
オヤジの再燃BLが読んでみたくなりました。

それにしても兎虎の3巻が出ませんな~。
密林さんの出版日がまた伸びてるし・・。気長に待つしかないですね(-.-)
[ 2014/10/25 10:36 ] 本間アキラ | TB(0) | CM(0)

坊主かわいや袈裟までいとし

本間アキラさんの「坊主かわいや袈裟までいとし」を読みました。

坊主かわいや袈裟までいとし 1 (花丸コミックス・プレミアム)坊主かわいや袈裟までいとし 1 (花丸コミックス・プレミアム)
(2013/08/26)
本間アキラ

商品詳細を見る

本間さんといえば「兎オトコ虎オトコ」ですが、(レビュはここ
現在ウサ・トラといえばタイバニで、でもこの作品が出たのはそれ以前の2010年。
かなりお久しぶりの新刊でした。

「坊主かわいや・・」はお寺の息子である大円弥六の現在と、
12歳のエピソードが交互に描かれているお坊さんBL

僧侶になるための道場で仲良くなった二人は、
別れ際に「お寺を継いだら髪を坊主にしよう」と約束。

ところが10年後に再会すると弥六は僧ではなく美容師になっていて・・
現在の弥六を受け入れつつも、一緒にお坊さんになれなかったことが寂しい大円。

互いに<初恋>の相手だったことを知らない二人は今後どうなっていくのか?

真面目で可愛い大円と男前でしっかり者の弥六は
12歳の時と変わらないドキドキ関係が築けそうです。


この作品は現在と過去を行ったり来たりする構成ですが、
ストーリーの展開はわかりやすく、そこかしこに笑えるエピが一杯。
(特に大円の父はキャラが濃い!)

そして何より可笑しいのが12才も22才も大して変わらない大円の外見。
こんなマルコメな僧侶がいるかぁぁぁ と思ってしまいますが、可愛いのでОK(笑)。

弥六の袈裟姿もカッコよかったですっっ。


てな訳でかなり嵌れる1巻で、2巻が早く読みたいコミックス♪

でも「兎オトコ虎オトコ」の3巻はどーなったのか??
CDでは完結してますが、3年放置は長すぎる。

と思ってたら10月末に新刊が出るとか♪
楽しみです~。
[ 2013/09/02 15:24 ] 本間アキラ | TB(0) | CM(2)

「兎オトコ虎オトコ 2」とCD1 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

本間さんの『兎オトコ虎オトコ』の2巻を買いました。

このお話はヤクザ(野浪)×外科医(卯月)のコメディで、
1巻は終に虎に喰われてしまう兎先生?! とゆー場面で続くでしたが
2巻冒頭では何とか回避。 (1巻レビュはここ

それでも互いに縁が切れない事態となって、
卯月は野浪の優しさや可愛さにどんどんほだされて行きます




このコミックで1番面白いのはヤクザの野浪
強面でも憎めず、愛の告白に唸ったり、卯月の電話を待つシーンには爆笑~。

とにかく素朴な可愛さがギャップ萌えで、
シル○ニアやジャンケンという発想もたまらん可笑しさ

ラストは極道の内部抗争で切ない展開ですが・・
アニマル化する心理描写と見せ場作りが上手い作品です


てな訳で、かなり気になるところで3巻へ続いてますが、
5/26発売のCD2の方は先に完結しているらしく・・

何でこんなに焦ってCDを出すのかは謎ですが・・
とりあえずCD1は鑑賞。

usatoraotokocd.jpg

<出演>

卯月:宮田幸季  野浪:三宅健太  タカ:羽多野渉

宮田さんと三宅さんはかなりピッタリでした!!

音だけなのでアニマル化する可笑しさがちょっと残念ですが、
漫画の雰囲気を壊さず忠実。

一方原作より面白かったのは、野浪とタカの漫才会話♪
羽多野さんの演技がとても自然でよかったですっ


さて、ウサ・トラ2巻の巻末には<あんちゃん&一至くん>の続編が付いていて、
こちらも相変らず可笑しい~。

一至の歪んだ執着とそれに騙されてしまう年上公務員が傑作で、
あんちゃんが黒い愛情を受け入れる日はやってくるのか??

3巻はこれの続編も収録して欲しいですっ。


*追記:CD公式の「兎・虎CMドラマ」が面白いです♪
[ 2010/06/01 14:21 ] 本間アキラ | TB(0) | CM(5)

最後の肖像(本間アキラ) 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

本間アキラさんの新装丁版『最後の肖像』を読みました。

この作家さんは去年「兎オトコ虎オトコ」で出会って嵌り、
過去作品も買おうとしたら在庫切れ・・。 

結局2冊は古本でゲットしましたが、
「最後の肖像」は保留状態。

で、私と同じよーな「ウサトラ」→「過去本」な読者が多かったのか、
先月新装版が発売されました♪ (「兎虎」感想はここ


「新・最後の肖像」は表紙・後書き・帯・ペーパーが新しいようで、
表紙以外はお笑いテイスト

物語は「最後の肖像」「天国への階段」の2作品が収録され、
1話目は姉の婚約者と恋に堕ちる禁断もの。

欲しいものをスケッチブックに描きとめる癖がオチになるとは・・
洒落ていました。
(攻のビジュアルが直江な雰囲気♪)

2話目はアメリカンハードボイルド。
ひねた攻・キースとボケた受・ナルミがナイスなコンビで、ストーリーも面白かった

機会があれば是非続編を!
後書きなみたいな雰囲気で、色んな事件を解決して欲しいです!!
[ 2010/01/15 20:00 ] 本間アキラ | TB(0) | CM(2)

兎オトコ虎オトコ 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

本間アキラさんの『兎オトコ虎オトコ』を読みました。

動物タイトルの場合、獣耳ファンタジーと
キャラの個性がアニマル化する作品に分かれますが、
『兎オトコ・・』は後者。

刺青を背負ったヤクザ・野波が虎
メガネッ子なお医者さん・卯月が兎に描写され、
主に押し倒しシーンで動物登場♪

ガオーッな虎とプルプル兎が猛烈に可愛可笑しくて
ナイチンゲール症候群なラブコメが面白く展開しています。

野波は自分を助けてくれた医者にほとんど脅し愛なため、
一見小学生な卯月は怯えっぱなし。

が、強面ながらも実は優しいヤクザさんなので、
Hをかけたジャンケンシーンは甘さと笑いが溢れまくり

卯月もこれにはほだされ気味で、
野波が兎携帯にヤクザさんと登録されているのが爆笑でした。

ラストは2巻に思いっきり続くでしたが、このまま兎さんは食べられてしまうのか??
愛にはマジメそーな虎さんがちょっぴり可哀想でした。


さてこのコミックにはもう1話「嘘とかいて本気とよむ」が収録。

超IQの高い少年×16才年上の区役所勤務男
のラブストーリーですが、少年と言っても3才からスタートするのでほぼ育成BL。

幼児のくせに計算高く、冷静に執着愛なのが恐ろしくて面白い♪
これも印象に残るお話でした。


てな訳で、本間さん漫画はお初だったにも関わらず非常~に楽しく読んでしまい、
他のもゲットしたくなって即Bオフへ。

で、見つけたのがこの2冊↓

hon1.jpg 愛が神を殺す時 hon2.jpg  人生は薔薇色だ

2冊とも現在の絵より耽美系とゆーか、劇画チックで、
Hに至るまでの時間が短いですが・・とりあえずマズマズ♪

「愛が神を殺す時」アメリカンマフィア×ジャパニーズ浪人生で、けっこうシリアス
ひたすらマフィアのレイがカッコよかったですっ

「人生は薔薇色だ」リーマン部下×上司で、
部下・宮本のワンコなおバカさが爆笑。
水戸黄門みたいなじーさんの存在も面白く、上司・氷室もメガネ美人さんでした♪

で、もう1冊「最後の肖像」というのを読んでみたいのですが、
本間さんの過去本は只今在庫切れが多く・・気長に古本で探すしかないようです
[ 2009/09/15 17:44 ] 本間アキラ | TB(0) | CM(4)
その他のBLレビュー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム