BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 山田ユギ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まほろ駅前多田便利軒4

「まほろ駅前多田便利軒」最終巻を読みました。
(3巻感想はここ

原作も漫画も自傷気味で優しい行天が大好きな私は
今回もユギさんの絵に悶えっぱなし。

半裸、小指、そして多田に拾われるラストシーンの表情がもう、もう・・。
終わってしまって本当に哀しいです!!

maho-4.jpg

4巻目は産院で取り違えられた青年が
実の親の現状を知りたいと便利軒に依頼。

<血の繋がりのない親子>
に自分の過去がかぶり、不安定になる多田。

ところが行天は依頼遂行を望み、
仕事を受けたくない多田と対立。

自分の子と確信できない赤ん坊の
父になろうとしていた多田と、
遺伝子上の子供がいる行天・・。

多田は自身の過去と向き合い、
行天との関係も見つめ直すことになります。

てなわけで多田の過去が切ない4巻でしたが、
幸福は再生すると結ぶラストは感動的。

ユギさん独特のユーモアと色気で、
原作と同じかそれ以上に素晴らしい。

後書きのしをんさんの興奮っぷりがごもっともなシリーズでしたw


さて、この4巻発売と同日に20周年記念本が到着♪

nijyuunenn.jpg

1番嬉しかった番外編は「明烏」。
タレ目の脱力系上司が相変わらずイイ味で、
翻弄される部下も可愛かった~。

そして「ピクニック」番外の岸岡はどうしてこんなにムンムンしてるのか・・
ユギさんの描くオッサンには本当にやられます。

この他1番好きなドア3兄弟や
コミックス一覧にある20年後イラストも面白くて、
本編を全て再読中~。

で、気付いたのですが・・

ユギ作品は全体的に時の流れが早く、
突然失踪する人が多い(笑)。

でもどれもこれもしっかりした起承転結と笑える演出が最高で、
スピード感のある話運びとキャラのカッコ可愛さは完璧。

短編も長編も上手いBL界のトップ作家さんだとつくづく実感。
今後もユギさんの健康を願ってやみません。
スポンサーサイト
[ 2017/02/12 12:16 ] 山田ユギ | TB(0) | CM(1)

CD・一生続けられない仕事

一生続けられない仕事(1)のドラマCDを聞きました。

ittushou.gif

<キャスト>

早坂: 小野友樹  片山: 森川智之  三上: 新垣樽助
森: 鳥海浩輔   真行寺: 本多真梨子  月山: 浅科准平
ピーチパイのママ: 伊藤健太郎  平井:西山宏太朗 他


ユギさんのジャケットと森川さん目当てで買いましたが、
予想どーり両方とも満足♪

特に三上と片山のツーショカラーがよくて、
バレンタインSS漫画も面白かった(^^)

CDはコミック1巻がそのまま入ったストーリーで、
以下のような内容。

トラック1:鈴木製作所エピ
トラック2:ゲイサラリーマンエピ
トラック3:片山の昔の女エピ
トラック4:番外編ピーチパイママ&平井さんの萌語り


なので新鮮かつ強烈だったのが、
原作にない4のオネエトーク。

伊藤さんの激しい「ヘヴン」に腹筋崩壊。
続編CDにも必ずこのオマケをつけていただきたいです!!(笑)

そして1番よかったのがトラック1のラスト、
片山が「三上には黙ってろよ」と早坂にそっと言うシーン。

これは原作にない台詞ですが、
モリモリの声が身悶えするほどイイッッ。

本当に森川さんが大好きだぁぁぁ と思える瞬間でしたww

この他「囀る・・」の矢代しか知らなかった新垣さんが
全く違うキャラで同一人物と思えず・・

面白かったです(^^)
[ 2016/03/28 16:35 ] 山田ユギ | TB(0) | CM(0)

一生続けられない仕事3

山田ユギさんの「一生続けられない仕事」3巻を買いました。
(2巻感想はここ

新作のオリジナルBLはなんと4年ぶり。
(本当~に神と先生に感謝!)
なのでかなりワクワクページを開くと・・

三上は美人の極みだし、片山は哀愁おびてるし、
早坂涙腺弱いけど、男を上げっぱなし!

期待以上に面白かったぁぁぁぁ ♪

ittushou3.gif

3巻は小野田の父の遺言書問題から
三上・小野田・片山の関係と過去がひも解かれ、

恋人を喪ってしまった三上の哀しみはもちろん、
片山の想いと罪悪感が心に迫って切ないっ。

なのでところどころ泣きそうになって、
三上と片山の抱擁には思わず鳥肌。

早坂の存在がボス弁2人を救い、
本当にホッとしました。

てなわけで、今回は活躍できず
掃除しただけとなりましたがw おそらく4巻で片想い状態から脱する筈?
片山×早坂のラブも深く進展して欲しいですっ。

それにしても若い頃の三上の可愛さは異常!
24歳・片山もカッコ可愛いくて・・
どうして死んじゃったんだよぉ~小野田さんっっ という感じ(T_T)

ページ数は少ないけれど、
描き下ろしを含む過去エピ2編が凄くよかった

そしておまけ漫画の妄想祭りなピーチパイママと、
後書きの三上も爆笑。

ユギさんのこーゆー笑いのセンスが本当に好きですっ(^^)
[ 2015/11/30 16:42 ] 山田ユギ | TB(0) | CM(1)

うちの神様にはがっかりだ!

山田ユギさんの新刊「うちの神様にはがっかりだ!」の感想です。

kamisama.gif  (山田ユギ/佐々木禎子)

「うちの神様・・」は雑誌で読んだことがありますが、
連載中でストーリーがよく分からず、
「佐々木さんってどんな作風~??」と、ぼんやり思っていたマンガ(^^;

ところが1冊になったらけっこうボリューミー。

恋に浄霊や付喪神の不思議エピが絡んで、
番外編にはおっさんラブまでつく充実度♪

オマケに攻が神主なので和装頻発。
ユギさんの描く 水干男子がカッコイイ~っ!!
と、先ずはコス萌え。

普段着とのギャップと変人ぶりも堪らず・・、
とにかく将和のイイ男ぶりに悶えましたw

一方、幼馴染で不動産会社勤務の悠人は霊感を持っているわりに
心霊現象を信じないタイプ。

でも魂が清らかなので、将和が見ると悠人はキラキラなオーラをまとっていて、
その美しさに一目ぼれ。

神社の御神木も同様に悠人が好きなようで・・
触〇で大活躍ww

付喪神に意地悪をされたり、前半では霊に一瞬憑かれたりと
いろいろありますが、全体的には心温まるラブファンタジー。

原作付でもユギ先生独特のユーモアと優しさがたっぷりで
番外編でいきなり始まる不動産会社所長の恋愛もなんだか爆笑。

社員×所長の続編か、横井が営業所にいた頃の過去編が
読んでみたいぃぃぃ です。

この他面白かったのが将和パパが抱いているニャンコ。
模様が麦ちゃんで、顔が米ちゃんみたい(^^)

子猫もたくさん出てきて可愛かったです♪
[ 2015/10/28 15:17 ] 山田ユギ | TB(0) | CM(1)

まほろ駅前多田便利軒3

お久しぶりの「まほろ」ですっ。
3巻が無事に出て狂喜乱舞。ユギさんが復活されて本当によかった!!

maho3.jpg  まほろ駅前多田便利軒3 (山田ユギ/三浦しをん)

で、今回は原作の4章終わりから5章までが収録。
(2巻感想はここ
刺された行天のその後と、訳ありの女子高生を預かる二人のストーリーですが、
虐待と親殺しの事件が絡み、けっこう重め。

でも原作もユギさんも絶妙に<笑>を挟んでくるので、陰鬱にはならず、
行天の吸血鬼リーマンとシャンプーハットには盛大に吹き出して、
オッサン達の目の下小皺にはうっとりw

が、自分を大事にしない行天の心の闇は底知れず、
かろうじて向こう側に行かなかった行天と、行ってしまった女子高生の対比が切ない。

そして多田の行天に対する罪悪感と、
「出て行け」と言えない関係性には萌を感じました。

「まほろ」はあと1巻で完結と思われますが、
続編もできればコミック化していただきたいっ。

原作付の漫画はどこかぎこちないことがありますが、
この作品はまるでユギさんのオリジナルのような感触があって、
小説より好きかもしれません。

*原作3巻の「狂騒曲」と今回の漫画を読んで思ったのですが
多田と行天はBBCのシャーロックとジョンにキャラがちょっとかぶる~。
[ 2014/10/05 15:10 ] 山田ユギ | TB(0) | CM(2)

誰にも愛されない(下)

「誰にも愛されない」下巻を買いました。 (上巻レビュはここ

誰にも愛されない 完全版 下 長谷川×上野編 (バンブーコミックス 麗人セレクション)誰にも愛されない 完全版 下 長谷川×上野編 (バンブーコミックス 麗人セレクション)
(2013/11/16)
山田 ユギ

商品詳細を見る

ペーパー欲しさに地元本屋で買いましたが・・
帯があってよかった。

帯がないと長谷川がパンちらで、上野さんは脱パンなので
周囲への警戒値が異常になるところ(笑)。

さて、下巻はまず見開きカラーの長谷川&上野にグハッとなって、
リブレ版はモノクロだったから尚更カッコ色っぽくて悶絶。
(ユギさんの絵が好き過ぎて困る・・)

で、美人ツンデレな上野と軽そうなのに人がイイ長谷川の物語が始まるわけですが、
前半の感想はちょっと省いて初収録の後半にいってみます。(前半レビュはここ

後半は長谷川が家業を継ぐことになり、遠恋問題が発生。

それと並行して上野に作家再開の誘いが舞い込み、
恋と仕事でグルグルする上野さんが、普段毒舌なだけに可愛くて切ない。

彼の涙とエロ姿は相当キュキュンなので、
本編から描きおろしに続く長谷川のベタ惚れ状態は当然でしょう♪

下巻は長谷川たちの他にもう1編オヤジBLが収録されていて、
主役はチェコ時代のアパート経営者・司郎さんとその恋人(?)ヤーヒム

で、二人ともイイ歳なせいかナニのシーンはガチでオッサンとオッサンのぶつかり愛。
なのでけっこう濃かったですが、ユギさんの中年は大好きなので全然ОK。

しかもこの作家さんで外国人は珍しい・・てかお初???
(若い頃の二人もメチャかっこよかったぁぁぁ)

とりあえず全体的に内容もエロも充実な、改めて1冊にしてよかったと思える完全版。
そしてカバー下&ペーパーも相変わらず爆笑でした~。
[ 2013/11/17 16:23 ] 山田ユギ | TB(0) | CM(0)

誰にも愛されない(上)

「誰にも愛されない」新装版を買いました。

誰にも愛されない 完全版 上 飯島×日下編 (バンブーコミックス 麗人セレクション)誰にも愛されない 完全版 上 飯島×日下編 (バンブーコミックス 麗人セレクション)
(2013/10/17)
山田ユギ

商品詳細を見る

この作品の飯島・日下編はすでに3冊目。
新装されるたびに購入しているわけですが、正直こんなに続くとは思わず・・

darenimo.gif
↑ビブロス版、リブレ版、竹書房版

とゆーのも最初に読んだ飯島編が「最後のドアを閉めろ!」後ろの短編だったため、
どうにも「ドア」の方が面白くて印象が薄かったから。

でもリブレ版で1冊となり、さらに長谷川・上野編がくっついたら相当肉厚にっ。
どっちのCPも濃くて面白い~。
買って損のない1冊になっていました。

そして今回は上・下巻の新装版♪
ペーパーと書下ろし目当てにゲットして、プロポーズ&指クチュが可愛いやらエロいやら。

でもそれより衝撃だったのがカバー裏の二人(笑)。
これは7年後くらいですかね~。

吉本&須藤のその後も読んでみたいです!! (この場合メガネ受希望)

(「誰にも愛されない」レビュはここ。CD感想はここ

*ユギさんはお仕事を復帰されるみたいですね~。
最初に病気を耳にしたのが約2年前。ご本人は本当に長いこと憂鬱だったと思いますが、
またマンガを描く勢いになってもらえて心底嬉しい!!!
ムリせず頑張っていただきたいですっ。
[ 2013/10/19 15:16 ] 山田ユギ | TB(0) | CM(1)

「夢を見るヒマもない」文庫版

山田ユギさんの「夢を見るヒマもない」文庫版を買いました。

夢を見るヒマもない (幻冬舎コミックス漫画文庫)夢を見るヒマもない (幻冬舎コミックス漫画文庫)
(2013/04/24)
山田 ユギ

商品詳細を見る

普通版は当然持っているので、
お目当ては書下ろし・ペーパー・未収録短編2作
(「夢を見るヒマもない」本編レビュはここ

で、先ず書下ろしは吉武の誕生日を裸エプロンで祝う川村。
なのでけっこうなエロエロ展開でサービス満点

「ユギ先生、お元気になられたんですねっ!という描き下ろしでしたぁ(笑)。

そしてペーパーは川村に<タチ>を薦める森下の「悪魔の囁き」。

受・吉武(妄想)と相変らず魔性な先輩がよくて、
ペーパー裏のパイロットコスの吉武も猛烈ステキ!!

ベタ髪な攻に弱いので・・グハッとなりました

短編の1話目・「夜に滲む」は叔母の愛人に執着しているメガネ男と
ホスト風な愛人男の微妙な主従関係。(2004年作)

たった16ページでしたが、靴紐を結ぶシーンにドキッとさせられ
ユギさんの絵はこの頃が1番好きなので、もう少し続きが読みたい物語でした。

もう1話は「俺を肴に飲む男」(2000年作)

逮捕歴のある冴えないオジサンと若者の交流を描いた作品で、
××シーンはないものの、オヤジ受けの原点? 

ユギさんのくたびれたオッサンが好きですっ。
[ 2013/04/27 20:37 ] 山田ユギ | TB(0) | CM(0)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。