BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > かわい有美子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

墨と雪

かわいさんの新刊「墨と雪」の感想です。

タイトルに「墨」の字があったためヤクザもの?
と、一瞬思いましたが、平河寮シリーズでした♪

sumito.gif  (かわい有美子/円陣闇丸)

今回の主役は餌付けしていた遠藤神宮寺に横取りされた篠口さん。 
(「甘い水」レビュはここここ

「甘い水」読了後、幸せになって欲しい!と願ったアラフォーさんですが、
まさかセフレがいたとは・・w

で、そのセフレは「天使・・」2巻に登場する公安キャリアの黒澤理事官。
この人はとぼけた余裕たっぷり人間で、篠口はとっつきにくい冷静人間。

だから長年本気の<恋>に発展したなかったのか??

篠口が拉致監禁という災難に遭ったことで
ようやく二人の感情が動き出す「墨と雪」。

変態に身体を痛めつけられる篠口さんにギャーとなって、
その後救出にくるのがあの男で・・

少々苦手なシーン連続な上に可哀想な展開。

黒澤ともこれからという所で終了してしまい
なんだかな~と思っていたら2巻に続く。

まとめて読んだ方がいいかもしれません(^^;
スポンサーサイト
[ 2016/01/17 12:54 ] かわい有美子 | TB(0) | CM(0)

世界の半分

かわいさんの新刊「世界の半分」の感想です。

sekai.gif

衣装ズルズルな女装BLが好物なので、
先ずは葛西さんの美麗な表紙にウットリ。

で、本を開けば美しい扉絵カラーとアラブ風の挿絵が10枚♪

葛西さんの絵柄は時代物やファンタジーに激しくピッタリ~!
と、改めて実感しました。


「世界の半分」は大国の第3皇子・エルヴァンと、
彼に国を滅ぼされ、虜囚となった王子・カイの物語。

カイは国の再興のため、姉に扮して虜囚となり、
エルヴァンの女奴隷に落ち着くまでの前半はけっこう過酷。

奴隷になってからも少年とバレないよう策を練りますが、
そうこうしている内に冷酷だと思っていたエルヴァンが
実は優しく徳のある人間だと分かってくる。

しかも彼自身も虜囚のような立場に置かれているため
「城から脱出したい」という願いは同じ。

そのせいか心を通わせるまでに大して時間はかからず・・

でも男子だと露呈しないよう、ある約束をエルヴァンとしているため
簡単にHに至らず、それがかえってドキドキを増量。

とはいえあの体位でバレないのはムリがある~(笑)

てなわけで所々突っ込みどころはありますがw
もの静かなエルヴァンと、実は襲い受なカイの行く末が気になって一気読み。

が、最終ページに到達しても二人の運命は根本的には変わらず、
このままだとやはり命が危ないのでは??

全体的には好みのお話でしたが、
ラストが少々釈然としませんでした(^^;
[ 2015/12/27 13:54 ] かわい有美子 | TB(0) | CM(1)

Calling

かわいさんの新刊「Calling」を読みました。

かわいさんは発刊ペースの速い作家さんですが、
最近私的にヒットがなくて、今回はどうしようかな・・と迷っていたところ、
円陣さんのステキ書影が投下。

Calling (花丸文庫BLACK カ 3-1)Calling (花丸文庫BLACK カ 3-1)
(2014/10/21)
かわい 有美子

商品詳細を見る

メガネ白衣万歳! に加え、中のイラストも全てよくて
読む気満々になりましたっ。


舞台は第三次世界大戦後の日本。

施設で共に育ったは親和率がとても高い二人でしたが、
怜は人より秀でた特殊能力を持っていたため、11歳で斎とムリヤリ別離。

一ヶ瀬という男の陰謀の餌食となり、
斎もまたロシア特区に送られます。

それでも<怜のもとに必ず戻る>という約束を果たすため
斎は17年の歳月をかけてのし上がり、軍医として日本へ。

が、薬漬けにされ、記憶を奪われた怜はサイバーテロと戦うロボットと化していて、
斎のことが認識できない・・。

という訳で斎の執着愛と怜の記憶喪失
バーチャル世界と上手く絡まってドキドキできる展開。

怜以外にはけっこう冷たい斎と、
vs一ヶ瀬の戦いがツボでした。

にしても、特殊能力を使った戦闘がどーにも分かり辛く、
近未来の世界観に作者が気をとられ過ぎたのか、少々読みにくい文章が所々にあって・・
(て、私だけかもしれませんが)スラスラと進みませんでした。


でも、きちんと読了できたのはやはりイラストのお陰。
円陣さんが好きな人にはお薦めの一冊です!
[ 2014/10/23 14:50 ] かわい有美子 | TB(0) | CM(0)

東方美人2

「東方美人」の下巻・千年王国を読みました。 (1巻感想はここ

東方美人2  千年王国 (幻冬舎ルチル文庫)東方美人2 千年王国 (幻冬舎ルチル文庫)
(2014/02/17)
かわい 有美子

商品詳細を見る

2巻目前半はスパイ夫婦の暗殺を命じられたアレクセイ
それに協力するサエキの苦悩。

後半はアフガニスタンに派遣された二人の別離と再会が描かれ、
静から動へ物語が展開。

KGBの手駒として、そして裏ではソ連崩壊に向けて動いていたサエキが
アレクセイのために大義を捨てて命がけで奔走。

アーシャの全てを捕らえ支配する筈が
彼を守り、救出行動に出てしまうサエキ・・。

 を感じました~。

そんな訳で アレクセイはとことん人タラシの才能ありで・・
アフガニスタンの武装組織にまで気に入られる始末(笑)。

気持ちが安定しすぎて少々可愛げがありませんがw
丁寧な口調が銀英伝のキルヒアイスみたいで好きかも♪

なのでこの本の<可愛げ>はなんと言ってもサエキで、
アーシャにもらった熊のぬいぐるみをずっと持ち歩くとか・・
とんでもないツンデレでしたっ。

「東方美人2」のラストはベルリンの壁が崩壊するため、
二人の未来に光が見えて一安心。

巻末のSSではサエキの表情が豊かになって、可愛さ増量。
未完の作品にきちんと終止符を打ったかわいさんの筆力に拍手でした。


ベルリンの壁崩壊はリアルタイムで見ていたものの、
この本のおかげで当時の情勢を検索。

ソ連ってわけの分からん恐ろしい国だったな~と思い出し、
朝鮮半島もいつか統合する日がくればイイのに と考えたりします。


*先月から一人かわいさん祭りになってるw
たまたまなんですけどね~。
[ 2014/02/17 13:48 ] かわい有美子 | TB(0) | CM(0)

甘い水2

「甘い水」2巻です。

甘い水 2 (リンクスロマンス)甘い水 2 (リンクスロマンス)
(2012/05/30)
かわい 有美子

商品詳細を見る

北上さんのこの表紙、最高です!!!何で早く買わなかったんだろう。
間近で見たら鼻血ふきそうになって、1・2巻共に扉絵カラーも神・・。

かわいさんが後書きで「萌え尽きて灰になりそう」と言っているのがよく分かります(笑)。

さて、2巻も神宮寺が涙が出るほど一途ワンコで、
遠藤の内面を深く知ろうと一生懸命。

そのせいか遠藤は<恋>に目覚めはじめ、
自分のトラウマを神宮寺に告白。

神宮寺に自分の命を預ける決意をしますが、
事件をきっかけに生きることに執着が芽生え、

あっけらかんとした遠藤に切なさと深みが出てくる。

で、2巻で1番よかったのは立てこもり事件の経過と救助シーン。
ここでは二人の関係性のカッコよさをしっかり堪能。

更にラストの温泉SSはベタ甘がギッシリで遠藤の涙にちょっとホロリ。
「天使のささやき」より重めですが、とても面白かったです。


*篠口さんにも幸せになってもらいたい。もちろん<受>でw

**「甘い水」に嵌ったので同人誌も買いました。
kawaihon.gif ←平河寮シリーズ総集編。天使2作、甘い水2作が収録。

峯神がエロおやじ、遠藤が積極的なので全体的にエロエロですがw
最後の「遠雷」を読むと遠藤の眼は完治したようでよかった。
あと「天使・・」2巻のSSも今読むとかなり楽しい♪
[ 2014/02/14 20:40 ] かわい有美子 | TB(0) | CM(0)

甘い水1

かわい有美子さんの「甘い水」1・2巻を読みました。

甘い水 (リンクスロマンス)甘い水 (リンクスロマンス)
(2011/10/28)
かわい 有美子

商品詳細を見る

この作品はSATからSITに配属された二人の男の物語で、
去年気に入った「天使のささやき」のリンク作。 (レビュはここ

なので少々気になって、中古で買おうと試みましたがなかなか見つからず・・。
そうこうしているうちに「S・最後の警官」というドラマが始まり、アサルトスーツ萌っ。

でも残念ながらドラマは挫折・・
欲求不満となって2冊まとめて定価買いしました~w

「甘い水」1巻はある誤解から上手く行かない先輩・遠藤と後輩・神宮寺が、
和解どころか肉体関係を持ってしまうスピード修復なストーリー。

というのも神宮寺は長いこと遠藤に片想い中で、煙たがっていたのは遠藤だけ。

なので神宮寺が意志表示をしてから関係性が変わり、
ある事件をきっかけに遠藤は神宮寺に信頼を寄せるようになる。

が、遠藤は帰国子女な上に両親をハイジャックで殺されるという
特殊な経験の持ち主。

このため刹那的でデリカシーに欠け、
人と深く繋がることを無意識に避ける傾向がある。

一方神宮寺は口ベタで無表情なタイプ。軽めの遠藤とは対照的な雰囲気で、
遠藤に翻弄される様がメチャクチャ可愛い一途男っ。

そして身を挺して遠藤を守る姿は何だか従者。
1歳差だけど敬語攻で好み~。武士のような男でしたw

てなわけで1巻は試しに××関係に至るも、
遠藤が「恋って美味しいの??」状態で本格ラブはこれから。

同じく遠藤を好きな上司・篠口さんも気になるところで、2巻に続きます。
[ 2014/02/14 17:54 ] かわい有美子 | TB(0) | CM(2)

東方美人

かわい有美子さんの新刊「東方美人」を読みました。

10年近く前に薦められた覚えがありますが、
確かイラストがダメでスルーした本・・(汗)

が、今回は大丈夫で、しかも加筆修正版。
未完の作品が上・下巻できちんと完結するようです♪

東方美人(オリエンタル・ビューティー) (幻冬舎ルチル文庫)東方美人(オリエンタル・ビューティー) (幻冬舎ルチル文庫)
(2014/01/17)
かわい 有美子

商品詳細を見る

「東方美人」という漢字を見るとつい台湾の烏龍茶を思い出しますが・・w

ここではオリエンタルビューティな受様エーリク・サエキ を示し、
彼はKGBの情報員なので偽名はオスカー・シーモア、コードネームは『伯爵』

て、中高生の頃夢中になった漫画のキャラ名が次々と~(笑)

エーリクとオスカーは「トーマの心臓」
『伯爵』とKGBは「エロイカより愛をこめて」

てなわけで覚えにくいカタカナ固有名詞もなんとかクリア。

攻の名であるアレクセイ・ヴァシーリヴィチは名字が一生発音できなさそうですが、
普段は名前しか出てこないからOK。

サエキだけが呼ぶ「アーシャ」という愛称は音が可愛くて気に入りました。


「東方美人」はベルリンの壁があった80年代が舞台。

西側に潜り込んでいるサエキの元に、本部からアレクセイという新人が送りこまれ、
同居しつつスパイ教育を施すことに。

が、アーシャは極めて優秀で人柄がよく、気難しいツンなサエキでも
直ぐにほだされ、彼を自分の思想へ取り込んでしまう。

一方アレクセイも複雑な生い立ちの美しい上官にどんどん魅かれ、
サエキに身も心も抗えない。

ストイックで礼儀正しいアーシャがサエキに堕ちる瞬間はドキドキで、
忠誠を誓うシーンは鳥肌ものでした


この作品はラブと並行してスパイの悲哀や孤独、
西と東の格差、共産主義の限界などがけっこう盛りだくさん。

なので、たとえ「エロイカ・・」を読んでいても、冷戦時代を知っていても
当時のソビエト事情にへェ~となれる本。

かわいさんの後書きもためになります。

次はベルリンの壁が崩れるところまで描かれるのか?
二人の行く末が少々不安ですが下巻が楽しみっ。
[ 2014/01/21 16:02 ] かわい有美子 | TB(0) | CM(0)

天使のささやき 2

かわいさんのSPもの「天使のささやき 2」を買いました。(1巻感想はここ

天使のささやき 2 (リンクスロマンス)天使のささやき 2 (リンクスロマンス)
(2013/08/30)
かわい 有美子

商品詳細を見る


1巻が<これからラブラブ>になりそーなところで終わっていたので、
続きが読みたいな~・・と思っていたこの作品。

今回も蓮川さんの表紙が超ステキだったので買う気満々になって、
忘れ気味な前巻を少々復習してから読書。

で、結論から言うと1巻よりも甘ラブな平和本

恋人同士になってからも先輩にファン心理を持ち続ける名田
相変わらず手放しで峯神を尊敬&賞賛。

とにかく素直可愛いので、これには峯神もどんどんほだされ、
名田にエロオヤジな言動をしかけつつも癒されまくり。
兄との確執も飛んでいく勢いでした。

そんなわけで仕事もわりと順調。
峯神に容疑者確保のコツも教えられ、SPとしての勘が冴えまくる名田。

峯神も昇進して、巻末のSSも笑えて、
寮のお仲間やSATの遠藤達との絡みも面白い、かなり平和な甘甘本でした♪

*かわいさんの警視庁ものは正直そんなに嵌ってなくて、
イラストが蓮川さんだから買っている感じ(峯神さん、カッコイイよぉ)。
円陣さんに続いて蓮川さんもイラスト集を出さないですかね~。
[ 2013/09/03 16:16 ] かわい有美子 | TB(0) | CM(2)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。