BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > ミラージュ関連大河

「天地人」最終回(違っ) 「大河ドラマ『天地人』(1927)」

注:この感想は「炎の蜃気楼」目線です。???な方は回れ右をお願いします。


前回の景虎さま死亡で一気に見る気が失せた天地人。

が、直江ファンとしては信綱が存在するかぎりマストな状況で・・
本日も頑張ってテレビ前にお座り。

でも1番恐れていた時間配分で16話が終了。
斬られて次回へ続くだと又見なけりゃならないじゃないかぁ~~っ(泣)

にしても手のひらを返したように兼続びいきになった信綱。
結局最期は兼続に看取られる展開で、なんか異様に顔が近かったっ(笑)。

謙信、景虎、信綱とミラージュキャラのラストにやたら絡んでくる男でした。


てな訳で来週を天地人ラストレビューにしようと思いましたが、
気力が萎え気味なのでやはり本日総まとめ。

でも・・

残念すぎる信綱とか、残念すぎる信綱とか残念すぎる信綱とか残念すぎる信綱とか

文句を言い出したらキリがないので、今回はあえてのよかった探し。
「炎の蜃気楼」的に楽しめた点をあげてみようと思います♪

・玉山さんが美しかった。この人が景虎さまで本当~によかった
・大河OPで<上杉景虎><直江信綱><柿崎晴家>の名を見る日がくるとは、感激!
・信綱が無視されなくてよかった。
・ほたかさんの爆笑突っ込み漫画が読めた。
・邂逅編を全て再読した。アルバムを聞きなおした。
・天地人記事をアップすると反応が多く、ミラ人気の根強さを再確認。
・ミラ友さんと怒りながらも交流できた(笑)


以上です♪

終わってしまって寂しいような嬉しいような微妙な心境ですが、
世は大河やゲームの影響で歴女発生の戦国ブーム。

この流れにのって邂逅編がドラマCDやアニメにならないかと願うばかりです。
スポンサーサイト
[ 2009/04/20 10:04 ] ミラージュ関連大河 | TB(0) | CM(17)

「天地人」第15話 「大河ドラマ『天地人』(1927)」

注:この感想は「炎の蜃気楼」目線です。???な方は回れ右をお願いします。


御館が落城してしまいました

北条兄の出番も無く、激しい戦闘シーンも無く、
ミラアニメのような景虎さま自害シーンも無く・・かなり肩透かし。

ラストも赤い花とドライアイスな床が安っぽく、妻の遺体を姫抱きで歩く景虎さまが何だかな・・

が、そのわりには泣かせる台詞がけっこうあって

「人を信じ抜く力は残っておらぬ」 「我、生き過ぎたり」

と言われては、もう可哀想過ぎてテレビ前で身悶え・・。
道満丸事件も痛くて痛くて、ちょっと2度目が見れませんっ。

でも景虎の孤独を理解し、幸せになって欲しいと願っていた謙信パパの気持ちは
嬉しかった。
仙桃院は嫌いですが、この時ばかりはイイ事言うな、この尼さん と思ったのでした~。


にしても相変らずお船と兼続はしゃしゃりで・・
特に兼続はどこにでも湧いて出るっ

なので言い訳しに来ただけなのに、景虎さまと最後に言葉を交わしたのもこの人・・。
(せめてこの言い訳部隊に直江が居たら

でも今回1番頭にきたのが遠山で、
景虎さまにやる気がないことが分るがいなやサッサと北条へ帰り仕度。
そしてあの笑みはなんだったのぉ~~??

もしや道満丸暗殺もこいつが噛んでいる??
誰かこのオッサンの腹黒を暴いてくださいっ!!


さて、今回で玉山景虎さまが終わってしまったので正直もう見たくないですが、
直江ファンとしてはあと1回は頑張りたい。

なので大河のまとめ的感想は次回の信綱終了で書いてみたいと思います。


*今回の天地人紀行で紹介されていた鮫ヶ尾城はまだ行ったことがありません。
(雨のためここだけ諦めたんです)
あと勝福寺に銅像があるとは知りませんでした。いつかリベンジしたいです!!
[ 2009/04/13 10:55 ] ミラージュ関連大河 | TB(0) | CM(8)

「天地人」第14話 「大河ドラマ『天地人』(1927)」

注:この感想は「炎の蜃気楼」目線です。???な方は回れ右をお願いします。


「天地人」第14話は武田と再盟約を結ぶ兼続ストーリーでしたが・・

もう義も誠も恥も外聞もあったもんじゃないっ

布の下から黄金が現れた瞬間、
娘どもと チョコ? チョコっ チョコ~! と口を合わせましたが・・


あのお金攻撃は酷すぎるっ。桑取を身一つで説得したアレは何だったの??

ちょっと景勝が可哀想になってきました。
華姫ですら真実を知ったのに、騙され続ける男・・。

仙桃院が戦後どう責任をとるのか、見せてもらいたいもんです


にしても御館の乱は意外にも引張りますね~。もしや玉山さん効果?!
それにしては出番が少ないですが・・

本日は遠山の悪代官笑いにまみれていました
[ 2009/04/05 21:34 ] ミラージュ関連大河 | TB(0) | CM(8)

「天地人」第13話 「大河ドラマ『天地人』(1927)」

注:この感想は「炎の蜃気楼」目線です。???な方は回れ右をお願いします。


家族サービスで千葉に1泊してました。
なので大河は昨日見たきりでちょっと記憶おぼろげ

まあ、景虎様の出番が少なかったので見直す気にもならないんですが・・
とりあえず「全てはだましあい」という言葉だけが脳裏に残った13話でした。


さて今回は武田の取り込みに成功する兼続がメインでしたが、

桑取も景勝も高坂も簡単に説得されすぎっ!!

もしや全員兼続の若さと可愛いさに骨抜き??
あのラブリーフェイスにヤラレテしまっているのでは~~??

そして綺麗な顔にごまかされている人がもう1名。
お船の若さと美しさに「まあ、いいか・・」的なイイ人・信綱

ほんとに死ぬのを待たれてる感じで、Y氏に迫力がないのでマスマス哀れ(泣)
今更ですがもう少しアクの強い俳優さんで、いっそカッコイイくらい邪魔な悪役がよかったです

この他迫力がなかったのは高坂。あまりにも死相が出まくりで、
病んでいるとはいえ美老人に仕上げて欲しかったぁ。


次回は景虎さま出番増量と兄二人の登場を期待。
特に照兄が弟想いの暑苦しいキャラだと嬉しいです(無理)
[ 2009/03/30 19:56 ] ミラージュ関連大河 | TB(0) | CM(6)

「天地人」第12話 「大河ドラマ『天地人』(1927)」

注:この感想は「炎の蜃気楼」目線です。???な方は回れ右をお願いします。


第12話は 直江の台詞が多かったぁ~~っ。

これまでの1番? ここにきて最多?
でも、でも なんかへタレてて、嫉妬シーンはかなり痛いっっ

景虎さまと信綱の共通項が妻に切れるところだなんて・・
やっぱり本当の伴侶じゃないからそんな事になるんですっ(腐)

そして本日の景虎さまといえば・・

「今度は利用してやる番よ」と氏政兄に対して、さもありなんな恨み言。
更に「大事なものが壊れていく辛さ、味あうがよい」と兼続にも敵愾心。

という訳で 女王的呟きがカッコよかった

にしても桑取の寝返りは酷すぎる。
金返せ~~っ!の一言につきて・・御館に返却したのか心底せこい心配
戦のスタートに<義>がない兼続に付くとは、見る目のない一族です。


それにつけても景虎様の北条の血は最後まで周囲から信用されず、利用されるだけのもので・・

関東から極寒の地に嫁に来たとゆーのに(違っ)
謙信パパを慕う気持ちも踏みにじられ、ひたすら涙を禁じえません


*信綱の前立は梵字ですが、<バイ>ではなさそう。
何の字なのかな~??
[ 2009/03/23 10:11 ] ミラージュ関連大河 | TB(0) | CM(13)

「天地人」第11話 「大河ドラマ『天地人』(1927)」

注:この感想は「炎の蜃気楼」目線です。???な方は回れ右をお願いします。


遅ればせながら「天地人」11話の感想です。

今回は先ずは冒頭でビックリ。 <なんてったって本丸>

はぁ? それはもしや<なんてったってアイドル> のパクリですか~?

て、人をおちょくるにもほどがあるーーーっ
景虎様の大事に何たるおふざけっ!!

こんな出だしで御館の乱が描かれるのかと思うと・・
もう多くは期待すまい

てな訳でこの先は文句たれまくります。不快な方は引き返してください。


先ず今回ムッとしたのは兼続とお船のイイ子ぶりっ子加減。
両者とも親子でA級戦犯のくせに、戦争回避に奔走してみたり、密会してみたり。

そんな中信綱はほんとに只のイイ人キャラで、二人を疑いつつも何だかな・・。

そして兼続たちの苦労を無駄にするようにグレ続ける景虎さまですが、
ずっと北条者として気を使い、謙信の信念を大事にしてきた彼が切れるのは当たり前っ。

思わず邂逅編を特集した「活字倶楽部2009冬号」の抜粋台詞
「もうなにも愛さない」が頭をよぎりました。

にしても相変らず景虎さまの陣営は人相悪い人が多く、
景虎様の女王的表情だけが異様にキラキラ

そのせいか銃を構えれば誤射や降雨の不運。

熊本編で「なぜ私を捨てるのですか」と謙信に叫んだ高耶さんの言葉が思い出されました~


そして11話1番の怒りポイントはお船が「私は夜叉になろう」と呟いたところ。
「夜叉衆」を名のるなんて100万年早いはっっ (違っ)


という訳で冒頭から脱力したアタシは景虎&華姫夫婦の会話を
景虎&直江に置き換えるというありえない妄想で乗り切ったのでした♪
(当然ビジョンはほたかさんイラスト)


さて11話のちょこっと萌えは次回予告。
これには娘共がオオオオで・・ 12話も何とか頑張ります(笑)

*天地人紀行は5年前に行ったことのある場所で、懐かしかったです。
御館は住宅地のど真中にあってちょっとビックリでした。
[ 2009/03/17 20:31 ] ミラージュ関連大河 | TB(0) | CM(14)

「天地人」第10話 「大河ドラマ『天地人』(1927)」

注:この感想は「炎の蜃気楼」目線です。???な方は回れ右をお願いします。

第10話は・・怒りポイントが多すぎてどこから突っ込んでイイのか分らない~~っ

とにかく樋口親子が出しゃばり過ぎっ!!

景虎さまを疑う兼続が死ぬほど生意気な上に、
今まで大して出番のなかった父が何故いきなり息子をそそのかす??

もしや晴家を暴走させたのもこの父??
ゲジ眉遠山と並ぶ陰謀家なのか??

で、晴家ですが・・あっけなくお亡くなりに~~
一人で行くとは激しく無謀で、しかも景虎さまにあっさり流されてる・・(哀)

にしても来週はもう御館の乱
ラストで怒りに燃える景虎様には相当クラクラしましたが・・

健気に耐える姿を見るだけで鼻の奥がツーンだった今回。
なので次回どうなることやら、自分


さて、さて本日の直江ですが・・
景虎さまと座り位置が近かったぁ~♪ しかも直江のクセに上座に!!

ああ、でもやっぱり存在感薄っ。

いっそ兼続父の役目を信綱がやっていたら!!
その方が敵対加減が深くて萌えたのにぃ~~!!

そして存在感薄いといえば、景勝も相当残念なキャラに・・。
こんなボヘ~とした人に景虎さまが滅ぼされたのかと思うと納得できないっっ。

てなわけで、文句ばかりの感想となりましたが
今回唯一嬉しかったのがOP<イケメン>。

ほたかさん突っ込みのタイガースアイ再びで惚れ惚れ

あの戦国スキー乙女の映像は以前NHKニュースで見たような気がします(笑)。
[ 2009/03/08 23:02 ] ミラージュ関連大河 | TB(0) | CM(12)

「天地人」第9話 「大河ドラマ『天地人』(1927)」

注:この感想は「炎の蜃気楼」目線です。???な方は回れ右をお願いします。


第9話は・・ とうとう謙信パパがお亡くなりにぃぃぃ 

で、それと同時に早くもお家騒動の兆しがそこかしこに見られ・・
景虎さまに色んな罠が待っていそーな予感(泣)。

でも  『もう1度景虎と呼んでくださりませ』
にはナニかがきたぁ~~!! 

萌と切なさが混ざりあってかなり身悶え。
そしてその後の遺言シーンもなんだか可哀想で可哀想で・・

やっぱりお船親子は嫌いですっ


さて、今回気になったのが遠山康光。かなりたぬきっぽいジジイですが、
この人は「覇者の魔鏡」の悪役・遠山康英の父ですね。

でも父は最期まで景虎を裏切らずにいたので、イイ人なのか??
ラストの晴家暴動に1枚咬んでいる気はしますが・・。

hashama.jpg

にしても臨終や遺言の真実に兼続がしゃしゃり過ぎっ!! (て、主役だから)

そしてこんな人の良さそうな主従がこれから景虎一家を皆殺しにするのかと思うと
ちょっと不自然で・・

なので景勝たちが自然に戦へ向かうには、予告のよーに景虎様の人格が荒れるしかない??
今後の扱いがスンゴク不安です

さて、本日の信綱は 只の脇役でした(笑)
晴家達とちょっともめてましたが、娘どもに「エッ、出てたの?」と言われる存在の薄さ。

まあ、仕方あるまい。
[ 2009/03/01 22:16 ] ミラージュ関連大河 | TB(0) | CM(15)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計