BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 甘野有記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

聖夜の紳士協定 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

甘野さんの『リチャード&李悠シリーズ』第5弾を読みました。
ほぼ2年ぶりの新刊で凄く嬉しい~っ♪♪
(シリーズ感想はここ

で、相変らず優しいほんわかストーリーが満載で
今回は全部で8つのお話が収録。

1話1話は短いものの独特の絵柄と雰囲気で、
濃厚な絡みは一切無いのに 甘甘ラブラブ

のほほんご主人様・リチャードと可愛い執事見習い・李悠
4巻より更にイイ関係

特に李悠は愛されることに抵抗しなくなったとゆーか・・
リチャードに甘くなった気がします♪


さて最近二次元世界には色んな執事が居ますが、李悠みたいなラブリータイプは
けっこう珍しい気がして・・今回は女装率が高い

綺麗なドレスが凄く似合って、受の女装に抵抗がないアタシはちょっと嬉しい♪
この他執事さんのハロウィン変装も楽しかったです(笑)。


5巻は李悠に対する虐め、誘拐などの過激な事件は起こらず、
(リチャードが押し倒されかかっていましたが・・)
そのせいか全体的にふんわり感が倍増。

所々入る3頭身ギャグも面白く、リチャードの人柄のよさがよく分かるエピソードも多数。

でも私的に1番好きなのはやはりラブシーン
甘野さんが描く キス抱き締めっ は常に微笑ましくて、キュン死にできます


ところで、リチャード&李悠シリーズが出た勢いで、
「踊る月華」の3巻目もお願いしたいのですが・・

そもそも連載しているのか??
1年1冊は新刊が読みたいです~。
スポンサーサイト
[ 2009/07/03 08:13 ] 甘野有記 | TB(0) | CM(8)

翡翠のためいき・CD 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

甘野有記さんの「翡翠のためいき」CDを聞きました♪

<キャスト>

リチャード:森川智之 李悠:宮田幸季
クレメント:西村知道 アーサー:泰 勇気
パピヨン:成田 剣 他


この作品は英国貴族と使用人の恋を描いた「リチャード&李悠シリーズ」の1巻目を
CD化したもの。 (原作感想はここ

キャストを最初に見た時、宮田さんが少々イメージと合わず・・
でも芸達者な人なのでイイかも と思っていたのですが・・

慣れるまで大変でした~~。

李悠は中性的な外見でほとんど女装BL。内面も素直で優しいため、男性声優さんだと誰がピッタリか難しいところ・・。

でも他のキャストは比較的バッチリ♪
特によかったのは森川さんで、惚けた包容力が素敵でした

あと注目していたのは泰 勇気さん。
泰さんはゴースト・ハントで初めて知った声優さんでしたが、女王っぽい声が魅力的

今回 ナル とは全然違う声でしたが、次のBLは主役で絡んでいただきたいっ。
ドンドン業界に進出して欲しいです~。

成田さんは珍しくコミカルな役。上手くて面白かったです♪

西田さんは声が重厚すぎた感じがあって・・
でもトークで「俺、はまりそう・・この世界」とおっしゃっていたので、ベテラン声優さんも頑張っていただきたいです(笑)

トークと言えば、爆笑したのが森川さん発言。
「リチャードが李悠を拾わなければナンバー1になっていたかもしれない」
というもので・・・上手いですっ!モリモリっ


という訳で全体的にはまずまずの作品でしたが、やはり原作>CD。

原作は<題名・絵・ストーリー>全てが上品で、ちょっぴり笑える場面もたくさん。
とにかく独特の美しい雰囲気を持つ物語なので・・

これを音だけで再現するのは少々難しかったかもしれません。
[ 2007/07/07 21:09 ] 甘野有記 | TB(0) | CM(6)

甘野有記 本 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

甘野さんの「リチャード&李悠シリーズ」に先月嵌って以来
他の作品も当然読みたくなって・・以下のものを購入♪ (リチャード&李悠の感想はここ
kannno.gif  kannno2.gif  rakuenn.gif  kanno3.gif     

『踊る月華』・『真緋の月』・『楽園の階梯』・『幻の都』

4冊とも設定が現代日本でないせいか(?)凄く気に入りました♪
が、あえて順をつけるならこんな感じです。

『踊る月華』『真緋の月』>『楽園の階梯』>『幻の都』

『踊る月華』『真緋の月』(アクアコミックス)は連作で、時代は大正か昭和初期?

従兄弟同士の章博主計(カズエ)を描いたもので、
二人に絡んでくる様々な人や事件がけっこうサイコで面白かった。

章博は甘ったれな年下攻。容姿も豊かさも申し分ない人なのに、
主計しか見えていない執着型
なので、非常~にへタレてて私好み。

一方主計は男らしく威勢がよく・・でも、とても照れ屋。
ベタな従兄弟に戸惑いながらも、持ち前の包容力で章博を受け入れています。

この二人の関係は凄~くツボで・・
又、2巻のラストにあった「月下香」という兄弟ものも気になるところで・・
とにかく続編が読みたいっ!絶対に3巻を出して欲しいですっ!


『楽園の階梯』(ショコラコミックス)は4つのお話が入った短編集で中世の修道士ものと
大正時代(?)もの。

1番面白かったのはラストの「人形の家」で、シロさんが可愛くて、黒くて最高でした。

そして表題の「楽園の階梯」修道士コスで、禁断臭がムンムン。
言うことナッシングでした

それにしても、甘野さんは従兄弟同士が好きなんですね~。
月シリーズと「楽園・・」の中の3話は皆従兄弟。

幼馴染や血縁関係は普通より濃い感じがするので(禁断さが増すので)大好物です!


『幻の都』 (あおば出版)はアラブの主従もの♪
第2王子のシャールカーンとその教育係・ジュルナールの物語。

ジュルナールは黒髪で落ち着いた雰囲気ですが、実は年下攻っ
王子が可愛くおバカちゃんなせいか、教育係はあり得ないほど老け顔に見えます(笑)。

この物語はジュルナールがむっつりスケベで分かりにくい所がツボ。
又、第1王子のシャールカーンへ対する愛も謎で・・

こちらも続きが楽しみですっ!


甘野さん作品は時代物が多いせいか、とにかく服装や髪型が好み。
そして画面構成や柔らかい絵柄が私的に非常~にど真ん中♪

ギャグ顔や3頭身絵も可愛くて、ちょっと依田さん・あとりさん風。
顔が馬面なのは青池保子さん風(笑)

キャラクターも優しく可愛い人ばかりなので、今後は作家買いすること間違いなし!
あと2冊ほど未読本があるので、こちらも絶対読んでみたいです。


*月シリーズは白抜きのへタレ執着型攻×黒髪の男らしい受で・・ミラ変換発病っ!凄く好みな本でした♪
[ 2007/04/17 15:32 ] 甘野有記 | TB(0) | CM(8)

甘野有記さんコミック 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

甘野有記さんのリチャード&李悠シリーズを読みました。
このシリーズは現在4冊発行で、ほぼ1年1冊ペース。

riyo1.gif riyou2.gif  riyou3.gif  riyou4.gif

『翡翠のため息』→『楼閣の麗人』→『霧の貴公子』→『薔薇窓の下』
の順番で、題名がどれも美しい~~

内容もタイトル同様とても綺麗で上品
心がホンワカするストリーが一杯です。


甘野さんはこれまで全く知らない漫画家さんでしが、パピエマさん宅で見かけ
さらにふみ1202さんの記事を読んで読む気満々に。

何故って・・主従・チャイナ服・長髪・時代劇 と好物が4つも並んでいたから♪

その上絵もストーリーも好みで、ムチャクチャ好きな世界でした~


この物語は19世紀のイギリスが舞台。
伯爵・リチャードと執事見習い・李悠の物語ですが、
二人は身分違いで李悠は差別される東洋人、その上  

当然人目を忍ぶ恋ですが、ご主人様は愛全開で周囲を気にしないベタぶり。
なので李悠は常に伯爵の立場を考え遠慮がちです。

このため伯爵は李悠の愛を疑ったり、些細なことで嫉妬したりと大変ですが、
李悠はいざとなると強く、可愛げの塊になるので二人は結局ラブラブ

李悠に対する虐め、誘拐、誘惑などお約束な出来事がイロイロ起こるものの、
心温かい登場人物達のお陰で、どのエピソードも必ず甘甘。癒し系のラストです。

そして癒し系といえば、甘野さんの絵柄が柔らかくて最高~

ちょっと今市子さんに画面構成が似ている感じで、
全体的に書き込みが多く、1コマに対して人物が小さい。

全身と背景がしっかり描ける作家さんなので、画面にメリハリと動きがあってとても綺麗です。

あと甘野さんの絵は少し懐かしい感じがあって・・
中高生時代に好きだった漫画家さんの絵が混ぜこぜになった雰囲気でした~♪
(萩尾さん、森川久美さん、花郁悠季子さん(故人)とか・・)


この作品は全体的にはホワホワラブストーリーですが、コメディシーンも随所にあって
リチャードのお茶目ぶりと李悠のクソ真面目加減が面白い♪

そして最も笑えるのが老執事・クレメント

この人はご主人様と使用人の関係を薄々気づきながらも、
懸命に「そんな事実は無い」と思い込もうとしていて・・

4巻全ての裏表紙を飾る彼の苦悩顔が爆笑です。
[ 2007/03/28 19:19 ] 甘野有記 | TB(0) | CM(6)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。