BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 罪シリーズ(愁堂れな)

罪な後悔 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

罪シリーズの新刊『罪な後悔』を読みました。

今回の事件は覚醒剤絡みで殺されたヤクザが中心でしたが、
このヤクザさんと偶然にも路上でぶつかり、目撃者となってしまうごろちゃん。

相変らずトラブルを引き寄せてしまう体質のようで・・
こんな上手い話があるかぁ~
と笑えますが、2時間サスペンスにはお決まりな展開が必要。

そして良平・ごろちゃんのラブラブも又しかりで・・
ただいまHは当然健在な上に、××描写も毎回同じ。

でも二人の労りあう甘甘は大好きなので、これでイイのだと納得します(笑)。

が、今回はこのベタぶりが許せない高梨の後輩が登場。
この人の意地悪やトミーのイヤミが面白く、更にミトモの高梨に対する態度が爆笑~。

是非音声で聞きたいですっ!!

「罪な後悔」は代議士の親子関係が切なかったですが、良平の叫びが伝わって一安心。
良平とサメちゃん、そして再登場の雪下との友情関係もよかったです♪

*武内にはお稲荷さんを食べさせれば完璧っ!
スポンサーサイト

罪な回想 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

罪シリーズ新刊「罪な回想」を読みました。

とはいえ、今回は同人誌を加筆修正したものらしく新作ではなかったのですが
私は持っていなかったのでかなり楽しめました♪

内容は「罪な回想」「罪な郷愁」「スーパーポジティブ」の三章で、
里見事件後の二人に対する周囲の反応が殺人事件を絡めながら
描かれています。

「罪な回想」は良平&ごろちゃんに対するさんの驚愕が中心。
「罪な郷愁」はゴロちゃんを取り調べた大阪の刑事・小池の戸惑いが中心。

そして「スーパー」はまだごろちゃんに反感を抱いていた頃の富岡が中心です。
(「スーパー」と巻末2ページ漫画は書き下ろし)

で、3作とも共通しているのは全員がごろちゃんにメロメロとゆーこと。

ほんとに 無自覚に男殺し な人で・・
これには普段穏やかな良平もプッチン。無理矢理××しておりました~。

が、それにつけても・・

良平の職場はおおらか過ぎるっ

何でこんなにデレデレな高梨を許す??
何でこんなイチャこらしている二人に協力的??

とにかく完全に面白がっているにしても見守る目が温かすぐるっ(笑)

良平よ、少しは自重しろ・・ 

と呆れながらも甘甘に癒される可笑しな小説なのでした


今回は「回想」が全体的にお笑い担当、「郷愁」が切なさ担当とバランスがよく、
相変らず超オープンな良平の関西弁と、照れ屋なごろちゃんが可愛らしい♪

しかもしっかりボイス読書なアタシは
「郷愁」のごろちゃん嘘泣きシーンがメッチャ聴きたくなって・・

これも絶対CDにして下さい!!

「罪な復讐」CD 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

「罪な復讐」CDを聞きました♪

<キャスト>

田宮吾郎:野島健児 高梨良平:置鮎龍太郎
富岡雅巳:遊佐浩二 長谷川佳治:平川大輔
里美修一:谷山紀章 ミトモ:太田 哲治


待ちに待った罪シリーズ続編です♪
オッキーの関西弁と可愛いノジケンさんが大好きなこのCD。無事発売されて本当によかった 

で、今回はシリーズ第5弾。内容は過去の里美事件絡みで少々重ため。
でもゴロちゃんの中で里美の事が整理されているのがよく分り、けっこうイイ話に。

長谷川役の平川さんも出番が多く好演で、谷山さんもきちんと再登場でした♪
(原作感想はここ


今回1番好きなのは 『いけずやね』の野島さん。

この場面、メタメタ可愛いですっ!!

そして前後の台詞も二人が相当自然なトーンで会話をかわし、
ほんとに夫婦なんじゃないかという・・(アホ)

とにかく置鮎さんと野島さん、一緒に出てくる場面は常に××みたいな作品なのに、
それが甘甘でよくて、よくて・・

でも帰宅した途端Hにはエエッ!もう?とビックリしましたが・・
そう言えば原作がそうなのでした(笑)。


さて、次に嵌ったのはミトモさん。
毎回毎回強烈で大好きですが・・今回も 「んもう、遅いじゃないのよ」
で、先ずノックアウト。

どう聞いても本物ですっ!! やっぱりおネエの人なの??

リロードのトークでも疑惑が生じましたし・・ああ、真相が知りたいっ!!
にしてもオマケCDの攻役は<男>でした(笑)

ママ専属でもイイけど、他の役も聞いてみたいですっ。


そしてもう1人注目は遊佐トミー。こちらも毎回思いますがとにかくピッタリ!!

最近全BLCDに出没しているのではないか??とゆーほど出演量の多いユッチーですが、
これは当たり役っ♪

ウラとトミーが1番好きかもと、改めて思いました~。


罪シリーズは原作がまだ2冊残っているので、こちらもCD化をお願いしたいです。

罪な愛情 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

罪シリーズ新刊『罪な愛情』を読みました♪

今回はゴロちゃんが異母兄弟の事件に巻き込まれるお話で・・
ゴロちゃんの隠された家族と過去が判明。

特に兄・和美のエピソードはやりきれない切なさがあって、
この人に良平の強引さが微量でもあったなら・・と可愛そうになりました

でもゴロちゃんは過去も現在もモテモテ
居るだけで男を狂わせる勢いで・・

無自覚に 魔性 です!


さて、今回も切なさの中に笑いどころがしっかり存在♪
それは良平・姉が作った「結婚しました」葉書

前巻の「温泉へ行こう」で撮ったツーショット浴衣写真がいつの間にか葉書になっていて・・爆笑~。

でもこの葉書をゴロちゃん弟が発見してしまい 大ショック!!
こんなアホラブ写真で取り乱しまくるなんて・・・どーしたこと??

と思っていたら、それには深~い理由がありました

良平にはこの理由を墓場まで持って行って欲しい気がします。


にしても、マイペースな良平が2年も田宮家族について追求しなかったのはちょっと不自然。
気遣い過ぎたのが仇になり、今回はトミーが頼れる奴になってしまいました・・。

トミーにもそろそろ幸せになってもらいたいです


今回の「罪な愛情」も陸裕さんの漫画付き♪ (表紙も扉絵もステキ~
で、ミトモはけっこうイイことを言っていてサメさんと一緒に納得。

この二人は何気にお似合いだと思いますが・・
本編のみならず漫画部分もドラマCDで聞きたい~~っ!

秘かに太田さんのファンなので・・ミトモさんの声が聞きたいんですっ!!
続編を誰か制作して下さい

罪な告白 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

愁堂れなさんの新刊「罪な告白」を読みました。

このシリーズはアイノベルズさんの倒産でどうなることかと思いましたが、
ラキア作品同様、ルチルさんが救済♪無事新刊が出る運びとなりました。

でも今回の「告白」は実は新刊と思っていなかったアタシ・・。
シリーズ6作目ともなると題名をよく覚えてなくて・・
復刊と思い込んでました~

なので、新ストーリー&陸裕さんの漫画付き と知って小躍り。

内容は期待どーり、とても面白かったです


「告白」は前半が「宿命」で登場した雪下絡みの事件解決。
そして後半はコメディタッチのコラボ企画 「温泉に行こう!」&同人誌から「愛惜」が収録でした。

前半は事件を追いかける良平と納中心なので、ゴロちゃんはイチャコラ場面オンリーですが・・

相変わらず砂を吐くほど甘甘~

ゴロちゃんは本当に控えめで、妻の鑑

でもこれが男でなく本物の女性だったら・・こんな女居るわけない~~っ!
と、同性故に嫌になってしまうところ。

が、謙虚な受君にはメチャクチャ きゅん 
BLってやっぱり素敵です(笑)


それにしても、今回の事件もラストがやりきれなかったです。
雪下の無実は証明できてヤレヤレでしたが、立石親子は今後どうやって食べて行くのか??
フィクションながらも心配になりました~。

罪シリーズはベタ甘ラブと事件内容の重量差がもの凄く、
時々そんなに幸せでイイんですか??と二人に突っ込みたくなりますが・・(笑)

主役も脇もあまりにもイイ人が多いので、十分許せてしまいます~。

特に良平は出だしの強引Hで、どんだけしょーもない刑事だと思ったもんですが、
実は優しくて非常~に人間ができている♪

周囲に居るサメちゃんやミトモさん、そして富岡も皆イイ味で楽しい♪

そんな訳で全員集合の「温泉に行こう!」は爆笑で、陸裕さんの優しく甘い絵が最高~

良平・姉の若さにはビックリで・・
サメちゃんのゲイ疑惑はマスマス増量しましたが・・

しっかりボイス読書もできて、面白かったですっ!


ラストの「愛惜」は良平の家族が笑えましたが、こんな物分りのイイ一家って・・
笑わせてしっとりオトス結末はとてもよかったものの、小姑パワーには圧倒されましたっ。


さて、今回一つ気になったのは雪下のボス・青柳
凄いクセのある人物で、挿絵も素敵♪ 今後も登場して欲しいです!

CD・罪な宿命 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

愁堂れなさんの罪シリーズ第4弾・「罪な宿命」を聴きました♪(原作感想はここ

<出演>

田宮吾郎:野島健児 高梨良平:置鮎龍太郎
富岡雅巳:遊佐浩二 藤本:堀内賢雄
ミトモ:太田哲治 納:園部啓一
雪下:檜山修之 水原:根津貴行


罪シリーズはオッキー・ノジケン好きなために原作よりCDをリピートしている作品。

置鮎さんの柔らか~い関西弁と野島さんの可愛い声に毎回ヤラレっぱなしで、
第4弾も当然メロメロ

今回のストーリーは珍しくゴロちゃんがトラブルに巻き込まれず、良平と藤本が過去のしがらみに苦しめられるというもので、
このため賢雄さんの出番が多く、トークも爆笑~(「看守と間違える」「フリフリーズ」とか)

とにかく賢雄さんのしゃべりは非常にツボに入りやすいので・・
「宿命」の藤本が相当熱いキャラでも・・

マジメに賢雄芝居を聞けない体になっています(←いいのか?)

さて、トークよりもっと爆笑だったのが実はオマケCD
今回は全てこれに持って行かれた感があり・・
私的に強烈だったのが ミトモさん

太田さんは・・本物?! 本物なんですかっ??

トークでも「フリフリ着てきちゃったとか言ってますし、自声も案外そのまんまで・・

本当にオネエの人ぉ~~~?

と、言いたくなるようなオカマ芝居の上手さ
オマケCDの漫才と「あんたらオカマをなめたらしょーちしないわよ」に痺れました~(笑)

この他笑えたのが遊佐さんの若本さんモノマネ。
トークで別人格だの、事務所単位だのブツブツ言っていたわけがやっと分かり、
良平とのブリザード会話も楽しかったです♪

あと気に入ったのがゴロちゃんの「どーしてそんなHなことばかり言うんだよ~~」
・・可愛すぎて悶絶しましましたっ(野島さん、あなたって人は・・)


さて、忘れてはならない本編です。

良平とゴロちゃんは相手を心配させまいとお互いに一生懸命になる人達なので、
その辺がいじらしいというか、もどかしいというか・・

今回は良平が「堪忍な」で元気がなかったので、ラストHはキャ~なサービス。

そこまで性生活を音にさらさなくても・・
と思いましたが、事件とラブの重量差に付いて行かねば、このCDにはハマレませんっ!(笑)

「宿命」もミスキャスト無しで、ゲストの檜山さんと根津さんもバッチリ♪

トミーの出番が少々少なめで残念でしたが、5巻目は増量なので次回も楽しみです。

罪な復讐 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

愁堂れなさんの罪シリーズ5作目です。
今回もごろちゃんは災難を呼ぶ男。それも振り出しに戻る事件がらみ。

当然危機を救うのは良平ですが、5巻は富岡も非常~にナイスな活躍♪
常に強引なトミーにひたむきさが感じられました


罪な復讐」は英会話教師殺人と田宮への嫌がらせ事件が並行して進んで行くため、推理小説としても楽しめましたが・・

やはりこのシリーズの主題は ベタ甘ラブ

今回もお互いを思いやる二人に口許が緩み、メチャ優しい良平と健気なごろちゃんを堪能できました
(一番好きなのはP.80の「どないしたん?」)

でも相変わらず何があってもボディートークから入る人達で(笑)、良平は常に臨戦態勢??

出会いからして、捜査よりボディトーク刑事で・・
今回も犯人名を明かすより先に○○してるし・・

期待通りでした

それにしても里見は・・もう少し我慢すれば従兄弟とBLできたかもしれないのに・・
切なくなりました。


罪シリーズは第4弾の「罪な宿命」CDがもうすぐ発売♪
私はどちらかと言うとCD>原作なので凄く楽しみ!

で、5巻もしっかりボイス読書。今回はミトモさんの声までしてきました~(笑)。
(それだけ何回も聞いてるとゆーことですね)

*陸裕さんのミトモ&サメちゃん巻末漫画が面白かったです♪

前作感想はここ
CD感想はここ

罪な悪戯 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

愁堂れなさんの「罪シリーズ3」を聴きました♪
このシリーズは主役二人の甘甘会話がとにかく大好き!!

ナチュラルな関西弁のオッキー可愛い~ノジケンがピッタリで
この二人以外のキャストは考えられない出来ばえ。
私的に原作<CDな作品です♪

物語はラブと重めの殺人事件が毎回絡み、
普通のBLとはちょっと違う味付け。

良平と吾郎のベタベタぷりとへヴィ~~な事件は上手く混ざり合わない感がありますが、一皿で二味楽しむと思えば納得できる内容~。


今回の「罪な悪戯」はゲイの上司・三条が自分の性癖を隠すために殺人を犯し、それに吾郎&富岡が巻き込まれて行くストーリー。

三条の逮捕後「ホモ」の社会的立場に自分を重ねる吾郎ですが、
良平の言葉で事件が二人の関係に悪影響を及ぼすこともなく・・

彼らの打たれ強さと愛の強さには完敗です(笑)。

<出演>

高梨良平:置鮎 龍太郎 田宮吾郎:野島 健児
富岡雅巳:遊佐 浩二   三条貢 :古澤 徹 
納 賢一 :園部 啓一   ミトモ :太田 哲治


さて置鮎&野島さんはいつもどーり、言うことなしのパーフェクト良平&ゴロちゃん。

オッキーの自然で優しい関西弁が悶えるほど好きぃ~~~っ!

でもちょっと残念だったのは甘甘会話が原作より少なめだったこと・・。
喘ぎは少なめでイイのでピロートークはきっちりやって欲しいもんです!

そして今回イイ味を出していたのが脇キャラ
特に遊佐トミーは出番が多く、1作目は只の意地悪さんだったのが
3作目では・・
やっぱり意地悪さんでしたが・・

とにかく色んな意味で大活躍♪
ネットラジオでお馴染の遊佐さんと思うと楽しく聴けました♪

その他古澤さん(最初古谷徹さんと読み違えました)も見事な犯人ぶりで、
ミトモの太田さんも面白いママぶり。
特に太田さんはトークでも声がオ○マっぽくて・・本物かと思いました~(笑)。

次回もトミー&ママの出番が楽しみ♪
早くCD4を制作して欲しいです!!
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計