BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 水壬楓子

クリスタルガーディアン

水壬さんの小説をかなりお久しぶりに買いました。

クリスタル ガーディアン (リンクスロマンス)クリスタル ガーディアン (リンクスロマンス)
(2013/08/30)
水壬 楓子

商品詳細を見る

というのも「クリスタル・・」が大好きなムーンリットシリーズのリンク作だったから。
(ムーンリット感想はここ
が、地域が異なるのでムーンのキャラは出演なし・・。

でも動物に変身してしまう設定は同じで、
今回は月都の第七皇子・守善が豹に変身するイリアと契約を結ぶまでの物語。

守善は王族が持っていて当然の守護獣を成人してからも所有できず、
兄弟からバカにされている人物。

が、本人はそんなことは気にしない大らかな性格でけっこう大物。

対するイリアはプライドが高い不愛想なタイプで、
執着心の薄い皇子に自分の気持ちを素直に伝えることができません。

そのせいかムーンリットのようなプププと笑える動物シーンや可愛い失態が少なくて
ちょっと物足りない・・。
もう少し守護獣のキャラが濃いとよかったです。


でも1番の問題は 挿絵

ムーン担当の白砂さんも絵が不安定で、残念なことが少々あったのですが、
今回の土屋さんは正直画力がウ~ン過ぎる上にBLには向いていない気が・・(汗)。


BLは一度イラストを目にしてしまうと、嫌でもそれが脳に刷り込まれてしまうため
挿絵の力が非常に大きいジャンル。

このレーターさんだから購入するということも多々おこって
作品<イラスト という小説もたくさん。

てなわけで、挿絵をつけて出版する以上ある程度のレーターさんを選んで欲しい!!
売上だって違ってくると思うんですけどね~。
(私的にこのままだと続編は購入しないかな・・/汗)
スポンサーサイト
[ 2013/09/04 20:16 ] 水壬楓子 | TB(0) | CM(2)

クライアント 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

水壬さんのエスコートシリーズの新作「クライアント」を読みました。

kuraiant.jpg

この作家さんはコルセーア、ムーンリット、エスコートシリーズと嵌ったために
以前よく購入していたのですが、終了してからはしばらくご無沙汰・・

続編が出るとは思わなかったので嬉しい展開でした♪

が、今回は社内恋愛ではなく、依頼人とガードのお話
これが全3冊出る予定。


第1弾はガードの鞠谷と依頼人の養子・ジェラルド
のミステリー仕立てなラブストーリーで、

ジェラルドは養父・ダンとマリアの関係、
ダンの周辺にいる財産目当ての親戚達に翻弄され、ちょっと気の毒。

無愛想でマジメなジェラルドが、女王さま気質のマリアに振り回される様が
書下ろしを含めて面白かったです。


にしてもこのシリーズは攻にワンコな人が多くて
今回もなんだかんだ犬くさい

でも「クライアント」にチラッと登場したのは
榎本、志岐、ユカリ、律、真城なのでワンワン率は低かったな~。

次回は 延清 出演を熱望ですっ。
[ 2011/03/09 16:35 ] 水壬楓子 | TB(0) | CM(4)

スキャンダル上・下 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

水壬さんの新刊『スキャンダル上』を読みました。

sukyandal1.jpgsukyandal2.jpg

「スキャンダル」は約10年前に書かれた作品ですが、
今回は加筆修正して上・下巻同時に発行。手錠で繋がる表紙に釣られて買ってしまいました。

ところで・・
今月はそんな新装版を読んだのが既に4冊目。
(「夢にも逢いみん」かわいさん、「普通のひと」榎田さん、「茅島氏の優雅な生活」遠野さん原作)

私がたまたま過去本を選んでいるだけなのかもしれませんが、
枯れ気味なのか?BL業界?? と一瞬疑問に・・

て、秀作だから再版されるわけで、読者にはありがたいこと♪
でもそろそろ新人さんで大物が出ないかな~と期待する今日この頃です。


さて「スキャンダル」はどーやらかなり問題ある衝撃作だったようで、
実は上巻後書きを読書前に読んで「しまった・・」と思ったアタシ

あらすじは・・

・施設育ちの恵まれない少年・佑士が代議士・祥彰の養子に。
(養子とは表向きで実は愛人)
・微妙に心を通わせたところで、対抗している代議士に誘拐され陵辱。
・祥彰は脅迫されて政治生命の危機となり、佑士の救出が遅れる。
・救出後、心の傷が深すぎて2人はギクシャクしたまま。
・が、先輩代議士・久我と友人・城島の大胆治療によりラブラブハッピーエンド。


・・というかなりベタ昼メロ的内容。

でも、でも、相当 ギャーッ!!とか エエエエエ! が炸裂する展開で、
久しぶりに読んだビックリBL

とにかく祐二の陵辱シーンがひたすらイタタな上に、
救出方法と仲直り方法が ウワ~ な感じで・・

そんな攻って掟破りじゃないの??という祥彰の受身の愛が凄かったです(ハハ)。

でも10年前はもっと荊道だったそうで、今回の新装版はこれでもマイルドになってるそーな・・。
一体どんだけ鬼畜?どんだけチャレンジャーだったんだ?水壬さんっ(笑)。

お初水壬さんがエスコートシリーズでよかったと、心底思ったアタシでした。


*下巻の約半分は久我×城島の「プロローグ」が収録されています。
[ 2009/04/11 21:25 ] 水壬楓子 | TB(0) | CM(6)

コルセーア・月を抱く海5 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

コルセーア~月を抱く海~V」を読みました。シリーズ最終巻です。

が、実は3巻半~4巻を未読・・
何故って作者様がカナーレをアホな子にし過ぎるから~(汗)。

で、最終巻もやっぱり 命知らずでした
お陰で声を失い二重苦に・・。 (鈴木さんの出番が減るっ)

でもこの5巻を読むとどうしてカナーレなこんなに無謀なのかちょっと納得。
今後はなるべく平和な環境で生きていって欲しいですっ。

さて物語のラストは当然シャルクの殲滅達成。
犠牲になる人も何人かいましたが、とりあえず従来のメンバーはハッピーエンド

バトルシーンや長老の正体もワクワク読めて、
ゆるぎないアヤースの強さに魅了されました

そして今回微妙に笑えたのがヤー二ジルのコンビネーション。

ジルはどんな人の補佐も器用にやってのけますが、ラストもナイス♪
コスプレ好きなヤー二のせいで面白いことになっていました


コルセーアはこの「月を抱く海・5」でようやく完結。
そんな訳でこれまで読んでいた水壬さんのシリーズ小説は全て終了してしまい
ちょっと寂しい・・。(エスコート、ムーンリット)

でも「月を抱く海」CDはまだ2巻目なので今後も楽しみです


という訳で「コルセーア7 ~月を抱く海2~」を聞いてみました。 

koruse7.jpg

<キャスト>

カナーレ:鈴木千尋 アヤース:森川智之
セサーム:三木眞一郎 レティ:岸尾だいすけ
アウラ:堀江由衣 ジル:遊佐浩二
シロッコ:吉野裕行 ハロルド:古島清孝
ディーゴ:日野 聡 スライアン:安元洋貴  他


今回も思いっきり続くですっ。
カナーレばかりかアイルまで拉致され、ヤー二には謀反の疑いがかかり次回へ。

で、とても登場人物が多いため、全員に公平に出番がある感じ。
なので7で気に入ったのは脇の人々→シロッコスライアンそしてネットのキャスト表には載っていないアレックスでした。

シロッコは吉野さんですが、いつもとイメージが違ってワイルドな素敵声♪
スライアンは台詞量はそんなに無いものの、安元さんが演じているので重要人物??
と思ったらやはり最終巻まで出番あり。

そしてお宝探し屋のアレックスですが、こちらも安元さんと同じくラストまで出番ありで
だからなのか・・演じるのは松本保典さん

松本さん、けっこう好きなんですっ!! (ミラージュの千秋だから~♪)

なので凄く嬉しかったのですが・・もっとメインで使ってくださいっ!!
ネットのキャスト表にも名前を載せなければいけませんっっ。

ちなみ松本さんのBLで思い出すのは「渇愛」(子安×松本/原作:吉原理恵子)。
そして私的に大好きな「俺は悪くない」(松本×櫻井/原作:山田ユギ)。
あとグラビテーションとか・・
BLじゃないけど十二国記のカンタイもウットリでした。

クセがなくてイイ声で演技が上手いので、今後ももっとたくさんBLに出ていただきたい~。
て、年齢的に断られてしまうかもしれませんけどね・・。
[ 2008/11/22 16:44 ] 水壬楓子 | TB(0) | CM(6)

コルセーア・月を抱く海2 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

コルセーア「月を抱く海2」を読みました。 (1の感想はここ

2巻目は拉致られたカナーレ&アイルのその後と、
ヤー二遠征&宮廷内の陰謀が描かれていますが・・

かなり伏線だらけで、当然何も解決していませんっ。

それどころかカナーレに新たな出生の秘密が知らされたり、
ヤー二に謀反の疑いがかけらたりと盛りだくさん

なので美味しかったのはジルの黒さと、
巻末SS<ヤー二×セサーム>しっかりHでした
(これはCD化なるか??)


さて今回の後書きには「アヤースがカナーレに愛されていないように見える」
という読者のメールが紹介されていて、これに水壬さんが少々焦っているのですが・・

アタシも同感ですっ!

カナーレはアヤースを心配させ過ぎですっ!!

今回だってせっかく再会できたのに・・

Hだけで去って行くとはどーゆー仕打ちだぁ~~っ。

そんな訳でカナーレの<独りで抱え込み癖>はそろそろやめていただきたい!
で、相当追い込まれた状況なので、次回はアヤースに愛の手を
(そうすればきっと解決さ♪)



*3/27記事の「少女マンガパワー」展に以下の情報をいただきました。

4月12日~5月25日 新潟市新津美術館
7月19日~8月31日 京都国際マンガミュージアム
9月6日~11月9日(予定) 横山隆一記念まんが館(高知)

お近くの方は是非~♪
[ 2008/03/30 16:41 ] 水壬楓子 | TB(0) | CM(10)

CD・コルセーア5 「ドラマCDについて話しませんか(8927)」

コルセーア5・記憶の鼓動を聞きました。

<出演>

カナーレ:鈴木千尋 アヤース:森川智之
レティ:岸尾だいすけ ジル:遊佐浩二
アウラ:堀江由衣 シロッコ:吉野裕行 他


面白かったです!! 何故か原作よりも数倍っ♪

原作「記憶の鼓動」は作者さまの遊びが入り、記憶喪失&女装というお約束なネタ展開。
少々コメディ色が強かったですが、そんなに笑った覚えもなく読破。
(原作感想はここ

ところが・・

音になったら可笑しくて可笑しくて、声優さんの演技力に感謝感激

で、特に爆笑だったのは 遊佐ジル 

女装に大張り切りで、カナーレ捜索を仕切りまくる彼は最高~。

ロランをたぶらかす場面には相当な意気込みが感じられ・・
とにかく役と声が合っていましたっ! (ウラちゃんボイスでしたし/笑)

この他アヤースのロランに対する一言も爆笑!
「何かが足りていないんだな・・」
こんな台詞は原作に無かったので・・吹きだしました~。

そして更に面白かったのはトーク

和気藹々とストーリーに突っ込みながら進んでいましたが、
特に笑えたのが遊佐さんと森川さん

遊佐さんの「てっぺん取らなきゃダメ」発言とモリモリのキャラ名言い間違えには爆笑。

犬のマオをマロって・・(笑)
その後ジルの技術を誉めたり、犬談議になっているのも面白かったです。


コルセーアはどちらかと言うと原作<CDな作品
キャストがばっちりな上に音楽もよくて、Hの分量も適度でナイス♪

なので絶対「月を抱く海」もCD化して欲すい!
トークももっと盛り上がること確実なので・・お願いしたいですっ!!
(子安&三木さんのトークが聞きたい~)。
[ 2008/03/05 16:19 ] 水壬楓子 | TB(0) | CM(4)

コルセーア・月を抱く海 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

コルセーアの5冊目・「月を抱く海1
を読みました。

今回のお話は全4冊が予定されているらしくスケールが大きめ。

1巻目はヤー二セサームのシャルク殲滅行動が波乱を誘い、
セサームに協力を要請されたカナーレアヤースはピサールに
赴くことになります。

そんな訳で オールスター登場 


なのでカナーレ達のイチャコラだけでなく、セサーム達の痴話喧嘩も楽しむことができ・・
更にこれをボイス読書すると豪華過ぎてもう大変っ!!

鈴木さん、森川さん、子安さん、三木さん・・
そして岸尾さん遊佐さんもぉ~。CD化されるのが楽しみです♪ 
(特に子安さんがっ)


さて今回のお話は前巻から2年後の設定で、
そのせいかカナーレがアヤースに甘えられるようになっているのが新鮮。

そして同じく新鮮といえばセサーム&ヤー二の愛の深さ

ヤー二が前面に出てきたことでセサーム×カナーレはやはり百合百合だったな~と実感(笑)
次は大人CPにベタな場面を増量希望です!


一方、今回は留守番なレティ達ですが・・
こちらも当然2年が経過しているため、アウラの息子・アイルは2歳に成長。

血筋が血筋だけに狙われやすいようで、レティの目の前で攫われてしまいますが・・

拉致られキングはやはりカナーレ 

アヤースは相変らず動揺が顔に出ませんが、毎回確実に寿命が縮まっている筈。

次巻も頑張れ、オレ様代表!
[ 2008/02/05 20:11 ] 水壬楓子 | TB(0) | CM(6)

コルセーア・記憶の鼓動 「ボーイズラブって好きですか?(36795)」

水壬さんのコルセーアシリーズ4冊目『記憶の鼓動』を読みました。

このシリーズは海賊ファミリーを中心とした架空世界のファンタジー。
(1・2巻感想はここ、3巻感想はここ
前3冊と同様、今回もお騒がせなカナーレですが・・

4巻目はなんと 記憶喪失っ!

・・・なんてお約束な・・・

もしやネタ切れ??

と失礼なことを思ってしまいましたが、実はそうではなく
水壬さんが記憶喪失ネタ女装ネタにチャレンジしてみたかっただけのようで・・
後書きを読んで納得しました(笑)

という訳で、問題は深刻でありながらちょっとコメディ。
特に女装についてはアヤースの側近ジルが大活躍。

ジルは任務のためならどんな醜男でも相手をするという・・
敵に回したら怖い男でした~(笑)。


で、記憶喪失の方ですが・・

カナーレは嵐の夜に艦から転落。そのショックで簡単に記憶を無くしてしまいます。
が、これは忘れてしまいたい過去が多過ぎるために起こった現象かもしれず・・

このままの方がカナーレは幸せかもしれないと、周囲は考え出します。
でも アヤ-スは絶対拒否っ!!

アヤースのオレ様でマイペースな迷いの無さは、いつもどーり力強かったです!!


さて、今回は記憶喪失と共にいきなりサプライズがもう1つ。

それはアウラの妊娠!!
これが記憶削除の遠因ともなっており・・とにかくアウラの相手にはビックリ~。

どー考えてもカナーレにふられた自棄Hとしか思えませんでしたが・・
この人タフさには驚きで、後3回くらいは結婚しそうな勢いです(笑)


にしてもカナーレを海から助けたオルセン大公&ティエリはちょっと可哀想でした。
予想どおり盲目の剣士に懐いてしまい・・

カナーレの千人斬りはまだまだ続く・・


コルセーアは来年頭に又続編が出るそうです♪
次はもっと大きな展開を見せるそうで、凄く楽しみ!
[ 2007/09/29 13:27 ] 水壬楓子 | TB(0) | CM(4)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計