BL主腐日記

BL的<萌>をひたすら叫んでいるブログです。
BL主腐日記 TOP > 木原音瀬

箱の中・檻の外

今更ですが、木原さんの名作「箱の中・檻の外」の感想です。

最近手に取りたい本が枯渇して、
BL日照りも甚だしい毎日。

でも先日フォロワーさんと交流するうちに、
避けていた作品に意欲がわいて古本ゲット。

スーパー攻様も受様も存在しない、
癒し微量で人間くさい木原世界にダイブ~。

で、うあぁ ウェエエとなりながら
文章の上手さにやめられない止まらない読書。

ラストは泣ける締めくくりで、
これだから嫌なんだよ、この作家さんは・・
と、脳裏に焼きつく内容でした

hako−1 

「箱の中」は痴漢の誤認逮捕で実刑とのなった堂野
同じ雑居房の喜多川の物語。

真面目でお人よしな堂野は屈辱的な囚人生活に発狂寸前。

が、強面の喜多川と交流するうちに、無知で純粋な人柄に情がわき、
流されるまま犯されてしまう。

なので出所後はあっさり妻子をもってしまう堂野ですが、
喜多川は6年の歳月をかけて堂野を捜索。

吊り橋効果的感情だった堂野と
生きる意味=堂野 な喜多川には温度差があり、
一途さは涙ものでも、かなりゾゾ

二人の葛藤に先が見えないうちに、娘に事件が発生。
これがきっかけで再燃するのが少々腑に落ちませんが・・

終わってみれば30年近い時が流れる人生ドラマ。

特に後半は喜多川の人としての成長が感じられて
救いがありました。

hako−2

箱と檻はともに後半部分が第三者視点で描かれているため、
メリハリがあって飽きのこない面白さ。

箱の「脆弱な詐欺師」は堂野を探す探偵、
檻の「なつやすみ」は息子ので、
探偵は脆弱だけに、いい気味な顛末。

同じ雑居房にいたさんがカッコイイ。

そして「なつやすみ」はラストが涙もので・・
でも二人の穏やかな生活が垣間見れて感動的でした。


ところで<痴漢>と間違われ、
無実を主張し続けると実刑を喰らうというのは本当なのか??

まあ間違うことはほぼないとは思いますが・・

冤罪を生まないために混んでる路線は
全車両男女別にしたらいかがなものか(笑)。
安心・安全・清々した気分で通勤通学できると思う。
スポンサーサイト
[ 2017/03/24 16:03 ] 木原音瀬 | TB(0) | CM(0)

HOLLY MIX

Hollyノベルズ8周年記念本を読みました。

HOLLY MIX (Holly NOVELS)HOLLY MIX (Holly NOVELS)
(2013/10/30)
安芸 まくら、尾上 与一 他

商品詳細を見る

この本は4人の作家さんがHolly作品の番外編を書いている短編集。

で、何故10周年じゃなくて8周年なんだろう・・と少々キリの悪さを感じながら
木原さんの「リバースエンド」目当てに購入。

ストーリーは本編から10数年後の物語で、
自分の半生を題材に映画を撮ることになった十亀。

映画についての周囲の反応や、十亀の心の動きが約50ページと短い中にギュッと詰まり
登場人物が多いわりにまとまりのある内容。

万の提案とラストシーンは鳥肌が立つ泣ける展開で、
「お流石!」としか言いようがありませんでした。


この他の参加作家さんは安芸まくら(明日も愛してる)、尾上与一(二月病、碧のかたみ)
さとみちる(日月星。それからの二人)、
そしてミニ漫画は草間さかえ(生田さんちのこめ王子)、黒沢要(二月病)さんでした。

この中で読んでいるのは「明日も愛してる」と「二月病」。
でも「二月病」は嵌らなくてほとんど覚えてない・・。

「明日も愛してる」は事故で記憶障害を抱える櫂と、
彼を介護する悠児の衝撃作でしたが・・

治る病ではないので番外編もやりきれない~~っ。

でも悠児の健気さと献身から目がはなせず、
切ないながらもどんな1日が展開するのか、けっこうスリリング。

毎日初めて出会う二人は新鮮な恋を繰り返しているわけで意外と幸せ?
・・と思うしかない。やっぱり心に重く残るストーリーです。


木原さんの後書きで知りましたが、
このHollyノベルズは書き手が木原さん一人でスタートしたレーベルだったんですね~。

どーりで木原ものはホリーだらけだと思った・・。

次の新刊は「吸血鬼と愉快な仲間たち」を熱望しますっっ。
[ 2013/11/01 14:53 ] 木原音瀬 | TB(0) | CM(1)

パラスティック・ソウル

木原さんの「パラスティック・ソウル」~はじまりの章・終わりの章~を読みました。

パラスティック・ソウル ~はじまりの章~パラスティック・ソウル ~はじまりの章~
(2012/01/25)
木原 音瀬

商品詳細を見る

ストーリーは国境が廃止となった22××年、
あるワクチンの副作用で犬の耳と尻尾を持つ人間が誕生。

世界は新人類(ビルア種)と共存しつつも、
富裕層・中間層・貧民層に住居がはっきりと分かれ、ビルア種の人権を無視する輩も出現。

そんな輩の一人である天才学者が遺した<願いの叶う薬>を手にした3人の男と1人の女

それぞれの薬の使い道と愛の行方がオム二バス形式で描かれている
「パラスティック・ソウル」は舞台設定が複雑で、どのエピソードにも驚くべき展開が
待っているため、読み出したら止められない。

人体実験や暴力シーン多めの容赦ない木原節に ギャー!怖い となりながらも
色んな<愛>を噛みしめる。

なので1章終わるごとにけっこうな疲労感で、その分印象に残る切ないファンタジー。
中でも好みだったのは上巻の第1話「fake・lovers」でした。


この小説はBL雑誌とノーマル雑誌に連載する形式をとったことから
完全なBL本ではありませんが、Hがなくてもストーリーの軸と
男同士の絆
がしっかりしていればこれもありかと・・。

もっとこーゆー エロ<物語 に重きを置いた作品が増えないだろうか。
それと同時にそんなお話が書ける新人さんが現れないものだろうか・・。

木原・榎田・英田さん級の若手作家が存在して欲しいですっ。

パラスティック・ソウル ~おわりの章~パラスティック・ソウル ~おわりの章~
(2012/03/24)
木原 音瀬

商品詳細を見る
[ 2013/02/07 14:37 ] 木原音瀬 | TB(0) | CM(0)

リバーズエンド

キャッスルマンゴー2巻と同時発売の「リバーズエンド」読みました。

リバーズエンド (Holly NOVELS)リバーズエンド (Holly NOVELS)
(2012/09/26)
木原 音瀬

商品詳細を見る

「リバーズエンド」は以前読んだことがあるのですが、
あまりに救いがなくて記憶から末梢(オイ)。

なので「キャッスルマンゴー」の1巻が発売された時、
十亀が「リバーズ」の高校生だと直ぐに一致しなかったほどで
それでもやっぱり読まないと始まらないので、昨晩再チャレンジ。

で、案の定寝つきが悪くなって、日本の福祉行政はどうなってるんだぁぁぁ 
学校も気付いてやれよっ
 と叫びたくなりましたが・・

このストーリーを通過すると、より十亀を好きなれるしマンゴーも深みが出てくる。
そして後半の「god bless you」は心底十亀を応援しつつ読むことができます。


「リバーズエンド」は17歳で天涯孤独になった十亀の壮絶ド貧乏な運命と
同級生・二宮への恋心が描かれている物語。

二宮とは現在も繋がっているため、
万が彼に嫉妬するエピが後半に入ってくるのかな~ と思いきや、
「god bless you」の中心は十亀のお仕事

なので万はいつ出てくるのかと期待するあまり
文中の「万が一」にも目が行ったほど(笑)。

それでも映画製作の現場風景や人間関係が飽きずにしっかり読めたので、
その辺りはさすが木原さん

このストーリーで十亀は<家族>に対して一段落できたようで、
万への気持ちも一歩前進。

恋も仕事もあっさりしている十亀ですが、
今後は情熱的で執着心たっぷりな万に幸せにしてもらえることでしょう♪

*オマケ漫画は万の大学卒業式の日。男前ですっ。
近日中にリバになる予感・・。
[ 2012/09/28 13:59 ] 木原音瀬 | TB(0) | CM(2)

キャッスルマンゴー2

キャッスルマンゴーの2巻を読みました。

キャッスルマンゴー(2)(完) (マーブルコミックス) (MARBLE COMICS)キャッスルマンゴー(2)(完) (マーブルコミックス) (MARBLE COMICS)
(2012/09/30)
小椋 ムク、木原 音瀬 他

商品詳細を見る

普通のホテルでこんな部屋があったら泊まりたい↑ 御所車がベットだったら面白いかも(笑)

出版が遅れていたので「吸血鬼と愉快な仲間たち」のよーに
延び延びになったらどうしよう と一瞬心配になりましたが・・

発売されて一安心♪

相変らずの美しい表紙と中身に、とてもラブホやAVがらみのお話とは思えないを感じて
ムクさんの絵柄にノックアウト。

でも漫画はストーリーに対してちょっとぶ厚すぎたかな・・という印象で、
もう少しスッキリさせた方がメリハリがついたかもしれません。


2巻は高校生の万に気をつかい、
十亀が距離をとるようになったことから2人の関係がギクシャク。

そうこうしている内に万の母親が入院してしまい、生活にも心にも余裕がなくなり、
あげく「十亀はやっぱり弟の悟が好きなんだ」と誤解。

誰にも頼れなくなった万のこぼすが可哀想で、
大人びた外見からは考えられない純粋さと子供っぽさにはギャップ萌え

本当に可愛かったですっっ。

一方十亀は陰ながら万を助けているものの、人への執着が薄いためかなり焦れったい!!
もっとガッと迫って、万を泣かせないで欲しかったっ。

この調子だと小説・リバーズエンドはどうなっているのか??
これから読みたいと思います。

*オマケのペーパーは木原さんのSS。
全体的にソフトS〇でしたが、可愛げがない万を十亀は全力で可愛いと思っているようで・・
ホッコリしました♪
[ 2012/09/27 12:28 ] 木原音瀬 | TB(0) | CM(6)

小説b-Boy 7月号

木原さんの特別付録小冊子目当てに小説b-Boy7月号を買いました。

小説b-Boy (ビーボーイ) 2012年 07月号 [雑誌]小説b-Boy (ビーボーイ) 2012年 07月号 [雑誌]
(2012/06/14)
不明

商品詳細を見る

この冊子は木原さんのデビュー15周年の記念本で、メインは「深呼吸」のSSが2編ですが、
その他にも木原作品に関わった絵師さんからイラストやミニ漫画が寄せられています。
(リブレ作品限定)


私は木原作品はあまり多数読んでいないのですが、
この表紙の「深呼吸」は大層気に入っていて、
もしかすると「吸血鬼と愉快な仲間たち」の次に好きかも♪  (「深呼吸」感想はここ

てな訳で本編その後のラブ甘ストーリーには大満足。

榛野の帰国直後の前編と、同居半年後のお話はどちらも面白くて、
特に愛され続けることに自信がない榛野の お誘い が、大胆過ぎて可愛いっ。

谷津さんが榛野を「佳久」と呼んでいるのもステキでした


現在一線で活躍しているBL作家さんはデビュー15~10年くらいの人が多いですね。
でも次世代にこーゆー特集を組める人が何人居るのか??

最近自分に読みつくした感があるので、
この先のBL業界がちょっと不安になったりします・・。
[ 2012/06/25 21:01 ] 木原音瀬 | TB(0) | CM(4)

CD・キャッスルマンゴー

CD・キャッスルマンゴーを聞きました。 (原作感想はここ

Dramatic CD Collection キャッスルマンゴーDramatic CD Collection キャッスルマンゴー
(2011/08/24)
(ドラマCD)

商品詳細を見る

<キャスト>

城崎万:近藤隆  十亀俊司:石川英郎  他

この作品は自宅がラブホテルの高校生・万とAV監督・十亀の年の差ラブですが、
ある事情から恋は初心で牛歩な進展ぶり。

原作と同じくドンドン突き進まない感じがキュンで、
でも万が十亀を騙すシーンは原作より爆笑~

この他いびきや寝息音から、睡眠シーンが多いお話だったんだな~ と気付かされました

てな訳でドラマも声優さんも違和感なしでかなり満足♪
特に石川さんの低音ボイスが気に入って、早く2巻が聞きたい~~~っ。 

石川さんはBL出演率がそんなに高くない声優さんですが、
 (私的にパッと思いつくのが「同級生」の原センくらい)
今後も細く長く続けて欲しいですっ。


「キャッスルマンゴー」を検索すると十亀の過去小説「リバーズエンド」がよく出てきますが、
実はこの作品、読んでいるのに忘れ気味で・・

もの凄いド貧乏BLだった覚えがあるのですが、悲惨過ぎたせいか脳から削除されてる(汗)。
特に十亀の家族はどうやって死亡したのか??(全員死亡だったか??)

石川さんはこの作品を読んでから演じたという噂なので・・ちょっと知りたくなりました。
コミックスの最終巻に過去編を載せて欲しいです(読むのが怖いけど)。


にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ
にほんブログ村
[ 2012/04/25 13:58 ] 木原音瀬 | TB(0) | CM(6)

深呼吸

木原さんの「深呼吸」を読みました。

深呼吸 (ビーボーイノベルズ)深呼吸 (ビーボーイノベルズ)
(2011/11/18)
木原 音瀬

商品詳細を見る


この本は木原作品にしては「痛くない」という評価が多かったので、
遅ればせながら購入♪

が、巻末を見たら初出しが2002年で・・
エエ!そんな前?!昔のものほどヤバ痛じゃなかったっけ??

と脳内が警戒態勢。

読み始めたらリストラされた40代のオジサン・谷地
年下の元上司・榛野に付きまとわれてるし・・
バイト先でチンピラに殴られてる~~っ

しかも解雇を言い渡したのは榛野で、谷地は外資系から弁当屋のバイトに転落って・・
なんかイヤな予感

でもそう思ったのはほんの束の間でした♪

実は榛野はコミュニケーション下手なツンデレ男で、谷地に激しく片想い中。
一方谷地はおっとり天然ニブチンな、癒し系イイ人。

なので榛野が谷地にキツイ物言いをしても何とかOK。
憎めないキャラで後半の書下ろしに突入しますが、
ここでは榛野の恋する健気さと可愛さが爆発

自分を好きになってもらいたい気持ちが強すぎて、ひたすら 余裕ゼロ
ありえないミスの連続と鼻血には爆笑しました~。

そしてグルグルしまくっている榛野とは対照的に、
彼の想いをゆっくり受け入れて行く谷地は非常~にマイペースでイイ味

将来的には主夫になる可能性大ですが、
榛野&飼い猫と幸せに暮らしてもらいたいです♪

てなわけで、特別激しいこともおこらず極めてイヤな人も登場せず、
かなり平和な木原本。

ゆえに大層気に入って、できればあじみねさんでコミカライズを大希望っ
谷地×榛野をあじみねさんの3頭身絵で見てみたいです!!


*余裕のないツンデレめがね男がバニーと重なってドツボでした(笑)

にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
[ 2012/03/26 10:33 ] 木原音瀬 | TB(0) | CM(2)
その他のBLレビュー
シルクTwitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
温度計